飲酒運転のまとめ情報

飲酒運転』の解説

飲酒運転(いんしゅうんてん)は、飲酒後にそのアルコールの影響がある状態で自動車などの車両運転する行為をいう。同様な状況で鉄道車両航空機船舶等を操縦する場合には、飲酒操縦(いんしゅそうじゅう)という。

交通法規による規制により、飲酒等により中または呼気中のアルコール濃度が一定数値以上の状態で運転または操縦することを特に酒気帯び運転(操縦)といい、数値に関係なく運転(操縦)能力を欠く状態での運転を特に酒酔い運転(操縦)という。

概要

酒に含まれるアルコール(エタノール)は、中枢神経系に作用しの神経活動を抑制(麻酔作用)する物質である。すなわち飲酒という行為は、運動機能の低下、理性・自制心の低下、動態視力集中力認知能力・状況判断力の低下等を生じさせるのが必然の行為である。一方、自動車などの運転という行為は、免許制をとっていることにも表れているが、運転者本人、同乗者、周辺の歩行者らの生命にも関わるくらいの大きな危険を本来ともなう行為である。このために、多くの国において免許の有無にかかわらずアルコールの影響下にある状態での運転をいかなる場合でも禁ずる法律が作られている。

日本においては、道路交通法第65条第1項で「何人も、気を帯びて車両等を運転してはならない」と規定されており、違反は取締りの対象となる。同法上の「車両等」には自動車オートバイ原付含む)だけでなく自転車等の軽車両、さらにトロリーバス路面電車、牛馬等も含まれる。なお、運転はどこであろうが処罰対象になるわけではなく、適用される場所は道路交通法に言う「道路」上に限られる。

鉄道車両の場合には、鉄道に関する技術上の基準を定める省令第11条第3項、軌道運転規則第6条の2第2項、無軌条電車運転規則第2条の2第2項により、航空機については航空法第70条に、船舶等については船舶職員及び小型船舶操縦者法第23条の36第1項により、飲酒操縦が禁止されている。

飲酒運転の種類(日本)

日本の道路交通法においては、の飲酒運転による罰則について、酒気帯び運転と、酒酔い運転の2種類に分類している。

  1. 酒酔い運転は、アルコール濃度の検知値には関係なく、「アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態」である場合がこれに該当する。具体的には、直線の上を歩かせてふらつくかどうか、視覚が健全に働いているか、運動・感覚機能が麻酔されていないか、言動などから判断・認知能力の低下がないかなどの点が総合的に判断される。一般に認識が薄いが、軽車両自転車を含む)の運転についても違法であり、刑事罰の対象となる。
  2. 酒気帯び運転は、血中アルコール濃度(又はそれに相当するとされる呼気中アルコール濃度)が、一定量に達しているかという、形式的な基準で判断される。このような判断基準の違いから、運転者の体質によっては、酒気帯びに満たないアルコール量でも酒酔い運転に該当することは考えられる。この範囲の軽車両(自転車を含む)の運転について、違法ではあるが、基本的に罰則規定はない。

行政処分

酒気帯び運転は、2002年(平成14年)5月末までは、呼気中アルコール濃度0.25 mg以上で違反点数6点となっていたが、2002年6月以降は、0.15 mg以上で違反点数6点、0.25 mg以上で違反点数13点、さらに2009年6月以降は、0.15 mg以上で違反点数13点、0.25 mg以上で違反点数25点と、年々重い運転免許証行政処分が課されるようになっている。

また、1つの行為で道路交通法の複数の規定に違反することとなった場合には通常、最も重い行為の違反点数等が適用されるが、酒気帯び運転時に違反または事故を起こした場合には、酒気帯び点数が(実質的に)加重された違反点数が適用される。そのため、0.25mg未満であっても酒気を帯びた状況では、違反が重大とはいえない場合であっても、それが初めての違反であったとしても、即座に免許の取消し(無免許の場合は点数の大きい無免許運転が適用)に該当する場合がある。

酒酔い運転は、2002年5月末までは違反点数15点となっていたが、法改正により同年6月に25点、さらに2009年6月には35点となった。即座に免許が取り消される(無免許の場合は免許拒否)だけでなく、免許の欠格期間(再受験が受けられない)も大幅に長期にわたる事になった。(累積点数35点の場合、前歴が無くても(免許取得していなくても)欠格期間は最低3年にわたる、また特定違反行為による処分なので最長の場合欠格期間10年になる場合もある。)

