CEOのまとめ情報

最高経営責任者』の解説

CEOに関連性が高い単語の解説を表示しています。 CEOについての情報が含まれているか確認して下さい。

最高経営責任者(さいこうけいえいせきにんしゃ、、略語: CEO)とは、アメリカ合衆国内の法人において理事会(法人が会社の場合は取締役会)(board of directors) の指揮の下で法人のすべての業務執行を統括する役員執行役員又は執行役(officer、または executive officer)の名称、若しくは最高経営責任者として選任された人物のことである。統括業務執行役員などと和訳されることもある。イギリスにおいては、同様の職務を行う役員を業務執行役員(managing director、略語: )、またはチーフ・エクゼクティブ(chief executive)という。また、非営利団体ではエグゼクティブ・ディレクター(executive director、略語: )の名称が使われることもある。

概要

最高経営責任者 (CEO) は、アメリカ合衆国法人における役員 (officer) で、一般に理事会(法人が会社の場合は取締役会)によって選任されるが、定款の定めにより、社員総会(法人が株式会社の場合は株主総会)で選任する場合もある。理事会又は取締役会はいつでもCEOを解任することができるとされる。CEOの職務は理事会又は取締役会の指揮の下で法人のすべての業務執行を統括し法人 (corporation) の経営に責任を負うとされる。

米国法律協会 (American Law Institute, ALI) による「企業統治の原則: 分析と勧告」(Principles of Corporate Governance: Analysis and Recommendations) において、法人の最高経営責任者 (chief executive officer) は主要上級執行役員 (principal senior executive) に分類されている。

CEOの職務は理事又は取締役 (director) の職務と明確に区別される点において、理事や取締役との役割分担が曖昧な会長 (chairman of the board) や理事長又は社長 (president) などの米国の伝統的な法人の役員 (officer) とは異なるが、米国の営利法人では取締役会長がCEOを、社長がCOOを兼任することが多い。カリフォルニア州のように、定款に別段の定めがない限り、理事長又は社長(president、理事長や社長を置かない場合は会長 (chairman of the board))が法人の総支配人 (general manager) および最高経営責任者 (chief executive officer) となると法人法典(corporations code、会社法も包含する)で定めているもある。一方、法人を設立した国や州によっては役員 (officer) の名称に規定がないため理事長又は社長や会長を置かないでCEOを置く場合もある。

なお、米国では会社など法人の役員のほか、ロサンゼルス郡 (カリフォルニア州)など行政 (executive) の長 (chief) である官職 (officer) の名称にも chief executive officer が使われる。

イギリスでは監督機関である取締役会の業務執行役員からの独立性を確保するため、上場会社ではチーフ・エクゼクティブ (chief executive) と取締役会長の兼任が規制されている。

日本では会社法349条の規定により、あくまでも会社の代表権を持つのは取締役または代表取締役委員会設置会社については代表執行役であり、最高経営責任者 (CEO)、最高執行責任者 (COO)最高財務責任者 (CFO) 等の名称の役員の権限や責任に法的な裏付けは何も無く、社長会長と同様に会社の内部的職制の名称でしかない。つまり、もし「取締役兼最高経営責任者」という名称の役職としてあっても、代表取締役制度を採用している会社では代表取締役、委員会設置会社では代表執行役でなければ法的には会社を代表する権限は無いのである。

また、「代表取締役CEO」という表記を今日、日本では多く見受けられるがこれについては、会社内での最高責任者、つまり事実上のトップということを表す意味も持つ。

CEO』に 関連する人気アイテム

ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由

人の伝手で著者岩田氏と名刺交換をする機会があり、それがきっかけで本を購入しました。 ブランド醸成のヒントを得たく購入しましたが、自分のmissionまで考えさせられ上、胸が熱くなりました。 細かくは書きませんが、これからも、読み直します。 人生経験からのあるあるにも、共感しました。 マンション管理人の話とか。 。 。 いまは、ブランドを読んでます。

岩田さんの考え方や感性に、とても共感しました。 5年前にも読み、今回再び読んだのですが、 5年前と比べると自分の心に響く言葉や、訴えかけてくる内容が違っていて、より深く読め、何度でも読み返したい本になりました。 自分の働き方や働くスタイルなど形ばかりにとらわれてしまっている人に、是非読んでみてほしい一冊です。

働く原動力になる理念(会社の理念)を考えたくて薦められて読みましたが、自分の生きるミッションは?を考えるきっかけになりました。

ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由

人の伝手で著者岩田氏と名刺交換をする機会があり、それがきっかけで本を購入しました。 ブランド醸成のヒントを得たく購入しましたが、自分のmissionまで考えさせられ上、胸が熱くなりました。 細かくは書きませんが、これからも、読み直します。 人生経験からのあるあるにも、共感しました。 マンション管理人の話とか。 。 。 いまは、ブランドを読んでます。

