高木美帆のまとめ情報

高木美帆』の解説

高木 美帆(たかぎ みほ、1994年5月22日 - )は、日本スピードスケート選手。日本体育大学体育学部体育学科卒。日本体育大学助手。血液型O型。1500mおよび3000mの日本記録保持者。

経歴

北海道中川郡幕別町出身。幕別町立札内中学校北海道帯広南商業高等学校日本体育大学体育学部体育学科卒業。

両親と兄・姉5人家族で、5歳からスケートを始める。姉はスピードスケート選手の高木菜那(以下:菜那)

7歳からはサッカーにも打ち込み、中学ではとかち帯広フットボールクラブでプレーし、北海道選抜メンバーとしてナショナルトレセン女子U-15合宿(Jヴィレッジ)に参加した。

2009年1月の全日本ジュニアスピードスケート選手権で総合優勝。2月世界ジュニア選手権で総合4位。同月にジュニアワールドカップ500m、1000m優勝。2×500m合計タイム80秒61は中学新記録。

2009年12月バンクーバー五輪代表選考会で1500mを1分59秒47の中学新記録で優勝。1000mも中学新記録になる1分17秒77の3位となり、1000m、1500m、チームパシュートで五輪代表に日本スピードスケート史上最年少で選出される。

2010年2月のバンクーバー五輪では、1000mは完走できなかった1人を除いて最下位の35位、1500m23位と振るわなかった。3月、世界ジュニア選手権で姉の菜那、押切美沙紀とともに出場したチームパシュートで銀メダルを獲得。

2010年、帯広南商業高校へ進学。2012年1月21日、ワールドカップ・ソルトレイクシティー大会の1000mで1分15秒40の世界ジュニア新記録を樹立。3月、帯広市の明治北海道十勝オーバルで開催された世界ジュニア選手権で、総合優勝を達成。翌年の大会でも総合優勝し、日本人初の連覇を果たした。

大学進学と代表落選まで

2012年12月19日日本体育大学にスポーツ推薦で合格。2013年4月、同大学へ進学。

2013年12月、冬季ユニバーシアード1000mで金メダルを獲得。

2013年12月、ソチオリンピック代表選考会は全ての種目で5位に終わり、日本代表から落選。菜那はソチ五輪日本代表に選ばれた。

世界制覇への道

2015年から日本のナショナルチームのヘッドコーチに就任したヨハン・デ・ヴィットの元で計画的な筋力トレーニングなどを行った。2015年2月、世界距離別スピードスケート選手権の団体パシュートに菊池彩花、菜那と出場し、日本初の金メダルを獲得。

2016年12月3日、ワールドカップ1000mで初優勝。12月21日、全日本選手権で全4種目で優勝の完全優勝で、田畑真紀以来14年ぶり史上7人目の快挙を達成した。

2017年2月21日、札幌冬季アジア大会スピードスケート、1500メートルでは1位。23日、マススタートで、金メダルを獲得した。

2017年3月3日から5日に行われた、世界オールラウンドスピードスケート選手権大会において銅メダルを獲得。

2017年3月11日、ワールドカップ同季最終戦、団体パシュート(押切美沙紀、美帆、菜那)で、2季連続の種目別総合優勝。

2017年3月に日本体育大学を卒業し、日本体育大学野外スポーツ系運動学群氷上スポーツ研究室助手に採用された(任期は3年間、指導教員は青柳徹)。

2017/18シーズン、11月10日から12日に行われたワールドカップ・ヘーレンフェイン大会の初日、団体パシュート(美帆、菜那、佐藤綾乃)で2分55秒77の世界新記録で優勝。二日目、1500mで優勝。

2017年11月17日から19日に行われたワールドカップ・スタバンゲル大会の初日の1500mで優勝。

2017年12月1日から3日に行われたワールドカップ・カルガリー大会の初日の3000mで3分57秒09の日本新記録で優勝。

ワールドカップ・ソルトレイクシティ大会で、2017年12月8日、団体パシュートで菜那・佐藤と共に2分50秒87の世界新記録で優勝。日本人として初の更新からの3度の世界記録更新を1シーズンで果たすこととなった。

2018年2月12日 平昌オリンピックのスピードスケート1500mにて銀メダル獲得。(スピードスケート日本女子選手個人としては初)

