NHK出版のまとめ情報

NHK出版』の解説

株式会社NHK出版(エヌエイチケイしゅっぱん、NHK Publishing, Inc.)は、1931年(昭和6年)に設立された日本の出版社である。日本放送協会 (NHK) の関連会社で、2010年までの旧社名は日本放送出版協会(にっぽんほうそうしゅっぱんきょうかい)であった。

概要

1931年6月、同月開局のNHKラジオ第2放送で放送される教育番組用のテキストを出版するためにメトロ出版社の事業を引き継ぎ設立された。NHKの演奏所移転に合わせて、愛宕山→内幸町→渋谷と本社移転を変遷している。現在では、NHKで放送される番組を補完するテキストや書籍を多数扱うほか、『NHKブックス』『NHK出版新書』シリーズをはじめ、オリジナルの一般書・教養書・実用書を数多く刊行している。

タイムリーな翻訳書にも定評があり、世界的にもベストセラーとなった哲学を扱った『ソフィーの世界』、発売前に全ページを無料(FREE)でネット公開して話題となった『FREE』、『THINK SIMPLE』、『ゼロ・トゥ・ワン』などのビジネス書、『脳を鍛えるには運動しかない!』、『BORN TO RUN 走るために生まれた』、『ワープする宇宙~5次元時空の謎を解く』、『モリー先生との火曜日』など科学・教養・ノンフィクションなど幅広い分野のタイトルを刊行している。

また、NHK番組での各種音楽の著作権を管理する業務(音楽出版)も行っている。また、書籍以外にも、ラジオ番組連動型のデジタルコンテンツや、NHK Eテレの番組テキストと連動した「テキスト関連アイテム」(「きょうの料理ビギナーズ」関連の調理器具、「すてきにハンドメイド」関連のハンドメイド商品など)の通信販売も行っている。

2011年1月1日、従来は通称・略称であったNHK出版に正式社名を変更した。社名変更の理由について、創業80周年を機に「生活文化提案企業」として社会的な役割を認識し、知るって楽しいをキーワードにより豊かな社会を築くためとして社名変更に至った、と説明している。

経営財務状況

同社の「第86期事業報告」によれば、総資産約191億7千万円のうち約127億4千万円が利益剰余金となっている。利益剰余金は「現金及び預金」約49億9千万円、「投資その他資産」約63億2千万円などの形で保有されている。流動比率(流動資産/流動負債×100)は302%と高く、実質的にほぼ完全な無借金経営である。1株50円に対して6円の配当(配当率12%)が行われている。

刊行される書籍

刊行される書籍のうち、NHKの番組に関連する書籍は、NHK EテレおよびNHKラジオ第2の番組の番組テキストと、それ以外の書籍(NHKのテレビ番組・ラジオ番組の関連書籍)に分類される。

なお、後者に関しては、NHK出版以外の出版社から販売されるものも多い。一例としては、NHKサービスセンターが扱う『NHKウイークリーステラ』別冊(主に『大相撲中継』『ラジオ深夜便』『連続テレビ小説』関連)、主婦と生活社が扱う『ガッテン!』関連書籍、更には、NHKスペシャルや各種教養・教育番組の関連書籍が、新潮社文藝春秋社KADOKAWAなど一般の出版社から広く発行されている。

番組テキストは番組放送期間中の発売が原則になるため、NHK Eテレで放送されている再放送枠『Eテレセレクション』において、「現在、このテキストは発売しておりません。」という断り書きテロップが書かれることもある。

テレビ番組テキスト・雑誌

家庭テキスト
趣味・教養テキスト
語学番組テキスト
定番の「基礎英語」シリーズは、定番の中学生向けの1、2、3を刊行しているほか、小学生向けに「プレキソ英語」、大人向けの「おとなの基礎英語」「しごとの基礎英語」も新設されたことがあった。現在は小学生向けには「基礎英語ゼロ」、大人向けの「おもてなしの基礎英語」を刊行。
そのほか英語は月刊誌だけでも『エンジョイ・シンプル・イングリッシュ』『入門ビジネス英語』『実践ビジネス英語』『ラジオ英会話』『英会話タイムトライアル』など。
英語以外の語学テキストでは、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、中国語、ハングル講座、ロシア語、アラビア語、ポルトガル語の番組テキストを発行。
ラジオ教養番組テキスト・雑誌
『NHKカルチャーラジオ』(旧:NHKカルチャーアワー)
教育番組

