風刺のまとめ情報

風刺』の解説

thumb

風刺(ふうし、諷刺とも)とは、 多くの場合、変化を誘発あるいは阻止する意図をもって、主題(人物、組織、国家など)の愚かしさを暴きだし嘲弄する、文章・絵画・劇・映像等さまざまな文化的領域で使われる表現技法である。ケルト人の社会において、吟遊詩人の風刺は呪いと同様の物理的な効果をもたらしえると考えられていた。

技法としてパロディと似ている面もあるが、同義ではない。パロディは滑稽な効果をもたらすために、誇張された方法で他の芸術作品を模倣するユーモアの一形式である。それゆえにパロディは何らかの模倣による表現であるが、風刺は必ずしも模倣ではない。また、ほぼ全てのパロディは必然的にユーモラスな調子を帯びているのだが、風刺はユーモラスである必要はなく、事実多くの風刺作品は悲劇に含まれる。風刺の主要な目的は政治的・社会的・倫理的な変化の誘発(もしくは抑止)であり、ユーモアは二次的な目的となる。ユーモアを含んだ風刺は、巧妙かつ偽装的であり、いわゆる「笑えない」要素を含んでいる。

風刺を導入するバーレスクの形式も、2つの異なるカテゴリーへ分類することができる。自然からそのままに採用された主題を高尚な形式で扱うハイ・バーレスクと、叙事詩や詩の様式で伝統的に扱われる主題を採用し、それを貶めるロウ・バーレスクである。

歴史

西欧の文学における風刺は、紀元前5世紀より、基本的に戯曲の形式による社会論評の形式として受け入れられた。古代ギリシアの劇作家アリストパネスは、もっとも知られた風刺作家の一人である。その他の著名な古典期の風刺作家としては、ホラティウスユウェナリスがいる。この二人はローマ帝国時代早期に活躍した、後世に最も大きな影響を与えた古代ローマの風刺作家である。

中世初期には、風刺作品の例は僅かにしか見られない。12世紀における中世中期の到来と近世口語文学の誕生により、風刺文学は復権を成し遂げた。しかしながら、この時代の風刺作品では公の人物に対する直接の風刺は稀であり、風刺は専ら寓話的な用法に用いられていた。文学作品の登場人物は時おり風刺の題材として取り上げられたが、実在の人物や制度が取り上げられることは滅多に無かった。

風刺によるこれより直接的な社会論評は16世紀に再び始まり、フランソワ・ラブレーの作品のような茶番劇(ファース)がより真剣な問題に取り組み、結果として王権の怒りを買うこととなった。しかし、最も偉大な風刺作家達は、合理主義を掲げた17世紀および18世紀の思想運動である啓蒙時代と共に現れた。この時、団体や個人に対する狡猾にして辛辣な風刺化は、民衆の武器となった。ガリヴァー旅行記でイギリス社会を痛烈に批判したジョナサン・スウィフトなどが代表例である。

19世紀の小説家マーク・トゥエインは、風刺新聞から長編小説に及ぶ様々な形式の風刺作品を発表した、最も有名なアメリカの風刺作家である。また同じ19世紀、ロシアにおいてはイヴァン・クルィロフの『寓話』が当時のロシア貴族社会を痛烈に風刺した。

20世紀において、風刺はオルダス・ハクスリージョージ・オーウェルなどの作家により、ヨーロッパを席捲する社会変動の危険性に対する、真剣かつ恐るべき論評に用いられた。よりユーモラスな風刺は、ピーター・クックアラン・ベネットジョナサン・ミラーデヴィッド・フロストエレノア・ブロンダドリー・ムーアといった有名人らや、テレビ番組『』によってリードされた風刺ブームにより、1960年代初めのイギリスで復興期を迎えた。今日でも風刺は社会的な論評と表現の形式として人気を保ち続けているが、風刺は常にユーモラスな物でなければならないという認識が広まりつつある(必ずしも風刺はユーモラスな物とは限らない)。

