S.A.C.のまとめ情報

S.A.C.』の解説

  1. 転送 SAC

S.A.C.』に 関連する人気アイテム

イワタニ スモークレス焼肉グリル やきまる CB-SLG-1

これまではイワタニ カセットグリル CB-G-13を愛用していました。
火力があり毎回楽しく焼肉パーティーをしてましたが、とにかく煙と臭いがすごい。
今回のやきまるは煙が少ないとの評判で購入、使ってみました。
結論から言えば、当然煙は出ます。匂いもします。
肉を焼くのだから当然ですが、油もはねます。
ただし以前のものと比べて煙が圧倒的に少ないので我が家では大満足。
以前使っていたCB-G-13と比べると火力が小さいので、肉を置いた時の「ジュー」という音が小さく、なんとなく寂しい気もします。


焼き上がりはじっくり焼いている感じで、表面のカリカリ度はCB-G-13の方が上かな?
ホットプレートで中温以下で焼いているイメージでしょうか。
やきまるももちろん美味しく焼けますが、串焼きには向きません。
ウチでは屋外ならCB-G-13 屋内はやきまるという使い方になりそうです。

5つ星のうち 4.0油が飛ぶ

(参考になった人 0/2 人)

「煙が出ない」というのがキャッチフレーズで買いました。 早速焼肉を焼いて食べてみました。 火力を調整することで煙も出ず美味しく焼けました。 しかし、使用後のコンロ周りに油が飛び跳ねており、使用時の注意が必要だと知りました。 コンロの周囲60センチほど飛びますので新聞紙を敷くなど汚れ防止が必要です。 使用上の注意事項にこれらの説明が明記されてなかったので、星1つ減点しました。

5つ星のうち 3.0良いと思いますが。

(参考になった人 1/1 人)

煙はほとんどありませんでした。 ただ火力が弱いように思います。 四人家族で食べ盛りの子供がいて、ガツガツ食べるので、焼きが追いつきませんでした。 夫婦でゆっくりのんびり食べるのには丁度いいとおもいます。

シャープ サイクロン掃除機 ベージュ EC-CT12-C

5つ星のうち 4.0使い始めて半年

(参考になった人 1/1 人)

サイクロンが欲しくて買いました。 大満足です。 ものすごくよくゴミがとれます。 使うたびにゴミを捨てて中の掃除をするのが楽しみです。 布団に掃除機をかけると粉みたいのがすごいので、これがダニの何かかあ・・・・と思いながらしています。 慣れるまでダストカップの取り外しや取り付けに戸惑いました。 軽くて使いやすいですが、難点は蛇腹のホースがすべりの悪い素材なのでくるくるねじれてめんどくさい。 やや弾力があって、からむとギシギシ音がする感じ。 つるんとしていないので太いホースなのによく絡みます。 あと、4ヶ月くらい使っていたらコードが引っ込まなくなりました。 なのでマイナス1です。

7年位前の古い掃除機が壊れてしまったので買い替えました。 前の掃除機に比べたらすごいパワーです。 ドン引きするくらいゴミが取れました。 技術の進歩を感じました。 コンパクトだしデザインも良いしごみ捨ても簡単だし、 こんないい製品が一万円くらいで買えるのはすごいです。 シャープさんグッジョブ。

5つ星のうち 5.0吸引力あるかな

(参考になった人 0/1 人)

初めてサイクロンを購入しました。 吸引力は、やはりいいですね~♪ ダストケースが見えるので毎回気になって掃除してしまいます。 ケース分解清掃する際に取り扱いに気を付けないとパーツが沢山あるので落下破損がありそうかな感じです。 コスパを考慮したら十分満足できる商品ですね。

響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編

5つ星のうち 5.0前半穏やか後半高波

(参考になった人 4/4 人)

第一楽章に比べ文章の表現も物語の内容もレベルアップしていると感じた前編でしたが
後編の出だしは前編で起きた新入生の問題がクリアされ、至極穏やかな雰囲気に包まれていました。

しかしながら、この穏やかさが一つの複線でもあったのですね。
結末を読むと非常にリアルな展開がまっており、今時よくある上昇気流に乗っかる流れではないのは
寧ろ物語としての深みが感じられましたし、今後展開されるであろう第三楽章への期待感も否応なく高まりました。

第二楽章後編前半は新入生との関係が改善され、妙に力の入った水着回もあり、
ここからどの様に全国まで持っていくのだろうかと読み進めましたが、驚きの結末が待ち受けていました。