その他の書籍・ムック

その他、料理・園芸・健康・語学・趣味分野の実用書籍・ムックも多い。

休刊したテキスト・書籍・雑誌

テキスト
雑誌
書籍
  • ホビーテックシリーズ

NHK出版』に 関連する人気アイテム

読書の価値

自分が読めるモノを読むと、バカになる。
著者の小学校時の読書体験が、
独特の世界観を作ったベースになっているなと感じました。
「わからない」言葉があったら、調べる。
そして、「だんだんわかってくる」、その楽しさを知る。
小学生ぐらいに、こういう体験をした人は、後の人生が変わってくるだろうなと思います。

大人になると、「わかるモノ」や、「わかりやすいモノ」に、読書の効用を求める傾向が出てきますが、
それは、本質的にはネットニュースを見ているのと変わらないかもしれない。


少し抽象的な言葉や難しい漢字を使うだけで、
書籍の「売り上げ」にダイレクトに響くわけですから、出版社も、もっとわかりやすい本、
できれば、ドラッグのように中毒を引き起こすような刺激的で、即効性のある本を作るのは、
当たり前と言えば、当たり前です。

知的好奇心は、運動と似ていて、鍛え続けないといけない。
その最も良い方法は、挑戦という名にふさわしい本を選ぶことなんだと。
著者のこの本を読むと、何冊読むとか、広いジャンルを読むとか、古典の大切さを説くとか、
一切説いていません。

やはり、自分の知的好奇心を維持したり、広げるために、読書が存在すると言っています。
今は、アマゾンで書籍を購入したり、キンドルで電子書籍を購入するのが、
当たり前になっていますが、自分の購買記録から導きだされたアルゴリズムに従って、読まされているようで、
知的好奇心を育む上では、かなり縛られた状況に陥っているかもしれません。
気づいたら、似たような本を大量に読んでいたことも、少なくない人があるんじゃないでしょう?
それは、自分が読んでいるのはなく、読まされているだけかもしれません。

自分の好奇心を刺激する本は、誰もが読んでいる本には、おそらくないだろうなと思います。
やはり、自分で、見つけ出さないといけません。
今は、受動的な読書が主流で、能動的な読書を行うのが非常に難しい。

強い問題意識と、広範な知的好奇心を培うと、人生が豊かになる。
暇つぶしのための、楽な、わかりやすい本を読むだけの読書は、もう卒業しようと思いました。

一言でいうと、天才バッターに野球を教えてもらう感じ。
そこでタイトルにある「本の価値」云々以前に、著者自身の生い立ちに興味を持ってしまった。
読書家の両親の下で育った著者である。母親はマンガ以外の本なら無条件で買い与えてくれた。だが、幼い頃から極度の遠視で本を読むことが苦手で、作文も大嫌い。ところが小学生で「電磁気学」に興味を持ち、分からないながらも読んでしまう。後に工学部の助教授になるほどだから、元来が理系脳なのだろうか。
その後『Xの悲劇』を読んで、推理小説にも開眼していく。