岩田さんの考え方や感性に、とても共感しました。 5年前にも読み、今回再び読んだのですが、 5年前と比べると自分の心に響く言葉や、訴えかけてくる内容が違っていて、より深く読め、何度でも読み返したい本になりました。 自分の働き方や働くスタイルなど形ばかりにとらわれてしまっている人に、是非読んでみてほしい一冊です。

働く原動力になる理念(会社の理念)を考えたくて薦められて読みましたが、自分の生きるミッションは?を考えるきっかけになりました。

サイコパス

顔色ひとつ変えず人を騙し、搾取し、傷つけ、良心の呵責などみじんも感じない冷血漢。そんなサイコパスが100人に1人くらいの割合でいるらしい。しかも、社会的地位の高い人に多いとか。著者にいわせると、織田信長、毛沢東、ピョートル大帝はサイコパスだった可能性が大きく、ケネディ、クリントンはじめ、歴代大統領もサイコパスを疑われる人がかなり含まれており、スティーブ・ジョブズなどは典型的なサイコパス、あげくはマザー・テレサまでがそうだった、という。だとしたら、トランプやイーロン・マスクも、あの人もこの人も・・・・・・と続々と有名人の顔が浮ぶ。

ヒトラー、チャーチル、ルーズベルト、ケネディなどについて書いた『狂気のリーダーシップ』という本もある。

しかし、100に1人ならば、職場にも、同級生のなかにもいる可能性は高い。サイコパスは古代社会にも原始社会にも存在した。「厄介者」や「不適格者」として扱われてきた負け組サイコパスと、「教祖」や「スター」として他者の犠牲のうえに成功をおさめた勝ち組サイコパスがいて、歴史に名を残しているのはおそらく後者である。

著者が関心を持っているのも勝ち組のほうだ。彼らは恥や不安、恐れといった行動にブレーキをかける感情をほとんど持たないので、果敢で、冷静で、合理的で、自信に満ちている。だから、大きな賭けに勝ったり、前人未到の分野で成功を収めたり、カリスマ的な人気が出たりする。彼らのこうした「特徴」は、通常わたしたちが「性格」という言葉で意味するものとかなり違うものだ、ということを本書は教えてくれる。

脳科学の進歩により、サイコパスの脳は一般人と大きく機能的、形状的に異なっているということがわかってきている。たとえば、扁桃体と眼窩前頭皮質や内側前頭前皮質の結びつきの弱さ。これが意味するところは、相手との共感が生まれず、良心によるブレーキが効かないということだ。相手が痛いだろう、悲しいだろう、ということを想像できない。また、こんなことはやるべきでないとか、やったら罰をうけるだろうといった想像もできない。彼らには説得も、懇願も、脅しも効かないのである。まるでAIのようだ。勝ち組サイコパスと負け組サイコパスも、脳の形状によって見分けられふそうだ。こうした脳の特徴は遺伝の影響が大きく、生育環境が引き金となってサイコパス因子が発現することがある、ということもわかっている。ただ、注意すべきはそれ以上のことはわかっていないということだ。

著者は、サイコパスが平均的な人間と脳の機能の仕方が明らかに異なることをさまざまな実験や事例で示しつつ、彼らを社会不適合者と決めつけることを注意深く避けている。さらに、サイコパスは人間の進化の過程で出てきたという仮説も提示し、マイノリティである彼らを監視したり隔離したりするのではなく共存するための提案をしている。しかし、そもそも社会に受け入れられたい、他者と共存したいという欲求がないサイコパスに対しての「正しい」接し方は、受容ではないだろう。彼らに虐待されたり利用されないように、間違っても彼らを称賛したり心酔したりすることがないように、こうしたタイプに対する情報と理解を持つこと、それがこの本の真のメッセージだと思う。

サイコパス(英語 Psychopathy 、文中もサイコパシー傾向と表現)を犯罪や文化、大衆目線で記したものでなく、医学、心理実験の例を数多く記し筆者の知見の広さは間違いない。書きっぷりは男性の思いで意外、半分手前まで読み進んで筆者が女性、東大工学部卒の方で大学院で脳神経医学を専攻しドクターとなった方と知る。その観点では極めて脳・神経学観点できっちり纏められていて医療、精神病よりやはり工学部生の延長で脳・神経をシステム、人的機能提供モジュールとして解説と捉えた。