なお、自動車の使用者安全運転管理者等も含む)が運転者に飲酒運転を下命しまたは容認して運転者が飲酒運転をした場合には、6ヶ月間当該自動車を運転禁止処分とする行政処分も出される。

刑事罰

2007年9月19日の道路交通法改正施行により、酒酔い運転の罰則が「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」、酒気帯び運転の罰則が、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」へとさらに厳罰化された。また、飲酒検知を拒否した場合も「3月以下の懲役又は50万円以下の罰金」と強化された。

自動車の運転に関し、運転者に飲酒運転を下命しまたは容認した、自動車の使用者安全運転管理者等も含む)も処罰される。

なお、2007年9月19日の道路交通法改正により、飲酒運転をするおそれがある者への車両または酒類の提供をした者や、その者に同乗しまたは運送を要求した者も、個別に処罰されることとなった(運転者以外の者の責任)。

交通事故の場合

飲酒検問でなく交通事故の発生により酒酔い・酒気帯び運転の事実が発覚しまたは確認された場合には、より厳重な罰則が適用される。

例として、死亡事故を起こした場合において酒酔い運転だった場合には違反点数55点が科せられ、道路交通法第88条第1項に定める運転免許試験受験の欠格期間が7年となる。

人を死傷させ人身事故になった場合、以前は刑法業務上過失致死傷罪で最高でも懲役5年だったが、その後自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(自動車運転死傷行為処罰法)が適用される様に法改正された。

  • 危険運転致死傷
    • アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行して事故を起こした場合、負傷の場合で15年以下の懲役、致死の場合で1年以上の有期懲役、さらに無免許の場合には6月以上の有期懲役となる。
    • アルコール又は薬物の影響により走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で自動車を運転して事故を起こした場合、負傷の場合で12年以下の懲役、致死の場合で15年以下の懲役となる。さらに、無免許の場合には負傷の場合で15年以下の懲役、致死の場合で6月以上の有期懲役となる。
  • 過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱
    • アルコール又は薬物の影響により走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で自動車を運転して事故を起こした場合、更にアルコール又は薬物を摂取したり、その場を離れて身体に保有するアルコール又は薬物の濃度を減少させさせたりして、アルコール又は薬物の影響があったことの発覚を免れようとした場合、12年以下の懲役、さらに無免許の場合には15年以下の懲役となる。

民事責任

飲酒運転により事故を起こした場合、交通事故の損害賠償の過失割合について、通常よりも飲酒運転者の過失が大きく認定される。

自動車保険では、飲酒運転をした運転手のケガや車両の損害に対しては、保険金が支払われない事がある。

事故を起こした運転者に使用者がある場合は、使用者責任を問われ、連帯して賠償責任に服するのが通例(なお自動車の運行供用者責任とは別個独立)である。

社会的制裁

後述の福岡飲酒運転事故以降、民間企業・公務員は、飲酒運転やそれを知りつつ黙認(共同不法行為)した社員や職員は、原則として即座に懲戒解雇懲戒免職とする所が多くなっている(業種・職種および勤務時間内・勤務外、事故の有無を問わず、解雇や免職の対象となるところが多い)。

飲酒運転の厳罰化により、地方の飲食店の経営が成り立たなくなり(「地方の疲弊」)、不況の原因の一端となっている事から、厳罰化を見直すべきと主張している者もいる。また、飲食店側も、こうした事を理由に挙げ、来店者に対し、来店手段を敢えて訊かないケースも見受けられる。

彦根市の例では、飲酒運転が発覚した場合には停職・免職など厳格に処分するとしながらも、公務外(勤務時間外)の違反や事故の報告は義務付けないとした。これを不祥事の隠蔽体質として批判する向きがある一方、『何人も、自己に不利益な供述を強要されない』と定めた憲法第38条の趣旨から、強制する事は違憲であり、市への報告は職員自らが道義的に判断すべきとの意見がある。なお、憲法38条に関して、麻薬取り扱いについてであるが、黙秘権の事前の放棄という理論を採用した判例もある(最判昭和29年7月16日)。

