Webサービスのまとめ情報

Webサービス』の解説

thumb

Webサービス(ウェブサービス)とは、HTTPなどのインターネット関連技術を応用して、SOAPと呼ばれるXML形式のプロトコルを用いメッセージの送受信を行う技術、またはそれを適用したサービス。W3Cにおいては、Webサービスとは、さまざまなプラットフォーム上で動作する異なるソフトウェア同士が相互運用するための標準的な手段を提供するものと説明されている。

類似の用語としてWeb API(ウェブエーピーアイ)があるが、ほぼ同義語である。

概要

分散コンピューティングの一翼を担う新技術として登場し、2001年ごろには大きな期待感とともに業界メディアにも多数取り上げられその認知度は上がった。しかし市場ではその必要性が低かったためかいまひとつ大きな普及へとは至っていない。関連技術の標準化の難航も普及の妨げになっているといわれている。実際に実用しているシステムもあるが、一般の利用者が使える物としては地図情報や天気予報といった従来より無償で取得できる情報がWebサービスとして提供されているものしか存在せず、現状では実験的な使用に留まっているシステムが多い。

しかし最近、サービス指向アーキテクチャ (SOA) が脚光を浴びていることから、その基盤技術となるWebサービスへの注目も再び高まっている。

WebサービスはSOAPを前提として世界中で多数立ち上げられる予定だったが、SOAPの規格が複雑である点と、流行した時期においてはWebアプリケーションが小規模で利用価値が低かった点が問題となり、実験的な利用のみに留まった。2010年代に入り、Webアプリケーションが高度化すると、HTTPの仕様の範囲内でAPIを表現するRESTとそのサービス間連携が活用されるようになった。従って、Webサービスは当初よりも遥かにシンプルな形で実現されたと言える。

Webサービスを応用して、複数のWebサービス同士をつなぎ合わせてアプリケーションやサービスを構築する事をマッシュアップと呼ぶ。Webサービスを用いたマッシュアップの具体的な事例としては、ある検索結果に基づいてレストラン情報と地図情報を同時に表示したり、YouTubeなど動画コンテンツと同じキーワードの商品をamazon.comなどより取得して表示するなど使い方によってはユーザーに高いベネフィットを与えるものもある。これらの様なサービスは大手企業だけでは無く、個人の参加が多く日々様々なサービスが生まれている。しかし有用なWebサービス自体が少ないことから、マッシュアップはごく限られた分野の付加サービス的な位置づけに過ぎない状況である。

その他の用法

近年では、上で述べたような技術的な定義から離れ、単にWeb上で提供されるサービスといった意味合いで用いられることが多い。但し、こちらの意味ではウェブアプリケーションという言葉が別に存在する。

Webサービス』に 関連する人気アイテム

Vue.jsとFirebaseで作るミニWebサービス

Vue.jsは多少経験がありましたが、サーバー側が絡むWebサービスまでは自分で作れるイメージがなかったので、試しに買ってみました。

全体構成は、Vue.jsの環境セッティングからFirebaseと連携までなぞれる内容で、実際に動くWebサービスをリリースできる情報が書かれていました。
特に、サーバー側にデータを保存したり取り出したりという処理は難易度が高いと思っていましたので、それをFirebaseというサービスを使うことで簡単に実現できることが理解できました。また、「それだと拡張したくなった時どうするんだ?」という疑問が湧くことを想定しているのか、「ちょい足しポイント」として応用技術が各所に書かれていた点も良かったです。

通常のWeb制作を行っているデザイナーやコーダーが1ランク踏み込んだ制作物を作る時に読むと、全体感も掴めて実になるのではと思いました。

セールで864円で購入 他のレビューでも指摘されているが制作途中どころか完成後のアプリのスクリーンショットや図が皆無で、作成中のアプリのイメージがつかみづらく、うまく進めているのかわかりにくい。 Vue.jsやFirebaseについての解説もわかりづらく不満を感じた。 とは言え、簡潔にVue.jsとFirebaseを組み合わせたアプリの作り方を解説している点には好感を持てたが、全体的にボリューム不足感がある。 たったこれだけかよ!と思ってしまった。 特に定価だったら絶対に購入しないと思う。

