iPhoneのまとめ情報

iPhone』の解説

iPhone(アイフォーン)は、アップル製のスマートフォンである。オリジナルのモデルは2007年1月に、最新モデルのiPhone 8iPhone 8 PlusiPhone Xは2017年9月12日に発表された。

iPhone(初代)

thumb

2007年1月9日に開催されたアップル製品の展示会のひとつ、Macworld Expo 2007にて発表され、同年6月29日アメリカ合衆国にて発売された。クワッドバンドGSM端末のため、日本など通信方式にGSMを採用していない国・地域では使用できず、該当国・地域では販売もされていない。

同社のデジタルオーディオプレーヤーであるiPod携帯電話インターネット電子メールの送受信等が行える携帯情報端末、これら3つの機能を併せ持った機器として登場した。既存のタッチパネルの多くは同時に一箇所のみでしか操作を行えなかったが、iPhoneではマルチタッチと呼ばれる技術で、複数の指を同時に操ることで画面の拡大縮小などバリエーションに富んだ操作が可能となった。カラーはシルバーのみ、容量は発売当初は4GBと8GBの2通りだったが、4GBは2007年9月5日に販売を終了した。一方2008年2月5日には16GBモデルが販売開始された。

iPhone 3G

2008年6月9日WWDC 2008の基調講演にて発表され、北米や欧州、オーストラリア日本香港など22地域で同年7月11日に発売された。UMTS(W-CDMA)の規格で第3世代移動通信システム(3G)の通信に対応し、GPS搭載、MobileMe対応など、新たに機能が追加された。カラーはホワイトとブラックの2種類。容量は8GB(ブラックのみ)と16GBモデルが用意された。2010年6月24日に販売終了。日本では、ソフトバンクから発売された。

iPhone 3GS

2009年6月9日、WWDC 2009にて発表された。発表時は「iPhone 3G S」と表記されていた。処理性能がiPhone 3Gと比べて最大2倍高速化され、バッテリー寿命も長くなったほか、3メガピクセルのオートフォーカスカメラ、ビデオ撮影、テザリング機能、音声コントロール(ハンズフリーボイスコントロール)、アクセシビリティ、デジタルコンパスといった機能が追加された。リモコンマイク付きイヤホンにも対応。カラーは従来通りホワイトとブラックの2色、記憶容量は16GBと新たに32GBモデルが用意された。iPhone 3Gは8GBのブラックのみが引き続き販売されていた。

2010年6月24日のiPhone 4発売後は新たに8GBモデルが発売された(16GBモデル、32GBモデル、またiPhone 3Gは販売終了)。またiPhone 4S発売と同時に、SIMロック版は2年契約条件で無料化された。2011年10月14日に提供を終了している。

iPhone 4

2010年6月7日のWWDC 2010にて発表され、同年6月24日に発売された。背面がポリカーボネート製の丸みを帯びたものから強化ガラスを用いた平面なデザインとなり小型化が図られた。背面にあるアップルのロゴマークはクローム処理が施されている。ハードウェアではマイクロプロセッサGPU半導体メモリをひとつの集積回路にまとめたApple A4を搭載。液晶は「Retinaディスプレイ」と名付けられた高精細の液晶を採用し、3.5インチの液晶画面を据え置きながら画面解像度は4倍の960×640に広げられた。また、テレビ電話機能であるFaceTimeのために本体前面にカメラが搭載された。2011年2月10日にはUMTS版とは別にCDMA2000 1xに対応したモデルも発売された。カラーはブラックとホワイトの2色があったが、当初ホワイトモデルは製造上の問題により発売延期を繰り返し、10カ月後となる2011年4月28日に発売された。

2011年10月14日、iPhone 4S発売開始と同時に本モデルにおいては8GBモデル(ホワイト・ブラック)が発売開始され、それまでの16GB及び32GBモデルは販売を終了した。iPhone 5の発売と同時に無料化された(iPhone 3GSは提供終了)。2013年9月20日からのiPhone 4Sの無償提供開始により、iPhone 4は提供(販売)を基本的に終了したが、インドなど一部市場ではその後も販売され続け、そのために一部で生産を再開した。

iPhone 4S

2011年10月4日(日本時間では5日2時)に発表。アメリカ、カナダイギリスフランスドイツ、オーストラリア、日本の7地域で同年10月14日に発売され、3日間で400万台を突破した。

利用者の音声で応答や処理を行う自然言語処理システムであるSiriを搭載した(4SのSはSiriのSである)。外観はiPhone 4からほぼ変更は無く(マナーモードボタン位置、アンテナ本数のみ)プロセッサはデュアルコアApple A5チップを搭載、グラフィック性能では7倍に向上している。背面カメラは800万画素裏面照射型CMOSを採用、レンズもF2.4になり性能が向上し、動画撮影もフルHD1080p動画の撮影が可能となった。HSDPA通信が14.4Mbpsと高速化した他、同一モデルでUMTS(W-CDMA)・GSM及びCDMA EV-DO Rev.Aに対応するよう作られている。ただしSIMロックフリー版のiPhone 4SではCDMA回線利用はできない。従来からのGPSに加え、ロシアの軍事衛星GLONASSによる位置情報検出に対応。

ラインナップにはブラック・ホワイト各色に16GB、32GB、64GBが用意される。日本ではキャリアとして従来のソフトバンクに加え、auKDDI / 沖縄セルラー電話連合)でも発売された。

2012年9月のiPhone 5発売後は16GBモデルのみが販売され続けた。

2013年9月のiPhone 5s/5cの販売に合わせて、名称を「iPhone 4s」(大文字のSから小文字のs)に変更。新たに8GBを設定し、5cの下位モデルとして無料で提供されることになった。これに伴い16GBモデルも販売終了した。2016年6月14日(日本時間)に行われたWWDC2016で発表となったiOS10には対象外となった。よってiPad 2iPad (第3世代)iPod touch(第5世代)などと共にiOS9系が最終サポートとなる。

またiPhone 4Sが発表された翌日の2011年10月5日には、アップル創設者のスティーブ・ジョブズが死去しており、iPhone 4Sはスティーブ・ジョブズが見届けた最後のiPhoneと言える。

iPhone 5

2012年9月12日に発表され、アメリカ・日本など一部の国は9月21日、その他の国は同28日に発売された。画面サイズはこれまでの3.5インチから4インチに変更され、縦に大きくなった。これに合わせる形で外観もサイズが縦長になったほか、イヤホンジャックが下面に移動しDockコネクタも8ピンのLightningコネクタに変更、薄さも7.6mmと従来よりも薄くなった。

Apple A6プロセッサーを搭載、カメラ性能も向上させたほか、iPad第3世代モデルではアメリカとカナダしかサポートしなかったLTEを本格的に対応、対応バンドとGSM/CDMAの別にあわせて3モデル用意する。日本ではソフトバンクとauから発売されている。

2013年9月20日のiPhone 5s/5c販売に伴い販売終了した、同年9月20日に発売開始した。

ハイエンドモデルのiPhone 5sは、ホームボタンが初めて変更となり指紋認証センサーの「Touch ID」が搭載され、指紋認証でロック解除やiTunes Store、App Storeでの購入ができるようになる。スマートフォン用としては世界で初めての64ビットに対応したApple A7チップを搭載しており、CPUとGPUがApple A6よりも2倍高速化している。センサーが取得した情報をより効率よく処理するコプロセッサとして、iPhoneとしては初めてモーションコプロセッサを搭載しており、M7と名づけられている。また、カメラの性能が向上してセンサーサイズが大きくなり、F値も2.2となってより明るくなった他、バーストモードや120fpsの720pスローモーションビデオ撮影などが可能となった。これまで「ブラック」「ホワイト」のみであったカラーバリエーションが「スペースグレイ」「ゴールド」「シルバー」の三色となる。

廉価版となるiPhone 5cは、背面にカラフルな一体成型のポリカーボネートを使っている。「グリーン」「ブルー」「イエロー」「ピンク」「ホワイト」の5色展開。スペックはiPhone 5と同等。2年契約で、16GBは99ドル(約9800円)、32GBは199ドル(約1万9800円)で発売される。

iPhone 6販売以降、iPhone 5sは4インチクラスのiPhoneとして継続販売。5cはインド市場などを除き販売を終了した。

5sは2016年以降、いわゆる格安携帯電話からの販売が始まり、3月にワイモバイルから、7月にはUQ mobileから販売が開始された。11月には販売台数ランキングのトップテンに入るなど5sは3年以上販売が継続された。

iPhone 6/6 Plus

2014年9月9日に行われたアップルのスペシャルイベントで発表された。

2014年9月19日オーストラリア日本香港シンガポールドイツフランスイギリスカナダアメリカ合衆国プエルトリコ時差順)で先行発売。日本国内では主要キャリア3社が扱うほか、アップルストアでも同時にSIMフリーモデルの販売を行う。

画面サイズを従来モデルから大きくし、通常モデルのiPhone 6は4.7インチ(1334×750ドット)、大画面モデルのiPhone 6 Plusは5.5インチ(1920×1080ドット)のディスプレイを搭載、広視野角でコントラストが高く、より正確な色を出せる「Retina HD display」を採用している。また本体の厚さもiPhone 6で6.9mm、iPhone 6 Plusで7.1mmで、従来より薄くなっている。また、内蔵ストレージに128GBモデルが追加され、32GBモデルが無くなった。

基本スペックは両モデルとも共通で、システムプロセッサにApple A8を搭載、CPUは従来比25%高速化し、グラフィックは従来比最大50%パフォーマンスを向上させている。モーションコプロセッサはM8を搭載し、高度情報を取得できる気圧計が追加された。通信ではLTEのキャリアアグリゲーションに対応し、最大150Mbpsでの通信のほか、VoLTEでの通話も可能となった。日本ではWiMAX2+やAXGPで使われているTD-LTEのBand 41など最大20の帯域に対応している。Wi-FiではIEEE802.11acに対応したほか、T-Mobileなど一部の通信会社ではWi-Fiを介して電話をかけることができる「Wi-Fi calling」にも対応する。