2018年2月14日 平昌オリンピックのスピードスケート1000mにて銅メダル獲得。

2018年2月21日 平昌オリンピックのスピードスケート団体パシュートに菜那、佐藤綾乃、菊池彩花と出場してオリンピックレコードとなる2分53秒89で金メダル獲得。これは低地世界記録でもある。日本人で金を含む3つ以上のメダルを同一大会で獲得するのは、冬季オリンピックでは長野大会の船木和喜以来20年ぶり2人目の快挙である。夏季と冬季のオリンピックを通じて日本人女子で初めて1大会で金銀銅すべてのメダルを獲得した。

2018年3月10日、世界オールラウンドスピードスケート選手権大会にて、男女を通じて日本人史上初となる大会総合優勝を飾った。

2017/18シーズンのワールドカップ最終戦で、3月17日の団体パシュートで菊池・佐藤と共に優勝した。また、翌日の18日には、同大会の1500mで優勝し、同シーズンのワールドカップの団体パシュート全勝 (日本人初・3季連続同種目総合優勝)・1500m総合優勝 (日本女子初)・全種目での総合優勝 (日本人初)を果たす。

2018年春の褒章で紫綬褒章を受章。

人物・エピソード

  • バンクーバー五輪代表選考会1000mは3位で代表選出。同じく4位で代表選出された岡崎朋美が23歳年上であったため「親子みたい」とコメント。
  • 進学希望だった帯広南商業高等学校は推薦入試の予定だったが、推薦面接予定日とオリンピック開幕日が重なり、一般入試当日も世界ジュニア選手権と日程が重なるため、高木の両親や日本スケート連盟の申し入れで北海道教育委員会が検討し、前例のない「入学試験の前倒し受験」を行った。
  • 高校の卒業式も海外遠征で参加できなかったため、後日、高木一人だけのために卒業式を行った。
  • 座右の銘は「一球入魂」である。
  • ヒップホップダンスを習っている。
  • 家入レオのファンであり、2016年に故郷の幕別町で開催されたライブを姉の菜那らと観覧し楽屋訪問。以降LINEや手紙で交流がある。
  • GLAYのHIGHCOMMUNICATIONS TOUR2007-2008帯広市民文化ホール公演において、当ツアー恒例の、アンコール時に客席から1名ないし1グループをステージ上に上げ、やってほしい曲をリクエストするコーナーで選ばれた。後のGLAY LIVE TOUR2010-2011 ROCK AROUND THE WORLDの同会場公演にも参加し、TERUのMCで紹介された。
  • 2010年3月22日北海道日本ハムファイターズ vs 福岡ソフトバンクホークス戦(札幌ドーム)にて、5回裏終了時にインターバルショーを務めた。
  • 2012年8月7日の北海道日本ハムファイターズvs福岡ソフトバンクホークス戦(帯広の森野球場)にて始球式を務めた。
  • ソチオリンピックへの強い思いをしきりに口にしていた菜那を「そんなにガツガツしなくても」と一歩引いて見ていた。しかし、菜那がソチ五輪日本代表に選ばれ、自身は落選した結果、「そういう気持ちの差は、練習に対しての思いとか行動に表れる」と悟ったと述べている。この挫折で闘争心が芽生えたという。
  • 平昌五輪で新たな記録を更新し、夏冬通じて女子選手として初めて同一大会で金、銀、銅の全ての色のメダルを獲得した。
  • 清水宏保が結婚した関係で遠縁の親戚となった。

高木美帆』に 関連する人気アイテム

弱さをさらけだす勇気

松岡修造はテレビからあまりインテリな印象を受けず(失礼!)、その著書を読むの初めてになります。
自分が見つけた途を進んできた人、歩んで来た現場、あとに続く者を見ながら自らの人生、生き方を振り返る著として、「こうなんだ!」という主張をしているにもかかわらず、嘘、てらいが感じられない珍しい(失礼!)本だと思いました。蛇足なのかも知れませんが、自分の息子を傍らに見ながらこの本に補足したいと思ったこと。
若い頃は自分のことが良く分からないので、人(親の思惑)に影響されない本当の自分を見つけようと、親の影響を排除しようとします。

