Obviousのまとめ情報

Obvious』の解説

Obviousは、エヴァン・ウィリアムズが2006年に設立したTwitterの運営・開発を行っている企業。

エヴァン・ウィリアムズはBloggerを開発したPyra Labs社の創業者でもある。

Pyra Labs社は2003年にGoogleに買収され、エヴァン・ウィリアムズは2004年にGoogleを退社した。

Obvious』に 関連する人気アイテム

ザ・クリスタルボール

「在庫を大量に持っていた店舗が、在庫を減らしたら売上が増えた」という話が小説形式になっています。 実話ではなくフィクションなので、ご都合主義的に話が展開します。 小説として見ると凡作でした。 在庫管理の参考書として見ると、既に古臭いものとなっています。 「POSレジで売上を集計して、予測を立てて発注する」のがコンビニバイトでも知っているほどの常識となっています。 出版当時ならともかく、ITを活用したサプライチェーンマネジメントが発達した現代では参考になりません。

商品回転率(在庫日数)の大切さを説いた本です。 「豊富な品揃え」の意味を勘違いしがちな小売の本質を、 シンプルな物語で説明しています。 日本の伝統的小売業と、好調なコンビニ・専門店との違いは、 まさにこの本に書いてあるような発想の違いがあるのだと感じます。

5つ星のうち 3.0何度も読む

(参考になった人 0/1 人)

ザ・ゴールに非常に感銘を受け続編は手に取るようにしています。 解説については他の方が詳細にレビューしているので控えますが、ザ・ゴールに比べると読後の爽快感は弱いです。 また文章も小難しくなっているので何度も読んで理解を深める必要があります。

Obvious』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.