非点収差のまとめ情報

非点収差』の解説

thumb

非点収差 (astigmatism) とは、光軸外の1点を光源とする光が、レンズに対して同心円方向と直径方向で焦点距離がずれる収差をいう。

球面収差コマ収差像面湾曲歪曲収差と並んでザイデル収差の一つである

望遠鏡や広角レンズによる星野写真の周辺部で鳥が羽根を広げたような星像を見かけることがあるのは、非点収差によるものである。

非点収差と像面湾曲は密接な関係にある。像面湾曲による像面が、同心円方向の像と、直径方向の像で異なった面になっていると、それが非点収差になる。

英語のアスティグマティズムには「乱視」の意味もあり

非点収差』に 関連する人気アイテム

EchoAMZ 3D VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属

5つ星のうち 4.0面白い商品

(参考になった人 1/1 人)

スマホでグーグルアースを3Dで見てみました、最初は感動しましたが、Microsoft CL PowerDVD18 などを観るには3万円位出さないと無理みたいです、そのうちMicrosoft などが本腰を入れて普及していくのではないかと思います、2018年10月ですがWindows10 は1803から1809にアップグレードするみたいです、不必要な機能が沢山あり全く使わないアプリもあります、スマホ専用のゴーグルです、安く3D画像を観れるので安価ですからレビューを参考に購入すれば間違えないと思います、色々なメーカーが同じような製品を出しています、比べる事が出来ないので悩みました、購入して良かったです。

着荷して、開封した時になにか転がるような音がして開けてみると片方のレンズが外れていました。 とりあえず、自分ではめこんで使ってみましたが、きちんとははまらず、接着剤でつけようかとも思いましたが、失敗してレンズが汚れたら使えなくなると困ると思いとどまっています。 全体的につくりはちゃっちいくて、スマホの固定もしっかりはしてなくて使用中にずれたりもします。 ですが、まあ値段を考えたらこんなもんかな?って感じであきらめています。

どうしても旧D〇MのVR動画を観たくなり購入しました。 本当は、オキュラスリフトgoを買おうと思ったのですが、来年に新しいオキュラスリフトクエストが出るらしいので、それまでの繋ぎでしたが、割と楽しめています。 値段が高いPSVRとかオキュラスリフトなどを装着したことがないので、画質の比較はできませんが、2000円くらいでそれなりに使えているので買ってよかったと思います。

SIGMA 標準ズームレンズ Art 24-70mm F2.8 DG OS HSM キヤノン用 フルサイズ対応

5つ星のうち 5.0でかいけど、クリア

(参考になった人 14/17 人)

でかいです、事前に分かっていたのに、やっぱでかくて重いですw
でも、クリア。
α7RIIで、今までソニー純正の24-70F4ツァイスを使っていましたが、画を拡大すると、思うように解像されていなくて、大三元へ進もうかと。
しかし、純正は高すぎて無理。
MC-11使うので、Canonの24-70の赤い印のも考えましたが、これも高いし、そもそもCanonの純正で大三元もどうかと。
必然的に、このレンズになりました。
安いし。
いろんなレビューでは、細部について歪みとか解像とか玉ボケの形とか散々に言われているようでしたが、そんなレビューを観れば観るほど「おまえら、シグマ魂をなんと心得る!!」と天邪鬼な性格が最大ブースト。


以上のような経緯で買っちゃいました。
同じ環境で24-70F4ツァイスと撮り比べをしたら、解像の差(とボケの差・・・これは当然か)が一目瞭然でした。
まぁ、普通のスナップでここまで拡大して観ないだろうというレベルでの差でしたが、そういう差がほしくてRIIを無理して買ったので。
細部だけでなく、画全体もクリア感がハンパないです。
「ここは細部までピシッ!と解像じゃ!!」「ここはボケ領域じゃ、ぼけ!!」というメリハリがはっきりして、自分的には気持ちのいい画が手に入ります。
「重い」ことや「太い」ことや「重い」ことや「重い」ことは辛いですが、その犠牲を払う価値は十分にあります。
自分、写真に主観を交えて表現すること・・・芸術的な表現は苦手なので、というか、そういった芸術性はまるっきり持ち合わせていないので、「観たままを可能な限り客観的に」表現した写真、記録写真的な方向の野郎です(→そういうのを素人と言いますw)。
「主題はきっちりと解像、その他は適当にボケてろ!!」的な写真には、F2.8で十分です(これ以上F値が小さいと、逆に難しい)。
シグマさんは、Artシリーズの単焦点でSONYのEマウントを出して下さるそうでうれしいのですが、ズームも出して下さいね、ここで言うな、ごめんなさい。
でも、大いに期待しています。

