道路交通法のまとめ情報

道路交通法』の解説

道路交通法(どうろこうつうほう、昭和35年6月25日法律第105号)は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資することを目的とする(1条)、日本の法律である。略称は「道交法」。

車両等を運転して本法に違反すると「懲役禁錮罰金などの刑事処分」「累積点数で免許証の効力が停止または取り消される行政処分」が課されるとともに、民法及び自動車損害賠償法により「被害者の損害を賠償する民事処分」が課される。

構成

  • 第1章 総則(1 - 9条)
  • 第2章 歩行者の通行方法(10 - 15条)
  • 第3章 車両及び路面電車の交通方法(16 - 63条の9)
  • 第4章 運転者及び使用者の義務(64 - 75条の2の2)
  • 第4章の2 高速自動車国道等における自動車の交通方法等の特例(75条の2の3 - 75条の11)
  • 第5章 道路の使用等(76 - 83条)
  • 第6章 自動車及び原動機付自転車運転免許(84 - 108条)
  • 第6章の2 講習(108条の2 - 108条の12)
  • 第6章の3 交通事故調査分析センター(108条の13 - 108条の25)
  • 第6章の4 交通の安全と円滑に資するための民間の組織活動等の促進(108条の26 - 108条の32の2)
  • 第7章 雑則(108条の33 - 114条の7)
  • 第8章 罰則(115 - 124条)
  • 第9章 反則行為に関する処理手続の特例(125 - 132条)
  • 附則
  • 別表

