BIGLOBEのまとめ情報

BIGLOBE』の解説

BIGLOBE(ビッグローブ)は、ビッグローブ株式会社BIGLOBE Inc.)が運営するインターネットサービスプロバイダのひとつ。リモートホスト名はmesh.ad.jp

概要

BIGLOBEはインターネットプロバイダーであり、固定インタネット回線、モバイル回線の提供だけでなく、ポータルサイト、クラウドホスティング等、インターネットに欠かせないインフラ事業を提供している。BIGLOBEの由来は「大きな地球」と言う意味で、BIG(大きい)とGLOBE(球,地球)を合わせた造語。シンボルマークは「水の惑星」で、通称「びっぷる」。

1996年7月24日、日本電気(NEC)が運営していたインターネットサービスプロバイダであるmesh、パソコン通信サービスであるPC-VANコンテンツ配信サービスであるCyber Plazaを統合しサービス開始。1999年に既存のmesh及びPC-VAN会員はBIGLOBEに移行された。

2006年7月3日にNECの一部門だったBIGLOBE事業本部をNECビッグローブ株式会社として分離独立させたが、その時点では引き続きNECが筆頭株主であったため、NECグループに属していた。このとき同時にロゴも変更された。

2007年3月末の時点でサービス会員の合計が1,663万人。会員減には至っていないものの、競合相手の大手プロバイダ他社と同様、以前ほどの勢いで増えてはいない。2007年に公表された中期戦略計画によると、FTTHのユーザー数は10.7%と2位につけている。NTTの公式発表が、11月現在で加入者1000万人と公表している事から、日本国内でのFTTHにおけるISP事業では100万人超で、2位のポジションにいたが、2010年3月現在ではNTTぷららに抜かれ、第3位であった。2015年3月現在、FTTHの事業は会員数が200万人で、OCNNTTぷららに次いで3位の地位を占めている。

2013年10月に、報道各社が大株主の日本電気が株式を売却すると報じた。NECは、報道時点では決定事項はないなどとしていた。ブランド名やサービスは継続される。

2017年1月31日に、KDDIが経営権を100%取得し、KDDIグループ会社となった。

沿革

  • 1986年4月 - NECのパソコン通信サービスPC-VAN開始。
  • 1995年2月1日 - インターネットサービスプロバイダ"mesh"事業開始。
  • 1996年7月24日 - "BIGLOBE"開始。
  • 1999年1月 - "mesh"と統合される。
  • 2006年7月3日 - NECのBIGLOBE事業本部が分離・独立、NECビッグローブ株式会社となる。
  • 2009年10月 - 競合関係であった富士通系の@niftyと、コンテンツの相互供給契約を締結した。
  • 2011年9月30日 - mesh.ad.jp網から接続する会員向けに提供していたプロキシサーバーを終了した。これらは「ホームページウィルスチェック」サービスで利用できるプロキシ(bgcs又はcachesv)とは違い、ウイルススキャンされなかった。
  • 2014年3月 - BIGLOBEだけではなくOCN@niftyhi-hoau one netSo-netなどの大手プロバイダーポータルサイトにインターネット広告を供給していた子会社であるサイバーウィングが解散した。
  • 2014年4月1日 - NECグループを離脱し。ビッグローブ株式会社に社名変更。
  • 2015年2月23日 - 本社を品川シーサイドへ移転。
  • 2017年1月31日 - KDDIの完全子会社(機能子会社)となる。
  • 2017年10月1日 - 子会社のビッグローブカスタマーコミュニケーションズ株式会社を吸収合併した。

コンテンツ

2004年にはオリジナルのコンピュータゲームLet's!浜茶屋」を開発し、ダウンロード販売専用で提供すると言う実験的な試みも行っている。また、同年、ブログサービスウェブリブログを開始した。

最近ではBIGLOBEストリーム(アニメワン)にて、UHFアニメなど、放送されたアニメ動画の配信も行っており、2010年にはオリジナルアニメ『ゆとりちゃん』の製作、配信も行っていた(2014年3月でアニメ事業からは撤退)。