5つ星のうち 5.0とにかくこれからです。

(参考になった人 10/11 人)

EOS6Dmk2用に購入しました。24-70mmはキャノン純正でもF2.8L、F4Lの2種類があり、ほかにタムロンも同様の20-70mmを出していますが、純正F2.8Lは高くて手が届かないし、F4Lはあとから明るいのが欲しくなるだろうと思い却下。
シグマと同じようにタムロンも同様のレンズはありますが、他者様のレビューを拝見してみてシグマのほうがいいのかなぁと自分なりの判断に至りました。
中身はまだまだこれからですが、静かなところで動画撮影を考えておられる方はAFの動作音が個人的には気になりマイクに拾われる可能性が高いです。


静止画のAFに関しては、これまで使用していたソニーのミラーレスのものと比較すると若干遅さを感じますが慣れてしまえば特に気にならないと思います。
つたないレビューですいません。

私はニコンのカメラ愛好なのですが・・純正は本体よりレンズのほうが高価なので・・手が届きません。
色々レビューを参考にしながら比較して・・SIGMA 標準ズームレンズ Art 24-70mm F2.8 DG OS HSM ニコン用...に決めました。
10万円ほどの価格差という魅力でこちらに決めました。
風景撮影でD500に装着して何度も試し撮りしていますが・・矢張り素晴らしいです。
82mmのフィルター口径でずっしりと重みはありますが・・使いやすいです。
ズームリングがニコン純正とは反対なのですが慣れれば何ら問題ありません。
薄暗いうちの・星峠の棚田撮影・でも日の出前の朝焼を確りと捉えててくれて満足しています。

SIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM ニコン用 フルサイズ対応 258559

定年退職後の趣味として、花の撮影を楽しんでいます。
今までは、NIKONのD700に ZEISS のマクロプラナー 100 mm F2.0 を付けた組合せが、花の撮影に 最高と考えて撮影してきましたが、72歳になって視力が低下し、手動のピント合わせが 少々 困難になってしまいました。
それ以降は、D700 に SP 90mm F2.8 マクロを付けて 撮影することが多くなりましたが、SIGMA の 受光素子 FOVEONも、花の撮影には 最適です。
今までは、SD15 に 50mm F2.8 マクロを付けていましたが、背景を大きくぼかすため、今回 105mm F2.8 マクロを購入しました。


このレンズは、自動ピント合わせが迅速にでき、かつ、マクロプラナーのように レンズ全長が変化しない インナーフォーカス式であることが 気に入っています。
背景のボケ味の美しさを、マクロプラナーと比較するのは 少々酷ですが、添付の試写例のように、価格以上の描写性能を持っています。
毎日の散歩の友に、SD15と 105mm マクロが加わり、楽しみが増えました。

画像をご覧ください。 カメラはニコンのD7200です。 ピクチャーコントロールをVIVIDにて、輪郭は#3としてあまり上げ過ぎないようにしましたが、レンズが良くご覧の通り繊細な解像になっています。 色のボカシも嫌らしさがないグラデーションが得られスッキリした色のりです。 特に昆虫を草花と一緒に配置してみても、草花は脇役としても色合いも惚け状態も破綻せず綺麗さが維持安定しています。 余計な背景をうまく処理しています。 これ一本で簡単に良い作品が得られますね。

5つ星のうち 5.0ニコンD7200で使用

(参考になった人 1/2 人)

他の方から十分にレビューされている通り、重いです!、単焦点レンズってこともあり小さくも似りません、電車とかの交通機関を使われる際は付属のハードポーチを使われると安心です、フードは2個付いてます、映像はスッキリしてますD7200のローパスフイルターレス機にはややもすれば鋭すぎる映像かも?このレンズでもちょっと筒が短く軽かったら120点差し上げたいですね。

非点収差』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.