麗しのサブリナのまとめ情報

麗しのサブリナ』の解説

麗しのサブリナ』(うるわしのサブリナ、原題: Sabrina)は、1954年に公開されたアメリカ合衆国ロマンティック・コメディサミュエル・テイラーの戯曲『サブリナ・フェア』をビリー・ワイルダー監督が映画化した。『ローマの休日』に続くオードリー・ヘプバーンのヒット作。

あらすじ

ロングアイランドに暮らす大富豪ララビー家の運転手を務めるフェアチャイルドの娘サブリナは、ララビー家の次男デイヴィッドに密かに恋をしていたが、彼は大銀行の頭取令嬢グレッチェンに夢中で、サブリナのことは眼中になかった。父からも叶わない恋をするのは止めるように言われ、傷心のサブリナは車庫で自殺しようとするが、異変に気付いたララビー家の長男ライナスにより事なきを得る。翌日、サブリナは以前から父に勧められていたパリに留学し、料理を学ぶ。2年後、サブリナは見違えるような美女となって帰国し、デイヴィッドは彼女に惚れ込みパーティーに招待する。しかし、デイヴィッドはララビー家の事業拡大を図る父オリヴァーとライナスの取り成しで実業家タイソンの娘エリザベスとの結婚が決まっていた。「月に手を伸ばすのは止めろ」と諭す父に対し、サブリナは「月が私に手を伸ばしているのよ」と自信満々に答える。

パーティー会場で注目の的となるサブリナとダンスを踊るデイヴィッドは二人で会場を抜け出そうとするが、エリザベスを放ってサブリナに夢中の姿をライナスに見られ、父に呼び出されてしまう。父と口論となったデイヴィッドは、ポケットにシャンパングラスを入れたまま椅子に座り、大怪我をしてしまう。待ち合わせ場所でデイヴィッドを待つサブリナの元にライナスが現れ、彼女の相手をする。ライナスはタイソンとの合併を実現させるため、障害となっているサブリナをデイヴィッドから引き離そうと画策するが、次第に彼女に心惹かれるようになってしまう。

ライナスはサブリナをパリに追い出そうと考え、パリに向かう振りをしてパリ行きの乗船券を用意するが、その前夜、サブリナが彼の会社を訪れ「もう会うことはできない」と告げる。ライナスは彼女をオフィスに入れて暫く話を聞いていたが、サブリナはライナスの机の上にパリ行きの乗船券が二人分あることに気付く。「自分もパリに連れて行ってもらえる」と喜ぶサブリナに、ライナスは彼女を追い出すために乗船券を購入したことを告げる。事実を知ったサブリナは落胆してオフィスを後にする。

翌日、考えを改めたライナスはタイソンとの合併を取り消すことに決め、デイヴィッドにサブリナと共にパリに行くように伝えるが、デイヴィッドは「彼女は兄貴に恋している」と告げ、ライナスがパリに行くように提案する。ライナスは聞き入れようとせずにデイヴィッドに船に乗るように伝え、重役会議に出席し、合併の取り消しを伝えようとするが、そこにデイヴィッドが現れる。デイヴィッドの説得を受けてサブリナへの想いを認めたライナスは会社を飛び出し、パリ行きの船に乗り込みサブリナと抱き合う。

撮影

当初、ライナス役にはケーリー・グラントが予定されていたが、彼が出演を断ったためハンフリー・ボガートが起用された。ボガードはサブリナ役に妻ローレン・バコールを希望しており、また、オードリー・ヘプバーンは撮影中ミステイクを頻発したため、彼女の経験不足を指摘している。一方で、ボガードはヘプバーンに対して、他のキャストに対してよりも丁寧な態度で接していたという。

ビリー・ワイルダーは脚本が完成する前に撮影を開始し、そのためアーネスト・レーマンは丸一日かけて脚本を執筆した。レーマンは撮影初日の午前中に脚本を完成させ、昼食時間にワイルダーに脚本を届け、完成品を受け取ったワイルダーは午後から本格的な撮影を開始させている。また、劇中に登場する駅はロングアイランド鉄道オイスターベイ支線グレンコーブ駅で撮影され、ララビー工業本社ビルはフィナンシャル・ディストリクトのビルで撮影された。

ヘッドは1974年のインタビューで、「ヘプバーンのドレスはジバンシィが作ったものではなく、彼のドレスからインスピレーションを得て自分が作った」とコメントしている。ジバンシィはヘッドの死後、「ヘプバーンが着た黒のパンツはヘッドの監督下でパラマウントが作ったが、間違いなく自分がデザインしたものだ」と反論している。

リメイク

1995年に『サブリナ』としてリメイクされた(ボガートが演じたライナスはハリソン・フォード、ヘップバーンが演じたサブリナはジュリア・オーモンド、ホールデンが演じたデイヴィッドはグレッグ・キニアが起用された)。また、1994年のインド映画『』にも影響を与えた他、1961年にタミル語映画『Manappandal』としてもリメイクされている。