ケータイBIGLOBEは、携帯電話向けの検索、動画、着信メロディ、ニュース、コミュニティ、占いなど各種コンテンツを無料提供していた。(2014年3月頃完全撤退)

2009年には、Twitterクライアント「ついっぷる」をリリースした。PC向けWebクライアントの他、携帯電話端末やスマートフォン向けアプリ、画像投稿やトレンド情報などのWebサービスを提供しており、日本で普及しているクライアントの一つであったが、2017年10月31日サービスを終了した。「ついっぷるトレンド」については継続するとしている。

BIGLOBE mobile

仮想移動体通信事業者(MVNO)としてNTTドコモの通信網を活用した高速モバイルデータ通信サービス。LTE接続時下り最大150Mbpsの高速通信と、3G接続時(下り最大14Mbps)の接続エリアの広さの双方が享受できる。2017年9月、サービス名称をそれまでの「BIGLOBE LTE・3G(BIGLOBEスマホ、BIGLOBE SIM)」から「BIGLOBE mobile」に変更した事を発表した。

プラン・料金

  • 音声通話プランは最低利用期間としてサービス開始月からサービス開始月の翌月を1カ月目として12カ月目までご利用いただく必要があります。最低利用期間内にBIGLOBE LTE・3Gを解約するか音声通話サービスの利用をやめた場合、音声通話サービス契約解除料8,000円(税別)がかかります。 1GB音声通話スタートプランは音声通話SIMのご購入のみご利用可能です。
  • 「ベーシック」コース月額基本料金(200円(税別)/月)を含みます。別途プラン申込手数料3,000円(税別)、SIMカード準備料394円(税別)と毎月ユニバーサルサービス料がかかります。ご利用に応じてSMS送信料、通話料がかかります。

沿革

  • 2012年2月1日 - NTTドコモのFOMAハイスピード網を活用したMVNO高速モバイル接続サービスBIGLOBE 3G開始。
デイタイムプラン(月額料金1,770円。2:00~20:00使用可)・スタンダードプラン(月額料金2,770円。全日使用可)
  • 2012年3月6日 - 加入者が急増し回線品質維持の観点から新規加入を一時中止。
  • 2012年4月23日 - 先着100名に限り追加申込を受け付け。
  • 2012年6月1日 - 再受け付け開始。
  • 2012年8月1日 - NTTドコモのXi網を活用したMVNO高速モバイル接続サービスBIGLOBE LTE開始。
デイタイムプラン(月額料金3,770円。2:00~20:00使用可)・スタンダードプラン(月額料金4,770円。全日使用可)
  • 2012年10月1日 - BIGLOBE LTE/BIGLOBE 3G、デイタイムプラン向けに1日に限り時間制限を解除するナイトオプション(1回315円)開始。
  • 2012年12月3日 - BIGLOBE LTE、月額料金はそのままにUIMカードを3枚貸与まで拡張できるシェアオプション開始。
  • 2013年2月1日 - BIGLOBE 3GとBIGLOBE LTEを統合し、BIGLOBE LTE・3Gとする(ライトSプラン・ライトMプランの開始)。BIGLOBE 3Gのデイタイムプラン・スタンダードプランの新規受付は終了。
  • 2013年6月1日 - イオンリテール店頭にてUIMカード「はじめまセット」および端末とのセット販売を開始。
  • 2013年12月2日 - BIGLOBE LTE・3G、エントリープラン(月額料金980円。全日使用可)開始。
  • 2014年2月3日 - オプションで使用可能な公衆無線LANにBBモバイルポイントとUQ_Wi-Fiを追加。iPhone等で採用されているnanoSIMカードへの変更受付開始。SMSオプション開始。
  • 2014年3月8日 - ヨドバシカメラでのUIMカード「はじめまセット」販売を開始。
  • 2014年7月1日 - 音声通話サービス開始。
  • 2014年9月1日 - BIGLOBE LTE・3Gの帯域制限時および通信容量超過後の接続速度を128kbpsから200kbpsに引き上げ。
  • 2014年11月1日 - BIGLOBE LTE・3Gの各プラン月間通信容量を引き上げ。各月額料金は据え置き。
  • 2014年12月1日 - これまでクレジットカード払いのみだった音声通話SIMの支払い方法を、銀行口座振替及びNTT/KDDIとの合算請求にも拡大。
  • 2015年4月17日 - エントリープラン及びライトSプランの月間通信容量を引き上げ。ライトSプラン・ライトMプラン・スタンダードプランにおいて直近72時間の通信容量による速度制限を撤廃(エントリープラン及び音声通話スタートプランは継続)。データ通信容量の繰越しサービス開始(繰越容量の最大値は各プランごとに定められた月間高速データ通信容量と同量)。BIGLOBE LTE・3G利用者の家族会員サービスを無料化。
  • 2015年8月3日 - 12Gプラン申込開始。エントリープラン及び音声通話スタートプランにおける直近72時間の通信容量による速度制限を、エントリープランは360MBから600MBに、音声通話スタートプランは120MBから200MBにそれぞれ緩和。
  • 2016年9月13日 - 直近72時間(3日間)の送受信の通信量合計に対して設けていた、通信速度制限に関する規定を、一部プランにおいて廃止。
  • 2016年11月1日 - BIGLOBE LTE・3Gのオプションサービスとして「エンタメフリー・オプション」を発売。YouTube、Apple Music、Google Play Musicが通信量のカウントされないサービス。複数の動画・音楽をカウントしないサービスとしては通信業界で初めての試みとなる。
  • 2016年12月1日 - 「エンタメフリー・オプション」の対象サービスとして「AbemaTV」を追加
  • 2017年2月16日 - 「エンタメフリー・オプション」の対象サービスとして「Spotify」を追加
  • 2017年2月16日 - 20ギガプラン、30ギガプランを発売開始
  • 2017年2月16日 - 「エントリープラン」を「3ギガプラン」、「ライトSプラン」を「6ギガプラン」に名称変更

