Internet Explorer 7のまとめ情報

Internet Explorer 7』の解説

Windows Internet Explorer 7 (ウィンドウズ インターネット エクスプローラ セブン)はマイクロソフト2006年10月18日(日本語版は11月2日)に公開した Internet Explorerファミリーのウェブ ブラウザーである。

Internet Explorer 7はWindows VistaWindows Server 2008専用に提供される方針であったが後に撤回され、Windows XPWindows Server 2003向けにも提供された。Windows以外のプラットフォーム向けにはInternet Explorerが提供されなくなったため正式名称が変更された。

特徴

Internet Explorer 7はユーザー インターフェイスのデザインとレイアウトの大きな変更が行われた。セキュリティ保護機能もInternet Explorer 6よりも多く実装された。

Internet Explorer 7リリース以前から多くの意見が多かった他のブラウザでは標準であった仕様や機能が多く取り入れられ、ウェブ標準の準拠もInternet Explorer 6に比べて前進したが対応はごくわずかの対応に留まった。

ロゴの変更

IE7でロゴが変更された。米マイクロソフトのIE開発チームによると、新しいロゴは「e」の文字がモダンな外観をしており、背景からより目立って見えるよう縁が少し暗くなっているという。eを取り巻く金の輪も「新たなエナジーをもたらし、これまでよりも少しポップな感じを与える」ためお気に入りだという。このロゴはIE8でも使われている。

タブ ブラウジング

Internet Explorer 7では他の多くのブラウザが実装しているタブ ブラウズ機能を実装した。

独自の機能として、開いている全てのサムネイルを表示して、視覚的にタブの内容を確認して切り替えることのできる「クイック タブ」を、開いているタブ全体をお気に入りに一括で登録、お気に入りから一括で開く「タブ グループ」を実装した。

検索ボックス

Internet Explorer 7では他の多くのブラウザが実装している検索ボックスを実装した。Internet Explorer 7の検索ボックスは複数の検索プロバイダを追加することができる。

フィード リーダー

Internet Explorer 7はフィード リーダーを実装した。フィード アイコンによる視覚的なフィードの購読の可否確認が行われる。

登録したフィードの自動更新などの設定が可能で、登録したフィードはお気に入りと履歴にアクセスする「お気に入りセンター」に統合された。

RSSプラットフォームが統合されたWindows VistaではWindows サイドバーに標準で含まれる「フィード ヘッドライン」で購読したフィードを扱うことができる。

ズーミング

Internet Explorer 7はテキストや画像を含めたページ全体のズーム機能を実装した。

ページの拡大は最大で10倍 (1000%) まで対応し、ページの縮小は最大10分の1 (10%) まで対応する。

標準準拠

Internet Explorer 7では、HTMLやCSS、DOMのウェブ標準準拠の改善がいくつか行われた。

HTML 4.01では<abbr>要素と、<object>のネストに対応した。

CSS2のいくつかのプロパティやセレクターの要素に対応し、いくつかの問題を解決した。

HTMLやDOMのセレクト要素への対応。

Internet Explorerの機能でActiveXで実装されていたXMLHttpRequestもInternet Explorer 7ではネイティブ機能として再実装された。

PNGアルファ合成に対応した。

国際化ドメイン名 (IDN; RFC 3490) に対応した。

セキュリティ保護

Internet Explorer 7ではセキュリティの改善に取り組んだ。セキュリティ機能の多くはアドレス バーでの色の変更やページ表示などで、ユーザーに視覚的にわかりやすく危険の有無を伝えるように設計された。

Internet Explorer 6ではほぼ全てが既定で有効であった ActiveXコントロールの多くがInternet Explorer 7では既定で無効になった。

SSL 3.0およびTLS 1.0が既定で有効になり、既に問題が露呈していたSSL 2.0は既定で無効になった。

フィッシング詐欺被害を抑えるためのフィッシング詐欺検出機能を実装した。フィッシング詐欺防止のためのExtended Validation 証明書にウェブ ブラウザで初めて対応した。

