鼎のまとめ情報

』の解説

thumb

thumb

(かなえ、てい)は中国古代器物の一種。土器、あるいは青銅器であり、竜山文化期に登場し、代まで用いられた。

概説

通常はなべ型の胴体に中空の足が3つつき、青銅器の場合には横木を通したり鉤で引っ掛けたりして運ぶための耳が1対つくが、代中期から西周代前期にかけて方鼎といって箱型の胴体に4本足がつくものが出現した。蓋のついたものもあった。殷代、代の青銅器の鼎には通常は饕餮紋などの細かい装飾の紋が刻まれており、しばしば銘文が刻まれる。

鼎はもともとは肉、魚、穀物を煮炊きする土器として出現したが、同時に宗廟において祖先神を祀る際にいけにえの肉を煮るために用いられたことから礼器の地位に高められ、精巧に作られた青銅器の鼎は国家君主大臣などの権力象徴として用いられた。

現代において、鼎が調理に用いられることはないが、閩語では、中華鍋など、鍋全般を今でも「鼎」と呼んでいる。

また、鼎とそれを用いる古式の祭礼は廃れたが、入れ替わるように後漢代に伝来した仏教において仏具の一つである香炉の様式に採り入れられ(鼎形香炉)、祭器としての名残を現代まで伝えている。日本でもわずかに用いられており、それらは卓上サイズに小型化し、耳と足もごく縮小した装飾になっているが、中国では陶磁製の物も含めてより色濃く古代の鼎の形態をとどめており、道教の神々や祖先の霊を祀る廟では青銅製の大きなものが線香や紙銭を捧げられている姿を見ることができる。

thumb

著名な鼎

  • - 史上最大、最重量の鼎で、青銅器のトップと言われている。
  • 世紀宝鼎 - 1995年国際連合成立50周年を記念して国際連合に贈られた鼎。
  • - 西周末期の鼎。
  • 九鼎 - 周代まで天子の象徴とされ、鼎の軽重を問うの故事で知られている。

鼎に関する言葉

鼎の足が3本であることから、3というを表すことがある。

  • 鼎談(ていだん) - 3人で会談すること。
  • 鼎立(ていりつ) - 3つの勢力が並び立つ状態のこと。「三足鼎立」(さんそくていりつ)、「鼎足之勢」(ていそくのせい)などともいう。

権力の象徴として用いる。

重さの象徴として用いる。

  • 一言九鼎(いちげんきゅうてい) - 一言が九鼎ほどに重みがある。「言重九鼎」(げんじゅうきゅうてい)ともいう。

立派なものの喩え。

  • 「大名鼎鼎」(たいめいていてい)

脚注

関連項目

』に 関連する人気アイテム

NECビッグローブ キャラクターUSBメモリ スワッターズ 「地獄少女 三鼎」 閻魔 あい 4GB

地獄少女が好きなのもあって前々から気になってたんですが、今回75%offという大特価だったので購入しました。
私はメモリというよりはフィギュアとして買ったくちなんですが、ねんどろいど的な小さくまとまった感じや地獄少女の雰囲気も出ていて大変満足してます。
もちろんUSBとしてもしっかり機能しますが、端子が細くて少し心細い点や頭などが引っかかる場合も考えられるのでメモリとしてはサブかな。

気になった点は
・後ろ髪がとても長くパーツが干渉して顔は左右45度ぐらいしか動かない、上下もわずかに動くぐらい
・顔と髪はねんどっぽいのに対して胴体と足部分がプラスチック作り
・椅子がとっても軽くて非常に安っぽい
・スワッターズの他キャラと違って閻魔あいちゃんはアニメ同様ムッとした表情なのでちょっと怖い
・髪や制服など全体的にもまっくろなのでパソコン周りが明るくなるといった感じもあんまりない
・頭がまんまるで引っかかりがないので、なでなでしやすい、あとかわいいです

なんだかんだ書きましたが地獄少女のファンなら可愛くてしょうがないと思います!

