Adobe AIRのまとめ情報

Adobe AIR』の解説

Adobe AIR(アドビ・エアー)は、アドビシステムズが開発する、デスクトップリッチインターネットアプリケーション (RIA) およびスマートフォンタブレットスマートテレビ向けアプリケーションを開発・実行するための複数のオペレーティングシステムに対応した「ランタイム」である。Adobe FlashAdobe FlexWebKitを採用することによりHTMLAjax などのウェブ開発技術を利用することができる。当初の製品名はAdobe Integrated Runtime(略称:AIR)だったがこの呼称はごく初期に使われただけで、今やアドビ自身さえ用いる事はない。

2.5 系

デスクトップアプリからスマートフォンアプリへと用途を広げた。

3.0以降

GPUによる3D対応。3.9の次は4になり、これ以降は0.1ずつではなく、1ずつバージョンを増やしていく予定だったが、Adobe Flash Playerとメジャーバージョンを一致させるため、4の次は13となった。

macOS

ただし、PowerPC Mac は AIR 2.5サポート対象外である。

Android

(AIRはバージョン2.5から対応している。)

iOS

(AIRはバージョン2.6から対応している。)

Adobe AIR』に 関連する人気アイテム

Adobe AIR クックブック ―プロフェッショナルに学ぶRIAプログラミングの実践

5つ星のうち 1.0最悪でした

(参考になった人 0/2 人)

配達管理が最悪でした。 未配達なのに、配達済みの処理をする業者です。

5つ星のうち 4.0図が少ない

(参考になった人 0/0 人)

airクライアントプラットホームなので、図をもう少し増やして欲しかった。 レシピのコードが実現していることが一目で分かれば引きやすいと思います。

Adobe AIRプログラミング入門―Webアプリケーション技術でデスクトップアプリケーションを作る!

5つ星のうち 5.0ネイティブアプリ

(参考になった人 0/0 人)

WINアプリ制作に役立ちました。 Adobe AIRは作りやすく非常に処理高速なのでとても助かります。

Adobe AIRでどんなことができるのか最初に学ぶ為に購入しました。 CDによるサンプルなども豊富にあり、どのようなことができるのか知る為の入門書としてはよいと思いました。

5つ星のうち 3.0ソースはβ版ですよ

(参考になった人 10/10 人)

この本は、Adobe AIRの正式版が出た後に発売されたのかもしれませんが、書籍内のサンプルソースなどは全てAIRのβ版で動作しているものです。 Flex Builder3もβ版(英語)での操作が載っています。

Adobe AIRプロフェッショナルガイド Windows & Macintosh対応

日本語プログラミング言語なでしこの開発者さんが書かれた本ですが、AdobeAirでの開発関連書籍は少ないので非常に助かります。 いろいろな開発環境の作り方、サンプルプログラムが豊富なので読み応えはあります。 できればコードをダウンロードできたりするような仕組みになっているとうれしかったです

Adobe AIR』の解説 by はてなキーワード

Adobe® Integrated Runtime(AIR)」(コードネームApollo」)

Adobe社が現在開発中の包括的なRIAプラットフォームの基礎となる技術、製品。


OSでも動作可能なアプリケーションを開発できるランタイムである。Adobe AIRによってHTML/CSSAjaxAdobe FlashAdobe Flexを使用し、リッチインターネットアプリケーションRIA)を開発可能、また今までWebブラウザの中で動作するアプリケーション開発が行われていたが、AIRで作られたアプリケーションにより、WebとPCでの開発ギャップを埋めることができると思われる。

現在、RIAでは、Yahooウィジェットエンジン、Googleガジェット等が先行しているが、アドビの参戦によりRIA開発がますます注目されるであろう。

Adobe AIR』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.