遠視というハンデがあり本を読むのは遅いが、一度読んだ本の内容は決して忘れないという。人には何かハンデがあると、それを補う能力が発達すると聞いたことがある。ちなみに筆者は「両利き」なのだそうだ。左右の手で字がかけるし、箸も使える。左右の脳のバランスがいいということか。
それともうひとつ、著者は「言葉で思考しない」という。人間の思考は言葉に依存し、言葉なくして思考は成り立たない、というのが一般の理解だろうし、私自身もそう思う。がしかし、著者は違う。「思考は言葉ではなく、レゴブロックのように図形でイメージするもの。言葉で考える人には信じてもらえない」と書いている。こういうタイプを天才肌と呼ぶのだろう。それを示すように、初めて書いた小説が大ヒットし、その後300点もの著書を世に送り出すことになった。もちろん並々ならぬ努力はされていると思うが。
そんな著者にとって、「本は人とほぼ同じ」なのだという。「本に出会うことは、人に出会うことと限りなく近い。それを読むことで、その人と知り合いになれる」という。これは私にも共感できる。また、こうも言っている。「この世につまらない本などない」「どの人間にも、きっと面白いところがある。それぞれに、人とは違ったものを持っているのだ」と。この一文にも私は両手を打って共感した。筆者はさぞや人間好きのヒューマニストなのだろうと思わせる。
がしかし、「あとがき」の後半で次のように近況を吐露している。「今は誰にも会いたくない。出版社の人間ともメールだけ。もう放っておいてほしい。皆さんから遠く離れた場所に引き篭もり、鬱蒼とした森の中でひっそり暮らしている」と。
ううむ、天才バッターから教えを受けるのはなかなか難しい。

人気作家であるから「読書」について語る資格は十分にあると言える。しかし、本書に示された著者の読書半生をみると、ちょっとどうかなと疑問符がつく。作家の中には、小学生時代に学校図書館の本を全部読んだなどという方もいる。あくまでも、そういう方と比較しての話だが、それでも、「文字がうまく書けなかった」「読書が苦手だった」「小説を毛嫌いしていた」という経歴はめずらしい。もっとも、そうなったのには理由がある。そうした理由が示されていく。

著者は、本との出会いを人との出会いに比している。「本と人は同じような存在である」という。

そう考えると、著者はたいへんユニークである。「小学生のときに一番感動した本は、電磁気学の本」で、「6年生のときに、電波を発生する装置を作ることができた」。高校時代は「クラスから10人以上が東大に入る理系の集団」にいて、数学に夢中になる。しかし、「数学科を目指して、数学者にならなかったのは、既に自分には解けない問題を解くような大学院生がいることが大きかった。これは、漫画家にならなかった理由も同じである。」「僕は言葉で考えない」。「概念のような抽象的なものを示す言葉も、図形でイメージしている」と著者はいう。読者は、そういう人物と本書を通して出会うことになる。

そのような人物が、小説家になり、「現在、僕は1時間に6千文字を打つ作家として知られているけれど、平仮名入力だったら、1時間に1万文字は軽く打てるはずである」というまでになる。そのようにできる理由・秘密も示される。

そういう著者の「読書」にまつわる話は面白い。情報をインプットする面においてもアウトプットする面においても参考になる。オモシロイ人の書く本はオモシロイという事例ともなっている。

続・体が硬い人のための柔軟講座

NHKのテレビ講座を観てる方はもちろん、下記のように、観てない方でも分かりやすく実践できる工夫がされています。

①部位ごとに目安となる秒数や回数が示されている。
②部位によっては、2種類から効くほうを選択することが可能。
③正しい方法はもちろん、やりがちなミスも紹介している。

各章でそれぞれ異なる部位についてのストレッチが紹介されています。手始めに冒頭から4つの章のストレッチを試してみましたが、スマホ多用&デスクワークの私には「首」「背中」のストレッチは効果てきめんでした。

特に背中の章で紹介されている、壁に手を突いて腰を突き出すあのストレッチ。身体の側面が全部伸びるのでめちゃめちゃ効きます。自分に合うストレッチが見つけられただけでも、この本を買う価値があったと思います。ありがとう中野先生。

言うまでもなく毎日全てのストレッチに取り組むのが理想だと思いますが、私はなかなか続かないため、張りに気付いた時や作業の合間に「あのストレッチだけはやろう!」といくつかのストレッチを実践しています。冊子の最後には持ち歩けるサイズのストレッチカードが付録でついているので、覚えるのに自信のない方はこれを持ち歩いたり、携帯カメラで撮っておいて出先で参考にするのが良いでしょう。

5つ星のうち 5.0とても良いです!