端末(スマホ・ルーター)

※2017年2月20日発売中の端末

以下は過去に提供されていて現在は新規提供を終了した端末

BIGLOBE』に 関連する人気アイテム

BIGLOBE UQ mobile ウェルカムパッケージ iPhone/Android共通・au対応 VEK54JYV

ちょっと不安でしたが、問題なくデータsimのみでも申し込みができました。ウェルカムパッケージの購入は私がしましたが、契約は夫が。このお値段で申し込みができてよかったです。モバイルルーターに入れて使っていますが、高速モードと節約モードがアプリ(のウィジェット)で簡単に切り替えられるのが気に入っています。節約モード(低速だけどデータを消費しないモード)でSNSのメッセージのやりとりや、音楽のストリーミング再生も問題なくできています。ネットは、画像の読み込みがめちゃくちゃ遅いので、高速に切り替えるか、テキストだけ読むか、という感じです。

動画はかなーり読み込みに時間がかかるし、最低画質で再生ならできます。データの残量もすぐにわかるし、ルーターを忘れずに持ち歩きさえすれば、かなりデータを節約できているので助かっています。余ったデータは翌月に繰り越しもできるし、今のところ契約して良かったなと思っています。

5つ星のうち 5.0事務契約手数料がお得

(参考になった人 0/0 人)

概ね下記の日程手続きが完了しました。
最短日程で届いたのは、住まいの環境によると思いますので、パッレージ購入は早めを推奨。
使わなかったけれど、本人確認書類は、住基カードでもOKとの回答あり。
※コールセンターのオペレーターさんは、基本、何でもいったん保留で確認に時間がかかりますので、時間と気持ちに余裕を持って問い合わせをした方がいいです。
マニュアルに載ってそうな簡単なことでも、即答はありませんでした。
8/26 パッケージ500円で購入
8/27 到着、申し込み手続き
8/29 端末到着
8/31 MNP回線切換
11/26 Amazonギフト券メール受信、手続→当日受取
11/30 契約特典10,000円キャッシュバックメール受信、手続→12/3入金