ポップ・カルチャーおよび公共メディアにおける風刺

いくつかの風刺作品での誇張表現は、大勢の人々に信じ込まれてしまう程に巧妙である。これらの作品における風刺の性質は、公には理解されないのかもしれない。その結果として、風刺作品の作家や制作者が激しい非難に晒された実例も存在する。2001年にイギリスのテレビ放送局チャンネル4は、児童性的虐待小児性愛問題に翻弄される現代ジャーナリズムを揶揄し風刺する意図の、パロディ時事問題シリーズ『』の特別番組を放映した。ユーモアの主題にするには「重大すぎる」と多くの人間から考えられている問題を、この番組が揶揄したことに激怒した視聴者から、放送局へ莫大な数の苦情が寄せられた。架空の馬鹿げたハードロック・バンドのドキュメンタリーであるパロディ映画『』は、何人かの批評家からノンフィクションと間違えられた。

時おり、政治的あるいは社会的な指摘に用いられる事により、風刺は社会に変化をもたらしえる。例を挙げれば、漫画ドゥーンズベリー』が、州内でマイノリティに身分証の所持を義務付ける人種差別法を施行していたフロリダ州を風刺したすぐ後に撤廃され、改正法がドゥーンズベリー法という愛称で呼ばれるに至った。

2000年のカナダ国政選挙戦においては、カナダ同盟(旧改革党)による、十分な量の請願書がある場合には住民投票を義務付けるというシステムの提案が、「この1時間は22分(This Hour Has 22 Minutes)」という番組内で諷刺されたことで不評を買い、やがて撤回されてしまった。

風刺はコメディにおいて、頻繁に使用されつつあるように見える。多くの現代コメディ番組がある程度の風刺を用いており、コメディアニメも同様である。これらには『ザ・シンプソンズ』『ファーザー・オブ・ザ・プライド』『ファミリー・ガイ』『フューチュラマ』、更にオスカー賞を受賞した『ウォレスとグルミット/ペンギンに気をつけろ!』その他が含まれる。これらの作品はいずれも違ったタイプのコメディであるが、どれもある程度の風刺の上に成り立っている。その風刺の範囲は、『ザ・シンプソンズ』の社会時評から、『ファーザー・オブ・ザ・プライド』のジークフリード&ロイの人造ジャングルでの動物たちの生活にまで及ぶ。

著名な風刺作品の例

風刺』に 関連する人気アイテム

進撃の巨人

5つ星のうち 5.0ハンジが好き過ぎる

(参考になった人 3/3 人)

今が一番面白い
2巻が発売された頃から話は追っていたがそこまで熱心なファンではなかった。
2014年頃の進撃の巨人ブームの時は遠巻きに見てた、大人気のリヴァイにも当時は何で人気なのかわからなかった。最近になって急激にハンジが好きになり、自覚したら急激に沼にズブズブハマって
(シガンシナ奪還時の失明するほどのケガがありながら部下の危機にすっ飛んできて窮地を救い、荒れ狂うミカサを暴力や正論でなく同情で泣き落し、落ち着かせた所でハンジの魅力に堕ちてしまった)
ハンジと関わりの深いリヴァイの魅力にも気づいてしまった。

エルヴィン、モブリットも本当にいい男だ。
この26巻は待ち望んだハンジの再登場、空白の期間が語られている。
久しぶりに描かれた諌山先生のハンジはやっぱり最高でした。絵だけでも力強い魅力があふれている無茶苦茶カッコいい、連載中にそしてハンジが生きているうちにハマれて幸せ過ぎる。自分はもう漫画キャラに惚れることなどないと思っていたのに。
しかし魅力的なキャラがたくさんいるからといってキャラ萌えのためにお話があるわけではなく
人気キャラも容赦なくストーリーのためには亡くなるし、必要なければ出番も控え目になる。
その容赦の無さ。ストーリーのためにキャラがいる、一本筋が通っているこの漫画が大好きだ。

救いはストーリーにとって無駄な死ではない。
亡くなったキャラクターはその後のストーリーに大きな波紋を呼びキャラクターの立ち位置まで変えてしまい大きな影響力を持っていたことを死して尚感じられること。

23巻からのマーレ編には若干の戸惑いを感じるも、頑張って読み進めると22巻までの物語との繋がりが次第に見えてくる。
そして25巻で一気に主人公のアクションが復活し、26巻は怒涛の展開となる。見事である。
この物語の緻密な設定が連載当初から作者の頭にあったとしても不思議でない展開になっている。
何よりもこの漫画の優れている点は、人や組織を、単純な「善と悪」という対立軸では描いていないところにある。
特にこの26巻では「主人公側」が必ずしも「善」ではなかった事が念押しされるのだが、それでも尚且つ読者はエレンに感情移入してしまう。

