TweetDeckのまとめ情報

TweetDeck』の解説

TweetDeck(ツイートデック)とは、Twitterの公式クライアント・アプリケーションの1つである。カラムと呼ばれる「列」ごとにソーシャルメディアの友達や話題を割り当てて分類することで、混乱を起こさずに一覧表示できる。

概要

TweetDeckはもともとはTweetDeck社の製品で黄色いアイコンが目印だったが、現在はTwitter社に買収されてTwitterの公式クライアント・アプリケーションの1つとなり、青いアイコンになっている。Google Chromeなどで動くWEB版や、WEB版をURLではなくアイコンで起動するChromeアプリ版、Microsoft WindowsMacintoshで動くネイティブ・アプリケーション版などがある。TweetDeckの特徴はカラム(列)による分類表示であり、WEB版では13種類のカラムを追加できる。「アクティビティ」カラムなどTwitter由来の機能が多いが、TweetDeck独自の機能もある。例えば「スケジュールド」カラムは投稿時に時計アイコンをクリックして投稿時間を指定したツイートの一覧であり、予約投稿が完了するまで表示される。

TweetDeckはソーシャルメディア・ダッシュボードと呼ばれるアプリケーションの一種でもある。ダッシュボードとは「1つ以上の目標達成のために最も重要な情報を、一目で監視し理解できるように、一つのスクリーン上に統合して配置することで視覚的に表現したもの」である。TweetDeckではカラムを使って、複数のソーシャルメディアやリスト、検索結果などを画面上に統合し一目で見ることが出来るようにしている。

歴史

TweetDeckを開発したのは、イギリス人のイアン・ドッズワース(Iain Dodsworth)である。ドッズワースはTwitterでフォローしている30人の発言をきちんと把握してノイズの中から友達の発言を探したり、何ページもある徹夜の議論を追いかけるためには分類表示が必要だということに気づいた。ドッズワースはAdobe Flexのプログラマだったので、2008年にAdobe Integrated Runtime(AIR)でTweetDeckの開発を始めた。2009年9月頃にはTwitterの他にFacebookMySpaceに対応し、複数のソーシャルメディアへのマルチポストやフィルタリング表示、TweetDeck Accountによる複数のPCの同期などが出来るようになっていた。TweetDeckは大人気となり、Twitterの年間キーワード・ランキング(技術部門)の第3位に入るほど注目された。

2009年は携帯からTwitterへのアクセスが急増した年だった。

Twitter社はサードパーティのTweetieを買収してTwitter for iPhoneとして公開したが、iPadAndroidGoogle Chrome版を発表した。2011年2月、UberMediaがTweetDeckの買収を発表した。UberMediaは人気の高いサードパーティークライアントを買い集めており、Twitter社の逆鱗に触れた。事態は急展開し2011年5月、TweetDeckはTwitter社に4000万ドルで買収された。大幅なリニューアルが行われ、開発言語や仕様が変わった。まず見直されたのはAIRである。AIRはマルチOSが可能だがChromeやVistaなどの対応に難点があり、開発初期からジャンプやウィンドウのサイズ変更などのプログラミングに苦労していた、TweetDeckをネイティブアプリケーションに作り変えた。対応するソーシャルメディアの範囲も変わった。従来はMySpaceやLinkedInFoursquareGoogle Buzzなどのソーシャルメディアに幅広く対応していたが、TwitterとFacebook以外のソーシャルメディアは打ち切られた。

2012年の時点では、TweetDeck Accountの仕組みは残り、WEB版やGoogle Chromeアプリ版、パソコン版で「アクティビティ」などの新機能に対応するための開発が続いていた。Android版の開発も進行中との噂があったが、2013年にAndroid版やiPhone版の打ち切りが発表され、Facebookの対応も終了した、ユーザーインターフェースも変わった。

沿革

  • 2008年6月 - イアン・ドッズワースがAIR版の開発を始めた。
  • 2009年3月 - Facebookに対応した。
  • 2009年9月 - MySpaceに対応した。
  • 2009年11月 - LinkedInに対応し、iPhone版を公開した。
  • 2010年3月 - iPad版を公開した。
  • 2010年5月 - Google BuzzとFoursquareに対応した。
  • 2010年8月 - Android版を公開した。
  • 2010年12月 - ChromeDeck版を公開した。
  • 2011年4月 - TweetDeck Web版を公開した。
  • 2013年3月 - TwitterのAPI変更により、AIR版、Android版、iPhone版の開発を終了。
  • 2013年5月 - Android版やiPhone版の提供を終了し、Facebookの対応を打ち切った。

TweetDeck』の解説 by はてなキーワード

Twitterの公式クライアントアプリケーション

デスクトップアプリWindowsMac OSLinux)版、Webアプリ版、iOS端末(iPhoneiPadアプリ版、Androidアプリ版、Chrome ウェブアプリ版、Adobe AIR版(TweetDeck AIR)がある。

もともとはTweetDeck社が提供していたが、2011年5月にTwitter社が買収し、それ以降はTwitterの公式クライアントの1つとして位置付けられた。2013年5月にiOS版、Android版、AIR版の提供、およびFacebook連携機能を終了する。

特徴

  • フォローしているユーザーをいくつかのカラムにわけて管理できるカラム機能
  • 特定のキーワードを含む場合・含まない場合の両方で検索できるフィルター機能
  • Facebookに同時に接続して管理する機能(2013年5月に終了予定)

TweetDeck』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.