(参考になった人 5/5 人)

テレビで見ながらやってました。 ちょうど坐骨神経⁈のところが痛かったのですが、かなり良くなります。 あとは、自分がコツコツとやるだけ。 この暑さの中で動くのは苦手だから、家の中で出来るのは、ありがたいです。 最終回に藤井さんが泣いてましたが、確かに中野先生は、分かりやすいし優しい先生ですね。 DVD付きの本もあると嬉しいです。

本だけ見てもなんとかですが、番組を録画してちゃんと説明や実際の動きを見た方が確実だと思います。 DVDとか買った人はインターネットで見られる動画とかあれば良いのに。 絵よりも動きがあるもので売って欲しいです。 番組を見た人でしっかり思い出すために買うなら良いと思います。 運動自体は番組を見てやりたかったので買いました。

河合隼雄スペシャル 2018年7月

5つ星のうち 5.0こころの名医を求めて

(参考になった人 8/8 人)

かつて実家の書棚に在った河合隼雄著『ユング心理学入門』と
河合隼雄・谷川俊太郎共著『魂にメスはいらない』の2冊を思い出し、
私自身は読んだことがなかったので、抜粋部分を読み感激しました。
特に“魂にメスはいらない”というタイトルはずっと心に刻印されていた言葉でもありました。
読んだことがなかったのは、臨床心理学に対して懐疑的だったからでした。
「本当に役に立つのだろうか。」と思っていたからです。そのため、
私は人間理解を映画や文学など芸術に求め、そこから漸進していったという心の軌跡がありました。


しかし、このNHK番組で故ヴィクトール・フランクルViktor Frankl及び諸富祥彦氏や神谷美恵子といった
心理学者の著述に出会い、心の回復を体感してから、見方が変わってきました。

今回は、御子息の河合俊雄氏の名解説により、
私が今まで息子の不登校ケアとサポートに携わった
8年間にわたる24時間365日の臨床経験から
謂わば経験則から導き出された技法と一致する部分が分かり、
故河合隼雄氏や故カール・グスタフ・ユングCarl Gustav Jungや
故ジークムント・フロイトSigmund Freudら臨床心理学者たちと
ひとつの節目となる邂逅となりました。

“クライエント(来談者)が紡ぐ物語に耳を傾け、
隠されたプロットを共に辿っていくのがセラピストの仕事。
大切なのはそこに勝手な解釈をはさまないことです。
河合隼雄の臨床は、本人も繰り返し本人も強調してるように
「何もしない」ところに一番の特徴があります。
何もしないことで器を提供し、
クライエントの自己治癒力やその結果として起こることに対して、
彼は常にオープンであろうとしていました。”(本書8頁より)
要諦として最も共鳴した点です。
しかし、肝心なのは「見守りか見殺し」か。
何もしないことは、ネグレクトneglectにもなり、
最悪の場合は、これは都合の良い詭弁として職務懈怠の常態化を助長します。
違いは実効性が有るか無きか、明白です。
当事者(クライアント)に負担がかかり疲弊していく、
つまり時間がかかり慢性化する恐れもあります。
だから、「何もしない」という技法は資質と才能が求められ、
心の看護や治療、心で回復させ治癒していく、それゆえ、この分野は特に
職務態度が職業能力の専門性の担保であり、職業倫理と不可分、
一言一句及び一挙一動に注意が払われたものを提供しなくてはならないという
職業的自己研磨が最も必要とされる職種です。