山梨県では、飲酒運転およびそれに関連した事故により逮捕・検挙されたケースが相次いでおり、2006年9月19日に身延町教育委員長が酒気帯び運転で検挙されたが、その記事を書いた朝日新聞甲府総局記者も同じ日に酒気帯び運転で検挙されている(翌20日に発覚)のをはじめ、2015年5月8日には山梨放送営業企画部部長、同年7月8日には甲府市市議会議員、2016年2月17日には日本年金機構甲府所長、2017年6月15日には山梨県庁主幹、2017年7月15日には山梨県警察警部補が酒気帯びを原因とした当て逃げや物損事故を起こしているが、いずれも辞職または解雇処分を受けている。

2007年5月、山形県議会議員が飲酒運転で摘発された。その後、県議会が全会一致で可決した辞職勧告決議に従わないため、県議会は、政治倫理審査会が勧告の受け入れと辞職まで本会議や委員会への出席を自粛するよう求める審査結果を出した。2007年2月愛知県岡崎市議会議員も飲酒運転で摘発された。その後、議員辞職届けを提出し受理された。

2003年11月に、飲酒運転で懲戒免職処分となった熊本県の教師は処分撤回を求めた結果、勤務評定が良いなどの理由で処分は不当だという確定判決が最高裁で出た(2007年7月12日 朝日新聞)。

2007年5月に、飲酒運転を行っていたことが判明して懲戒免職処分となった兵庫県加西市の職員は、処分の無効を求める訴えを起こした。2009年4月、この訴訟の二審(大阪高等裁判所)は「業務と無関係な運転で、運転していた距離も短く、交通事故も起こしておらず、アルコール検知量は道路交通法違反の最低水準であり、免職処分は過酷で裁量権を逸脱している」とした上で、免職を取り消す判決を言い渡した。さらに、同年9月最高裁判所は、同市の上告棄却し、免職取り消しが確定した。これを受け同市は、飲酒運転での職員の懲戒処分を、原則懲戒免職から停職以上へと緩和した。

上記の最高裁判決を契機に、飲酒運転をした公務員を原則として懲戒免職としていた日本国内の29の自治体のうち、10の府県及びが、処分の基準の見直しを行うか、もしくは検討していることが判明している。

2010年4月に酒気帯び運転で物損事故を起こしたとして懲戒免職となった京都市立中学校教頭は、退職手当の全額を不支給としたことが違法に当たるとして、京都地方裁判所に処分の取り消しを求め訴えを起こした。一審は「(元教頭の)永年の功績を全面的に抹消するほどの背信行為とはいえない」として、裁量権の濫用に当たり違法であるとして訴えを認めたが、二審の大阪高等裁判所は「人身事故の危険性もあり、元教頭の行為は極めて悪質」とした上で、「裁量権の濫用ではない」として、原告逆転敗訴の判決を言い渡した。

スポーツ等の大会では、個人やチームメンバーの飲酒運転が発覚すると出場取り消しなどの措置が取られることがある。第72回選抜高等学校野球大会では、敦賀気比高等学校の部員が飲酒及び無免許の運転で自動車事故を起こしたことで、同校は出場辞退に追い込まれた。

鉄道では国鉄時代の1982年に寝台特急紀伊」の機関士が飲酒による居眠りで機関車付け替えの際衝突事故を起こし(寝台特急「紀伊」機関車衝突事故)、また1984年には寝台特急「富士」の機関士が飲酒運転を行い、徐行区間を失念し脱線事故を起こすなど(西明石駅列車脱線事故)当時世間から批判されていた国鉄職員のモラルの低さを浮き彫りにする飲酒運転が原因の事故を相次いで起こし、国鉄解体・民営化の一因にもなっている。

運転者以外の者の責任

刑事罰(単独正犯)

飲酒運転は運転者(飲酒運転を下命または容認した運転者の使用者を含む)が道路交通法違反で罰せられるが、2007年9月19日の道路交通法改正施行により、飲酒運転をするおそれのある者に車両を提供した者、並びに酒類を提供した者、及びその者に運送の依頼若しくは要求をしてその車両に同乗した者、これらも別個に処罰されることが明確化された。

  • 車両の提供
    • 酒酔い運転の場合
    • 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
    • 酒気帯び運転の場合
    • 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
  • 酒類の提供
    • 酒酔い運転の場合
    • 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
    • 酒気帯び運転の場合
    • 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金
  • 同乗等
    • 酒酔い運転の場合(酒酔い運転状態であることを認識していた場合に限る)
    • 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
    • 酒気帯び運転の場合および上記以外の場合
    • 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