主な改正

日付は施行日。道路交通法施行令・道路交通法施行規則など下位法令の改正を含む。

  • 1960年昭和35年)12月20日
    • 道路交通取締法(昭和22年法律第130号)が廃止され、道路交通法が施行される。
  • 1963年(昭和38年)7月14日
  • 1964年(昭和39年)9月1日
  • 1965年(昭和40年)9月1日
  • 1968年(昭和43年)7月1日
  • 1970年(昭和45年)8月20日
  • 1972年(昭和47年)10月1日
  • 1975年(昭和50年)10月1日
    • 自動二輪車に限定制度が定められ、中型自動二輪限定及び小型自動二輪限定免許が設けられる。
  • 1978年(昭和53年)12月1日
    • 自動二輪車のヘルメット着用が、一般道路、高速道路を問わずに義務化される。
    • 暴走族対策として、共同危険行為の禁止が規定される。
    • 歩道の通行が認められる自転車を普通自転車として定義し、歩道通行の方法を規定する。
  • 1985年(昭和60年)
  • 1986年(昭和61年)
    • 1月1日 3車線以上の道路における原動機付自転車の二段階右折が義務化される。
    • 7月5日 原動機付自転車のヘルメット着用が義務化される。
  • 1991年平成3年)11月1日
  • 1992年(平成4年)11月1日
  • 1994年(平成6年)5月10日
    • 5年以上無事故・無違反の優良運転者に限り、免許更新期間が5年に延長され、免許証の有効期限記載欄が金色の通称ゴールド免許となる。
  • 1996年(平成8年)6月1日
  • 1997年(平成9年)10月30日
  • 1999年(平成11年)11月1日
  • 2000年(平成12年)
  • 2002年(平成14年)6月1日
    • 酒酔い運転、酒気帯び運転、死亡事故など悪質で危険な違反は、罰則が強化される。
    • 免許証の有効期間の原則が、3年から5年へ変更される。
    • 高齢者講習と紅葉マークの年齢が、75歳から70歳へ変更される。
    • 身体障害者標識(四葉マーク)が定められる。
    • 自動車運転代行業者の義務を規定化。
  • 2004年(平成16年)11月1日
    • 走行中の携帯電話等の使用の罰則強化。
    • 騒音運転、消音器(マフラー)不備車両などの罰則強化。
      • 障害者等用除外標章の車禁止規制からの除外措置の一部変更。
    • 9月19日
      • 飲酒運転に対する罰則の強化。
        • 飲酒運転に対する罰則引上げ(最高で懲役3年、罰金50万→懲役5年、罰金100万)。
        • 飲酒検知拒否罪に対する罰則引上げ(最高で罰金30万→懲役3月、罰金50万)。
        • 「車両の提供」、「酒類の提供」、「同乗行為」の禁止・罰則を新設。
      • 救護義務違反(ひき逃げ)に対する罰則の強化(最高で懲役5年、罰金50万→懲役10年、罰金100万)。
      • 違反、事故などを起こしたときの警察官への運転免許証提示の義務化。
      • 外国運転免許制度の適用拡大(イタリアベルギー台湾を追加)。
  • 2008年(平成20年)6月1日
    • 後部座席のシートベルト着用義務化。
    • 高齢運転者標識(もみじマーク)の表示義務化。
    • 聴覚障害者標識(蝶マーク、蝶々マーク)の導入と表示義務化。
    • 自転車歩道通行の要件を事実上緩和。
  • 2009年(平成21年)
    • 4月17日
      • 高齢運転者標識(もみじマーク)の表示義務化は、罰則のない努力義務に戻された。
      • 高齢者と障害者、妊婦専用の駐車区間を設けることができるようになった。
      • 高速・自動車専用道でのあおり行為(車間距離保持義務違反)の罰則を「5万円以下の罰金」から「3月以下の懲役か5万円以下の罰金」に強化した。
    • 9月1日 内閣府告示に定める構造を有する三輪の自動車について自動二輪車と見做す(特定二輪車)規定を追加する道路交通法施行規則改正が行われた。
  • 2012年(平成24年)4月1日
    • 道路標識・道路標示により転回禁止の規制をしている場所を除いて、右折矢印信号での転回(Uターン)が可能になった。
  • 2014年(平成26年)9月1日
    • 運転に支障を来す疾患の運転免許証の取得・更新時の虚偽申告に対する罰則化。
    • 環状交差点での通行方法が決定(定義・交通方法など)。
  • 2015年(平成27年)
    • 6月1日 自転車の交通違反について、罰則規定の強化。
    • 6月17日 酒気帯び運転や過労運転等で交通事故を起こして人を傷つけた場合も、運転免許の仮停止の対象になった。
  • 2017年(平成29年)3月12日
    • 高齢運転者対策の強化(75歳以上の運転者)
      • 臨時認知機能検査、臨時高齢者講習の新設
      • 認知症のおそれがあると判断された場合には医師の診断書の提出等が必要となった。※医師の診断の結果、認知症と診断された場合は運転免許の取消しまたは停止。
      • 更新時の高齢者講習が認知機能検査結果から区分されるようになった。
    • 「普通自動車」の区分を、「普通自動車」及び「準中型自動車」に見直し。

交通反則通告制度

第9章「反則行為に関する処理手続の特例(125 - 132条)」に関する制度。

道路交通法』に 関連する人気アイテム

HITACHI ETC車載器 アンテナ分離型 音声ガイト搭載 HF-EV007

5つ星のうち 5.03年保証つき

(参考になった人 0/0 人)

3年間保証が重要 おおよそこの価格帯だと機能は変わらない。 最大の特徴が3年保証。 これを目当てに買いました。 車載電子機器は過酷な環境の中使用するため寿命が早いので保証があることに越したことない。 デザインは優れている。 しかし、スピーカーが本体に内蔵されているので、ダッシュボードの中に設置すると音が聞こえにくいです。

1点、アンテナ側のリャンメンテープが欠品していた。 返品も面倒くさいので、ストックのテープで解

複数の車両に取り付けることが多いので、金額にせよ取り付け要領にせよ申し分ないです。

走行中 テレビが視聴可能になるテレビキット ホンダ ギャザズ 2017年モデル VXM-174VFXi VXM-174VFi VXM-174CSi コネクター タイプ honda_tv_02