新部長として予想以上の成長を見せ、カリスマ性とリーダーシップを発揮する優子先輩の魅力が
最後まで出し尽くされた一冊であったかと感じます。
滝先生という優秀な指導者が来たことにより北宇治高校吹奏楽部の躍進が始まり、
全国出場をするまでになったのですが、優子部長の久美子への扱いがまた伏線でもあり、
北宇治が実力校となる成長段階の象徴として優子部長の存在があったかと感じます。
第一楽章から潜在していたみぞれと希美の関係性もやはり決着を付けてきましたが
大会を盛り上げる為の味付けでしかなく、飽く迄も優子部長体制を描いた第二楽章であったと思います。

そう言う意味において、第一楽章の終りとは異なり、
第二楽章は飽く迄も第三楽章への継続を感じさせる締めとなっており
第三楽章と一括りにして初めて完結する物語であるのかも知れません。

久美子の二年生の北宇治高がどの様に活躍するかは実際に読んで頂きたいです。
学園ものの青春小説としてとても楽しめ、お勧め出来る作品だと思います。

アニメ2期で準主役級の扱いとなった2人、その2人のすれ違う気持ちなどが
読んでいて切なくなる気持ちになりながらも気持ちが伝わってくる内容でした。
一方、新2年生として頑張る久美子も、学年が1つ上がった分だけ感受性が豊かに
なったというか、その感情の向かう方向やその姿も共感出来る部分があったり
して、やはり、去年の1年は無駄では無かったんだなぁという感じでした。

さて、今年の吹奏楽コンクールですが、予想されていた方もおられるかも
しれないですが、結果は小説の通り。

前編・後編という予告、かつ、前編の
終わりから「もしかしたら」という気持ちもありましたが、実力校的な学校が
出て来た時点で「これ、もしかしてフラグ?」という予想がまさかの現実では。

で、最後、久美子のある決断と、それを受け入れた相手、共に辛い気持ちが
あるのかもしれないですが、その決断が今後出る続編でどうなっていくのか、
「私、気になります」(某古典部の女の子風に読んでください)。

同作の前編で盛んに挿入されていた伏線が、想像通りに回収されたので、物語の結末、特にコンクールの行方については「やっぱりね」でしたが、各キャラクターの描写が巧みで魅力的に表現されていて、このシリーズの初めの頃に比べると、作者の力量が飛躍的に上がっていることが実感できます。但し、久美子が「家政婦は見た!」の市原悦子みたいにご都合主義に事件に出くわすのはちょっととは思います。この後編が終了しても未回収の伏線もありますし、物語の終わり方からも、今回は続編(3年生編)を前提にしているように思いました。
蛇足ながら、この第二楽章では、部長の優子はもちろんですが、緑と秀一の懐の深さが描かれていたのが斬新でした。

率直に言って、秀一はかなりモテますよね。長身ですらっとした体形、ボーンが巧くて、ものすごく優しくて、面倒見も良い。主人公補正が無ければ、なぜ久美子に執着するのか、そこだけが理解できません。久美子って男子から見てモテる要素が皆無なんですが、、、

ようこそ実力至上主義の教室へ5

5つ星のうち 5.0面白かった

(参考になった人 4/8 人)

アニメで気になって、気が付けば既刊小説一気読み。
5巻は2学期の体育祭がメイン。Aクラスと共闘した紅白戦。とても面白かったです。

以下感想 ネタバレ注意

社交性以外のパラメーターがカンストしていそうなチート主人公。
教師に脅され不本意ながら影からクラスを支配していく。2学期が始まってもいまだに凡人のふりは続行中。

ひたすら影を行く珍しいタイプの主人公ですね。普通なら話の展開的にも途中から表舞台に出てきそうなんですが...
このまま卒業まで正体を隠し通してほしい気もします。



メインヒロイン(のはず)の堀北はなかなか面白いです。
美人、頭脳明晰、スポーツ万能、ボッチ。普通ならクール系の王道ヒロインキャラ。
小説読んでると主人公が優秀すぎるから、どうしても残念系ポンコツヒロインにしか見えない。
ようやく自覚したみたいなので今後の成長が楽しみでもあります。

体育祭とはいえ、ち密な戦略や心理戦、頭脳戦が展開されているので読んでいて面白いです。
毎回終盤で見せ場があって次の巻の最初に補足される。続きが気になって読むのがやめられない。寝不足です。

