雨予報のまとめ情報

雨予報』に 関連する人気アイテム

COM-SHOT 【 天候 で 変化 】 ウェザー ボール セット 科学 天気 予報 自由 研究 インテリア バロメーター MI-TENDAMA

5つ星のうち 3.0ちょとね?

(参考になった人 0/0 人)

ゲリラ雷雨用にと思い購入しました。 水の入れるのが難しく説明書も無いので ネットで調べたのですが 付属のホースが丸まっておりかなり 入れるのが難しです。

5つ星のうち 2.0なんじゃこら

(参考になった人 0/1 人)

原理は大気圧の変化を水位で観察出来る物ですが、室温の変化でグイグイ変わります。
「天候で変化」を観察するのは恒温室でもないと無理でしょう。
着色剤が入っていません、説明も無かったのですが他のレヴューにもある様に水が腐ると困るので着色剤は使っていませんが
webの様に出来るキットで有って欲しいです。もしくは着色料入っていませんよ〜な注釈が欲しかったです。

商品は注文後3週間の後に届くと連絡が有ったのに8日後に届きました、最初の連絡はなんだったのかな?
中国からの直送航空便でした。箱は凹んでいてペラペラで届いた時、商品が割れていないか心配でしたが傷(汚れ?)が
有るものの大丈夫でした。

雨はどのような一生を送るのか

雨が降った後、どうなるのか‥ もちろん、大雨になれば洪水や浸水などの大きな災害になります。 しかし、そこに至るまでの過程についてこれまで深く考えたことがありませんでした。 この本は、降った雨がどのように河川に至るかについて、追求していった研究者たちの 歴史が興味深く語られています。 これまで、私が全く知らない世界でした。 難しい数式は出てきませんので、文系の人にもお勧めしたい良書です。 もちろん、私のような気象予報士の方にもお勧めです。

竜巻のふしぎ―――地球最強の気象現象を探る

近頃毎週のようにニュースになる、台風や大雨などの自然災害の被害
その中で竜巻が話題になる頻度はあまり高くありませんが、たまに聞くと、知識がないがために一層おそろしく感じます。
平穏な生活を送っていると、「自然災害なんてブラウン管の中の話」ですとか、「きっと私は大丈夫」と思いがち。
少なくとも私はそうでした
ですが本書を通して、きちんと当事者意識を持って自然現象について理解し、被害を避けるべき行動することが、とても大切なのだと改めて思いました。
またとりわけ「正常性バイアス」(災害などの異常事態が起きているときに、それを過小評価する傾向)という概念について、とても興味深く読みました。



竜巻がなぜ起きるのかという解説においては、わかりやすい図がいくつも載っているので、中学生でもよく理解できそうです!
ただし気圧や気流などの気象用語を一度も学んだことのない子どもにとっては、すこし難しい部分があるかもしれません。
とは言っても、全編を通し易しい語り口で、専門書を読んでいるという感覚を持つことはありませんでした。
『竜巻のふしぎ』という、ひらがなのタイトルそのままのイメージです。

本書によると、「日本の竜巻は(中略)、台風が日本に近づきやすい夏の終わりから初秋にかけてが最も多く」なるそうなので、いまがまさに竜巻について学ぶべき時期でしょう。
家族全員で読み合わせれば、災害について考えたりその対策のために行動したりする、良いきっかけとなりそうです!

竜巻速報や竜巻による弊害のニュースを聞かない日が無いくらいの昨今。
この本は、ご家庭に一冊の必読に値するでしょう。
小学生の高学年からは自分で読めますし、幼稚園児や低学年の子どもたちには
大人が読んであげたらわかるぐらい、わかりやすく書かれています。
防災の基本が「なぜ起こったか?」ではなく、「どのようにして起こったか?」だとする著者は、
いざという時、身を守ることができるように導いてくれています。
竜巻の色や形状、右巻きか左巻きかなどの解説はもちろん、
竜巻が発生する具体的な前兆例、それが近づいてきたらどうなるか、など読者の知りたいことが満載です。
コラムのサイクロン掃除機と竜巻の話や、映画ツイスターの裏話紹介も興味深く書かれています。

難解な、そして今でも実態は解明し切れていない「竜巻」 それを分かり易く解説しようとした本。 「ほうっ!」と思わず誰かに話したくなるような蘊蓄を随所にちりばめ、読者に飽きさせない工夫をしているところが憎い。 今大ヒット中の掃除機「ダイソン」を見て、「竜巻」みたいだなと思ったこともあるが、筆者もそれに触れている点は「我が意を得たり」と満足。 最新型の小さな渦巻筒を多く装備した型はさしずめ「多重渦巻き型竜巻」なんだろうな。 著者に森田正光、森さやかとあるが、森田さんは最後に監修をしただけだろうなという読後感。

雨予報』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.