1 章でサイコパスを見た目で判断、心拍数(低い)とサイコパスの相関関係、 2 章からサイコパスの脳、サイコパスは扁桃体や前頭皮質の活動が低い、負け組勝ち組サイコパスと疑問、反論挟むことなく読み進められる。

サイコパスを歴史で振り返る第 3 章。アラスカ、アフリカ少数民族からいた、医学的に認知されたのが 19 世紀、そして 100 年かけて心理的アプローチ、精神医学、ここ 10 年の脳医学での研究成果。さらに反社会性は遺伝するのか、また後天的に形成されるものなのか、という深いテーマの解説に入っていく。

そして 4 章のサイコパスと進化では筆者目線で切り込みが共感。研究結果からサイコパス存在は 100 人に 1 人程度、戦場で臆せず敵を撃てるは 100 人に 1 , 2 人、アポロ 11 号アームストロング船長、前人未到地探検、危険物処理、原因不明の病気研究、敵国外交交渉・・・などなど不安、恐怖感じないサイコパスは人類にとり必要、だから進化過程で排除されずという論点。 5 章ではママ友カーストのボス、ブラック企業経営者、炎上ブロガーなど現代に生きるサイコパスを筆者分析。身の回りの避けたい人々がいかにサイコパスだったのかを共感。最後 6 章は自身がサイコパスかもしれないとチェックリストで自己判定。サイコパスの多い職業が CEO 、弁護士、マスコミ、セールス、外科医、ジャーナリスト、警官、聖職者、シェフ。技術者が介護士や美容師、アーティストなど少ない職業で一安心。

後半よりも前半の筆者専門分野の脳科学でサイコパシー傾向があるか自分も家族も他人も分かれば人付き合いスムースでと SF のような未来を感じてしまう一冊でした。

私は、この本を読んで、諦めが付きました。
自分の身の回り、著名人や経営者、政治家などの有力者、そういった人たちの中に私の理解できない言動を繰り返す人がいることに。
そもそも脳の構造が違うのだとしたら、それは化学的な原因であり、結果であるわけですから、それに対して文句を言っても仕方の無いことです。
同時に、そういったサイコパス特性を持った人たちを野放しにしている限りは、正直者が馬鹿を見る世の中は変わらないのだろうなと、これはもうある種の清々しさとともに諦観を得ました。

ところで、著者の中野信子さんはサイコパスではないのですよね?勝ち組・負け組という分類などに、ちょっとばかりサイコパシー(この場合、負け組に分類される人への共感性の欠如)を感じたりしたもので。考えすぎかな。

LEAN IN 女性、仕事、リーダーへの意欲

「フェイスブックCOO」「マッキンゼーでコンサルタント」「ハーバードビジネススクール」などなど、全くもって住む世界の違う方が書いた本、として理解、共感しかねる部分があったのは否めません。
が、こんな普通の暮らしをしている私でも、これからどんな風に仕事を続けていこうか、と考える時に素晴らしいヒントをたくさんもらえました。迷いながら子育て、働く女性には特に、とても励まされる本です。シェリルさんの勇気に感謝です。
シェリルさんの提言通りにみんなの意識が変わってゆけば、ゆくゆくは少子化問題も解決するのでしょうね。


働いている女性にも、そうでない女性にも、そしてもちろん男性にも読んでもらいたい!と強く思いますが、一番読んでほしい層(働き盛りの30代~40代の男女)はとても忙しそうで読む時間もないのでは?と思って暗澹としてしまいます。もっと短時間で読めるような要約版もあるとよいかも。

米国はもっと男女平等社会だと思っていたが、女性にとってはまだまだ不平等な社会のようだ。 しかし、著者のように数多くトップに立つ人たちがいたり、本書のような本を上梓することができるというのは、少なくとも日本よりは先を行っている。 おかげで、日本にもあるであろう声なき声に耳を傾けることができる。 企業における男性、家庭における夫としても読んでおくべき本だと感じた。

5つ星のうち 3.0率直な言葉に共感

(参考になった人 1/1 人)

女性がより活躍するために。 自身の経験と豊富なデータをバックに、働く女性を取り巻く環境を変えていくことの必要性を訴える。 女性のための行動の先に、ジェンダーを論じる必要のない状態がある。 より良い社会環境とは何か、悩み考え行動してきた著者の信念が行間からにじみ出る。 これからの職場や家庭をどう次世代へとつなげていくか、女性・男性問わず考えるよいきっかけになる。

CEO』の解説 by はてなキーワード

Chief Executive Officer の略。

日本語では、最高経営責任者と訳される。


CEO』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.