夢分析など共感できる部分のなかったジークムント・フロイト Sigmund Freudに関しても、
Webで調べた範囲で、除反応(Abreaktion)及びお話療法という
知り得て、大変有意義でした。
息子の不登校時の行動様態から、不登校生徒と親の体験談を聴き集め、
殆ど同様の症状を呈していることを把握しました。
不登校に至る原因や要因に、共通していることが、
まずいじめに起因していることが多かったことで、
それ以外でも、子供が原因を上手く大人につたえる事が出来ない、
つまり言語化できないことにあります。
そして、言語化できないひとつには意識化できない場合もあるということです。
何が起きているか子供がよく分らない場合、
悪意を受けたということは体が直観で感知しているがゆえに、
学校へ行けなくなるわけです。
深刻な場合、本人は話せなくなります。一番重い原因を話した後は、
すっきりとして回復してゆく息子の姿を見てきた私が、
傾聴という技法が、スキルskillであると実感した経験の日々でした。
傾聴が出発点であり、その先に共感-受容-支持と開いていくのであり、
「傾聴か聞き捨てか」という分水嶺はどこにあるのか?
傾聴が、故カール・ロジャースCarl Ransom Rogers氏の来談者中心療法の
主軸であることを体感したものです。

“絶望の果てに光がある
・・・
どんな時も、人生には、意味がある。 ・・・
「何か」が、あなたを待っている。
「誰か」が、あなたを待っている。
・・・
絶望の果てにこそ、光が差し込んでくるのです。
・・・
「あなたがどれほど人生に絶望しても、人生があなたに絶望することはない」”
(諸富祥彦著「NHK 100分 de 名著 フランクル『夜と霧』から抜粋抄)
なぜか必ず心を立て直す、これほど臨床研究に裏打ちされた言葉はありません。
これが専門家の力量、言葉の処方です。

“・・・人間の病気をなおす医者が人間の身体について知っているように、
われわれ心理療法家-ユングは好んで、こころの医者(Seelenarzt)と呼んだが-は、
心について知らなくてはならない。”
(本書12頁、河合隼雄著『ユング心理学入門』の引用部分から抜粋)

故カール・グスタフ・ユングCarl Gustav Jungの祥月命日(1961年)に。

興味深い点もありますが、こじつけっぽく感じる点も多いです。

p.110では、近現代人は「進歩」の図式を提供する直線的段階的な過程の理論を受け入れやすく、それに対して、仏教は「そもそも始めとか終わりなどというものがなく、すべてがすべてのままで、全体としては不変という世界の姿」を見せてくれると述べていますが、これは大乗仏教での覚りの内容のことでしょう?覚りに至る修道過程については、原始仏教でも大乗仏教でも直線的段階的な過程の理論はあり、特に原始仏教では、完全な煩悩解脱に到達した阿羅漢は「もはや学ぶべきことのない者」という意味で「無学」と呼ばれています。

「全体としては不変」という世界のあり方については、科学でも「エネルギー保存の法則」など、似たような考え方があり、世界には変化する面と変化しない面があるという点は仏教も科学も同じです。

p.112では、今昔物語集の「信濃国の王藤観音、出家の語(こと)」という仏教説話が引用されています。ある村人が、武士の姿をした観音がやってくるという夢を見た後、本当に武士が傷を治すためにその村に湯治にやってきて、夢の話を聞いていた村人たちがその武士をしつこく拝むので、武士は「自分は観音なのだ」と思って出家したという話です。河合隼雄さんはこの話を根拠に、「日本の中世の人の「私」は、他との区別もほとんどなく、自も他も融合しているほどの存在として受けとめられていた」と述べていますが、武士が「自分は観音なのだ」と思ったのは、村人の夢を仏の導きのようなものとして解釈したからであって、自他の区別がないわけではなく、夢と現実の区別がなくなっているわけでもありません。「他人」の「夢」の中の話であることは理解した上で、その夢を仏の導きと解釈しただけです。
旧約聖書の創世記37:5-11では、ヨセフが見た夢の中に登場する太陽と月を両親が自分たちのことだと解釈した話があります。他人の夢の中に登場するものを自分のことと解釈する話は世界中にあるはずで、日本だけのことではありません。そして、それは自他の区別がないことを意味しているわけではありません。