フロントエンドの技術はここ数年でトレンドがコロコロ変わっていますが、2018年になり落ち着いてきました。 javascriptのフレームワークもReact.js, Angular, この本で扱っているVue.jsにほぼ集約しまたした。 落ち着いてきたところで、日本で流行りのVue.jsに手を出したい時にステップバイステップで動くところまでざっくり学べるこの本はもってこいです。 詳しいことが知りたければレファレンスを読めばいいですしね。

ユピテル GPS搭載ドライブレコーダー WD300 200万画素 事故時非常用電源搭載 1年保証 常時録画 衝撃録画 ロードサービス無料

1万円前後という比較的リーズナブルな価格帯の中では

GPS内臓、LED信号対応、HDR機能、キャパシタ式非常電源搭載など・・・

基本的に必要だと思われる性能は全て網羅されており、

画素数や画角などに不満が無ければかなりベターな選択肢になると思います。

自分はリアガラスのセンター上部に設置していますが本体が比較的小さい為、

バックミラーで後方を見た際にも邪魔になりにくく良いです。

昼間の画質は良好、夜間も内照式看板などの光源は文字が白く飛びますが、

信号などで停車していれば後方車両のナンバーも読めます。



(リアガラスは純正プライバシーガラスです。)

ただブラケットに若干ガタが有り締め付け固定を行なっても本体が動きます。

その為Gセンサーによる衝撃録画の設定がとてもシビアです。

感度設定を上げると路面ギャップで頻繁に自動録画が行なわれ、

SDカード容量がすぐに足りなくなる為、定期的にフォーマットが必要です。

かと言って感度を下げると衝突録画が上手く働かないので難しいところです。

気になる点は有るもののこの価格帯で必要な性能はほぼ全て揃っています。

ドラレコを選ぶ際にこだわり等が無ければとてもオススメ出来る一品です。

Amazon商品説明には記載有りませんが、メーカーHPをみると夜間撮影には対応していないと明記されてます。対応品は上級モデルの購入が必要です。夜間乗る機会が多い方は上級品の購入をお勧めします。実際使用すると、トラブルが起きやすい、或いはトラブルになりやすい夜間の映像は満足出来るものでは有りません(昼間の映像は綺麗です)。特に相手側対象車両が白やシルバー系の色だと自分の車のライトが反射して車種特定も無理です。ただしGPS機能付き国内メーカー製で1万弱の価格なので、まあ満足です。GPSの電波干渉も有りません。同封の8GのSDカードは容量不足なので32Gを買いました。Amazonの商品説明に関して「夜間記録非対応」であることも明確に記すべきかと。

フロントのドラレコがGPS機能がない為、後方用に買い足ししたが、衝撃録画が嵩むとフォーマットしないといかんので面倒くさくです。 G 設定を反応し難い方にしてる。 ↕︎が反応して困ります。 ので、常時録画で感動↓↓設定してます。 画質ですが、○○テックの101と変わらない気がします。 昼間の画質問題有りません。 ナンバーもしっかり読めます。 夜間は未だ再生してません。

Areti アレティ マイナスイオン ストレート ヘアアイロン エスティア ピンク 海外対応 i1723PK

サブ用のヘアアイロンが欲しくて、サブなので安いものをと思いこちらの商品を購入しました。 予算内であったことと、セラミックプレートだったので、ほとんど下調べせずに購入して正直あまり期待はしておりませんでしたが、かなり髪の毛がストレートになり、持続力もあるのでこの値段でこの効果は凄いと驚いております。 このヘアアイロンを使ったところ、縮毛強制をかけた?と聞かれたくらい広がらずにストンと落ち着いたヘアスタイルになりました。 今ではこちらが本命のヘアアイロンとして使用しています。 うねりや広がりやすい方にはオススメです。

5つ星のうち 5.0コスパ最高です!

(参考になった人 0/0 人)

コスパ最高です。 今まで色々なアイロンを使用してきましたが、なかなか真っ直ぐにならなず、高温設定で髪の毛が焼けて酷い匂いがしてました。 。 が!!!アレティは驚くほど軽量で温まる時間が早く、サラサラになり、ちょうど良いストレートになります!!この値段でコストパフォーマンスが良いヘアアイロンに巡り会えたことに感謝です! 迷ってる方がいたら是非検討してみてください。

ショートボブです。 以前パナソニックのミニコテを使用していましたがプレート部分が小さい為こちらを購入いたしました。 すぐ温まるしプレートのクッションと髪のすべりがよいです。 デザインもピンクでなんとなく気分があがります。 買ってよかったです!