その理由はエレンを取り巻くキャラクターの魅力にあるとしか思えない。それはミカサであり、アルミンであり、リヴァイであり、ハンジであり、かつてのエルヴィンであり、サシャであり、コニーであり、ジャンであり。
一方の「対主人公側」も負けずに魅力を放つ。ジーク、ライナー、アニ。新登場人物のガビ、ファルコ、ピークも。
誰も消えて欲しくないと思うのだが、しかし。
26巻の悲しい結末は次巻への期待をよりいっそう高めてくれた。

ただ、ジークの策略が複雑で今ひとつピンと来なかった。次回からの課題にしようと思う。

ほんと面白いですね進撃の巨人は。 最近進撃の巨人に関してつまらないとか過大評価されているという意見をちょくちょく見ますが、そういう評価してる人ってほぼ確実に漫画見てないか途中まで見ただけって人たちなんですよね。 あるいは世間の評価に流されてない自分カッケェという思いもあるのでしょう。 しかし評価を下すのならきちんと見てから判断しましょうねと言いたい。 見た上で理にかなった批判なら問題ないのですが的外れな意見が多かったので疑問に思いました。 今日本で一番面白い漫画だと思うので27巻も楽しみにしています。

ちはやふる

世の中には失礼な、ひどい偏見持った人達がいて「女に本当に面白いマンガは描けない」などと言ったりします。もちろんそんなの全くのデタラメで、素晴らしいマンガを産み出す女性作家さんなんて過去から現在まで数えきれないほどいます。
ただし一方で傾向として「女性作家のマンガによくありがちな欠点」というのも正直あったりします(男性作家のマンガにありがちな欠点があるのと同じように)。

それは例えば、情緒や思い入れといった、言ってしまえば作者の好みを優先して特定のイケメンキャラに入れ込みすぎ、倫理観や物事の筋をおろそかにしてしまうのがそうです。

もう少し具体的には「言動を冷静に評価するとろくでなしなイケメン」が「作中ではほとんど欠点を責められずむしろチヤホヤされ演出によって正当化され妙に好意的に描かれる」とかがそうです。

『ちはやふる』における太一がモロにそれ。

反感買うの承知で書きますが。『ちはやふる』は初期こそ傑作の趣きでした。でも今となっては「女性作家にありがちな悪いクセがそのまま出て台無しになってしまったマンガ」です。もう修正は利かないでしょう。もったいない。残念です。

ちはや、太一、新、クイーン、全員が高校生で成長していることを考えると、連載が進むにつれ内面描写がぼやけてくるのは理解できる。 キャラクター自身も自覚していないような感情まで描写してるのだと思いました。 勝ちを譲る描写があったけど、あれは勝ちではなく運命を譲ったように思います。 勝ちを譲ると約束した手前、あそこで譲らないと気持ちの整理がつかず、その後名人戦を戦っても勝てないと考えたのなら納得できます。 あくまでも挑戦者決定戦、この先が本番なんですよね。 続きが楽しみです。

5つ星のうち 3.0感想

(参考になった人 1/2 人)

この巻の勝負はかなり太一にスポットを当てる形で展開していきましたね。 完全に主役扱い。 三戦目は新もきちんと掘り下げて頂いて、勝ちを譲るとか無しの2人の真剣勝負を読んでみたいものです。 ちょっと面白かったのは巻の終わり頃に太一が唐突に「サッカーはトライアングルの形で3人でボールを運ぶのが基本」とか言い出して笑ってしまいした。 さては作者さん、「アオアシ」を読んだな。 影響されやすいなあ笑。

諷刺』の解説 by はてなキーワード

遠回しに批判する表現。社会や人物の欠点・罪悪を揶揄することが多い。風刺

用例

  • 諷刺画?風刺画
  • 諷刺漫画?(風刺漫画?
  • 諷刺戯画?(風刺戯画?

関連

諷意?、諷説?、諷諭?、諷詠?、諷誦?、諷諫?

風刺』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.