XYZ事件のまとめ情報

XYZ事件』の解説

XYZ事件XYZ Affair)とは、1797年から1798年にかけての、アメリカフランス間における外交上の衝突事件である。フランス側の示した賄賂の要求がアメリカの威信を傷つけ、米仏同盟の破棄にまで発展した。

概要

アメリカは1778年に、フランスとの間に米仏条約を締結して同盟関係を構築していたが、1795年ジェイ条約締結以降、フランスとの関係が悪化した。同条約は、イギリスとの間で長年の懸案事項となっていた領土紛争の解決を図るために締結されたものであるが、アメリカが対仏大同盟の一角をなすイギリスと接近することを懸念したフランスは、同条約に強硬に反発。報復措置として、アメリカ船舶に対してフランスへの出入りを禁じたり、私掠船に拿捕させたりすると共に、駐仏公使に就任したピンクニーの受け入れを断固として拒否した。この直後にアメリカ大統領に就任したアダムズは、この問題を収拾してフランスとの国交を回復するため、ピンクニー、マーシャルゲリーの3名を特使としてフランスへ派遣した。

1797年10月4日、フランス外相タレーランは彼らを非公式に受け入れたが、公式会談の開催をわざと遅らせ、代理人3名をそれぞれの特使の元に遣わした。代理人らは特使に対し、交渉開始の代償として25万ドルの賄賂と1200万ドルの借款の供与を暗に要求した。これに激怒した特使は要求を拒絶、ゲリーを残して帰国した。

アダムズは、3名の代理人をそれぞれX、Y、Zと仮称して、特使から受け取った書簡を連邦議会に提出。フランスが行った賄賂の要求を暴露した。これにより、アメリカ国内の世論は一挙に硬化。殊に連邦党はフランスへの敵意を露にした。事件を契機に海軍省の設置や治安取締法の制定が矢継ぎ早に行われ、1798年から1800年にかけての宣戦布告なき海戦、いわゆる「擬似戦争 (Quasi-War)」に突入した。一連の抗争は、1800年9月のモルトフォンテーヌ条約(Treaty of Mortefontaine)で一応の決着を見るが、これにより米仏同盟は破棄された。

なお、「X、Y、Z」と呼ばれた3名の代理人は、ジャン・コンラッド・オッティンガー(Jean Conrad Hottinguer)、ピエール・ベラミー(Pierre Bellamy)、リュシアン・オーテヴァル(Lucien Hauteval)であったことがのちに判明した。

Category:アメリカ合衆国の歴史 (1776-1865)

Category:フランス革命期の出来事

Category:1797年のアメリカ合衆国

Category:1798年のアメリカ合衆国

Category:1797年のフランス

Category:1798年のフランス

XYZ事件』に 関連する人気アイテム

片桐大三郎とXYZの悲劇

デビュー作の『日曜の夜は出たくない』以来、『過ぎゆく風はみどり色』『星降り山荘の殺人』『闇ニ笑フ』などで、大仕掛けなトリックを大胆不敵な構成で描き、「天然カー」とも呼ばれた倉知淳さん。その彼は同時に、「猫丸先輩シリーズ」などの諸作で、のどかで優しげなムードの文章の奥に、人間の底に潜む強烈な悪意とそれに対する諦観のようなものを味わわせてくれていた作家でした。

本作は御存知のようにドルリー・レーン四部作を下敷きにした、ミステリ好きへのプレゼントです。高名な著者の遺稿紛失をめぐる謎、現場の足跡を消した痕跡の意味、服を貫く穴が語る犯行の経緯の真相、などとクイーンの原典を利用しつつそれを絶妙にすり抜けていく数々のモチーフを、やはり「なぜ四部作にしたのか」と露骨に匂わせる意味ありげな装置に乗せ描き出してくれています。


かつて某映画で「初代金田一耕助」を演じたこともある三船敏郎を思い起こさざるを得ない時代劇俳優の大スターが、映画ファンなら誰もが一度は聞いたことのあるようなエピソードを巧みに生かした舞台設定で闊歩するのを、ごくフツーの女の子が聴力をなくした彼の「耳」となって、時に振り回され時に担ぎあげられ時に鯛焼き代を返せと迫られつつ、事件の現場を駆け回るシリーズです。

私の場合、連作四部作であることに意味があるのだろうと思って眺めていて、まんまとしてやられました。第一作で妙に事件の説明に無駄に見える描写が多いと思い、警察の捜査が杜撰だとか関係者の事情聴取に面白みがないとか勝手なことを感じつつ、お決まりのフレーズをひょいひょいと斜め読みしていたら、最後の作品では見事に背負い投げで場外まで飛ばされました。背筋の寒くなるような非常に後味の悪い事件から、身近で温かい話に展開していくのは北村薫の『空飛ぶ馬』の構成に似ているな、などと思ったらもう作者の術中にはまっていたわけです。
大仕掛けの中に巧みな小技が生きていて、たとえば犯人が警察と駆け引きしている時の不思議な行動の理由について猫丸先輩シリーズの「日常の謎」的な解決が示されますが、殺人事件でもあるこの事件に不釣り合いのように見えるその心理も、犯人の性格設定によって納得させられてしまいます。決して一度読んだら他の作品を手に取る気がなくなる稀代の大作というものではありませんが、十分な楽しみと手ごたえを感じさせてくれる逸品です。
むしろ、こういう締めくくりでは、また片桐座長と野々瀬乃枝のコンビの活躍を書いてもらわないわけにはいかないだろうと思わせてくれる流れと言えるでしょう。ぜひぜひ続編、できれば再び三度の「四部作」によるシリーズ化を期待しています。

ドルリー・レーンの日本版を新劇俳優ではなく時代劇スター、それも超大物に移植した設定が愉快。 主人公は三船敏郎と萬屋錦之助と松平健を合体したような経歴で、世代の違う各スターの要素を 取り込んでいるため、時代背景などはわざとしたようにデタラメ(物価の換算、テレビの普及の時期 など)になっている。 ならばもう少しユーモア要素を豊富にしても良かったのではという気もするが、 論理展開はさすがにビジビシと痛快で、特に某話の犯人指摘に仰天しない者はいないだろう。 意外な犯人とか意外な真相というのではなく、何というか・・・読んでみてくださいとしか言いようが ない。

片桐大三郎のキャラが何と言っても秀逸。 日本を代表する銀幕の大スターの、あの人とあの人とあの人のアマルガムかなあと、想像しながら楽しく読みました。 でもミステリとしての論理の詰めの部分でちょっと不満があり、この評価にしました。 たとえば最初の話ですが、片桐の推理のキモとなったアレ、被害者が吊革に掴まっていたという描写はどこにもないですよね。 それから三番目の話では、犯人が携帯を持ち帰らなかった理由は他にも考えられるので、推理が強引に感じました。 犯人の名前をズバリ当てる場面は痺れましたが、まさか当てずっぽうだったなんて・・・。

XYZ事件』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.