体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 第2版 脆弱性が生まれる原理と対策の実践

WEBアプリケーションにおいて気をつけるべきセキュリティについて一通り学べる本。 物凄く分厚い本ですが、分かりやすい文章なので新人エンジニアの方でもサクサク読み進められます。 また、実際に動かして学ぶことができるので頭に入りやすく、即現場で生かすことが可能です。 いまいちセキュリティ対策って何すればいいんだ?って方には絶対読んでほしい必読書!!! 文句なしの星五つです✨

まず脆弱性対策って何すりゃいいの?って所から知識ない人間には この本は1から全てを網羅して説明してくれます こんだけ脆弱性ってあるんだと感心するくらい 見本のソースがPHPしかないのが玉に瑕だけど JAVAやC#への転用は容易です 本当に参考になって助かりました

セキュリティに興味ある方はこれを読んでみるといいかもしれないです。 脳がサル以下の自分でもわかりやすく書かれていたのでよかったです。

WEB+DB PRESS総集編

Vol1〜102までまとめられた超お得な書籍です。総集編を期待して気になった号以外買わなくなってしまうくらいに超お得です。
しかもPDFなのでタブレットに入れて通勤中に読めるのはもちろん、Acrobatでの検索用のINDEXもついているが助かります。
ここまでは今までの総集編と同じですが、今回からは技術評論社のサポートページからPDFをダウンロードすること出来るようになりました。
書籍にダウンロード用のパスワードが封入されており(恐らく1冊1冊個別)、それとアカウントを紐付けるとダウンロードできます。


別の方のレビューでDVDが読み込めなかったとありましたが、私が最近使っているノートPCやデスクトップPCはそもそもDVDドライブがついておらず、ダウンロードできるのは非常に有り難かったです。古いMacを物入れから出して来なければなりませんでした(苦笑
ただし、容量が4.5GBもあるのでテザリングされている方は容量にご注意下さい。ZIPファイルで1つのファイルにアーカイブされているのでVol100だけ読みたいとか思っても4.5GB分全部ダウンロードしなければなりません。

総集編ということで、この本自体は全部バックナンバーのインデックス(何号はなんの特集だったのかの概要)になってます。
付属のDVDが本体で、第一号からいままでの全てのバックナンバーのPDFが圧縮されて入ってるので、DVDから抽出解凍するにはやや時間がかかるでしょうか。
本書のDVD部に同封してあるプロモコード(パスコード)を、技術評論社アカウントにログインして入力すると、
本書と全く同じ内容の電子版が技術評論社アカウントの購入済み電子書籍に追加されます。
また付属DVDと同じ内容のデータがダウンロードできるようにもなる。

人によってはDVDのデータ抽出より、データDLのほうが早い人もいるかと。
本書は199x年代から、2017年に至るまでWeb+サーバー+DBの技術の変化や脆弱性などを追うことができるので、とにかく知識をつけたい人は、読み漁る根気があればかなりためになるんじゃないでしょうか
また当たり前ですが技術書でなく雑誌であるため読み進めやすいのもいい点ですね。

5つ星のうち 4.0すごい、でも惜しい

(参考になった人 1/1 人)

書籍の中身がすべてテキスト化されているのは驚きました。 検索には使えそうです。 ただ、そのテキストが正しい順番に収められているかというと実はそうではありません。 ブラウザの読み上げ機能で読ませようとするとかなりの確率で前後逆転します。 まあそれでも、使用に耐えるレベルだとは思います。

Webサービス』の解説 by はてなキーワード

WebServiceウェブサービス

HTTPを経由して遠隔アプリケーションを呼び出す仕組み。CGI的なもののデータ交換にXMLを取り入れてアプリケーション間の通信に使えるように標準化したもの。

SOAPWSDL、UDDI などをまとめてこう呼んだりする。

AmazonGoogleなどがAPIを公開している。

既存の様々なWEBサービスを手軽に導入できるAPIの公開は、情報の共有というWEBの本来のあり方に通じている。

類似のものにCORBA?、Java RMI?など。

Web的なサービスという意味で使われることもあるがちょっと違う。

Webサービス』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.