共同不法行為

刑事事件として処罰の対象となりうるに止まらず、飲酒運転事故の民事責任も、同様に共同不法行為として賠償責任を負うこととなる(民法719条)。

民事責任に関わる実例として、2001年(平成13年)末、ある男性が、同僚と酒を7時間も飲んでいながら運転を行ない、当時19歳だった女子大生を轢死させた事件があり、運転者は危険運転致死罪に問われ懲役7年の判決が言い渡された。ところがその同僚も「運転者と知りながら酒を飲ませた」と賠償責任を問われ、東京地裁が2006年(平成18年)7月28日、その同僚に「注意義務を怠った」と5,800万円の賠償命令を下した判例がある。

行政処分と結論

車両もしくは酒類の提供や同乗等による違反者が運転免許を受けていた場合には、当然に違反行為の行政処分として免許の取消(よくて免許の停止)など不利益処分がなされる。共犯者である場合にも、運転免許を受けていた場合には、運転者の飲酒運転行為・飲酒運転交通事故によって、共犯者の運転免許に対しても違反行為の行政処分として免許の取消または停止など不利益処分がなされる。

結論として、飲酒運転に関わった者は本人でなくとも、飲酒運転(およびそれによる事故)の責任を刑事・民事・行政処分の面から問われる。さらに前述の社会的制裁(勤め先からの懲戒解雇処分等)も受ける。組織的に行われていた場合は捜査令状などにより家宅捜索関係者を任意同行する場合があり、新聞週刊誌などに記載されることもある。

飲酒運転は過失事犯ではなく故意の犯罪事犯類型として認識されており、一般の刑法犯と同様、徒に刑事罰や行政処分等を強化するだけでは飲酒運転事犯を含め、犯罪の減少にはなかなか繋がりにくい現実もある。また、規範意識の欠如の一因としてアルコール依存症が指摘されている。アルコール依存症は自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり、強迫的に飲酒行為を繰り返す精神疾患である。精神疾患として酩酊し、その結果自己抑制を失い、その状態で自動車等を運転するというのは著しく重大な結果を招く。その他、公共交通機関の不十分な地方のほうが都市部と比して飲酒運転の発生頻度が高いという傾向が見られる。エンジンをかける前に呼気検査をクリアしないと、エンジンがかからない(インターロック)という装置があり、スウェーデンなどではそういった装置の使用義務化が推進されている。日本においても、日産自動車から飲酒運転防止のコンセプトカーが開発されるなどハード面からの対策案が進められつつある。関連して運輸業では旅客・貨物を問わず乗務員の出勤点呼時に(一部事業者では休憩後や退勤点呼時も)呼気アルコール検査を実施する事業者が2000年代に入って増加しており、2011年4月からは国土交通省令により旅客自動車・貨物自動車の運輸事業者では点呼時のアルコール検査が義務づけられている。その他車両が必須な職業でもわずかなアルコールが残存し酒気帯び運転に該当するような飲酒の仕方を防ぐために検査を実施しているところがある。

運輸業(旅客自動車・航空・鉄道など)

夜更けに飲酒し、翌朝早くの出勤などで運転するような場合、酒気帯び運転の恐れがある。具体的な時間は、飲酒量や体質によるので一概に言えないが、例えば、航空機の操縦では、日本では、操縦の8時間前は飲酒をしないよう通達されている。

食品、医療

アルコール飲料以外にも、酒類を用いた洋菓子奈良漬の他、ノンアルコールビール甘酒などを飲食した場合、体質や摂取量によっては飲酒運転になる可能性がある(ノンアルコールビールとよばれているものでも、「アルコール分0.00%」と表示されているもの以外は一般に0.1%から0.9%程度のアルコールが含まれているため、基準に該当する可能性がある)。また、栄養ドリンクにも微量だがアルコールが含まれているものがある(高いものでは3%程度のものも)。また、一部の洗口液に含まれるアルコールの影響で、洗口液使用後に飲酒検問を受けると、基準以上のアルコール濃度が検出されるおそれがある。

交通事故により病院に搬送された場合、採血試料がエタノール検査に供されることがある。日本の医療機関では皮膚消毒にエタノールを含む消毒薬を用いることが多く、採血部位の皮膚消毒に用いたエタノールが採血試料に混入し、誤って飲酒運転と判定される可能性が指摘されている。