最大という文言に胡散臭さを感じたのでUQのお客様センターに問い合わせた所以下の回答を得られました。 >ご契約いただくプランによって、キャッシュバック金額が異なります。 >プランLの場合に13,000円、プランMの場合は11,000円、プランSの場合は10,000円 >データ高速(データ無制限)+音声通話プランの場合は5,000円となります。 >データのみのお申込みはキャッシュバック対象外となります。 これらはパッケージには書いてあるのかもしれませんが 僅かでもお金を出してパッケージ購入するのですから、購入前に分かりやすく明示してほしいです。

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話

●悪かった点●
ネットでの契約手続きの際、身分証明書の写真が必要だったが、サイトからカメラ起動→写真撮影ではエラーが起こり登録できなかった。あらかじめスマホのカメラで撮影し、余白をトリミングしてサイズを小さく変更することで無事登録できました。この方法はググって辿り着いた物ですが、公式サイトはちょっと不親切だと思いました。

○良かった点○
新規の電話番号、端末購入なし、楽天カード決済、関東圏住みで、エントリーコード到着から2日でSIMカードが届き、すぐ使えました。

まさかこんなに早く手に入るとは思っておらず驚きました。使用時期が差し迫っていたので助かりました。
他の方のレビューにYJカードは審査落ちするとあったので楽天カードにしましたが、無事審査通りました。
機種変し、余ったiPhone7にマイネオSIMでサブ端末にしました。通話も外での通信も殆ど無いので一番小さなプランですが、昨今の登録時ショートメール受信必須系のサイトで役立ちそうです。
SIMカードと一緒に送られてきたパンフレットが分かりやすいのも好印象。初期設定はパンフを見ながら簡単にできました。

はじめての格安SIMですが、マイネオを選んで良かったです。登録時のカメラの件以外はつまずく事なく契約出来ました。

auコースはダメでしたがドコモのコースは使えました
設定も説明書どおりで簡単でした。すぐに電話が使えました。
ただ、マイネオのメールアカウント設定は必要なのかどうかもよくわからないし、設定も私のスマホのメニューと異なるので、迷う人は多いと思います。つまり受信サーバーと送信サーバーの設定のメニューで、受信サーバー名と送信サーバー名やポートやセキュリティを入力する画面が表示されないのです。
私の場合は、一旦無視して登録し、あとで、編集のメニューを押せばそれらの項目が表示されましたので入力できました。


あと、電話番号がどこに記載されているかの説明が見当たりませんでした。
結論としては、SIMカードがついている基盤の裏に何の説明もなく電話番号のようなものが書いてあるので、そうかなという具合です。
このあたりは、マニュアルもしくは一枚ものの要約の説明を入れないと、問い合わせが発生し、マイネオの経費があがり、結果、料金が安くなくなると思います。

参考になれば幸いです

キャンペーン適用外になるとか後で知っても、キャンセルしない方が良いです。 自分都合での返却の場合amazon規約で800円の宅急便元払い料金を取られます。 (日本郵便なので重量100g以内にしても、amazon規約で宅急便料金800円。 )■amazonさん以外でも、何処でもそんな感じで運営している以上、誰も遣り繰りなど出来ないので、今後は、誰でも直ぐに分かる料金対策が必要ではないかと思います。

LINEモバイル エントリーパッケージ ソフトバンク・ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 スマホ代 月300円キャンペーン実施中

5つ星のうち 1.0最低!使えない!

(参考になった人 1/1 人)

登録に使える書類が限られていて、車が運転できなきゃ登録できないといった感じ。
私は脚に障害があるので車は運転できないが障害者手帳を持つほどでもない。(手帳でも登録可)
他にもマイナンバーカード等あれば登録できるらしいがむしろ多くの人がこんなのは持ってないと思う(通知書では不可。
調べたところ私の住んでいるところではマイナンバーの取得にもいろいろ書類が必要で結局カスタマーサポートに問い合わせ中。
よって登録できておらず!

