NEWS (グループ)のまとめ情報

NEWS (グループ)』の解説

NEWS(ニュース)は、日本男性アイドルグループ。所属芸能事務所ジャニーズ事務所。所属レコード会社ジャニーズ・エンタテイメント

メンバー

各メンバーの詳細については各ページを参照。ジャニーズ事務所公式サイトのプロフィール をもとに記述。

結成

2003年9月10日、ジャニーズJr.の中から新ユニットが誕生するという告知がなされ、その5日後の9月15日、バレーボールの国際大会である『バレーボールワールドカップ2003』のイメージキャラクターとして、山下智久を中心に、関東で活動していた小山慶一郎、増田貴久、加藤成亮、手越祐也、草野博紀、森内貴寛と、2002年から関ジャニ∞のメンバーとして活動していた錦戸亮、内博貴の9人編成で新ユニット「NewS」を結成することを発表。

山下は2011年1月から5月にかけて国内外を回る単独アジアツアーを行ったが、この準備段階の2010年秋ごろからソロ活動の希望を抱き、同ツアーを終えた2011年6月、ジャニー喜多川社長に「ソロで自分の力を試したい」と相談していた。これについてはKAT-TUNから脱退しソロ活動を行っている赤西仁の影響も取り沙汰されたがジャニーズ事務所側は否定し、後日山下自身も否定している。

錦戸はNEWS結成前から関ジャニ∞のメンバーとしても活動してきたが、ゴールデンタイムでの冠番組がスタートするなど関ジャニ∞での活動が増えていた。そのため、ジャニーズ事務所側が「兼任を続けることには無理がある」と判断。本人も納得し、これを受け入れた。

山下・錦戸の脱退の意向を受け、他のメンバーとの話し合いが行われた結果、2人のNEWS脱退が2011年9月下旬に正式に決定した。4人のメンバーはNEWSの活動継続を決めた。ジャニー喜多川社長も後日、「本人たちが決めたなら反対する必要はない。自分の城をつくりたいと思うのは当たり前。縛り付けておくわけにはいかない」とメンバーの意思を尊重したことを明かしている。