p.120-121では、「クライエント(患者)との人間関係を、非個人的な水準にまで広げてもてるようになると、その底に流れている感情は、「いとしい」という感情も混じった「かなしみ」だ」という河合隼雄さんの見解について、仏教学者の末木文美士(すえきふみひこ)氏が、「なぜ「かなしみ」なのか、必ずしも十分に説得力のある説明はない。理屈ではなく、意識の底の底に沈みこんだとき、河合が掘り当てた水脈なのだ。」と述べていますが、仏教の影響という観点から考えると、「「いとしい」という感情も混じった「かなしみ」」というのは仏の「大悲」という言葉の影響と取れますので、心理療法の実践体験から出てきた考えというよりは、その体験を「大悲」の概念から解釈したものと考えられます。
「大悲」は部派仏教では神格化された仏陀だけが持つ徳性とされていましたが、大乗仏教では、その神格化された仏陀の観念を継承しながら、「仏性」はすべての人に備わっていると考えるようになったので、河合さんは、そういう思想に基づいて、「仏性」としての「大悲」を人間の非個人的(普遍的)な無意識の奥に見ようとしているのではないかという気がします。しかし、釈迦が神格化される前の原始仏教では、「悲(あわれみ)」は四無量心(慈・悲・喜・捨)の一つに過ぎず、特別重視されていたわけではありません。神格化の過程で重視されるようになった「大悲」が万人の心の底にあると考えることは果たして妥当でしょうか?仏教を取り入れるなら、密教で即身成仏の境地とされる「大楽」を万人の心の底に見ることも可能です。実際、瞑想を長くやっている人は「すべてが美しく見える」というような体験をする人がけっこういるそうです。仏性や覚りの本質をどうとらえるかはいろんな説があるわけですから、まず一つ一つの説を批判的に検討する必要があると思います。

5つ星のうち 5.0本物だった

(参考になった人 0/0 人)

河合隼雄氏が臨床心理士会のトップだった頃に臨床心理の先生にお世話になった。
隼雄氏が行っていたのと同じただ聴くだけのカウンセリングだったが、治る時は怒濤のように治っていく。
一緒になって心の闇にいてくれる。手を差しのべず、ただ待つ。心の曖昧さによる混乱もただ聴くだけで待つ。クライアントの自力で治ることを信じて。何がそんなに苦しがらせるのかを自分で気づかせるために。カウンセラーは灯台の役割と言うべきか。
時間はかかるが本物だと思う。所詮、人間は曖昧な心の持ち主だから、曖昧な人間の関係で傷ついたものは曖昧な人間の関係で治していく方が心には自然なのかもしれません。
ただ、聴くだけのカウンセリングは時間がかかり過ぎて、今は下火のようですね。

連続テレビ小説 半分、青い。 Part2

放送されるテレビの内容と異なるものを公式ブックとして販売していいのでしょうか。 NHKに返品したいです。

5つ星のうち 4.0最後が気になる

(参考になった人 2/3 人)

続きが気になり購入を決めましたが最終話までのストーリーでなかったので残念。 ~までのストーリーと記入してあればよかった。

5つ星のうち 1.0脚本家の自己満足ドラマ

(参考になった人 11/16 人)

道徳観、倫理観、整合性、脈絡、全てダメ。 ここまで、ひどいドラマも珍しい。 登場人物、回収出来ない話、とっ散らかり、脈路がなく、展開が早く、いつまでも歳をとらない恐怖ドラマ。

NHK出版』の解説 by はてなキーワード

英文表記:Japan Broadcast Publishing Co.,Ltd

株式会社NHK出版は、東京都渋谷区宇田川町に本社をおく、日本放送協会NHK)の関連会社

主にNHKで放送される番組を補完するテキストや書籍を出版している。

1931年(昭和6年)4月1日、設立

2011年平成23年)1月1日、「株式会社日本放送出版協会」から「株式会社NHK出版」に社名変更した。


リスト::出版社

NHK出版』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.