これを問い合わせて1ヶ月ほど経ち、その間何度も問い合わせた
しかし返答はまだ返ってこない!!
届いてすぐカスタマーサポートから問い合わせた際はフォームに必要事項を入力後送信すると全部エラーになった。
IT系の会社として大丈夫?と思った。

いろいろ含めて最低!

日本の会社じゃないからか、申込み時の書類のパターンが少なすぎ。
前もっていろいろ調べたほうがいい。

WEBページからのこのパッケージのコードを入力して申し込みすると事務手数料が無料になります、
私の場合はデータプランでSNSフリーが希望でしたので、そのように申し込みしました、
申し込み後到着までに不在などがあり、若干時間がかかりました、
届きスマホに入れて無事に設定も完了して利用することができました、
ソフトバンク回線
SNSフリーコース3GB
SIMフリースマホEP-172BZ
にて運用していますが、特に不具合なく利用できています。


ご注意、事務手数料は無料になりますが、SIM発行手数料がかかりますので注意が必要です。

SIM配送は佐川急便が配送していました。

佐川の配送ということで星を1マイナスです。

5つ星のうち 3.0毎月安くなる★

(参考になった人 0/0 人)

旦那からのおすすめでソフトバンクからLINEモバイル(ソフトバンク回線)へと変更しました。 LINEモバイルのキャンペーンで招待で契約よりもポイントバックが大きかったので事務手数料がタダになるこちらのパッケージを購入して無事契約となりました。 毎月必ず払う携帯代がかなり安くなったので満足です。 ただ…用紙にコードが記載されて届くくらいなら配送業者さんの負担にならないよう電子化してメールなどで送ってもらったほうが購入者側も配送業者さんも楽だと思います。

OCN モバイル ONE データ通信専用SIMカード 月額972円~

口座振替にしたかったので色々調べて、かなり余裕をもってカスタマーズフロントに電話をかけたのですが電話に出られた方が(サービス自体を)把握していなかったようで二人で「???」となりました。また、20分待って係りの方に繋いでいただくのも時間がかかって仕方ないのでお問い合わせフォームから事情を説明しましたところ、やっとsimカード発行して頂けました。ちなみに手元に届くまで約一か月掛かってます。仕事先でナビとして&営業に使いたかったのですが結局間に合わず使えませんでした。最初からメールで問い合わせた方が良かったです。

後任で担当して下さった方は、とても親切に対応してくれたのでしゃーなしと思ってます。---- LTEタブレットで使用。設定は問題なくすぐ出来ました。 ちなみに容量シェアで[SNS]データSIMを追加で申し込みましたが、そちらはOCNマイページから手続きでき、追加SIMはすぐに郵送して頂けました(パッケージを買う必要はありません)

コードが書いてあり、あとは説明書通りにネットで手続きするだけです。 多分中学生でもできます。 それほど親切丁寧です。 契約事なので入力フォームは多いのですが・・・。 iPhone6s×2 iPhone7×2 ともに残債無しで、OCNに引っ越しました。 速度も全く問題無いです。 キャリアと比べればそりゃ18時台は遅いですが、そこを覚悟で乗り換えているので、全く問題ないです。 低速モードでもYouTubeの144pは止まらず見れます。

私と娘で使わせていただき頂いてます。 通信費は凄く安くなりました。 2人で大手3キャリアの一人分の料金にはなりません。 ※ 主にLINEでの通話で、家電にかける時は 050plus使用。 毎月の料金は4000円前後

BIGLOBE』の解説 by はてなキーワード

東京都品川区に本社をおく、日本産業パートナーズ傘下のビッグローブの英文社名であり、運営するプロバイダ事業のブランド。

1986年4月に始まったNEC日本電気)系のパソコン通信PC-VANインターネットプロバイダmeshが前身。

1996年7月、サービス開始。

2006年7月3日、「NECビッグローブ株式会社」を設立、新生BIGLOBEがスタート。

2014年4月、日本産業パートナーズ傘下となり運営会社も「ビッグローブ株式会社」に社名変更

BIGLOBE』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.