R-D1のまとめ情報

R-D1』の解説

thumb

thumb

R-D1(アール・ディーワン)は、2004年にセイコーエプソンから発売された、世界初のレンジファインダーデジタルカメラの名称である。RはRange Finder、DはDigital Cameraの頭文字を表し、「最初のレンジファインダー・デジタルカメラ」であることを意味している。2006年には、R-D1の改良機R-D1s(アール・ディーワン・エス)が、2007年にはレンズセットモデルR-D1sLが、2009年には後継機R-D1xGが発売された。

概要

R-D1は、コシナフォクトレンダーブランドで発売しているベッサRシリーズを基礎として造られており、外観がこれに似る。レンズ交換式デジタルカメラであるにもかかわらず、巻き上げレバーや巻き戻しクランクを模した操作系を配してオートフォーカスは搭載しないなど、最新技術を投入した各社のデジタル一眼レフとは一線を画す趣味性の高いカメラとなっていることが特徴である。

画像処理もセイコーエプソンのプリンタ技術がフィードバックされたかなり独特なもので、いわゆる低ノイズを画質の売りとする一般的な感覚とは逆に、ピクセル等倍鑑賞では明らかにノイズの乗った表現を行う。このノイズは微粒子フィルムの粒状に近く、全体では高い階調感をもった質感のある描写となる。

セイコーエプソンはレンズマウントについて公式にはEMマウントと称しているが、これは実質的にライカMマウントとほぼ完全な互換性があり、多くのライカレンズを使用することができる(super-angulon 21mm F3.4等、後玉の極度に突出したレンズは装着不可)。ただし、撮像素子APS-CサイズCCDを用いているため、ライカMマウント互換のレンズをR-D1に装着した場合、レンズの画角は焦点距離換算でオリジナルの約1.5倍相当となる。このため、元来レンジファインダー・カメラが得意とする広角側の焦点距離にR-D1では対応しにくいという矛盾も抱えている。ちなみに、セイコーエプソンからはEMマウントのレンズは発売されておらず、コシナ・フォクトレンダーのLマウント・VMマウントレンズ群を使用することが推奨されている。

脚注

関連項目

  • M8ライカのレンジファインダー式デジタルカメラ)

Category:デジタルカメラ

Category:セイコー

R-D1』の解説 by はてなキーワード

エプソンコシナと共同開発したマニュアル感覚の610万画素高級デジタルカメラ


デジタルカメラとしては世界初となるレンジファインダー(二重像合致式距離計連動ファインダー)を採用し、レンジファインダーは完全等倍率。技術提携先のコシナフォクトレンダーブランドレンズ以外に、ライカスクリューマウント及びライカMバヨネットマウントレンズに互換している*1点が最大のセールスポイント。


ベース機種はコシナBessa-R2。


2006年3月に主としてソフト面を改良したモデル「エプソンR-D1s」が発表された。3月24日発売予定。

http://www.i-love-epson.co.jp/products/rd1s/


主な仕様

機種名Epson Rangefinder Digital Camera R-D1
型式距離計連動レンズ交換式デジタルカメラ
撮像素子23.7mm×15.6mm APS-CサイズCCDセンサ(原色フィルター)
有効画素数6.1メガピクセル(610万画素)
記録メディアSDメモリーカード
ファインダー形式実像距離計式逆ガリレオ透視ファインダー(完全等倍)
距離計基線長38.2mm(有効基線長:38.2mm)
視野枠28 / 35 / 50mm対応ブライトフレーム切り替え式(パララックス自動補正)
レンズマウントEMマウント(ライカ社M型互換マウント、アダプターによりLマウントレンズも装着可)
135判焦点距離換算比表示焦点距離の1.53倍
シャッター電気制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター
シャッター速度1/2000〜1秒,バルブ(X接点1/125秒以下同調)
露出測光TTL幕面ダイレクト実絞り中央部重点平均測光方式
液晶モニタ2.0型低温ポリシリコンTFTカラー液晶(23.5万画素)視野率99.7%
サイズ (W×H×D)142.0×88.5×39.5mm(一部の突起は除く)
質量 約590g(SDメモリーカード、電池、ネックストラップ含まず)
電源専用リチウムイオンバッテリパック(EPALB1)1個使用
発売日2004年7月30日
価格オープンプライス(2005年現在の実売価格は25万〜30万円前後)

R-D1』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.