5つ星のうち 3.0話は面白い

(参考になった人 11/16 人)

話事態は文句なしに面白いのですが、物凄く個人的好みの問題で-2させて頂きました。 私はこの作品で唯一須藤というキャラだけはどうしても好きになれないのですが、その須藤が、今後出てくる機会が増えそうな展開で心底気分が悪くなりました。 鈴音と須藤の接近に関しても、嫌いなキャラとヒロインが接近して気分が良いわけもなく。 基本的にキャラの好き嫌いで評価はしたくないですが、生理的に無理なタイプです。

堀北がヒロインだと思って読んでいたのですが違うなら早めに教えてほしい この作品で唯一嫌いなキャラが須藤というのですが、ヒロインに惚れているためいちいち絡んできます 現状では主人公より親密になりこれから出番が増えそうなことが残念でなりません ストーリーに関しては文句無しに面白いのですがどのヒロインが好きかでだいぶ印象変わります 堀北が好きなら注意する必要があるかもしれません

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること

経営戦略コンサルタントの鈴木貴博さんの本です。
AI、ロボットの進化により仕事の51%が消滅します。
25年にドライバーが消滅、金融ではAIファンドマネジャーが人間を駆逐。
30年に銀行員、裁判官、弁護士助手など専門的頭脳労働の仕事がAIに代わる。
35年に経営者、中間管理職、研究者、クリエイターもAIに。サラリーマンは逆年功序列化する。
これらが今から20年以内に確実に来る未来です。
ショッキングな未来です。
この本は、
なぜ、仕事が消滅するのか?
仕事の消滅から生き延びることはできるのか?
その過程で何が起きるのか?
ということを前半で解説します。


なかなか不幸な未来の到来が想像されます。
その後、
不幸な未来をどうやって回避するのか?について提言をしています。
その1つの解決策として
「ロボットの利用権を国有化し、国に対してロボットの給料を払う(個人利用は無料)」ことを提言します。
このロボットに支払われた給料をそのまま直接国民に頭割りで配分する。
これにより不幸な未来を回避できる可能性が高いことを説明します。
一瞬?と思うかもしれませんが、納得感高いです。

その後、仕事以外のロボットとの未来について予測をしています。
・ロボットテロをどう防ぐのか?
・ロボット兵器をどう考えるのか?
・金持ちになるためにはロボット株を買えばよいのではないか?
・ロボット農業で日本の農業は復活するのか?
・ペットへの影響は?
・働かなくなった人類はどうなるのか?

ロボットと仕事+αについて外観を理解できる本です。

#NAKAOBOOKREVIEW
#AI
#ロボット
#仕事消滅
#ロボットに給料を払う

「ロボットよりもAIの方が進化が早いため、肉体労働者よりも頭脳労働者の方が先に仕事を奪われる」この予測は目からウロコである。知的・創造的な仕事で食べている人ほど読んでおく価値があるだろう。

一方で、その予測に対して、なぜ「ロボットに給料を払えば解決」という提案が出てくるのかは理解に苦しむ。

AIの能力は人間1人分2人分などと数えられるものではない。コピー機が写本家の人数に、トラックが飛脚の人数に換算できないのと同じだ。Googleの画像認識AIを時間課金で利用したとして、それは人間何人分だというのか?

AIが仕事を奪うというのは、人間そっくりなヒューマノイドロボットが、あなたの代わりにレジ打ちや伝票入力や得意先回りをすることではないのだ。その誤解こそが本書の前半で説明される核心だ。なのに「AIに給料」提案はまさにその誤解に基づいているように見える。このねじれをどう理解すればいいのか、わからない。

AIの発展で日本の将来はどうなるのか―「仕事消滅は最初にドライバーの仕事で起き、それは2025年に確実に起きる。2030年頃になるとパラリーガル(弁護士助手)、銀行の融資担当者、裁判官といった主に頭を使う専門家の仕事がAIに仕事を奪われるようになる」
人間の仕事が奪われ失業率が増加し、格差も拡大していく。我々は個人個人で何をすべきか。社会はどのような対策をとるべきなのか。本書では特に対策面について具体的に書かれていて非常に興味深かった。かつてデジカメが出始めた時、大手フイルムメーカーの役員は「あんなものはおもちゃ」としてバカにしていたという。それが今ではどうなったか。AIの進化は止まらない。ではどうするべきか。本書は大いに参考になる。

S.A.C.』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.