カメラ機能では、メインカメラのiSightのセンサー性能を強化、Focus Pixelsと呼ばれるプロセッサでオートフォーカスのスピードを向上させ、顔検出機能も強化されたほか、最大60fpsの1080p動画撮影や最大240fpsの720pスローモーションビデオ撮影、タイムラプスビデオ撮影も可能となった。さらにiPhone 6 Plusでは光学手ぶれ補正にも対応している。内向きのFaceTimeカメラもF2.2の明るいレンズになった。

新たにNFC(P)が搭載され、アメリカでは2014年10月より開始するアップル独自の決済サービス「Apple Pay」に対応、Touch IDでの指紋認証と連携して決済処理を行う。ただし、事実上の日本標準方式であるNFC(F)(おサイフケータイ)には非対応である。

iPhone 6とiPhone 6 Plusの違いとしては上述の画面サイズ・本体サイズとiSightの光学手ぶれ補正のほか、iPhone 6 Plusでは横画面表示時に大画面に最適化された表示が可能となっている。

iPhone 6s/6s Plus

2015年9月9日に行われたアップルのスペシャルイベントで発表された。

2015年9月25日ニュージーランドオーストラリア日本中国香港シンガポールドイツフランスイギリスカナダアメリカ合衆国プエルトリコ時差順)で先行発売。日本国内では主要キャリア3社が扱うほか、アップルストアでも同時にSIMフリーモデルの販売を行う。

前機種であるiPhone 6/6 Plusのデザインを踏襲しつつも、0.2mm厚く、それぞれ14gと20g重くなっている。カラーバリエーションは新たにローズゴールドが追加され、4色から選べるようになった。ボディ素材には7000番台のアルミ合金を、フロントガラスにはイオン強化ガラスを採用している。

ディスプレイの裏面に圧力センサーを搭載、タッチ動作の感覚を振動で伝えるTaptic Engineを内蔵することで、画面タッチで押し込むことによる操作を可能にした「3D Touch」に対応した。これによりメールで軽く触れるとプレビューを表示し、押し込むことで全体表示に切り替わったり、アプリアイコンを押し込むことで簡易操作のメニューが表示されるクイックアクションが使えるようになる。

カメラ機能では、メインカメラのiSightの画素数が1200万画素となり、通常写真撮影時に短い動画も同時記録する「Live Photos」と最大30fpsの4K動画撮影に対応した。画面側のFaceTime HDカメラも画素数が500万画素に向上したほか、自撮り撮影時には画面を通常の3倍の明るさで明るく発光してフラッシュにすることができる「Retina Flash」も使えるようになっている。

システムプロセッサにApple A9を搭載、従来比でCPUは70%、グラフィックは90%高速化されたほか、モーションコプロセッサのM9もA9内に組み込まれ、パフォーマンスとバッテリー駆動時間が向上している。各種センサーの性能も向上し、Siriも常時利用可能になり、指紋認証のTouch IDも高速に認証できるようになった。通信面では最大23バンドの周波数帯域をサポート、LTE-Advancedに対応したことで最大300Mbpsのデータ通信が可能になったほか、Wi-FiもMIMOに対応したことで最大866Mbpsでの通信が可能となっている。

iPhone 6sとiPhone 6s Plusの違いは、前機種の6/6 Plusと同様に画面サイズ・本体サイズ、iSightの光学手ぶれ補正(静止画・動画両対応)の有無、6s Plusでの横画面表示時の表示最適化対応となっている。

iPhone SE

2016年3月21日に行われたアップルのスペシャルイベントで発表された。iPhone 6販売以降、4インチクラス端末の位置付けになったiPhone 5sの後継機で、サイズはiPhone 5sとほぼ同じながらも、中身をiPhone 6sとほぼ同等とした。「3D Touch」には対応していない。また、iPhone6s/6s Plusでは対応しているCA(キャリアアグリゲーション)にも対応していない。「SE」は、シニアバイスプレジデントのフィル・シラー氏が、「Special Edition」の略であると明らかにしたとのこと。

iPhone 7/7 Plus

2016年9月7日に行われたアップルのスペシャルイベントで発表された。

デザインは前機種であるiPhone 6s/6s Plusを踏襲しつつも、若干の変更がされている。カラーバリエーションはスペースグレーが廃止になり、新たに光沢ありのジェットブラックと光沢無しのブラックが追加され、5色から選べるようになったが、新色ジェットブラックは光沢感が高く指紋が付きやすい、汚れが目立ちやすい、傷がつきやすいなどの理由からアップルはケースの装着を推奨している。ボディ素材には7000番台のアルミ合金を、フロントガラスにはイオン強化ガラスを採用し、防沫性能、耐水性能、防塵性能を強化している。

ステレオスピーカーを搭載する一方、3.5mmステレオミニジャックが廃止され、付属するEarPodsはLightningコネクタを備えたものに変更されている。また、Lightning-3.5mmステレオミニジャック変換コネクタが添付されている(別売りの無線イヤホンのAirPodsも同時に発表されている)。また、日本向けモデルは盗撮防止のためのシャッター音の音量も強化されている。

システムプロセッサに4コアのA10 Fusionチップを搭載。LTE-Advancedは最大で下り450Mbpsに高速化。ホームボタンが物理ボタンからTaptic Engineに対応したタッチセンサーへと変更され、押した時にフォースフィードバックがなされるほか、カスタマイズも可能になる。ディスプレイはより広色域へとなり、カラーマネジメントにも対応したほか、3D Touchもより強化された。

iPhone7では、iPhone6sでは非対応だったiSightの光学手ぶれ補正(静止画・動画両対応)に対応。新しいディスプレイ同様にDCI-P3準拠、広色域対応の新型1200万画素のイメージセンサーとF値1.8の明るいレンズを搭載し、True Toneフラッシュもそれぞれ4つのLEDで構成する。FaceTimeHDカメラも700万画素のセンサーを搭載している。さらに、改良された画像信号プロセッサを搭載することで、画像処理を高速に行えるようになった。

iPhone 7とiPhone 7 Plusの違いは、前機種の6s/6s Plusと同様に画面サイズ・本体サイズ、6s Plusでの横画面表示時の表示最適化対応のほか、カメラが刷新され広角と望遠の2つのレンズを搭載し、2倍光学ズーム(デジタルズームを組み合わせて10倍ズーム)への対応や2つのレンズの距離差を演算することで被写界深度を狭めて撮影が可能となっている。

容量面では、従来の16GBに代わり32GBが設定され、64GBが廃止された。また、シリーズ初となる256GBも設定された。

NFCチップNXPの67V04を搭載し、Apple Payによる非接触決済サービスが利用できる。日本向けモデル(A1779, A1785)では、FeliCaにも対応しており、SuicaQUICPayiDのサービスが利用できる。

iPhone 8/8 Plus

2017年9月12日に行われたアップルのスペシャルイベントで発表された。

デザインは前機種であるiPhone 7/7 Plusを踏襲しているが、背面がガラス素材、側面がアルミ合金に変更され、前面・背面いずれもより強化されたカスタムガラスを採用している。カラーバリエーションはゴールド、シルバー、スペースグレイの3色に減少、ストレージ容量も64GBと256GBの2種類となった。

ディスプレイサイズは従来と変わらないが、色域についてはiPhoneで初めてTrue Toneを採用している。また、ステレオスピーカーが強化され、より低音に強くなった。

カメラについては解像度は従来と変わらないものの、新しいセンサーを搭載、また8 Plusではポートレートモードが強化され、スタジオ風のライティングを再現するポートレートライティングがベータ版として搭載される。動画撮影はビデオエンコーダーや画像処理プロセッサをアップル自身が新たに設計したことで、4Kの60fps撮影やフルHDの240fps撮影などに対応している。

システムプロセッサは「A11 Bionic」と呼ばれる6コア構成のチップを搭載。LTE-Advancedは最大で下り800Mbpsに高速化したほか、Bluetoothが5.0になった。NFCもリーダーモード対応となり、FeliCaによるApplePayも日本仕様以外のモデルでも対応する。Qi規格のワイヤレス充電対応、Apple USB-Cアダプタを利用する場合は30分で50%の高速充電に対応した。

iPhone X

2017年9月12日に行われたアップルのスペシャルイベントで発表された。

背面のメインカメラは7 Plus/8 Plusと異なり2つのレンズを縦並びに変更、両方のレンズが光学式手ぶれ補正に対応する。

その他の基本スペックは8/8 Plusと同様で、システムプロセッサはA11 Bionicを搭載、LTE-Advanced最大通信速度800Mbps、Bluetooth 5.0、リーダーモード対応NFC、FeliCa、Qi規格のワイヤレス充電、高速充電に対応する。ストレージ容量は64GBと256GBの2種類となる。