なお、飲酒検知は当然ながら「なにを摂取したか」ではなく「数値が幾つか」が判断基準とされる。その為、「飲酒を疑われたらアルコールが入った食品を摂取したと説明すれば不問になる」というのは正しくない。ただし、通常の摂取量であれば、アルコールを微量含む食品を食べても、基準値に達しないことが調査でわかっている。

対策

北海道警察は飲酒運転の情報提供サイト「飲酒運転ゼロボックス」を開設し、開設から約3週間で100件以上の情報が寄せられ、酒気帯び運転の検挙にもつながっている。また、2014年7月13日に小樽市銭函で発生した飲酒運転による死亡ひき逃げ事故を受け、2015年12月から北海道で「北海道飲酒運転の根絶に関する条例」が施行されている。同時に7月13日を北海道では「飲酒運転根絶の日」と定めた。

アルコール依存症

長距離バス運転手が酒気帯びで運転をし蛇行運転で事故を起こしてしまう事件がある。酒は嗜好品ではあるが、同時に依存性のある薬物であり、事故を起こしたベテラン運転手は隠れて飲酒をし続けて事故を起こしてしまった。また調査によると、飲酒検問で幾度となく検挙された運転手はアルコール依存症だったという。脅迫的な飲酒欲求は飲酒運転という問題を起こしている。

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国では日本ほど公共交通機関が発展しておらず、バス停留所周辺のスラム化による治安悪化が顕著なため、自動車の普及率が非常に高く、バーなどの酒場や飲食店に訪れるのにも自動車での移動となることが多い。州などの自治体によっては店で運転手に確認などを定めている場合もある。

全米50州で運転者の血中アルコール濃度が0.08%を越えると飲酒運転(DUI:Driving Under the Influence、DWI:Driving While Intoxicated若しくはDriving While Impaired、OWI:Operating While Impaired)の摘発対象となり、21歳未満の者については飲酒自体が禁止されているため、血中アルコール濃度が0.08%を越えなくても摘発対象となる。

また職業ドライバーについては血中アルコール濃度が0.04%を越えると摘発対象となる。

なおエドワード・ケネディ上院議員は1969年に飲酒運転による事故(チャパキディック事件)を起こし、大統領への道を閉ざされた。

トリニダード・トバゴ、ドミニカ

トリニダード・トバゴドミニカでも飲酒運転を行う者が多く、飲酒運転による交通事故が多発している。

中国

経済発展と共に、自動車の使用数も増加した中華人民共和国は、2011年まで自動車事故死者数が10年続けて世界一の交通事故大国であった。2009年には、杭州南京市等で飲酒運転による交通事故が頻発、飲酒運転による事故の増加と交通マナーの悪さも相まって、市民の中から飲酒運転の罰則の強化を求める声が高まり、それを受けて2011年5月に施行された「刑法改正」に「危険運転行為」の項目が追加された。

中国での飲酒運転は、飲酒駕車(酒気帯び運転)と酔酒駕車(酒酔い運転)の2つに大別されるが、酒気帯び運転の再犯の場合は拘留(10日以下)と罰金(1,000~2,000元)、さらに運転免許取消といった厳しい罰則になった。また酒酔い運転についても、「危険運転行為」の中で初犯、再犯に関わらず「酒酔い運転およびスピード出し過ぎ運転は極めて悪質な行為であり、拘留罰金処分を課す」と定めており、飲酒運転の罰則が「行政処分」から「刑事罰」に改定された。しかし今でも少量の飲酒運転は合法である。

それにより刑罰が厳格化された2011年5月以降の酒酔い運転の検挙件数は、その前2年間との比較で4割減少している。

飲酒運転』に 関連する人気アイテム

アルコールチェッカー Bedee アルコールセンサー 二日酔い 飲酒運転 防止 高精度 簡単 測定 持ち歩き簡単 LEDデジタル アルコール検知器 アラーム機能付き

5つ星のうち 3.0まぁまぁ

(参考になった人 0/0 人)

アルコールはちゃんと検出されます。 しかし、数値に関してはあまり当てにしないほうがいいと思います。 缶ビール500を2本、焼酎をロックで3杯、ハイボールを4杯飲んで検出されたアルコールは0.06でした。 個人差はあると思いますが、もう少し数値が高くなると思っていたので、あれ?っという感じです。 なので、数値どうのこうのより、体内にアルコールがまだ入ってるかいないのかという基準にはなると思います。 値段的に考えれば、これで十分なのかな…