反抗期ですね。ところが人は会社や組織に入ると、その会社の目標と自分の目標を合わせ、そのなかで少しでも勝つ、あるいは貢献する工夫をしますし、できない人は、そこがブラックでなくてもやはて辞めていきます。
矛盾するように思えますが、実はどちらも人生を楽しく生きるための行動だと思います。
目標、夢、自分なりの価値がないと、学校の成績とか、学歴とか、世間で一般的に使われている物差しで測られて、それを改善するための指示に振り回されることになります。言い換えると、生き甲斐は作るのが難しくて、人の中に見つけるしかない。生き甲斐が見つけられなければ、人に操作されるのを(お城を探し続けて)避けて逃げるばかりの人生になってしまう。
ただ、自分の生き甲斐、目標を見つけるにはゲームをやっていたのでは見つからない。それは人の中(社会)にしか見つけることができない。
それだけで良いので、それを子供にどう伝えるか、皆さん一緒に考えましょうよ。

5つ星のうち 5.0主張が明確で元気が出る

(参考になった人 14/14 人)

松岡修造さんの50年間のチャレンジと応援の経験から打ち出される「前を向くための実践的方法論」。 人とも、過去の自分とも比べることなく、今の自分に意識を向け、自分自身を励ますこと。 自分を強くし、前向きにできたら、弱かった自分は人に何かを伝えられる人間になるのだと思います。

Number948号 僕らは本田圭佑を待っている。)

5つ星のうち 5.0清原和博の存在。

(参考になった人 0/3 人)

「告白」連載17.

しかし出だし、冒頭の告白はとても読んでいる自分もつらい。
あまりネットとは距離を置いた方がいいと思う。
と、
書いている私が今レビュしている矛盾もありますが・・・

ただなんとなく分かる。。。

清原さんも、「抜け殻」・・・のような気持ちになったんだろう・・・

あれだけの歓声やらホームランやらある意味スターの代償?!なのか・・・

で、

いろいろ引退、引き際の美学だったりの想いが綴られていた。



確かに、ボクシングの鬼塚さんだったら、網膜剥離を隠し、勝っても負けてもこれが最後の決めた最後のリングで一番嫌っていた負けを経験し。。。でも今も自分にストイックに頑張られている。もどかしさも当然あるだろうし・・・

ケガとスポーツ。

いろいろ私が偉そうには書けないんだけども、素人の感想を毎回書いています。

引退してもその後がある事を今回すごく注目したし。
今この瞬間も時間は常に前進しているから、
私は今の清原さんにも、あの事件があったからこそ、
これからの生き様をかっこよく闘ってほしいと切に願う・・・・
なぜなら、
華あるスターだから。。。

ブレイク前からNumberはずっと本田寄り。
でも、今、本田?
確かに世界で戦うには、本田のマインドなり経験値は必要だとも思えるけど、香川でなく、本田???
彼に期待するのは劇薬としての効果だと思う。
うまく使えれば日本の短所を補って余りあるだろうけど、裏目に出れば、日本的な良さがチームから失われる可能性も低くないと思っている。
丁度三月の欧州遠征に招集されたし、Numberとしてはおいしい特集。

でも、W-Cup開催年の春先というタイミングで、私がNumberに期待するのは、ポスト本田圭佑。
いつまでも本田圭佑に頼っているとしたら、日本代表に明るい未来が描けない。
次のエースに期待するんだけど...。
残念ながら。

5つ星のうち 5.0本田選手に対して

(参考になった人 2/2 人)

バッシングが本当に多いですが、うるさい批判もワールドカップの結果で黙らせてほしい

高木美帆』の解説 by はてなキーワード

女子スピードスケート選手。

1994年5月22日生まれ。北海道中川郡幕別町出身。

得意種目は1,500mだが、500mから3,000mまでこなす。

5歳でスケートを始める一方、7歳からサッカーも始めており、中学でもサッカー部に所属している。2008年12月には、北海道地区の選抜選手として福島Jヴィレッジで行われたトレセン(強化合宿)にも召集された。

2010年、中学3年生でバンクーバーオリンピック日本代表に選出された。日本のスピードスケート選手として、史上最年少での五輪代表となった。

2018年平昌オリンピックに出場、女子チームパシュート金メダル、女子1,500メートルで銀メダル、女子1,000メートルで銅メダルを獲得。

高木菜那選手は実の姉。

高木美帆』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.