概略

マルチタッチスクリーンによる直感的操作
キー入力やスタイラスなどは必要なく、指で直接画面上のアイコンやキーボード、ボタン等に触れるマルチタッチスクリーン方式を採用している。フリック(はじく)、タップ(軽く叩く)、ピンチ(つまむ)の3種類のシンプルな動作により直感的な操作ができる。
iPhone 6s/6s Plusではさらに圧力センサーを搭載することによる「3D Touch」を採用、押し込む動作が追加されている。
iPhone発売後、他メーカーからもマルチタッチスクリーンパネルを利用した携帯電話製品が出ているが、これらの製品の操作性はiPhoneを完全に再現・模倣しているわけではなく、多くの相違点がある。また、アップルはマルチタッチに関する特許を所有しており、Androidでマルチタッチを利用した端末を発売しているメーカーを特許侵害で提訴している。
電話
着信拒否機能はiOS 7から対応している。日本においては、公衆電話からの着信が非通知と表示されてしまう。
留守番電話機能は「ビジュアルボイスメール」として搭載され、登録された音声をファイルにしてiPhoneに配信されるようになっている。キャリア側の留守番電話サービスが対応する必要があり、ソフトバンクでは3Gでの販売から、auでは2012年4月14日に対応しており、NTTドコモも2015年1月21日より対応する。
iPhone 4からはビデオチャット/IP電話機能であるFaceTimeに対応し、iOS 5以前ではWi-Fi接続時に、またiOS 6からはモバイルネットワーク接続時でも、他のiOS端末やMacとの間でテレビ電話として利用可能となる。なお、日本国内ではソフトバンクではリリース当初から、またauではiOS 5.1へのアップデートが行われた2012年3月8日から対応している。
iPhone 6/6 PlusからはLTEネットワークを介したVoLTEやWi-Fiを介して電話回線に接続できるWi-Fi Callingに対応するが、いずれも携帯電話会社のネットワークが対応する必要があり、日本ではiOS 8.3へのアップデートが行われた2015年4月9日よりVoLTEに3キャリア共に対応している。
インターネット
搭載されているSafariJavaScriptエンジンを内蔵しAjaxアプリケーションを利用可能。RSSやSVG、タブブラウズに対応している。但しJavaアプレットおよびFlashには対応していない。iPhone/iPod touch対応サイトを除く携帯電話端末専用サイトは閲覧不可。
メール
MMSにiPhone OS 3.0で対応、一般のPOP3、IMAPメールサーバにも接続することが可能である。
米国Yahoo! Mail(@yahoo.com)に関しては携帯メールのようなプッシュ型電子メール(自動受信)にも対応したメールが利用可能である。日本のYahoo! メールも2011年10月19日よりIMAPアクセス使用時にプッシュ通知が可能となっている。
アップルのサービスiCloud(旧MobileMe)や、MicrosoftのMicrosoft Exchange OnlineMicrosoft Exchange Server(2製品共に法人向け)のメールアカウントもプッシュ機能を備えており、Exchange ActiveSyncをサポートするメールサービス(Gmail(現在はGoogle Apps利用者のみ)、Outlook.com(旧Windows Live Hotmail)など)でもプッシュ機能が使えるようになっている。
メッセージングサービス
SMSは初代iPhoneより、MMSはiPhone OS 3.0より対応し、iChatを思わせる吹出しを使った対話形式で、メッセージが表示される。最大670文字まで送信できる。
iOS 5からはSMS/MMSに加え、iOS端末及びOS X Mountain Lion搭載Macとの間でメッセージや写真、動画などのやりとりが可能となる「iMessage」に対応している。
RCSは日本国内では「+メッセージ」として2018年6月に対応クライアントアプリが配信されサービスが行われている。ただし日本国外の通信キャリアとは接続できず、Y!MobileやMVNOでは使用できない。またSMSやMMSはこれまで通りOS標準のメッセージアプリを使用する。
無線アクセス
Bluetooth による無線PANIEEE 802.11a/b/g/n/acによる無線LAN(Wi-Fi)、EDGE/GPRS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA/EV-DO Rev. A/EV-DO Rev. B/FDD-LTE/TD-LTE(WiMAX2+/AXGP)/LTE-Advanced(キャリアアグリゲーション)などのパケット通信規格による無線WANなど、多様な無線アクセスを内蔵。
カメラ
iPhoneとiPhone 3Gでは、2メガピクセルカメラを搭載。ボタンはシャッターのみで機能設定、オートフォーカス、ライト、動画撮影機能は搭載されていない。
iPhone 3GSでは、3メガピクセルオートフォーカスカメラを搭載し、動画撮影にも対応している。
iPhone 4では、LEDフォトライト付の5メガピクセルオートフォーカスカメラ(裏面照射型CMOSセンサ採用、HD動画撮影対応)、およびFaceTime用のフロントカメラ(VGA画質)を搭載している。4Sではこれを強化し8メガピクセルオートフォーカスカメラ(裏面照射型CMOSセンサ採用、フルHD動画撮影対応)を、5ではさらに1.2メガピクセル(HD動画撮影対応)のフロントカメラを搭載している。6ではオートフォーカスが強化され、さらに6 Plusでは光学式手ぶれ補正機構が内蔵されている。
iPhone 6s/6s Plusでは4K動画が撮影可能な12メガピクセルオートフォーカスカメラと5メガピクセルのフロントカメラを搭載、フロントカメラでの自撮り撮影時に使える画面を明るく光らせてフラッシュ代わりにする機能も搭載されている。7 Plus/8 Plus/Xでは広角と望遠の2つのレンズを搭載し、2段階ズーム機能を備えているほか、2つのレンズを使うことで背景をぼかして撮影できるポートレートモードに対応している。Xでは顔認証用に用いるTrueDepthカメラと通常のフロントカメラとの組み合わせで自撮りでもポートレートモードが使える。
写真
写真管理ソフトウェアにより写真をアップロード、表示、メールに添付できる。マルチタッチで画像を自由に拡大したり、回転させたりできる。
音楽
音楽ライブラリのレイアウトはこれまでのiPodから変更され、より分かりやすいセクション、大きなフォントになっている。Cover Flowにより、iTunesのようなカバーを写真ライブラリで表示可能である。
動画
3.5インチのワイドディスプレイでテレビ番組、映画などを見ることができ、iPhone 3GS以降では、撮影した動画も見ることができる。
アップルとYouTubeの提携によりiPhoneに最適化された(H.264)YouTubeが利用可能である。ソフトバンクの3G回線でネットワークに接続している場合は、低ビットレートの動画の視聴に制限される。なおiOS 5まではアップル製のYouTubeアプリが用意されていたが、iOS 6ではライセンス契約が切れたことから搭載されていない。ただしSafari上でHTML5に最適化されたYouTubeサイトを使用するか、Googleが提供するYouTubeアプリを使うことで視聴することが可能となる。
地図
アップルとGoogleの提携により、iPhone 4S、またはiOS 5まではiPhoneに最適化されたGoogle Mapsが利用可能だった。最新版のiPhone OSだとWi-Fiホットスポットや携帯電話基地局から自分の位置情報を取得できる。iPhone 3GではGPSを搭載したことにより、精度の高い位置情報を取得できる。専用アプリケーションを追加することでGoogle Earthも利用可能となった。
マップアプリについてはiOS 6ではベクターベースのアップルの独自の地図となったが、Googleマップに比べて圧倒的に情報量が少なく、機能も少なく間違った場所に表示されるなど地図としては致命的な不具合が多数見つかっている。現在はApp Storeで最適化されたGoogleマップも使用可能である。
アクセシビリティ
iPhone 3GSでは視覚障害のあるエンドユーザ向け機能として、ボイスオーバーによる画面の操作ガイド、ズーム・反転表示を搭載した。また聴覚障害のあるエンドユーザ向けには、モノラル音声出力機能を搭載した。
センサ
iPhoneは、6つの異なるセンサを搭載している。
  • 近接センサは、筐体のそばに耳があることを検知すると、誤作動が起きないようにタッチスクリーンが無効化される。
  • 輝度センサは、周囲の明るさをセンシングする。センシング結果に基づきタッチスクリーンの明るさを調整する。
  • 3軸加速度センサは、筐体の姿勢をセンシングする。センシング結果に基づき、本体の向きに合わせて画面の表示を縦と横に切り替える。
iPhone 4からは3軸ジャイロスコープを搭載し、加速度センサと組み合わせることでより精密な角度や加速度、端末の回転などの動きを感知できるようになった。iPhone 6/6 Plusではさらに気圧計も搭載され、その時点の気圧から端末がある高度の情報が分かるようになった。
また、iPhone 5sからは指紋認証センサTouch IDがホームボタンに組み込まれており、指紋を読み取ることで端末ロックの解除、iTunes StoreやApple Payなどでの決済認証などに使うことができるようになっている。iPhone Xではホームボタンが廃止されたのに伴い、Touch IDの変わりとなる顔認証システムFace IDが搭載されている。
ウィジェット
天気予報、株価が見られるウィジェットがプリインストールされている。iOS8からはサードパーティ製のウィジェットも使えるようになった。
電子決済機能
iPhone 6/6 PlusからNFCが搭載され、アップルとVISAマスターカードアメリカンエキスプレスなどとの提携による電子決済サービス「Apple Pay」が開始される。
iPhone 7/7 Plusの日本仕様モデルではFelicaを搭載、これによりApple Payの決済手段としてSuicaiDQUICPayが利用可能となる。
その他の機能
iTunesやMobileMeからアドレスブック、E-mailアカウント、ブラウザのブックマークの情報を同期できる。iOS 5からはMobileMe後継サービスのiCloudによって、iTunesで購入した楽曲の自動ダウンロード、撮った写真を他の端末へ自動転送する機能、編集した書類データの自動同期、端末のバックアップなど、クラウドコンピューティングサービスが利用できるようになっている。
iPhoneのカレンダー相当ソフトはiPhone単独での予定の追加機能とパソコンへの再同期をサポートしている。

iPod touchとの相違

iPhoneとiPod touchはハードウェアソフトウェア共に共通点が多い。iPhoneのみで使用可能な機能は以下の通り。

  • 音声通話やSMS、 MMSが利用できる。
  • HSDPAW-CDMA)などにより、無線LAN以外のデータ通信ができる。
  • 近接センサを搭載している。
  • デジタルコンパスを搭載している(3GS以降)。
  • バイブレータを内蔵している。
  • GPS(全地球測位システム)を搭載している。