年譜

2003年
  • 9月15日、新高輪プリンスホテル「飛天の間」で、結成披露の記者会見を行う。
  • 11月7日、『バレーボールワールドカップ2003』のイメージソングを含む、シングル「NEWSニッポン」でデビュー。このCDはセブン-イレブン独占販売という方法がとられた。
  • 12月、森内が学業に専念するとの理由で休業・脱退。以降8人での活動となる。
2004年
2005年
  • 7月16日、内が未成年で飲酒したことにより芸能活動無期限謹慎処分を受け、以降7人での活動となる。
2006年
  • 1月31日、草野が飲酒疑惑騒動により芸能活動を自粛し、以降6人での活動となる。
  • 5月1日から、内の芸能活動無期限謹慎処分・草野の芸能活動自粛に伴い、連帯責任という形でグループ単位での活動を2006年内いっぱい休止。以降、メンバーはソロや新ユニットを中心に活動する。
  • 12月30日、小山・錦戸・山下・増田・加藤・手越の、6人でのグループの活動再開と、内・草野がジャニーズ事務所の研修生となることが、公式サイトのJohnnys netおよびJohnny's webで発表された。また、各マスメディアは両名のグループからの脱退を報じた。
2007年
  • 1月1日、『ジャニーズカウントダウン2006-2007』に出演し、活動を再開する。
  • 3月21日、活動再開後初のシングル「星をめざして」を発売。
  • 10月6日・7日、台湾の台北アリーナにて、日本国外では初の単独公演を行う予定であったが、台風の接近に伴い6日の公演は中止となり、急遽7日の昼に延期とした。なお、公演が行われた7日は、混乱を避けるためコンサートグッズの販売を行わず、13日・14日の2日間に別の会場にてグッズ販売を行った。
  • 12月15日から2008年にかけて『NEWS CONCERT TOUR pacific 2007-2008』を公演。このツアーで、初の東京ドーム単独公演が1月9日・10日に行われた。
2008年
  • 10月25日から2009年にかけて『NEWS WINTER PARTY DIAMOND』を公演。
2009年
  • 8月29日・30日、日本テレビの『24時間テレビ32 愛は地球を救う』の第32回メインパーソナリティーを務める。しかし、31日に錦戸、9月1日に山下がインフルエンザA型に感染する事態が起きた。その後、ともにそれぞれの出演ドラマで復帰した。
2010年
  • 9月18日から9月28日にかけて『LIVE! LIVE! LIVE! NEWS DOME PARTY 2010』を公演。
2011年
  • 10月7日、錦戸と山下が脱退。以降4人での活動となる。
  • 11月23日、加藤成亮が、活動名を「加藤シゲアキ」に改める。
2012年
  • 6月13日、NEWS初のベストアルバム『NEWS BEST』をリリース。
  • 7月18日、4人体制での初のシングル「チャンカパーナ」をリリース。
  • 8月14日から9月30日にかけて『NEWS LIVE TOUR 2012 〜美しい恋にするよ〜』を公演。4人体制で初のツアーとなった。また、秩父宮ラグビー場(コンサート利用としては史上初)とほっともっとフィールド神戸の2都市では、NEWSとして初の野外公演を実施した。
2013年
  • 7月26日から8月27日にかけて『NEWS LIVE TOUR 2013 NEWS MAKES YOU HAPPY! MAKES THE WORLD HAPPIER!』を公演。
  • 7月27日に行われた秩父宮ラグビー場での公演は、雷雨のため途中で中止・翌日に代替公演実施となった。これに関する騒動はのちにパーナさん事件と呼ばれた。
  • 9月7日、10周年記念イベント&LIVEを東京ドームで行った。
2014年
2015年
  • 3月21日から6月14日にかけて『NEWS LIVE TOUR 2015 White』を公演。
  • 11月25日 初のDVDシングル「四銃士」リリース。
2016年
  • 3月26日から6月12日にかけて『NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO』を公演。
  • 8月27日・28日、日本テレビの『24時間テレビ39 愛は地球を救う』の第39回メインパーソナリティーを務める。NEWSが24時間テレビのメインパーソナリティーを務めるのは2009年以来7年ぶりで、4人体制になってからは初めてである。
2017年
  • 4月1日から6月11日にかけて『NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND』を公演。
  • 8月26日・27日、小山が日本テレビの『24時間テレビ40 愛は地球を救う』の第40回メインパーソナリティーを務める。小山は2年連続で24時間テレビのメインパーソナリティーを務め、他のメンバー(加藤・増田・手越)もゲスト出演した。
2018年
  • 2月28日GREEからシミュレーションゲーム『NEWSに恋して』の配信が決定。
  • 3月31日から5月20日にかけて『NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA』を公演。
  • 6月7日、小山が未成年との飲酒騒動により芸能活動を自粛。加藤も同騒動に関わっており厳重注意を受けた。
  • 6月12日 - 7月4日にかけて行われた『2018 FIFAワールドカップ』において、手越が日本テレビ系『ロシア2018』で同局のメインキャスターを務めるとともに、「BLUE」がテーマソングとして起用された。手越は2年連続で日本テレビ系FIFAワールドカップのメインキャスターを務める。
  • 6月27日、芸能活動を自粛していた小山が芸能活動を再開することが、公式サイトのJohnny's netおよびJohnny's webで発表された。

