食器洗い乾燥機のまとめ情報

食器洗い機』の解説

食器洗い乾燥機に関連性が高い単語の解説を表示しています。 食器洗い乾燥機についての情報が含まれているか確認して下さい。

thumb

食器洗い機(しょっきあらいき)とは、食器を洗うための機械である。略して食洗機(しょくせんき)とも。

概要

食器洗い機とは食器を洗うための機械である。厨房設備台所設備)の一種に分類される。

類似のものとして、洗浄した食器を風で乾燥させる機能だけを持つ「食器乾燥機」がある。

業務用と家庭用では、サイズ・形状・機能が異なっている。

業務用

業務用食器洗浄機は、大量の食器を、高速に、洗う目的の為に大型で高速のものが採用される傾向がある。このような機械としてラックコンベア式のタイプがある。また、可動式のフタ状のものをかぶせると、そのフタの内部が食器洗い空間になるスライド式のタイプもある。このタイプは食器を置くカゴが複数用意してあり、シンクからそこへ食器を移しそれを滑らせ従業員に体力の負担をかけないように考慮されている。

いずれのタイプでも非常に強力な水流で洗うので、数十秒~1~2分で洗い終わるが洗浄音は概して大きい。また、業務用食器洗浄機には、乾燥機能を備えていないものが多いが、すすぎの際には、80℃~90℃の温水にリンス剤が自動的に注入されるため、乾燥機能が無くても比較的早く食器が乾燥し、食器が消毒殺菌される。営業許可を受ける際に、基準を満たした業務用食器洗浄機が設置されていると、シンクなどの設置基準が緩和される。

また、食器のうちガラスコップ専用の洗浄機として「グラスウォッシャー」がある。

家庭用

家庭用のものは現在、「食器洗い乾燥機」と呼ばれるタイプのもの(食器を洗い終わった後に、温風で乾燥させるタイプ)が主流。食器洗い機専用洗剤を入れて運転させることにより、数十分から一時間ほどで、洗浄・すすぎ・乾燥が行われる。

システムキッチンなどに組み込む「ビルトインタイプ」、キッチンの片隅(流し台コンロが組み込まれている台の端)などに置く「卓上タイプ」がある。

通常の手洗いでは使用出来ないほど高温のお湯(摂氏70℃から85℃)や高圧水流を使うことにより汚れを効果的に落とし殺菌効果も高い。

歴史

史上初の食器洗い機は、1860年アメリカの男性によって木製のものが開発された。ただし、これはハンドルを回転させることで使用済みのお皿の上に水がかかる仕組みであり、実用に耐えるものではなかった。

その後、1893年にジョセフィン・コクラン婦人が作った手動式の食器洗い機が、実用にも使えると言うことで世に広まっていく。

1909年、ゼネラル・エレクトリックが電動式の食器洗い機を発売した。

業務用

業務用においては早くから知られ、特に1964年東京五輪が開催された1960年代には外食店の新規開店とともに食器洗い機が一気に普及した。これに要する専用の洗浄剤は当初は粉末であり、洗濯機同様にオペレータが適正濃度に希釈して使用していたが、業務用のそれは高アルカリの劇物であり素人が使うには危険が伴った。そこで洗浄剤メーカーは粉末の代わりに液体の洗浄剤を開発し、これを電動ポンプまたは機械的に一定量供給する制御装置を取り付けるようになった。これによりオペレータは安全に食器洗いに専念できるようになった反面、洗浄剤の存在が意識されないのでしばしば低濃度、あるいはお湯だけで食器が洗われるケースが発生する。それを未然に防止するため、現在では何らかの方法で洗浄剤切れを知らせるアラームが備わっている。

上述の通り日本に於いては新規開店とともに業務用食器洗い機が普及したという背景があったため、各洗浄剤メーカーは挙って自社の洗浄剤を指定してもらえるよう食器洗い機メーカーに嘆願するようになった。この力関係により、「現場における食器洗い機の通常のメンテナンスは洗浄剤メーカーが営業の度に行う」という暗黙のルールが長く続いたが、やがて経年劣化に伴う食器洗い機の買い替えといった現場のニーズは洗浄剤メーカーが把握するようになった。後に食器洗い機メーカーの側から自社の食器洗い機を導入してもらえるよう洗浄剤メーカーにお願いする立場となり、現在両者は共存共栄の関係となっている。

家庭用

日本では1960年(昭和35年)、松下電器産業(現・パナソニック)によって家庭用の食器洗い機第一号が発売された。しかし当初はサイズや機能、価格の面で難が多く普及は進まなかったが、1996年頃に各社からコンパクトで低価格な卓上型の製品が発売され、また、ちょうどこの時期にO-157食中毒が流行したことも相まって一気に需要が伸びた。

当初の家庭用食器洗い機はおよそ100Lもの大量の水を使うものであったが、「ブーメランノズル」と同社が命名した水の反動力で回転するしくみの採用によって、それが9L程度の水消費で抑えられるようになり、手洗いするよりもむしろ節水になるところまで改良された。

2001年には日本での世帯普及率が10%を突破し、2003年には卓上型の売り上げが初めてビルトイン型を上回った。2003年1月31日施政方針演説小泉純一郎首相(当時)は、食器洗い乾燥機・薄型テレビ・カメラ付携帯電話を「新三種の神器」と命名した。また2004年4月13日パナソニック(当時・松下電器産業)が、白物家電食器洗い乾燥機IHクッキングヒーター生ゴミ処理機を「キッチン三種の神器」であると提唱した。

その後、ビルトイン型の需要は安定する一方で、卓上型の売り上げは2003年をピークに徐々に減少し、日本の大手メーカーではパナソニック、三菱電機日立東芝シャープ三洋電機象印マホービンTOTOなどが製品を発売していたが次々と撤退、2010年時点でパナソニック、東芝、象印マホービンの3社が生産していたが、東芝・象印の2社は2012年までに相次いで生産を終了しており、現在卓上型の生産を続けているのはパナソニックのみとなっている。

2014年調べのデータでは、日本での普及率は約28%に留まっている。ただし、奈良県では49.6%、沖縄県では19.6%と、地域によって普及率に大きな幅がある。

現在

現在の卓上型食器洗い機は、日本の住宅事情に適応したコンパクトなサイズ、優れた省エネ性、音の小ささなどから、海外でも人気が高い。また、節水効果が高いことから、食器洗い機の購入に補助金を交付している自治体もある。

事故

平成29年6月17日 食器洗い機(ビルト イン式)当該製品を焼損する火災が発生した。現在、原因を調査中。

2017年7月4日消費生活用製品の重大製品事故:かばんで負傷事故等

食器洗い乾燥機』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.