また、第3世代までのiPod touchは、カメラを搭載していない、マイクがないなどの違いもあった。

他の携帯電話との相違

以下の機能はiPhoneには搭載されていない。

  • メールアプリで受信したメールのSMS/MMSへの転送(ただしメールにはソフトバンクから付与されるアカウント以外も設定可能)
  • MMSの件名を含めた転送
  • グループMMSの送信者一人への個別返信(一人に返信/全員に返信を選べない。SMS/MMSアプリはチャット風のUIなので宛先欄が無く変更できない為、全員に返信することしかできない。メールアプリの場合、返信時に宛先欄を削ることは可能)
  • 地上デジタルテレビ放送ワンセグ/フルセグ)、マルチメディア放送NOTTVi-dio等)
    • ただし下記で述べるソフトバンクの「TV&バッテリー」をはじめ、バッファロー製の「ちょいテレi」、BitBay製の「eSegTV ワイアレスTV チューナー」、ピクセラ製の「PIX-DT350-PL1」「PIX-DT355-PL1」(後者はNOTTVにも対応)などの外付けチューナーWi-Fi接続またはDock/Lightningコネクタ接続)を使えば視聴可能。また、ソフトバンク(ピクセラ製)の「エリアフリーTV」や次世代放送推進フォーラム策定のリモート視聴規格対応チューナー・テレビ・レコーダーと対応アプリを使えば、自宅等にあるチューナー等にリモート接続することでテレビの視聴が可能となる。また、i-dioはインターネット経由での聴取が可能となっている。
  • 着うたの購入などといった日本独自のサービス(ただしiTunes Storeにおいて類似のサービスを提供している)
  • 電池交換(iPod同様ユーザ自身での電池交換は認められておらず、メーカー側での有料(アップルで9,400円(税別))の本体交換となる)
  • SDカードなどの外部メディアの利用(そのぶん内蔵ストレージの容量が多めとなっている。またLightningコネクタに接続可能な外部フラッシュメモリも販売されている)
  • ソフトバンクでは、Yahoo!Japanのプレミアム会員向けサービスを非会員でもYahoo!ケータイから利用することで会員並みにサービスを受けられるが、iPhoneにおいては例外となり利用できない(Yahoo!オークションに関しては公式アプリ経由で取引を行った場合、入札金額の上限緩和などのサービスが受けられるようになった)。
  • ストラップホールが開けられていない。

他のスマートフォンの多くと同じようにグローバルモデルであるため、現在の主要な日本国内向け携帯電話に搭載されている、多くの機能が装備されていない。修理についても、原則として本体交換での対応となる。

またかつては以下の機能が対応していなかった。

  • 「ネットワーク自動調整」による日時修正(ただしiTunesにより、同期対象のPCと日時を同期可能) →iOS 4から対応。
  • 緊急地震速報(「ゆれくるコール」などのサードパーティ製アプリを使用する必要があった)→iOS 5からOSレベルで対応。
  • おサイフケータイFeliCa)→iPhone 7/7 PlusからApple Payの機能として対応
    • iPhone 4およびiPhone 4S(ソフトバンク扱い)には「電子マネーシール for iPhone 4」があるもののiPhoneにリーダー・ライターの機能はなく電子マネーチャージ等の連携ができないため擬似的なものである。実態としてはiPhoneに最適化されたカード型とみなされる。また、NTTドコモからはiPhoneに装着し専用アプリでチャージ等の管理可能な「おサイフケータイ機能内蔵ジャケット」が提供されている。
  • 防水防塵性能→iPhone 7/7 Plusから対応 (完全防水ではなく耐水)

アクセシビリティ

iPhone 3GSから視覚障害のあるエンドユーザ向け機能として、ボイスオーバーによる画面の操作ガイド、ズーム・反転表示を搭載した。また聴覚障害のあるエンドユーザ向けには、モノラル音声出力機能を搭載した。これらの支援機能をアップルはiPhoneにおけるアクセシビリティ機能として位置づけている。触覚によるフィードバックが期待できないタッチパネル方式を採用しつつ、視覚障害者でも操作ができるインターフェースとして音声による操作ガイドを搭載したことは、他社のアクセシビリティ機能で類をみない先進的な取り組みであると評価されている。

アクティベーション

iPhoneは、購入後や初期化後の初回起動時のアクティベーションに成功しない場合、ほぼ全ての機能が働かない。GSM及びUMTS(W-CDMA)方式のiPhoneでは、通信会社が提供するSIMカードを装着するとアクティベーションが可能となる。なお通信会社提供ではなく、保守製品かと思われるSIMカードによってアクティベーションに成功した報告例もある。また、iOSのメジャーアップデートの際にもアクティベーションが必要である。

充電

iPhoneは、iPad同様に通常充電モードと高速充電モードの二つの充電モードが存在する。通常充電ではUSB2.0規格に準ずるUSBポートと接続することにより、およそ500mAを充電できる。高速充電モードを利用するには、1A以上の高出力のUSBポートを利用する必要があり、またUSBピンアサインのD+D-データラインに特殊のバイアス信号による高速充電モードの起動が必要。通常のUSB2.0規格に準ずるUSBポートであっても、一部のバイアスを供給する市販商品を使用すれば、約700mAの高速充電モードを起動させることができる。特にiPhone 6, 6 Plus以降の機種であれば、1.6Aや2.1Aでの充電が可能である。

iPhone 8/8 Plus/XではUSB-C電源アタプタを使うことで高速充電ができるようになったほか、Qi準拠のワイヤレス充電にも対応している。

歴史

  • 2004年
    • アップルコンピュータが有名な日本の家電企業に携帯電話の開発を依頼するが発売には至らなかった。
    • ソフトバンクの孫正義がスティーブ・ジョブズの自宅を訪ねiPod携帯電話について提案すると、ジョブズは既に考案中だと答える。
  • 2005年
    • 2005年前後、アップルコンピュータがNTTドコモとiPod携帯電話を共同開発するが発売には至らなかった。
    • 9月7日 - モトローラよりiTunesを搭載した携帯電話Motorola ROKR E1が発売される。アメリカで販売を担当する携帯電話事業者はシンギュラー・ワイヤレス(2007年1月15日よりAT&Tモビリティに社名変更)。
    • 2005年 - モトローラ社よりiTunesを搭載した携帯電話Motorola RAZR V3iが発売される。
  • 2006年
    • 1月31日 - モトローラよりiTunesを搭載した携帯電話Motorola SLVR L7が発売される。アメリカで販売を担当する携帯電話事業者はシンギュラー・ワイヤレス。
  • 2007年
    • 1月9日 - Macworldで初代iPhoneが発表される。同日「アップルコンピュータ」が「アップル」に社名を変更する。
    • 1月10日 - シスコシステムズが商標権を不当に侵害されたとしてアップルを提訴する。
    • 2月21日 - シスコとアップルは両社で自由に世界中でiPhoneの商標を使うことが出来るという合意に達した。
    • 6月29日 - アメリカ合衆国で販売開始。携帯電話事業者はシンギュラー・ワイヤレス。
    • 9月10日 - 前日(9月9日)の時点で販売台数100万台となったことが発表された。
    • 2月5日 - 16GBモデル発表、販売開始。
    • 3月 - 3月末時点で累計販売台数は540万台と公表。
    • 5月 - カナダ、中南米チェコエジプトギリシャイタリアインドポルトガル、オーストラリア、ニュージーランド南アフリカトルコの各国および地域における販売が決定した。
    • 6月4日 - ソフトバンクモバイルがアップルとの契約締結を発表。
    • 6月9日 - iPhone 3Gを日本を含む22カ国で7月11日より販売すると発表。販売台数は600万台に達したと発表。App Storeによる、アプリケーションのダウンロード数は1000万を突破。
  • 2009年
    • 2月27日 - ソフトバンクモバイルが「iPhone for everybody キャンペーン」を開始(当初は5月31日までだったものが9月30日まで延長され、さらに2010年1月31日まで延長された)
    • 6月9日 - iPhone 3GSを発表。
    • 7月10日 - 台湾・香港・マカオにおいて販売を開始。
    • 8月 - iPhoneが爆発し、スクリーン部分のガラスの破片が目に刺さる事故がフランスで2件発生した。
    • 10月30日 - 中国本土において販売を開始。
    • 11月28日 - 韓国において販売を開始。
  • 2010年
    • 3月 カリフォルニアで従業員がiPhone 4試作機を紛失。ガジェット系ブログで売られる騒動となった。
    • 6月8日 - iPhone 4を発表。
    • 6月24日 - iPhone 4、日本・アメリカ・イギリス・ドイツ・フランスにおいて販売を開始。
  • 2011年
    • 1月11日 - CDMA版iPhone 4を発表。
    • 2月10日 - アメリカ合衆国のベライゾン・ワイヤレスよりCDMA版iPhone 4が発売開始となり、同国における1事業者独占販売が崩れる。
    • 4月28日 - iPhone 4 ホワイトモデルがアメリカや日本などで発売開始。
    • 10月5日 - iPhone 4Sを発表。このモデルから、日本ではソフトバンクモバイルに加えてKDDIからも発売すると正式に発表され、日本のソフトバンクモバイルにおけるiPhone独占販売が崩れる。
    • 10月14日 - iPhone 4S、日本・アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・カナダ・オーストラリアにおいて販売を開始。
  • 2012年
    • 9月12日 - iPhone 5を発表。
    • 9月21日 - iPhone 5、日本やアメリカなど販売開始。
  • 2013年
    • 9月11日 - iPhone 5s及び5cを発表。このモデルから、日本ではNTTドコモからも発売すると正式に発表され、日本の携帯電話大手三社全てがiPhoneを取り扱うこととなる。
  • 2014年
    • 9月10日 - iPhone 6及び6 Plusを発表。iPhoneでは初となる画面サイズが異なる2機種の発表となった。
  • 2015年
    • 9月9日 - iPhone 6s及び6s Plusを発表。
  • 2016年
    • 3月22日 - iPhone SEを発表。3月31日、日本やアメリカなどで販売開始。
    • 9月7日 - iPhone 7及び7 Plusを発表。9月16日、日本やアメリカなどで販売開始。
  • 2017年
    • 9月13日 - iPhone 8、8 Plus、Xを発表。8と8 Plusは9月22日に、Xは11月3日に、それぞれ日本やアメリカなどで販売開始。