作品

タイアップについてはジャニーズ タイアップ一覧#な行を参照。ランキングはオリコン調べ。

出演

単独出演は各メンバー、テゴマスの作品については個別記事を参照。

テレビ番組

  • Ya-Ya-yah( - 2007年10月27日、テレビ東京系)- 小山・増田・加藤・手越・草野
  • ワールドカップバレーボール2003 NEWSベストテン(2003年10月20日 - 11月1日、フジテレビ系)
  • NEWS柳本JAPAN(2005年6月23日までの4日間、フジテレビ系)
  • 24時間テレビ日本テレビ系)
    • 24時間テレビ32(2009年8月28日 - 29日、メインパーソナリティ) - 小山・加藤・増田・手越・山下・錦戸
    • 24時間テレビ39(2016年8月27日 - 28日、メインパーソナリティ) - 小山・加藤・増田・手越
  • 走魂(2009年11月12日 - 2010年3月25日、日本テレビ(関東ローカル)) - 小山・増田・加藤・手越
  • 未来シアター(2012年4月6日 - 2015年3月27日、日本テレビ)- 加藤・小山
  • NEWS4人の強制家宅捜索バラエティ「4×9」(2014年10月06日、日本テレビ系)
  • 4vsX(2015年4月13日、日本テレビ系)
  • あっどうも はじめまして旅(2015年6月8日、6月15日、日本テレビ系)
  • NEWSな2人(2015年7月3日、10月2日、TBS系)- 加藤・小山
    • NEWSな2人(2016年4月22日 - 現在 、TBS系)- 加藤・小山
  • 変ラボ(2015年7月20日、27日、2016年1月11日、日本テレビ系)- 7/20・27は加藤・小山のみ
    • 変ラボ(2016年4月8日 - 2016年9月30日、日本テレビ系、関東ローカル)
  • ザ少年倶楽部プレミアム(2016年4月 - 現在、NHKBSプレミアム)- MC
  • NEWSのNEWSにならないNEWS ニューニューニュー(2017年2月19日、日本テレビ)
  • おたすけJAPAN(2017年6月14日、2018年3月21日、フジテレビ系) - 小山・増田
  • 奥様は神様(2017年10月31日、日本テレビ系)
  • NEWカップルS(2018年4月6日 - 4月27日、日本テレビ系)

CM

  • クリムゾン RUSS-K(2007年 - 2010年8月)
    • 「RUSS-Kを集めろ!」篇(2007年8月24日 - 9月9日)
    • 「何系でもないRUSS-K」篇(2007年10月19日 - 11月4日)
    • 「何系でもないRUSS-K」第二篇(2008年3月5日 - )
    • 「T-Fes」篇(2009年3月20日 - )
  • ローソン元気になろーソンキャンペーン(2008年 - 2010年3月)
  • コーセー HAPPY BATH DAY(2008年 - 2010年3月)
  • ドワンゴ dwango.jp (2010年11月 - )
  • ワコールWing
    • Kirei「さら肌ブラ」(2013年5月23日 - )
    • 「後ろ姿キレイブラ」(2014年8月 - )
    • 「Missスレンダ」(2015年7月 - )
  • ニッセン
    • 「日本製裏起毛パーカ」(2016年1月 - )
    • 「レディースカーディガン」(2016年4月 - )

ラジオ

コンサート

イベント

  • ジャニーズ 体育の日ファン感謝祭 (2003年10月12日)
  • NEWS大集会(2003年11月9日 - 12月14日、4都市)
  • NEWSプライベートパーティー(2004年9月19日・23日、2都市)
  • 集まれ!!!!チャンカパーナ(2012年8月20日 - 8月27日、2都市)

Johnny's Web

  • NEWS(活動休止に伴い終了)
  • NEWSmile(2007年1月29日 - 2011年9月30日)
  • NEWSRING(2012年1月11日 - )

雑誌

  • NEWSTime(『SEVENTEEN』)
  • NEWStyle(『SEVENTEEN』、活動休止に伴い終了)
  • NEWSnoNEWS(ニュースのニュース)(『SEVENTEEN』、2007年3/1号 - 2010年12/1号)
  • NEWSPICE(『POTATO』、2010年2月号 - )
  • NEWSletter (ニュース便り)(『Wink up』、2010年3月号 - )
  • NEWS☆コミュ(『Myojo』、2011年5月号 - 2013年12月号 )
  • オトナのNEWS(『レタスクラブ』、2013年11/25号 - )
  • Fantastic 4 rooms(『Myojo』、2014年1月号 - )
  • NEWSな美意識(『美的』、2016年1月号 - )

NEWS』に 関連する人気アイテム

TVガイドPERSON VOL.72

増田さんが表紙ということで即買いしました!

5つ星のうち 5.0まっすー写真最高!

(参考になった人 1/1 人)

まっすーのソロ写真とても素敵なショットばかりで!永久保存版です

5つ星のうち 4.0声優特集♪

(参考になった人 0/0 人)

KAmiYU 目当てで購入しました。 トーン抑え気味なグラビアで、カラーなのにモノトーンみたいで、表情もクールでカッコ良かったです♡お2人でこういうグラビアはあまりないので新鮮で嬉しいです。 アルバムのイメージとか関係ない感じが良かったです。

Echo Dot - スマートスピーカー with Alexa、ブラック

5つ星のうち 4.0値段相応で満足!