見ただけでは誰もUSBメモリだと思わないですね。 ねんどろいど的なフィギュアのようです。 USBメモリとして使用するには、椅子+ケーブルを使用した方が良いです。 本体のコネクタにはUSB端子の金属カバーが付いていないので強度がかなり心配です。 それとパソコン側の端子が逆のものがあるので、直差しだと逆立ち状態になるPCもありますし。 手の形状から判断するとサイズが合えばケーブルを挟むこともできそうです。 何より、バッファロー製が安心です。

地獄少女が好きで安くなっていたので購入しました。 なかなか可愛いです。 ランカと比較 ・個体差でしょうが手が片方外れてました。 ・髪が長いため自分のノートPCに直接挿すこができませんでした。 ・足を回転させる時に髪と端子がぶつかる。 ・椅子(台)は赤紫色一色。 ランカはサイン入り。 ・バランスがよいため倒れにくい。

決定版 EVシフト―100年に一度の大転換

野村総研の研究者チームによる、いわゆる「二輪車を含む自動車のEV化に関する」一般向けの最新総合報告である。商業研究所によるレポートの例にもれず、スポンサーに気を使って、掘り下げが浅く、八方美人的な読み物になっているが、網羅的な記述には一定の価値がある。
この本の要点をまとめると、以下のごとくである:
(1)これまでに、EVブームは3度あったが,いずれも途中で頓挫している。今回のブームは4度目であるという。日本の自動車メーカーの多くは、また頓挫することを期待しているとか?
(2)各国および、有力各社は、それぞれの抱える事情により、ある意味追い込まれて、EVシフトを推進しており、EV車専業ベンチャー以外は、積極的にとった戦略ではない。


(3)あまり急速にEV化すると、バッテリー供給が追い付かない。一部の材料の供給の大半をコンゴ共和国に依存している等の問題もあり、簡単に増産できない。また、日本などは、充電用電力の供給も困難である。
(4)中国は、二輪のEV化では相当進んでいる。中国では、電動オートバイは、法的に自転車扱いとか?

レポート、報告書のような本だと感じました。
とりあえず、evシフトに関する社会全体の動きを客観的に述べてくれています。特に深い考察があるわけではないですが、客観的な視点で書かれているので、evシフトというものを把握して俯瞰することができます。どこの企業に肩入れをするとかも特になく、evのことをただ説明してくれています。
私自身は専門家や記者の見解は欲しくなかったので、とてもいいものでしたし、細かい動きまでは書いてないので、初心者にでもわかりやすい。
最後らへんの章もある程度の考察はされてても、一般論のようなものなので参考程度になりました。
とりあえず、業界の現状をある程度把握したい人にはおすすめだと思います。

大変面白かったです。 EVにおける各自動車会社の動きがかなり詳細に書かれています。 されに中国、欧州の政治的動きの背景、EV化の制約用件となる電力インフラなどについても記述されており、大変参考になりました。 改めてEVが非常に政治的動きが大きな背景となっていること、中国がどれだけ力をいれているかについても改めて感じました

特殊性癖教室へようこそ

スニーカー文庫の新人賞で「特別賞」を受賞した作品らしいが新人賞でここまでド直球のエロコメをぶん投げてくる人がいるとは!
いやはやお下劣、なんともお下品うむ、素晴らしい強心臓だ。

スニーカー文庫の編集部も悪ノリというか、表紙を開いた途端にパンツ丸出しで転んでいる女の子の絵をドバンと載せる危険仕様。
たぶん電車の中で読もうとしてこの仕掛けに慌ててページを捲る人もいるだろうけど、そこに罠が仕掛けてある。
三つ折りのカラーピンナップの一番最後の部分、要するに危険そうなカラーページを飛ばそうとして辿り着く部分に
亀甲縛りにされた女の子の一番危ない部分がドバンと描かれている恐るべきトラップが何考えてるんだ、スニーカー文庫編集部は!