製造

iPhoneの製造は、中華民国台湾)の鴻海精密工業(Foxconn)と和碩聯合科技股份有限公司(Pegatron)が、ブラジルサンパウロ中華人民共和国広東省深圳市等の工場で行っている。この工場については、従業員の自殺や長時間労働や違法な未成年労働者の使役などが、問題として指摘されている。iPhoneが中華人民共和国で発売された際には、欧米メディアを中心に「iPhone里帰り」といった報道がなされた。なおiPadの製造拠点は、iPhoneと同じであったが、一部を四川省成都市の工場に移管している。

アメリカ合衆国の試算調査会社iSuppliによると、iPhoneの部品等コストから算出した利益率は、最大53.1パーセントである。

故障

iPhone 3Gに付属していた「Apple 超コンパクト USB 電源アダプタ」について、特定の状況下においてプラグ部分(金属製の差し込み部分)が外れて電源コンセント内に残り、それが感電の原因となる可能性があることが確認されたため、アップルは「Apple 超コンパクト USB 電源アダプタ交換プログラム」を実施している。

インターネット上で「電子レンジで充電できる」「水に浸けると音質向上」という、デマ都市伝説がたびたび流れ、前者については電子レンジを用いての充電はできず、機器の破損や火災等の事故を招く恐れがある。また後者も、水没となり故障の原因となる。

教育での活用

2009年に、渋谷区に本部をおく青山学院大学とソフトバンクモバイル、ソフトバンクテレコムは、iPhone 3Gを活用したモバイル・ネット社会の教育および研究を進める基本協定を締結。それに伴い青山学院大学社会情報学部の学生にiPhone 3Gが配布された。

アクティベーション

iPhoneは購入後、アクティベーションしなければ緊急電話としてしか機能しない。

アクティベーションにはSIMカードが必要で、SIMロック版の場合は特定のSIMカードのみ、SIMフリー版であっても何らかのSIMカードが必要である。

アクティベーション回避

2007年7月、ヨン・レック・ヨハンセンがAT&Tへの登録なしに起動させるツール「Phone Activation Server」を公開。

電話としては機能しないものの、その他は機能したとしている。

アクティベーションロック

iPhoneの盗難や不正利用を防ぐために本来のユーザー以外のアクティベーション行為を文字通りロックし阻止するもので、本来のユーザーのAppleIDとパスワードの入力を求め、他のAppleIDではアクティベーションが出来ないようにする機能である。

SIMロック

キャリアを通じて販売されるiPhoneは、キャリアの方針により最初からSIMロックがかかっている場合とかかっていない場合もある。

SIMロックがかかっているiPhoneは特定のキャリアが発行するSIMカードのみ利用できる。

不正なSIMロック解除

SIMロックを解除すればGSM、UMTS(W-CDMA)、LTE、4G等を採用している携帯電話事業者で使用できる。

いずれの方法もアップル及びキャリアが認めていない、保証範囲外かつ不正かつリスキーな行為であり、何があっても自己責任で行う必要がある。

ソフトウェアによるロック解除

「iPhoneSimFree」というグループが、iPhoneのSIMロックを簡単に解除できるソフトウェアを開発した。

こうした不正改造を防ぐために、アップルもソフトウェアアップデートで対策していたが、いたちごっこになっていた。

アップルが2007年9月27日に公開したiPhone OS 1.1.1において、非正規の手順でロック解除された一部のiPhoneは使用できないようになった。

このようなユーザーによる不正なSIMロック解除に対し、アメリカ著作権局は「ユーザーが合法的に入手したアプリケーションなどを実行するためにJailbreakする行為」や「携帯電話を他の携帯キャリアに接続させるためのJailbreak」などは、合法との判断を下している。

2017年時点ではソフトウェアでのロック解除はかなり難しくなっており、ツールも配布されていない。

ハードウェアの改造によるロック解除

2007年8月25日、アメリカ在住の17歳の少年が夏休み中に計500時間を費やし、iPhoneのSIMロックを解除したと発表した。

これは、iPhoneを分解して半田付けなどをして改造してロック解除する方法であり、リスキーであり時間と手間がかかる。

初代iPhoneでは行われていたが2017年時点ではほとんど行われていない。

アダプタによるロック解除

複数の業者により、SIMロック解除アダプタが販売されている。

これはSIMカードとSIMスロットの間にアダプタを挿し込み複数のSIMカードを利用できるようにするものであり、iPhoneそのもののロック解除ではないが、挿入している間は一時的にロック解除と同等の状態となる。

ファクトリーアンロック

廃棄されたSIMロック解除済みiPhoneのIMEIとロック解除したいiPhoneのIMEIを入れ替えるもので複数の業者により行われている。

依頼料金はいずれも高額であり詐欺的な業者も目立つ。

通常、IMEIの管理はアップルが行うが、iPhoneの廃棄の為にごく一部の業者にも管理を許可しており、この業者が流した情報によりロック解除を行なっているものと思われる。

キャリアによる正式なSIMロック解除

アメリカ

AT&TベライゾンスプリントT-Mobile US等アメリカの各キャリアが、これまでに発売した全てのSIMロック版iPhoneのロック解除を、ユーザーの求めに応じて行っている。

また、キャリアを通じて販売されているiPhoneは現在は全てSIMフリーである。

フランス

フランスでは、ユーザーに販売後3ヶ月を経過したiPhoneのSIMロック解除に応じ、SIMロックフリーのiPhoneも同時に販売している。

これは、フランス国内法でキャリアによる囲い込みを禁じているためであり、ユーザからの求めがあった場合、キャリアは端末をロック解除する手段を提供しなければならず、SIMロック端末と同時にロック無しの端末も販売せねばならないからである。

日本

日本においても、ドコモソフトバンクau各社はSIMロック解除義務化により、2015年5月1日以降に発売されたiPhone 6s/6s Plus以降、SIMロック解除に応じている。

SIMフリー版

2017年時点で、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本を含め多くの国で、SIMフリー版iPhoneがアップルから発売されている。

販売されている国および地域一覧

thumb

2009年12月には、世界94カ国・地域で販売されていた。

商標問題

世界各国での販売には、商標の調整が必要だった。以下は、その一例。

シスコシステムズやアイホンからは、使用許諾を得て共存する事になったが、漢王科技からは同意を得られていない。また、ブラジルではグラジエンチ・エレクトロニカとの間で係争状態となっており、ブラジル国立工業所有権院は「グラジエンチ社が2018年まで独占使用権を有する」との判断を示した。

出荷台数

thumb2007年9月10日には、前日の時点で累計出荷台数100万台となったことが発表された。2008年5月末現在、欧米など6カ国での累計出荷台数は600万台に達した。アップルは2008年末までに累計出荷台数1000万台を目指していた。

米市場調査会社IDCによると、2008年第1四半期の米国スマートフォン市場におけるアップルのシェアは19.2%。ちなみにカナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)が販売する「BlackBerry」(ブラックベリー)のシェア44.5%には及ばないが、パームのシェア13.4%を上回る。

2008年10月22日、アップルは2008年度第4四半期にiPhoneを6,892,000台とRIMよりも多くの台数を販売したと発表。目標より3ヶ月以上早く累計で1000万台を超えたことが判明した。

2008年7〜9月の米国内での販売台数でも、それまで3年間首位を維持してきたモトローラのMotorola RAZRを初めて抜き、首位に躍り出た。

日本においては、iPhoneの新規発売に際しては、元々からの話題性の高さもあったにせよ、アップルが予約販売を認めなかった為に、全国各地で購入希望者の行列が作られ、携帯電話の新機種発売としては異例の盛り上がりを見せた。ソフトバンクモバイルの販売ランキングでは、iPhone 3G(16Gバイト)が2008年9月14日時点までは10週連続首位であった。

2009年6月19日から米国などで販売が開始されたiPhone 3GSは、発売から3日で100万台以上出荷された。

なお、日本単独での出荷台数は公開されていないが、市場調査会社MM総研は、2009年度の国内出荷台数はシェア4.9%で約169万台、累計出荷台数は約230万台としている。

日本

2013年9月現在、日本におけるアップルの公式なキャリアはソフトバンクモバイル、KDDI(au 2011年10月14日発売開始のiPhone 4Sより)、NTTドコモ(2013年9月20日発売開始のiPhone 5s/5cより)である。3キャリアともに端末と回線をセットで提供しているため、iPhone本体にはSIMロックがかけられている。しかし、アップルがSIMロックフリーの端末を香港で販売していることを利用して、2010年8月より日本通信がSIMロックフリー端末専用の回線(電波)のみの提供を開始した。海外で販売されているSIMロックフリーのiPhone 4/3GS用にtalking b-microSIM Platinum Service/talking SIM Platinum Serviceという通信(携帯電話)事業サービスのみを提供する(端末自体は自分で手に入れなくてはならない)。他のMVNO各社も独自にiPhoneでの動作検証を行っているところもある。