(参考になった人 1/1 人)

音楽の制御やアラームや天気や血中酸素や血圧の表示まで出来て
他の製品と比べ機能が多いです
ただiphoneでLINE通知を何度も設定してるのですがどうにも
LINEの通知だけ来ません、、、
充電器はしっかりクリップで固定されるので安定感はありますが
大事に使わないと断線したらおしまいですねw
それでも使わない時は画面がオフになっていたりして
一週間程度充電しなくても使えるので充電頻度が少なく
スマホの充電線よりは大分長く持ってくれると思います
LINEさえ通知がくれば★5ですね
ベルトも簡素で見た目も派手で無いので着けてる感もなく自然で
(個人的にアクセサリや時計をしない人なので)
チープと取る人もいるかもですが私はとてもこの目立たなさが
大変気に入ってます

5つ星のうち 1.0耳が遠いポンコツ

(参考になった人 1/1 人)

日常会話程度の声量では音声を拾いませんし、かなり意識して滑舌良く発音しないと認識しません。
どうせ大して役に立たないだろうけど最低限音声で機器のオンオフが出来さえすれば良いと思い購入しましたが、それすら満足に出来ないゴミです。褒めるべき点は小さいので粗大ゴミで出さずに済むことくらいです。

ちなみにアプリも本体に負けず劣らずの無能ぶりです。異常に立ち上がりが遅くしかも起動するたびに毎回チュートリアルを表示する上、驚いたことにそれをオフにする機能を備えていません。音声での指示に見切りをつけスマホから操作しようという浅はかな考えを打ち砕かれました。
まあよく考えればamazonなんてただの通販サイトですし、素人が見よう見まねで作ってみたものと考えると納得の品質ではあります。

wifi接続(セットアップ)がかなり困難です。 うまく接続できても、不安定なため、数分から十数分くらいで、接続エラーとなります。 その後の再接続もうまくはいきません。 Wifi接続が基本の機器ですから、接続できないと単なるゴミです。 私の場合は、1度交換してもらえましたが、交換品として届いたものも同じ症状で困り果ててあきらめました。 無駄に時間と金を使ったことに後悔してます。 アマゾン側は、当方のネット環境の責任として、返品をなかなか受け付けません。 商品しての品質が一般ユーザーの使用環境に適合していないと思いますので、この商品は買わない方が良いです。

Echo - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

天気からニュースまで何でも聞けば答えてくれる凄いスピーカーです。
勿論Amazon関係の買い物とかも声で行えますから
間違えるとトイレットペーパー一年分が次の日にΣ(゜口゜;
とか成りますので発言に注意は必要ですがwww
Echo単体の場合声で行う検索サイト、オンラインショップ、情報端末だと思ってくれれば良いかと。
使い始めからかなりお利口さんですが使っている内に色々覚えていき
アレクサ、音楽をかけて(˙꒳​˙ )
と言うだけで趣向にあった曲をかけてくれます。


学習するんですね。
ギャクも得意なので夏に聞くと良いでしょう。(冬はお勧めしません寒いですw)
IoTリモコンを繋げると声だけで電気付けてくれたりエアコン付けてくれたりIoTリモコンに設定されていることをしてくれます。
ここでもお利口なのは
エアコンを"入れて""ONにして"等起動に関する指示を的確に行うことです。
これに関してはIoTリモコンにも一切、どう言う言葉で動かすか?と言う設定はしなくてもアレクサが判断するようです。
凄くお利口ですが人間だめにするのでその辺注意ですよ\_( ゚ロ゚)ここ重要

echoドットを持っていて現状より音の少し良さそうなこの機種に買い替えました
echoドットはもう使わないので捨てて、新しいこの機種で既存のAmazonMusicUnlimitedプランを聞こうとした所、ファミリープランを契約して下さいとechoから言われてしまい、どうすることも出来ず、電話にて問い合わせた所、個人では切り替えはできないのでこちらで切り替えますとの事で待つこと10分、エラーで切り替えできないので2~3日待ってくれとの事、最長でも7日以内で解決できますとの事だったが7日待っても連絡が無く、連絡してみた所、あと4日待てば連絡しますとの事。