舞台化

関連項目

麗しのサブリナ』に 関連する人気アイテム

オードリー・ヘップバーンという生き方

5つ星のうち 5.0素晴らしい内容でした

(参考になった人 2/3 人)

『オードリー・ヘップバーンの言葉 ~なぜ彼女には気品があるのか』を読んで感動してから、こちらを追って読みました。内容はほぼ『オードリー・ヘップバーンの言葉』に沿った内容でしたが、両方とも読んでオードリーの口から紡ぎ出された美しい、それこそ気品のある言葉の数々に感動します。
著者山口路子さんの文章・構成がまた素晴らしい。オードリーに対する深い敬愛が感じられて、そこにもまた感動しました。
晩年、オードリーが亡くなる場面では涙が止まりませんでした。亡くなる直前まで周囲を楽しませることに気遣い、ユニセフで出会った子供たちのことを憂いていたオードリー。

恋人ロバートの「オードリーのあのみごとな態度がなかったら、最後の日々は地獄と化していたでしょう」の言葉に全て集約されている。
無理な延命治療は望まず、長年の親友ジバンシーが手配したプライベートジェット(!)でロスからスイスへの自宅に戻り、自分を取り囲む人達に強く愛を残して旅立ったオードリー。著者が書かれているように、これほどまでに完璧な人生の幕引きってあるのでしょうか。オードリーという人の、徳の高さをつくづく感じました。
当然ながら自分はとてもそんな人生ではありませんが、それでも少しでもわずかでもオードリーに倣って襟元正して生きていきたい、と思います。そのために胸にとどめておきたい珠玉の言葉の数々が本書にはあります。
学生の頃、街で見かけた『麗しのサブリナ』の前後の頃と思われる、美しい盛りのオードリーのポスターに魅せられて購入してからずっとオードリーのファンで、出演作品は勿論、大概の本や写真集を見てきましたが、本書はそれらを総括するのにとてもふさわしい内容の本でした。
以前はやはり華やかだった20代30代の頃のオードリーの写真を好んで見ていましたが、本書に出会って、晩年の微笑むオードリーの写真が嘘偽りなく、本当に美しいと思えました。このような素晴らしい本を執筆して下さった著者に感謝致します。

オードリーを心底敬愛する者として言わせて頂ければ、正直、この本はオードリーに対するリサーチも考察もまだ浅いと感じた。資料を元に表面的なオードリー像を書いただけといったところ。
あくまで優等生イメージの枠からはみ出さない程度にしか、人物像を描いておらず、結局この本では「スクリーンを通して見るオードリー」しか感じられない。
確かに伝説的に崇高で稀有な存在ではあるが、本当はもっと人間的で普遍的な言動やエピソードもたくさんあるのだ。
「◯◯という生き方」というタイトルだから、もう少し掘り下げてほしかった。


とはいえ、そもそも実在の人物の一生を一冊にまとめるのは至難の技だし、必然的に良い面をピックアップしてまとめるのは致し方ないのかもしれない。
表面的にサラッとオードリーを知るには良い一冊なのではないか。
オードリーのバイブル本のような、ありとあらゆるエピソードを詳細に記した書は、今後も探し続けようと思う。
それにしても、この著者の後書きにはまことに興ざめである。
傾倒はしなかったが自分とオードリーには重なる部分が多いだとか、挙げ句の果てに、オードリーと同じくバレリーナを目指す優等生、軽井沢の姪に本書を捧げるなどという、なんとも歯がゆい戯言と著書の私物化が、本書を一気に陳腐な読み物に貶めていると言わざるを得ない。

文中には「参考図書」からの引用とおもわれる文章がいくつも でてくる。 それらにつき、少なくとも出所だけはあきらかに すべきではないのか。 文末の「参考図書」で済ませてしまえる のなら、このような本は職業作家ならだれでも労せず書けて しまうはずである。 インタビューの嫌いなヘップバーン(174頁)から話を引き出した それらの著者の努力へのただ乗り、と言われてもしかたない。

麗しのサブリナ』の解説 by はてなキーワード

麗しのサブリナ

アメリカの映画。ビリー・ワイルダー監督で1954年に作られた作品。オードリー・ヘプバーンハンフリー・ボガート主演。

  • 2012年にデビューした日本の女性アーティスト家入レオの1stシングル「サブリナ」のタイトル・歌詞はこの映画がモチーフなのではないかという説がある。

あらすじ

富豪の実業家ララビー家の運転手の娘である主人公サブリナは、ララビー家の弟・デイビッドに秘かに恋をするが、弟は別の女性に夢中である振り向いてくれない。傷心のサブリナはパリで2年間を過ごし、別人のように美しくなって帰国する。

弟はサブリナと結婚したいと言い出し、2人の結婚に反対する兄・ライナスもやがてサブリナに心惹かれてゆく。

麗しのサブリナ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.