日本通信のサービスに対して、アップルから公式なアナウンスは一切出ていない。日本通信が、海外でのみ販売されているSIMロックフリー版iPhone 4の端末を利用した、国内で単独で行っているサービスである。そのため、2010年8月頃以前は故障など購入後のサポートに関して、ソフトバンクモバイルはもちろんのこと国内でのアップルのサービスも受けることができなかった。現在ではアップルのサービスを受けることが可能。

2013年11月22日、日本でもSIMフリーのiPhoneの販売がApple Storeにおいて開始された。

ソフトバンク

SoftBankブランド

価格、サービス概要に関しては2008年7月4日、同社のサイトで公開された。

日本国内での発売日は2008年7月11日で、ソフトバンクショップと一部の家電量販店で一斉に販売開始された。なお、日本のApple Storeでは当初デモ機の展示、ワークショップ、購入後のサポート及び各種アクセサリーの販売のみに留まっていたが、2008年12月16日から本体の販売が開始された。

====== 契約 ======

iPhoneの仕様・インターフェイス・操作性は、日本で販売されている一般的な携帯電話とは異なるため、販売店ではiPhoneを販売する前に「iPhone ご契約に際してご注意項目」を説明し、内容を確認した旨のサインを求めている。

ただし、説明用書面に記されている「いかなる状況においてもキャンセルできない」や「キャンセルは受付しませんのでご注意ください」との文言は消費者契約法などに照らして無効であると特定非営利活動法人消費者機構日本は指摘している。また、同機構は、他機種の第3世代携帯電話では通話・通信が正常に可能であるのにiPhone 3Gでは通話・通信に不具合が生じる場合がある点についてiPhone 3G自体に由来する瑕疵であるとし、その瑕疵の存在を契約前に確認していなければ、民法上、契約を解約できるようにするべきだと指摘している。

====== MMS/メール ======

2009年6月に実施のiPhoneOS 3.0アップデートによって、iPhone3Gおよび出荷時からこのOSを搭載したiPhone3GSはMMS(S!メール)に対応し、@softbank.ne.jpドメインによるメールの送受信が可能になった。このため、iPhone購入時はMMSである@softbank.ne.jpとEメール(i)として一般のPCメールに分類される@i.softbank.jpの2つのメールアドレスが付与される。MMSはメッセージアプリで、Eメール(i)はメールアプリで送受信する。

Eメール(i)と呼ばれる@i.softbank.jpドメインのEメールはiPhoneがMMSに対応していない時から用意されている物であり、プッシュ配信ではないが「メッセージを受信しました」という画面表示と着信音によってメールの新着が通知される。これはプッシュ配信が当たり前であるケータイメールが普及している日本市場のために、iPhoneが MMS(S!メール)に対応していないときにSoftBankが構築した独自のシステムである。2013年12月10日からEメール(i)でのプッシュ通知に対応、順次ユーザーが使用できるようになる。

また現時点では、デコレメール(一部は受信可能。送信は不可)は利用不可(MMSには対応していないが@i.softbank.jp及びPCメールアドレス使用で受信は可能である。またデコレメールを送信できるアプリも有る)。

====== USIMカード ======

USIMカードはiPhone専用となり、既存のSoftBank 3G契約のUSIMカードは使用できない。また、iPhone専用のUSIMカードを他のSoftBank 3G端末に使用することもできない。

====== 独自のサービス ======

2008年10月30日に、ソフトバンクモバイルから自社のiPhoneユーザのみに対する新たなサービスと機能が追加が発表された。

発表内容は次の3点である。

  • ソフトバンクテレコムによる公衆無線LANの「BBモバイルポイント」を無料で利用できる「公衆無線LANし放題」を提供すること。
  • iPhone 3G専用の「TV&バッテリー」(ワンセグチューナーと無線LANとバッテリーを内蔵)を2008年内に発売する予定であること。
    • 「TV&バッテリー」は2008年12月31日にソフトバンクの直営店舗である、ソフトバンクショップ仙台クリスロード、渋谷、六本木、表参道、八重洲中央、名古屋、横浜ザ・ダイヤモンドの7店舗で先行販売された。そして新年が明けて1月1日にApp Storeよりワンセグ視聴アプリ「テレビ」の無料配布が始まりiPhone 3Gでワンセグ視聴が可能となった。2009年1月6日に「TV&バッテリー」の全国販売が1月9日からであることが発表された。
    • 2010年1月からは「TV&バッテリー」で受信したワンセグ映像を、無線LAN使用時にインターネット経由で遠隔受信可能にする「TVモバイル」が開始している(有料)。
  • 2008年内に絵文字の送受信に対応すること。
====== 絵文字 ======

絵文字に関しては、iPhone OS 2.2(2008年11月21日配信開始)より対応した。絵文字が送信できるのは、SoftBankのメールアカウントおよびSoftBank SIMを使っている、OS バージョン2.2以降のiPhoneのみである。SMS、MMS、Eメール(i)作成時において絵文字キーボードが表示される。キャリア間の相互変換については下記の通り。

  • ソフトバンク、ディズニー・モバイル 2008年11月21日対応
  • イー・モバイル、ウィルコム 2009年1月22日対応
  • KDDI 2009年2月25日 iPhoneへ送信対応(iPhoneからauへの送信は2009年2月26日対応)
  • ドコモ 2009年6月1日 iPhoneへ送信対応(iPhoneからドコモへの送信は2009年2月26日対応)
====== 利用可能な周波数帯 ======

iPhoneの3G対応周波数帯は3Gと3GSでは850MHz帯、1.9GHz帯、2.1GHz帯のトライバンド、4と4Sでは900MHz帯を加えたクワッドバンド対応となっているが、日本国内では周波数割り当ての関係上2.1GHz帯のみ使用可能だった(これはソフトバンクだけでなくドコモも同様である)。2012年3月1日にソフトバンクに900MHz帯が割り当てられ、同年7月25日より「プラチナバンド」としてこの周波数帯が使用可能になると、iPhone 4、4Sでもこの周波数帯による通信が可能となる。

iPhone 5のLTE(SoftBank 4G LTE)については、当初は2.1GHz帯のみ使える形だったが、2012年10月1日のソフトバンクとイー・アクセスとの業務提携を受け、2013年3月21日よりイー・モバイルの1.7GHz帯が使える「ダブルLTE」を開始している。iPhone 5s/5cでは900MHz帯に対応するが、同帯域でのLTEサービスは2014年4月以降開始予定となっている。また、6/6 PlusではTD-LTE互換サービスであるSoftBank 4G(AXGP)の2.5GHz帯にも対応、Hybrid 4G LTE対応端末となる。6s/6s Plusでは4G LTE/4Gそれぞれでキャリアアグリゲーションにも対応し、それぞれ下り最大187.5Mbps/165Mbpsで通信が可能となる。

Y!mobile

Y!mobileブランドでの展開は、旧イー・アクセス時代から、SoftBankブランドとの差別化などからiPhoneの取り扱いはしてこなかった(ただし、Google Nexusシリーズなどを独占対応していた)。

しかし、2016年3月4日より、2世代前のiPhone 5sで参入することになった。

その後、2017年3月25日より、iPhoneSE(iPhone5sの後継機)を新たに追加した。

2017年3月25日はiの発売日でもある。

====== 契約 ======

従来のAndroid端末の契約同様、タイプ1でのスマホプランS/M/Lから基本料金を選択する形となる。

購入時には、バリュースタイルが適用になり、毎月の料金から契約翌月から24ヶ月間割引が適用される。ただし、S/M/Lの違いで、割引額がそれぞれ異なる。

====== MMS/メール ======

MMSは、@ymobile.ne.jpが割り当てられる。Androidガラホ同様、PHSのアドレスを継承することもできる。また、EMOBILE 4G-Sからの契約変更の場合もメールアドレスは継承できる。

これとは別に、Androidスマートフォンの契約同様に@yahoo.ne.jpのアドレスも利用できる。

====== USIMカード ======

Androidやガラホ同様、n101やn111が発行され、SoftBankブランドのような、iPhone専用のUSIMカードではない。

====== 利用可能な周波数帯 ======

タイプ1契約のため、基本的にはSoftBankブランドと同様となる。

KDDI・沖縄セルラー電話(各au)

従来、auにおいては通信方式が異なるため、物理的にau回線を使用したiPhoneを発売・利用することは不可能であった。

しかし、2011年初頭にアメリカ合衆国の携帯電話会社であるベライゾン・ワイヤレスから“CDMA版iPhone4”が発売されたことを受けて、「同社と同じ通信方式を備え持つauからも発売されるのではないか」という憶測が飛び交い始めた。そんな中同年9月22日、「KDDIも新型iPhoneを発売することをアップルと調整している」と突如日経ビジネスが報道したことを皮切りに、各種メディアが一斉に報じた。しかし、結局iPhone4のCDMA版については同社が販売することはなかった。

そして、2011年10月5日(日本時間)、開催されたアップルの発表会において新モデル「iPhone 4S」を同月14日から発売を開始し、このモデルよりauでのiPhone提供が正式発表された。同月7日にはKDDIから料金等の詳細も発表され、10月14日、発売開始となった。

このKDDIによるiPhoneは、au_ICカード(4SはmicroSIMカードと同じ形状、5以降はnanoSIMカードと同じ形状)を本体のSIMカードスロットに差して使用する。画面上部には「KDDI」、iOS 7以降は「au」が表示される。ただし、同社の一連のスマートフォンシリーズ(ISシリーズLシリーズ)にはラインナップされていない。安心セキュリティパックに関してもサポートされず、代わりに「AppleCare+」を受ける事となる。

契約

店頭受付となり、当初はauショップおよびPiPitを含む一部のトヨタディーラー各店、量販店など全国1200店舗で取り扱っていたが、半年以内に取り扱い店舗を順次拡大した。