物語の方はマスコミ業界だけを狙うという無謀な就職活動に失敗して無い内定状態に陥った主人公・伊藤真実が
全員教師という実家に泣きついて嫌々取らされた教員免許を活かせる仕事として祖父の運営する私立高校「清純学園」に
教師として採用してもらう場面から始まる。



出来レース的な採用面接で「あなたは快楽に強いですか?」という謎の質問を受けた事に疑問を感じながら
初日に祖父に呼び出された真実が命じられたのは「特殊性癖教室」の担任を命じられる事に。
「歴史に残る異人には匂いフェチのナポレオン、露出狂のルソーといった特殊性癖の持ち主が多い、
ならば特殊性癖の持ち主を集めれば凄い人材をゲットできちゃうんじゃね?」
という政府も絡んでいるという逆転の発想で産み出されたクラス替えも無い特殊学級「九組」。

二十人のうち男子は三人だけという偏った編成の九組を前に自己紹介から童貞である事をバラされ大恥をかく真実。
挙句、数少ない男子三人組の求めてもいない「歓迎」として盗撮騒動に巻き込まれて変態扱いを受けそうになる真実だったが、
その窮地を救ってくれたのは変人だらけっぽい九組の中では珍しく真人間ぽい学級委員の恭野。

次から次へと巻き起こるエッチな騒動の中、ある日の放課後教室を施錠しようと九組に向かった真実だが
教室の隅にあるロッカーから物音が。
不審に思って開けてみると中には全裸で亀甲縛りにされた九組の生徒の一人、伏黒祈梨が。
助けようとして再びエッチな騒動に巻き込まれる真実だったが、祈梨をこんな目に遭わせたのは同じ九組の生徒で
初日に真実の童貞をバラシてからかった胡桃沢らしい。
祈梨を帰した後、後始末で教室に向かった真実はそこで恭野と出会い唐突に「先生は特殊性癖学級が好きですか?」と問われ
その上で先生がこのクラスの担任に相応しいかチェックする為にいじめ問題を解決してくれと求められる事に

エロコメらしく、あらゆる所に思い付く限りのエロネタを突っ込んである。
無いのは男性器を女性器に突っ込んだシーンぐらいの物である。
この点では主人公がガンガン本番をやりまくったガガガ文庫の「僕の地味な人生がクズ兄貴のせいでエロコメディになっている。」に
少々及ばないが、そういう所を競り合っても仕方が無いのでスルーしよう。

エロコメというのはあくまでエロをネタにしたという特徴があるだけで、あくまで主体は「コメディ」なので
読者の笑いを喚起させる事が求められるのだけど、そのテクニックの一つにエロ作品特有の「直接描写しにくい部分」を
どの様に言い換えるか、という部分があると思う。
主人公の真実は事あるごとにエッチな騒動に巻き込まれては逸物を大きくさせるのだけど、
その逸物を「フォース」と称したのは意外過ぎる。

しまった。フォースが戦闘状態になっている女子生徒ばかりの家庭科教室でdive intoダークサイドだ。
早く鎮めなければまずい。

なんかジョージ・ルーカスがSWファンを引き連れてスニーカー文庫編集部に殴り込みにでも来そうなチョイスだが
こういう絶妙な単語選びのセンスがこの作者ずば抜けて良い。
別の場面ではやはり屹立したモノを「制御棒」と言い表したり、なんというか色々とネジが外れちゃっている。

話の構成もなかなか良い。
祖父から特殊性癖学級の担任を真実が命じられた場面で二十人の生徒の性癖を並べた上で
簡単にはどの生徒がどんな性癖を持っているか分からない様伏せる事で真実と同じ視点に立って
「この生徒はどんな性癖を持っているんだろう?」という謎解き要素を持たせてある種の緊張感を持たせてあるのが上手い。
その状況で後半の「いじめ問題」に真実が向き合う中で虐められている側の祈梨と虐めている胡桃沢の性癖を伏せ
この「いじめ」の真の首謀者が誰なのかを最後まで読者に誤解するよう仕組んである辺りは組み立ての巧さに唸らされる。

「教師もの」としても真実が虐められっ子で自尊心がやたらと低い祈梨に自分が進む道を示したり、
恭野が「特殊性癖学級をどう思うか?」と直球の問いを投げ掛けてきた場面では割とストレートに
未熟ながらも生徒を導こうとする教師という「王道」になっていたのは感心。
単純にエロネタばかりを繰り返すだけでは「飽き」がくるのでこういう落差を付けると話が引き締まる。

ただ、今回重要キャラっぽく思われた恭野が後半では完全に舞台の隅に引っ込んでしまったり、
生徒の一人である宮桃の性癖がさっぱり分からなかったりと「このキャラはこの巻で出す必要あったのかな?」
と思わされた部分が無いでもない。ここいら辺はもう少し整理が必要だったという気もする。