届いてすぐに試しました。 最初の5回くらいは大丈夫でしたが、それ以降は何回テストしてもすべてゼロ表示です。 Warm Upを繰り返すように書いてあったので何回も繰り返してみましたが改善せず、電池が悪いのかと色々替えてみましたがそれでもダメでした。 評価が高かったので期待していましたが残念です。

結果の精度は分かりませんが、計測できました! 表示単位が国によって異なり、中国とヨーロッパに合わせて作ってあるので、同梱の早見表で日本の単位に読み換える必要があります。 電池は別売りになってます。 単4形2本。

飲酒運転チェック・アルコール検知器,探知機,検査・アラーム機能・タイマー機能・時計・温度計/アルコールチェッカー 安全くん2

5つ星のうち 1.0返品したい

(参考になった人 2/3 人)

類似品を過去に三商品購入しています。 アキバで200円で購入したものは全く反応しなかった。 アキバで1500円ぐらいで購入したものは、確からしい数値を出して、安定した計測結果だった。 本商品は、車に常駐したいので購入したが、値が安定しなかった。 確からしい装置で安定しているもので0.40mgか出る飲酒状態で、本製品で5回測定したところ、0.00が2回、0.15mg(0.03×5)が2回、0.30mg (0.06×5)が1回出た。 本商品は、安定しない上に、感覚的に低くでている。 実用的ではないので、可能であれば返品したい。

会社で使用している現行のものに、追加で購入しました、時計や、アラームが付いていますが、使用したことはありません アルコール判定まで数十秒、時間が掛かります、たまに、アルコール摂取していなくても,0.05等の値が出ますが、どうなのでしょう? 一応社内ルーるで判定には使用し記録していますが。 複数代使用しているの、個体差と言うわけではないようで、口臭が原因だと 言い出す社員もます。

5つ星のうち 2.0お酒はほどほどに…

(参考になった人 0/0 人)

デジタル表示が出る画面にキズがついていて残念だった。 タイマーや時計表示のアイコン的な表示が見にくい。 説明された機能には支障なしでした。

POMILE アルコールチェッカー 高性能 飲酒チェッカー 携帯用アルコールテスター 二日酔いにアルコール検知 簡単操作 アラーム機能付き コンパクト LCDバックライト 吹き込み口ノズル5個付属 日本語マニュアル付き

意外にアルコールチェッカーは使えるのです。

というのが、バーベキューやキャンプに行ってお酒を飲んだ後、しばらく休んだり、昼寝をした後でも、お酒が完全に抜けたかどうかはわからないもの。

私も車中泊で、夜飲んで、翌朝運転する時に、お酒が残っていないと自分では思っても、お巡りさんの検問でのアルコールチェックでは反応するのではと、すこし、心配することがありましたが、このチェッカーさえあれば、自信をもって運転できると思います。

また、お付き合いで、ビールを小グラス一杯だけ飲んで、運転しても大丈夫なものか、不安を感じる人はいるはず。



このチェカーさえあれば、アルコールの抜けるまで、車で待機してから帰ることができます。

なお、お巡りさんが飲酒運転で捕まえる基準は、0.15mg/l以上です

そこで、実験をして計測してみました。

設定)
写真のある350mlアルコール5%のビールの半分(小グラス一杯分)を飲んでから、アルコールが抜けるまで何分かかるかをチェック。

結果)写真あり
①10秒後:1.9mg/l(ビールを飲んですぐに計測。完全にアウトですね)
② 7分後:0.7mg/l
③17分後:0.5mg/l
④32分後:0.3mg/l
⑤50分後:0.0mg/l(50分後にやっとセーフになりました)

このように飲んでしまった後は、アルコールが消えるまで車で休めばいいと割り切れるようになりますね。

予想以上に便利なツールで、車に常備することになりました。

お酒が好きでたまに深酒をしてしまうので、翌日車を運転して良いか?の判断の為に購入。
測定値の絶対値は正確かは分かりませんが、お酒を飲んでいるかいないか?は容易に判断出来て便利です。
動作テストは飲酒しなくても、口腔にアルコールを少量霧吹きで噴霧すれば数値が出て分かりますし、
その後うがいをして数分待ってセンサーのウオーミングアップ後に再測定すると測定値がゼロになっていました。
飲酒状態でのテストでは、飲酒直後より少し時間を置いた方が血中に溶けたアルコールが肺から呼気に上がってくるまでの時間があるので正確です。