なお、新規契約であっても郵便局のお取次サービス特典対象外となっている。

料金

従来通りの料金プランが利用可能なほか、iPhone利用者向けにパケット定額サービス「ISフラット」(4Sでの場合。5以降は「LTEフラット」)の利用料を割り引くキャンペーンも実施する。

SMS / MMS / メール

SMS(「Cメール」)は「SMS(i)」として提供。当初はパケット通信を利用していたため、その料金が別途発生していた(定額料金の対象にはなる)が、現在はパケット通信を使用しない。国際SMSにも対応している。キャリアメールであるEZwebメール(@ezweb.ne.jp)はiPhone 4S発売時から利用可能。当初はMMSは利用できずメールアプリを使用する形で、プッシュではなく最短15分おきのフェッチ取得だった。2012年3月13日から、リアルタイム着信通知機能に対応した。このリアルタイム着信はソフトバンクで行っているSMSを利用した新着通知方式ではなく、iOSメールアプリがサポートするプッシュ取得による、完全なリアルタイムでのメール取得と新着通知である。ただし、フェッチ取得でのメールアカウントとプッシュ受信でのメールアカウントは別扱いのため、リアルタイム着信を利用するには設定しなおす必要がある。

絵文字の利用は当初はiPhone同士でのみ可能であったが、2012年1月27日からはauの他の携帯電話および他社携帯電話とのEメールでの絵文字の利用が可能になった。

2012年4月14日からはキャリア設定のアップデートによってMMSの使用が可能となった。auのiPhone同士であれば電話番号を宛先にすることができる。これによってメッセージアプリでEZwebメールをMMSとして送受信できるようになり、購入時は、メッセージアプリで送受信するMMSとして設定されている。ただし、デコレーションメールの受信には未対応で、Wi-Fiのみでの接続時には受信ができないほか、メールアプリで送受信するリアルタイム受信はメッセージアプリで送受信するMMSと併用できず、いずれか1つを選ぶ必要がある(フェッチ受信するようメールの設定を変更すれば、アプリ自体の併用は可能)。メールアプリで受信していて、メッセージアプリでの受信に切り替える際、メールアプリで受信したメールはMMSには引き継がれない仕様となっている。なお、au内であってもiPhone以外の移動機はMMSに対応しないため、電話番号のみで長文や画像の送信をする事はできない。また、SMSと違いMMSはキャリア間相互接続されていない。

このほか、iMessageは2012年3月8日にリリースされたiOS 5.1で対応、ビジュアルボイスメールも2012年4月14日のキャリア設定のアップデートで対応している。

独自のサービス

auが他のスマートフォン等で展開しているサービスは対応を検討している。公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」は2011年12月に対応した。2012年3月21日からは「待ちうた」への対応も行われ(新規楽曲購入サービスは同年5月9日開始)、2012年9月21日からは「auスマートパス」の対応も開始した。

2016年8月17日より、iTunes Store、およびApp Store、Apple Music、iBooksがau版iPhone、およびau版iPadの月額料金と合算して支払える「auかんたん決済」を利用した決済に正式対応となった(日本の大手通信キャリアとしては史上初。ただし法人の契約者は対象外となる)。

海外利用の際にはグローバルパスポート(後にau世界サービスに改称)を利用した国際ローミングが利用可能で、通信の際にはCDMA/UMTS(W-CDMA)/GSMのいずれかが利用可能となる。

au ICカード

au ICカードはiPhone 4SではマイクロSIMサイズのMicro 02が、iPhone 5以降ではau Nano ICカード ⑥(LTE)がそれぞれ使用されている。auの場合は携帯電話本体とSIMカードが紐付けされ、他人のSIMに差し替えたとしても使用できないようになっているが、au向けのiPhone 4Sではキャリア内ロックがかかっていないため白ロムを通販やオークションなどで購入した際、ロッククリアの手続きは不要。なおカードは通常サイズのVer.002と同一の扱いとなるため旧800MHz帯のみの対応機では使用できない。ソフトバンクとの違いはSIMを他のマイクロSIM対応のauスマートフォンに差し替えての使用ができるが、通常サイズのSIMに変換するアダプターは保証していないので差し替え時には注意が必要となる。ロッククリアは一部ロッククリアの解除をしなくてもよい機種ではそのまま使用ができるが、ロッククリアの必要なマイクロSIM対応の機種以外はauショップの対応によりできない場合がある。

利用可能な周波数帯

iPhone 4SではCDMAモデルの使用帯域が800MHz帯と1.9GHz帯のみだったため、auで使用できるのは800MHz帯(いわゆるN(新)800MHz帯)だけで、EV-DOもRev.Aのみだった。iPhone 5からは2.1GHz帯も対応するようになったため、auでも同帯域を使えるようになったほか、EV-DOもRev.B(MC-Rev.A)をサポートし、WIN HIGH SPEEDによる高速通信が使用可能となった。6s/6s PlusではRev.Bに対応しなくなったため、WIN HIGH SPEEDも使えなくなる。

LTEはiPhone 5においては2.1GHz帯のみで、au 4G LTEでAndroid端末がメインにしているN800MHz帯や1.5GHz帯は使用できなかった。5s/5cからはN800MHz帯にも対応することでサービスエリアが広がった。6/6 Plusでは2.1GHz帯とN800MHz帯に加え、WiMAX2+(TD-LTE)で使用されている2.5GHz帯にも対応、さらにN800MHz帯と2.1GHz帯のキャリアアグリゲーションにも対応することで、LTEで下り最大150Mbps、WiMAX2+で下り最大110Mbpsでの受信速度で高速通信が可能となる。6s/6s PlusではLTE-Advanced(カテゴリー6)への対応とWiMAX2+でのキャリアアグリゲーションのサポートが行われるため、それぞれ下り最大で225Mbps/220Mbpsでの通信が可能となる。

NTTドコモ

日本最大手の携帯電話会社であるNTTドコモは、日本国内でiPhoneが発売されてから、iPhoneを取り扱うかその去就が注目されてきた。2013年9月11日にiPhone 5s/5cの発表が行われた際にドコモが提供する事が発表され、アップルと共同でニュースリリースを発表している。同年9月13日にはサービス内容の詳細と料金体系が発表されている。

契約

ドコモでの契約・販売は、全国のドコモショップで行われている。

料金

料金プランは基本的に他のXiのスマートフォンと同様だが、パケット定額サービスが「Xiパケ・ホーダイ for iPhone」のみ用意されており、「Xiパケ・ホーダイ ライト」「Xiパケ・ホーダイ ダブル」の設定が無かった。現在は、「カケホーダイプラン」もしくは「データプラン」のみ選べる。また、iPhone本体はau・ソフトバンクモバイル版と同様にキャリア設定によりAPN設定画面がロックされており、利用可能なISPサービスは専用の「spモード」のみとなる。端末価格はソフトバンクやauに比べると高く設定されているが、各種割引施策によって2年間利用後の実質価格が2社よりも安くなるようになっている。

SMS / MMS / キャリアメール

SMSは2013年9月20日の発売から対応する。docomo.ne.jpドメインのキャリアメール(spモードメール)は、MMSではないためメッセージアプリでは送受信できない。そこで同年10月1日から、docomo独自のアプリではなくiOSの標準メールアプリを使う形として、spモードメール及びメッセージR/F/Sが利用可能となる。しかし、開始時点ではプッシュ取得には対応せず最短15分間隔でのフェッチもしくは手動取得となる。2013年9月20日から10月1日までの間に受信されたメールは、spモードセンターに蓄積され10月1日以降に閲覧できる。spモードメールの後継となるドコモメールは12月17日に開始し、新着メールのプッシュ通知には対応したがプッシュ自動受信には対応していなかった。ドコモメールのプッシュによる自動受信は当初2014年1月中旬と予告されていたが、実際に自動受信に対応したのは2014年9月24日となった。

独自のサービス

これまでスマートフォンで展開してきたサービスのうち、留守番電話サービス(ビジュアルボイスメールは2015年1月21日より対応)などの通話関連サービスや公衆無線LANサービスのdocomo Wi-Fiなどが2013年9月20日の販売開始より対応する。コンテンツ配信サービスのdマーケットiコンシェルiチャネルなども順次提供を開始、おサイフケータイNOTTVについては、前述の外部機器を使うことで対応可能となっている。

一方でドコモ電話帳などには未対応、または対応時期未定となっており、mopera UもiPhoneで使用できるISPが「spモード」に固定されているため使用できなくなっており、iPhone5s/5c契約時にiモード、mopera Uを契約していた場合、自動解約となる、6s/6s PlusではLTE-Advancedに対応したことから、PREMIUM 4Gのキャリアアグリゲーションによる高速通信サービスに対応、東名阪地域(2GHz帯(ごく一部のエリアでは800MHz帯)と1.7GHz帯)で下り最大262.5Mbps、それ以外の地域(2GHz帯と800MHz帯)で下り最大187.5Mbpsでの通信が可能となる。

アメリカ

2011年までiPhoneのアメリカ合衆国でのキャリアはAT&Tのみであり、初代の価格は2年間契約の縛り付きで4GBモデルが499ドル、8GBモデルが599ドルだった。2007年9月5日に、4GBモデルの生産停止と8GBモデルの値下げが発表され、4GBモデルの在庫が299ドル、8GBモデルが399ドルとなった。この値下げは既存の購入者から反発が大きく、8GBモデルの購入者に100ドルのAppleStoreクレジットが配布される事態となった。2008年2月5日には16GBモデル(US$499)が追加された。その後の本体価格は、2代目であるiPhone 3Gが2年縛りで8GBモデルUS$199、16GBモデルUS$299。3代目のiPhone 3GSと4代目のiPhone 4は2年縛りで16GBモデルUS$199、32GBモデルUS$299となっている。