ともあれ、目いっぱいネタを詰め込んで読者を楽しませようという姿勢や、
その一方でエロコメではあるけれども「落差」を使って話を引き締めたり、王道の「教師もの」という要素を入れたりして
単純にダラダラとエロネタを並べるだけの作品にしまいという雰囲気作りの巧さは光っている。
何よりしっかりと起承転結をつけて読める話に仕立て上げたのはネタだけで勝負しがちなエロコメとしては立派。
まだまだ描かれていない生徒もいる中で今度はどんな「特殊性癖」を描いて話を組み立てるのか二巻も楽しみである。

不満点をいくつか書きます。
・最初自分はエロ系ラノベとして買いましたが最後まで読んだ結果、エロコメディーラノベでした。確かにエロいはエロいけどギャグ要素の方が勝っています。残念でした。
・色々あってヒロインの一人がイラ○チオを主人公にしていましたが、そのシーンがほぼギャグ要素にしかなっていなかった。同レーベルの新妹並みにとは言いませんがスニーカーがそのレベルを許容してるのでもっとエロく書けるはずだと感じました。
・挿絵の最初で男性教師が挿絵に出ていましたが、いらないです。

本当に、エロいのを期待してるのであってホモ要素なんてギャグとしてはまぁいいとしても挿絵にまで書かないでください。それなら別のヒロイン描いて欲しかった
・家庭科部で魚を捌くところで、ヒロインの挿絵を書くのはいいですがなぜパンチラしている時のイラストにしないのかただ顔を染めているところも可愛いですがそっちよりエロ要素ください。むしろ⬆︎の男性教師の挿絵を削除してでも入れるべきだった。
・ドラマCDについて、赤羽根Pが主人公役として出ていましたがこの人ここまで下手だったか?と思うぐらい演技が酷かったです。声がふわふわしていて聞いていて酷かった。これならバイノーラル的にヒロインだけが喋っている感じの主人公の声無しのがよかったです。
・今回のエロ枠の子がエロいというより可笑しいキャラ

良かった点としては絵がエロい、キャラが可愛いという感じです。シナリオで魅せる作品ではないのでストーリー自体は面白くはないです。
ですがキャラの会話などはエロコメディーとしてみれば結構面白いです。
エロだけを目的としていた自分のようなタイプにはオススメしませんが、ギャグ要素の強いエロが好きな人はおススメかもしれません。
作品のHP見てもかなり力が入っているようで2巻も出るようですがもっとエロ要素強く、イラストもエロい場面の挿絵を中心にすればもっと売れる(確信)はずです。僕は今回少し期待はずれでしたが2巻に期待したいと思います!

就職浪人回避に学校の先生になったら生徒みんな特殊性癖のラノベ

何度も “これラノベだよな エロ小説じゃないよね”と確認してしまう
攻め込んだ内容です。 折り込みのカラーイラストは表はラノベだと
ありがちかなと思いますが 裏面はラノベでここまで攻めてるの
(しかもスニーカー文庫) よくやるなと思いました

あらすじはマスコミだけの就職活動して全滅した主人公が おじいちゃんの趣味のクラスを担当する事に
過去の偉人は特殊性癖が多かったという事から 特殊性癖を伸ばすミッションをもつのは良いんだけど
盗撮狂や機械性愛 埋葬性愛(って実在するのかどうか知りませんが)と初っ端から洗礼を受けます
加虐性癖のビッチ風 胡蝶沢さんに強精剤山盛りなクッキーをもらって 理性を飛ばしながら
なんとかクラス担当をやっているところに おさげ髪メガネの地味女の子 伏黒さんが
ロッカーで 拮抗縛りで悶えてる所を発見して と さらに 攻めまくってます

すごいですね 隠さなきゃと思う性癖がさらにエロく 下手なエロ小説より オカズになります
(私はオカズにできませんが) スニーカー文庫 攻めてます。
えっちな内容を引いて考えても よく理性が吹っ飛んでコメディになってるし
ストーリーもしっかりして(欲望に忠実というのが正しいカモ) ラノベとして成立してます

唯一まともそうな 清楚な恭野の性癖と この伊藤先生の本当の性癖が気になります
この手のラノベが好きな人は規制が入る前に入手をオススメします

』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.