2011 FIFA女子ワールドカップのまとめ情報

2011 FIFA女子ワールドカップ』の解説

2011 FIFA女子ワールドカップ()は、2011年6月26日から7月17日にかけて、ドイツで開催された第6回目のFIFA女子ワールドカップ

開催までの経緯

女子ワールドカップは1991年から4年に一度、男子大会の翌年(夏季オリンピックの前年、冬季オリンピックの翌年)に開催されてきたが、第6回大会については一時、男子大会と同じ年に開催することも検討された。しかし最終的にはそれまでと同様、4年後の開催となった。

開催地にはドイツカナダフランススイスペルーオーストラリアが立候補を表明したが、1995年スウェーデン大会以来となる2度目のヨーロッパ開催を実現させるために、2007年夏にフランスとスイスが立候補を辞退。2007年中国大会終了後の10月にはオーストラリア、ペルーが相次いで立候補を取り下げ。最終的にカナダとドイツの2ヶ国から10月30日に行われたFIFA理事会で、開催地がドイツに決定された。

参加国数については、第5回大会の16ヶ国から20ないし24へ拡大する案があったが、大会の質が低下する懸念から却下された。

出場国

2008年10月24日に大陸連盟別の出場枠が以下の通り決定された。なおFIFAは、所属する国・地域の3分の1未満しか大陸予選に出場しない大陸連盟がある場合、その連盟の出場枠を見直すとしている。

出場選手は2011 FIFA女子ワールドカップ参加チームを参照。

  • 備考欄の「☆」は欧州予選プレーオフ、「○」は大陸間プレーオフに勝利の上、出場が決定したチーム。

賞金

FIFAからの賞金は、以下の通り。

会場一覧

*印は、命名権の関係で大会期間中のみ名称を変更している会場を示す。(訳注:本記事ではこれらの会場名について、英語「FIFA Women's World Cup Stadium」およびドイツ語「FIFA Frauen-WM-Stadion」を「FIFA女子ワールドカップスタジアム」と訳する。)

組み合わせ抽選

本大会の組み合わせ抽選は、2010年11月29日ドイツフランクフルトで行われた。組み合わせ抽選の方法は以下の通り。

  • まず、出場16チームを4チームずつ4つの"ポット"に分ける。
    • この際、開催国のドイツおよび、UEFA以外の各地区連盟で世界ランク最上位チームのうち上位3チームをシードチームとしてポット1に割り当てる。それ以外のチームを地域別にポット2・3・4に割り当てる。
  • 1グループに、各ポットから1チームを割り当てる。ただしUEFA以外については、同一の地区連盟に所属するチームは同じグループには割り当てられないようにする(例えばポット2の抽選でオーストラリアおよび北朝鮮は、ポット1で日本が入った組には入らないよう割り振る)。

結果の概要

決勝戦では日本アメリカ合衆国PK戦の末勝利し、FIFA女子ワールドカップにおける4ヶ国目の優勝国となっただけでなく、サッカーの世界選手権では男女を通じて、初めてアジアの国が優勝国となった。(それまでのアジアの最高成績は男女を通じても1999年の女子W杯の中国の準優勝である。)。

ヨーロッパUEFA)のチームにとっては、この大会がロンドンオリンピック女子サッカー競技の予選(ヨーロッパの出場枠は、開催国のイギリスイングランドスコットランドの2カ国統一チーム)を除いて2)を兼ねており、準決勝に進出したフランススウェーデンが出場権を獲得。後日FIFAは同選手に対し、2年間の出場資格停止処分を科した。

7月6日には、北朝鮮の選手2人がドーピング規定に違反したとして、同日のコロンビア戦の出場停止処分を科された。その後北朝鮮の全選手が検査を受けた結果、さらに3人の違反が判明した。後日FIFAは北朝鮮に対し、これら5選手に1年2ヶ月〜1年6ヶ月の出場資格停止処分を科したほか、北朝鮮の次回(2015年)大会の出場資格を予選(=アジアカップ2014)を含め剥奪した。

テレビ中継

ドイツでは公共放送局であるARDZDFが全32試合を生中継した。アメリカではESPNESPN2が全32試合を生中継した。ヨーロッパではユーロスポーツが全32試合を放送しヨーロッパの34の国と地域で放映された。イギリスではイングランド戦をBBC Red Buttonで生中継し、決勝戦はBBC Threeで生中継した。またこの大会はカナダやオーストラリアといった国のほか、アルジャジーラなどでも放送された。

日本ではNHKおよびフジテレビが放映権を獲得し、NHKはNHK BS1にて決勝トーナメント全試合およびグループリーグ戦にて合計15試合前後放送予定。

その他

  • 大会のマスコットキャラクターをモチーフにした「カーラ・キック(Karla Kick)」
  • 前年の2010 FIFAワールドカップで全予想を的中させたタコパウル(2010年のW杯後に死亡)の後継者を決めるべくこの大会では8匹のタコによる予想が行われたが、パウル程の高い的中率を達成したタコがいなかったため結局後継者は決まらなかった。

2011 FIFA女子ワールドカップ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.