アメリカでは従来の携帯電話の大半は端末の売りきりだったが、iPhoneはユーザの月間料金の一定の割合がオペレータからアップルへ支払われる収入配分方式(Revenue Sharing)をとっている。アクティベーションと契約プランの選択、番号ポータビリティの手続き等は、初代は本体購入後にユーザがiTunesで行う形式だったが、2代目のiPhone 3G以降は店頭もしくはオンラインで本体の購入と同時に行う形態へ変更された。初代は後払い式の他にプリペイド式を選ぶことも出来た。プリペイド式は後払い式より割高だが、ソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)を所持していない、もしくはクレジットスコアが低かったりしてAT&Tの審査を通らない人も契約することが出来た。しかし2代目のiPhone 3G以降はプリペイド式は廃止された。

iPhoneのデータ通信は3代目のiPhone 3GSまでは、どのプランを選択しても定額になっていたが、AT&Tのパケット通信輻輳寸前となってしまった。2009年時点で、AT&Tのデータトラフィックは2年前の500倍に膨れ上がっていた。AT&Tのパケット通信は、エリアや能力にムラがあり、特にヘビーユーザの多いニューヨークサンフランシスコは深刻となった。結局2010年6月、4代目のiPhone 4の発表と共に新規契約者に対するデータ通信の定額制は廃止された。2011年2月から、アメリカ合衆国でのキャリアにベライゾンが加わり、同年10月からはスプリントも加わり、2013年4月にはT-Mobile USも参入した。ベライゾンも当初は定額制のデータ通信プランを提供していたが、AT&Tと同様に現在は廃止している。

IPhone 4S以降、アップルによりSIMフリーモデルの販売も開始されている。

2017年現在、アメリカ国内各キャリアが、過去に発売された全てのiPhoneのSIMロック解除をユーザーの求めに応じて行なっている。

ヨーロッパ

イギリス

当初、イギリスにおける独占キャリアはO2と発表された。

O2に加え、2009年11月よりOrange UKもiPhoneに参入し、2つのキャリアからの展開となった。

2010年1月14日からボーダフォンもiPhoneに参入し、O2、Orange、Tesco Mobileに続き4番目のiPhone提供キャリアとなった。

ドイツ

ドイツでは、T-Mobileが独占キャリアに選ばれた。

しかし、ヨーロッパにおけるiPhoneの独占権獲得競争に敗れたボーダフォンからのアップル及びT-Mobileに対する販売差し止め請求を裁判所が認め、携帯電話契約の義務付けを禁じる差止命令を出した。そのために、iPhoneをT-Mobileで契約している場合、追加料金600ユーロでSIMロック解除に応じ、SIMロックフリーかつT-Mobileとの契約なしの8GBモデルiPhoneを999ユーロでの販売を余儀なくされた。

さらに、2010年10月29日より、O2、ボーダフォンが参入した。

フランス

フランスではOrangeが独占キャリアとなった。

しかしながら、フランスでは国内法により発売後3ヶ月が経過したiPhone含め携帯電話のロック解除に応じなければならない上に、契約無しSIMフリーのiPhoneも並行して販売しなければならない。

これは、キャリアの囲い込みを禁じ、ユーザからの求めがあった場合、キャリアは端末をアンロックする手段を提供しなければならずSIMロック端末と同時にロックなしの端末も販売せねばならないという法律によるもの。

後に、SFRブイグテレコムを含めた3キャリアによって展開されている。

SIMフリー版

2017年時点で、ヨーロッパの全ての地域でSIMロックフリー版も発売されている。

iPhone』に 関連する人気アイテム

Anker PowerCore 10000 iPhone&Android対応 *2018年7月時点

5つ星のうち 5.0重さ許容範囲内!

(参考になった人 0/0 人)

ちょっと重いかなというレビューがありましたが、そこまで重くない。 10000あるのでむしろ軽い方なのでは?前の型?のANKERの10000mah使ってたけど、劇的に軽く、小型化されててビックリした。 買って損なしですね! バックパックにコレとAstro E1。 車にポータブル電源(S270とPS5B)。 ソーラーに折りたたみ100Wと60W。 充電切れの心配なし(笑)

ANKERのイヤホン、スピーカーなどいろいろ買っています。 今までの経験後すごくよかったですが、この製品だけが1回だけ使ってからこわれてしまったので、ちょっと残念と思います。 交換可能であればお願いしたいですが。 。 。 すみません。 よろしくお願いします。

5つ星のうち 5.0非常に良かった!

(参考になった人 0/0 人)

これまで使用していたものより小さく、容量も大きいため、非常に助かります!重さも思いの外、気になりませんでした。 あと、専用の袋も付いてて、ケーブルを入れれるので、便利です。

Anker 24W 2ポート USB急速充電器 【急速充電/iPhone&Android対応/折畳式プラグ搭載】

他のレビューに色々書いて有りますが充電時間も短く、iPhoneとiPad Proを同時に充電しても同じです。 本体が熱くなる事も無く電圧計でみても安定しています。

5つ星のうち 5.0ちょっと大きかった

(参考になった人 0/0 人)

2ソケットがほしくて購入しました。 使い買っては良いですが、思っていたより大きかったです。 コンセントに接続するとほかの機器が接続しにくいです。

5つ星のうち 5.0問題ありません。

(参考になった人 0/0 人)

使い始めてもうすぐ1年経ちますが、全く問題ありません。 家電量販店で売ってる製品と比べるとコストパフォーマンスは段違いに良いです。

SmartTap オートホールド式 車載ホルダー EasyOneTouch2 HLCRIO121

5つ星のうち 3.0視界が・・

(参考になった人 0/0 人)

スマホホルダーとしてスマホを装着する機能は良いが、ダッシュボードにつけると前方視界が遮られるのが難点。 また、しっかりホールドする機能も良いが、ガシャンという音が安っぽい・・商品の完成度洗練を期待する。

5つ星のうち 2.0うるさい

(参考になった人 0/0 人)

機能としては及第点。 しかし内蔵スプリングだかが振動でビビってうるさい。 触ると落ち着くが、運転中ずっと触ってるわけにもいかない。 こんなのじゃなくて、針金ハンガーを曲げた自作のでよかった。

5つ星のうち 5.0オススメ

(参考になった人 0/0 人)

充電しながらでも使えるので、ナビがわりにスマホを使いたい時便利です。 買ってよかった。 2年経過しても剥がれず壊れず、難なく使えてます。

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

シンプルイズベストでカッコ良いイヤホンです。
iPhoneとの親和性は抜群です。
私の耳の穴が大きいせいか、よく抜け落ちそうになりそれが難点でした。

しかし、別売りの「DamonLight airpods用イヤーピースシリコーン製イヤホンカバー 落ち防止[交換品]4個入り (White)」を組み合わせると抜け落ちそうになることが無くなり、私にとってAirpodsが最高に良い商品へと生まれ変わりました!
※耳から抜け落ちそうにならない人なら買う必要は無いです。



■Airpdsの良いところ
1.ケース含めデザインがカッコよい
2.耳から外すと曲が自動的に止まる
3.音が想像以上に良い(イヤホンなのに重低音がある)

■嫌なところ
1.耳から頻繁に抜け落ちそうになる
2.イヤホンだけで曲を操作することができない

思っていた以上に音質は良いです。 iPhoneやiPadと直ぐに同期出来て、イヤホンなのに、マイク機能があったり、タップすることにより、簡単な曲操作ができるのも良いです。 ただ、高いのが残念です。

耳から落ちやすい。 下を向くとすぐに接続が切れる。 突起が長いので邪魔。 電話対応や音質は良いと思う。 シリとの対話はアプリの起動など日本語では不十分です。

iPhone』の解説 by はてなキーワード

Appleが発売しているスマートフォンのシリーズ名。

概略

シリーズを通した主な機能は、全面タッチパネルのフルカラー液晶を備え、さらに「iPod」としての音楽・動画再生、インターネット環境、様々なアプリケーションを備えた統合スマートフォン。現在の日本での対応キャリアは、ソフトバンクモバイルauNTT docomo

各モデルの詳細な説明は各キーワード内を参照。

歴史

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2016年

2017年

2018年

Tips

覚えておきたいショートカット & 機能

  • ホームボタン2度押し
    • iPod操作パネル起動(環境設定で動作変更可)
  • ホーム画面でホームボタンを押す
    • 1ページ目へジャンプ
  • 付属イヤホンのマイクボタンでiPod操作
    • 一度押し:再生と停止/二度押し:次の曲/三度押し:曲の先頭(もしくは前の曲)
  • サイドの音量キー
    • 通話や着信音、iPod機能の音量にも使えます
  • スクリーンショット
  • 通話中にもiPhoneの機能は使用できる
    • 通話中にホームボタンを押せば普通に他の機能も使える
  • Webの画像やメールの添付画像を保存
    • 画像を長押し
    • 大文字や数字を簡単に入力
    • 大文字は[↑]キーを押したまま、入力する文字までずらす
    • 数字は[123]キーで
  • caps lock(大文字固定)
    • [↑]キーを2度押し。(環境設定でONにしてから)
  • Safariでページの一番上までジャンプ
  • アイコン並び替え
    • アイコン長押しでプルプルしたら動かせる。終了はホームボタン
  • 「マップ」操作
    • ダブルタップで拡大/二本指タップで縮小
  • メール画面もピンチで拡大縮小
  • 電話の着信音を消す
  • 電話に出られない時、留守電に転送する
  • 右のスピーカーから音が出ません(´・ω・`)
    • それはマイクです。(右マ)
http://vipvipblogblog.blog119.fc2.com/blog-entry-282.html

バッテリー対策

モバイルバッテリーを使用する
必要のない付加機能をOFFにする
バッテリー - パフォーマンスを最大化する - Apple(日本)

その他

その他

iPhone』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.