既に実装されていた閲覧履歴やCookie、一時ファイルなどの閲覧データを削除する機能が見直された。以前は削除機能がダイアログ中で分散していたが、ひとつのダイアログにまとめられた。

全てのアドオンを無効にした状態で起動する機能が追加された。

DEPによるメモリ保護機能が実装された。この機能はInternet Explorer 7開発中の時点で多くのアドオンで動作上の問題が判明していたため、既定では無効にされた。

Windows VistaとWindows Server 2008のInternet Explorer 7はオペレーティング システムの機能として実装された機能、ユーザー アカウント制御を利用した「保護モード」の機能と、保護者による制限機能を利用したブラウジングの制限を利用することができる。

その他

  • ClearType効果の適用の有無がWindowsの設定とは別に適用するようになった。
  • FTP クライアント機能が読み取りのみになった。
  • GopherTelnetActive Desktopなどの古くなったプロトコルやテクノロジの対応が終了した。
  • Outlook Expressのアップデートは含まれなくなった。
  • Windows Explorerと機能の分離が行われた。
  • インストーラにはWindows Genuine Advantageが統合され正規ライセンスの確認が行われたが、2007年10月4日にライセンス確認処理が取り除かれたインストーラが再配布された。
  • 複数のアドレスをホーム ページとして登録することが可能になった。

Internet Explorer 7』に 関連する人気アイテム

Windows 10 パソコンお引越しガイド 10/8.1/7対応

5つ星のうち 3.0内容が薄すぎる

(参考になった人 1/1 人)

図解でとてもわかりやすいけれども、内容が薄すぎてネットで調べればわかる内容で残念でした。

Windows XPを安全・快適に使い続けるための本

5つ星のうち 1.0こんなくだらない本

(参考になった人 15/29 人)

この本ウソが書いてあります。 こんな本を買う金と読むヒマがあったらさっさとバージョンアップすべき。 情報漏洩の踏み台にでもなったら他人にも迷惑かかり膨大なコストがかかるので、素直にバージョンアップするほうがよっぽど低コスト。 中小企業とて減価償却の年数はとっくに過ぎているハズ、にも関わらず更新もできないのならブラック企業と言われてもしかたあるまい。 遠隔操作の誤認逮捕事件から何も学んでいないのか。

まず、この本を読んで、XPを安全・快適に使い続けられるようには『なりません』
自分はネタで買いましたが、ネタでも買うべきではありませんでした。

XPのサポートが切れるから対策しよう! という趣旨の本であるようにみせかけて、
実際は、XPを便利に使うための設定方法やフリーウェアの使い方を、
パソコン初心者でもわかるように丁寧に紹介してるだけです。

つまり、今まで数え切れないくらい出ているXP便利テク解説本と、
言ってる事は何も変わらないのですね。



例えば、「鈴木さん家にカギはかかってないらしい」という情報があったとします。
それを聞いた泥棒が鈴木さんの家に歩いて行けるのがXP、
鈴木さんの家がどこにあるかわからない、そもそもスズキサンとは・・・?となるのがVista以降です。
WindowsUpdateでできるのは、「鈴木さんの家にカギをかける」事だけです。
ウイルス対策ソフトでできるのは、「前科者リストを見て一致した泥棒を捕まえる」事だけです。

この本は、安全に使い続けるための方法は、何も解説していません。

Internet Explorer 7』の解説 by はてなキーワード

マイクロソフトWindows Vistaに標準搭載されている、Webブラウザ

非常にシンプルで且つ、Internet Explorer 6から比べたら高機能、タブブラウザ化などが特徴。Windows XP SP3でもインストールする事が出来る。

Internet Explorer 7の性能面で特に注目されているのは主にセキュリティー面での強化、そしてCSSのいくつかのバグフィックス、透過png対応、印刷機能の強化、RSSフィードフォントClearType化等と日本語をはじめとした世界の言語に対応した事。

Internet Explorer 7』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.