一度深酒をしてしまい(ワイン1本半)6時間睡眠後に計ったら、胃の中は既に空っぽにも関わらすしっかり0.6g/lの数値が出てしまいました。その後徐々に下がっていき数値がゼロになるのに12時間を要しました。他の製品もいろいろ検討しましたが、レビュー等を見ると半導体アルコールセンサー使ったものは耐久性が短いよう(どれも似たり寄ったり)で、それなら安くてストロー息を直接吹き込むタイプという事でこの製品にしました。

5つ星のうち 5.0感度が良いです。

(参考になった人 1/1 人)

使いやすそうだったのでこれを購入しました。 日本語の説明書がついていて操作は迷いませんでした。 液晶がオレンジに光ってとても見やすいです。 これは息をただ吹きかけるタイプと違いマウスピースを使うので信頼性があるように思います。 試しに職場の業務用と比べましたが誤差がほとんどありませんでした。 毎朝必ず測るようにしてますが、以前使っていたものでは反応しない低いレベルでもこれはキチンと計測してくれ、数値が高いと2段階で警告してくれるのでとても安心できます。 僕のように酒好きには絶対必需品ですね。

【Lucien 】アルコールチェッカー アルコールテスター お酒 2日酔い 飲酒検知 日本語説明書付き

測定できません。 蓋を開けた焼酎瓶の口にかざしたり、飲んだ直後は0.7~0.6の表示をします。 しかしながら20分待って測定するとゼロ表示しかしません。 2杯目を飲んでも同じ。 試しに飲んだ直後に測定して0.6台の表示が出た4分後に測定したらやはりゼロ表示。 おそらく、口の中にアルコールが残っている場合は測定できるが、呼気のアルコール分は測定できていないのだと思う。 警察がこの商品で飲酒検問していたら酒酔い運転は別として酒気帯び運転の検挙はゼロになりますよ。 返金手続き中です。

5つ星のうち 1.0いつ測っても0.000

(参考になった人 3/4 人)

軽く飲んだ直後も、かなり飲んで顔真っ赤&フラフラな時でも、いつ測っても数値は0.000のままです。 息を吹き付ける強さや角度、測るタイミング等色々試行錯誤してみましたが全く反応しません。 しかし試しにウイスキーの瓶の入口にセンサー部分をかざして測るとしっかり数値出ました。 全く信用できない数値でありアルコールチェッカーの意味を成していません。 ちゃんとしたメーカー品を買えばよかったと後悔しています。

仕事柄、車を運転するので毎朝会社についたらチェックするんですが 時にはドキドキしながら会社にいくことも… かといってお酒はやめられないので… 楽しく飲みながらも仕事に影響でないように!と普段から自覚を持って自分でチェックしようと思って購入しました! しっかり測れてると思います。

飲酒運転』の解説 by はてなキーワード

文字通り、酒を飲んで自動車を運転すること。事故の有無に関わらず処罰の対象になる。また、飲酒運転を勧めた者*1にも罰則が適用される。

ドライバーとして、一番やってはいけない行為のひとつとされている。

自転車などの軽車両も、道路交通法第117条の2において、飲酒運転は禁止されており、違反すると3年以下の懲役、又は50万円以下の罰金となる。

道路交通法に書かれている「飲酒運転」の罰則

酒酔い運転

  • (第65条第1項)【第117条の2第1号】

(呼気1リットル中のアルコール濃度に関係なく0.25mg以下でも対象。但し、酩酊状態と条件付き)

  • 罰則

 ・懲役3年以下又は罰金50万円以下

  • 違反点数

 ・免許取り消し2年(25点)

酒気帯運転

  • (第65条第1項)【第117条の4第2号】
  • 罰則

 ・懲役1年以下又は罰金30万円以下

(呼気1リットル中のアルコール濃度0.25mg以上)

 ・懲役1年以下又は罰金30万円以下

(呼気1?中のアルコール濃度0.15mg〜0.25mg)

  • 違反点数

 ・免許停止(13点)

(呼気1リットル中のアルコール濃度0.25mg以上)

人身事故の場合は免許取り消し】

危険運転致死傷罪

四輪以上の自動車で、飲酒運転により人を死傷させた場合に、適用される。

飲酒運転』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.