連絡はするが解決するとは言えませんとの事・・・安いプランだとはいえ、使えない期間が長いから日割りしろとは言わないがファミリープランなら使えるんだからそれでとりあえず聞けるか試してもらうとかいろいろ方法はあると思うのだが、片言の日本語で出来かねますの連呼は辞めてほしい
とりあえず既存のUnlimitedユーザーは本体切り替え時に苦労するので注意が必要

昨年LINEのクローバを購入しスマートスピーカーデビューを果たした我が家。
その後、アメリカ出張の際にウォルマートで山積みになっていたamazonエコー、Googleホームのそれぞれ最廉価版を買って帰って自宅リビングに並べ、3台を使い比べてきました。
結果、アレクサがいちばん自分の役に立つと判断し、ワンランク上のamazonエコーを購入し、メイン機としての地位を与えました。
LINEクローバよりもコンパクトなのに音質はamazonエコーの方が上。
amazonプライム会員なのでプライムミュージックが使えるのもありがたかった。

現在はamazonミュージックのアンリミテッドにアップグレードして運用中です。
何でも聴けるスマートスピーカーとして、家族中でバリバリ使っています。
スキルの様な上級機能(?)はまだ使ってませんが、基本機能だけでもやっぱりamazonエコーの完成度が際立ってますね。

Echo Plus、 スマートホームハブ内蔵 - スマートスピーカー with Alexa、ブラック

5つ星のうち 5.03台目のEchoです

(参考になった人 1/1 人)

2017年末の招待制の時に、Echo(第2世代)を購入。AIスピーカーを堪能。
他の部屋にも増設しようとEcho dot(第2世代)を導入。最初にEchoを利用したので、dotの認識性能と音に満足できず、今回のサイバーマンデーにEchoを増設しようとしたが、このEcho Plus(第1世代)おまけ付きを発見。こちらに変更。
結果はこちらで正解でした。Echoと比較すると若干音がこもっているような気がしますが、音声認識も音質も満足出来るものです。一番のお気に入りはボリュームコントロール。

Echoは丈夫にある+ーのボタン操作だが、Plusは上部全体が回るようになっていて、これを回してコントロール。正直Echoのボタン操作は細かく操作できないが、この操作方法が何故廃止されてしまったのだろうか?残念。

色に関しては、白しか選ぶことが出来なかったが、実物を見て回りに合う色なので満足です。

Echoシリーズ全般に関してですが、電源ケーブルがもう少し長いとありがたいです。

5つ星のうち 5.0手放せなくなりました

(参考になった人 1/1 人)

7,253円でヒューの電球付きで購入。 代替わりのため値下がりしてましたが、この価格でこの性能は破格かと。 ブリッジが内蔵されてるため、出来ることが一気に広がりました。 声で電気をつける調光する、テレビをつけるなどができますし、別売りのアイテムで帰る前にエアコンをオンにしたりなど、便利で楽しいですね。 音質もよく、目覚ましや天気予報も聞けるので、寝室に置いて使い倒してます。 もちろん新世代のほうが性能やデザイン面で優秀ですが、機能重視の方はこの価格帯なら買い!だと思いますよ。

5つ星のうち 4.0Amazonミュージック

(参考になった人 3/3 人)

エコープラスを購入後、色々な機能が有り、非常に気に入ったので、その後エコースッポットも購入しました。 画像を見ながらの機能は又別の楽しみが有り気に入っています。 ただ、一つ不満なのがプライムミュージックを聞きたいときに2台同時に聞くことが出来ません。 別にミュージックホーム 契約をすれば6台まで使用できるとのことですが、一度に2台で音楽を聴けない事で、一寸がっかりしました。 希望としてはぜひ2台まではプライムミュージックが使用できるようにしてもらいたいです。

NEWS』の解説 by はてなキーワード

「NEWS」の2013年7月17日に発売されたアルバム。ちなみに、メンバーが4人になってから初めてのオリジナルアルバムである。

収録曲

  1. compass
  2. WORLD QUEST
  3. 4+FUN
  4. 渚のお嬢サマー
  5. ポコポンペコーリャ
  6. 恋祭り
  7. Greedier
  8. ベサメ・ムーチョ〜狂おしいボレロ〜
  9. チャンカパーナ
  10. Dance in the dark
  11. HIGHER GROUND
  12. フルスイング
  13. CRY(通常盤のみ収録。)

NEWS』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.