5つ星のうち 5.0取り付け時に問題発生

(参考になった人 1/1 人)

取説も何もなく、商品が入るちょうどくらいの箱に入っていました。 取り付けする際、ナビ側端子が入らず「端子間違いか何かか?」と思いましたが、よく見ると端子部の黒い部品が盛り上がっていたので押し込んだら入りました。 問題なく使用できています、音楽聞いているときに音質調整ができるようになったことが一番うれしいです。

コンソールボックスをバラせれば結構、簡単に取り付けられる。 取り付けた後は、普通に見れる。 TV画面の時にナビの誘導があると手動で切り替えないとTV画面に戻らない。 バックカメラは普段と同じ。 有ると無いとじゃ大違いですよ。

5つ星のうち 5.0問題なし。☆彡

(参考になった人 0/0 人)

N-BOX純正8インチインターナビに 取り付けました。 問題なく使用できました。 参考にされる方へは。 ナビ取り外しまでは難有りますよ! 頑張ってYouTube見て勉強してね。

運転テクニックおさらいBOOK 新版

5つ星のうち 3.0気休めには

(参考になった人 7/8 人)

最初こそいろいろと書かれていて且つコンパクトにまとまっていて すばらしい、と思ったのですが、「実践で使える何か」が書かれている かというと疑問です。 例えば、車庫入れなどの操作について、動作起点(前輪が隣の車の右前 にかかったら等)が全く書かれていません。 車種によって動作を始める位置が違うので敢えて書かなかったのかな、 と思っていたら縦列駐車の項では書かれていたりします。 。 。 以前運転していたことはあるが、長らく遠ざかっていてほとんどのこと を忘れてしまったような人が、安心を買うための本でしょうか。

5つ星のうち 5.0初心者必携

(参考になった人 1/1 人)

要領よくまとめられており図解もふんだんにあって分かりやすい。 いまさら人に聞けないような基本動作も盛り込まれていて大変参考になった。 道路標識一覧表が添付されているのも気が利いている。

5つ星のうち 4.0分かりやすい!

(参考になった人 7/7 人)

20年ぶりの運転をすることになり、教習所にも数回通っているところですが、色々と復習も兼ねて勉強できたらと購入しました。 分かりやすい絵と説明でとても参考になりました!

PLUG TV! for Volkswagen PL3-TV-V001

ワーゲンのティグアンに着けましたが、ナビ自体が日本のものに比べて低い性能です。 (他の処理の殆んどがナビ上で行うがそちらは面倒) テレビの見える地域が非常に狭いし、フルセグで見える範囲はほんの少しです。 その前に処理した事がドイツのワーゲンでわかってしまうこと(当然国内のディーラーも)

5つ星のうち 5.0簡単です。

(参考になった人 0/0 人)

新型パサートへの買い替えに伴い購入しました。 到着後、直ぐに取り付けようとしましたが、慣れないせいかなかなかプラグが入らなく苦労しました。 (本商品の下にちょっと出っ張りがありそこが車のプラグの周りのカバーに引っかかる感じでしたが思いっきり差し込むと何とか入りました。 ) インストールも簡単に出来、早速子供たちと旅行に行って来ました。 道中、飽きることなくDVDを観て静かにしてくれてました。

PLUG TV! for Audi PL3-TV-A001

5つ星のうち 5.0差し込むだけ

(参考になった人 0/0 人)

OBD2カプラーに差し込むだけの優れもの。 リカバリーモードも搭載しておりキャンセルのON/OFFが簡単にできます。

最初はプログラミングを変更すると言う事で少しドキドキしましたが、やってみると、あれ?もう終わり?!みたいな感じであっという間でした。 またいつでも元に戻せるし、リカバリーモードも付いているので安心ですし、なんといっても手軽に簡単にできるのでいいです。 少し値が張りますが購入して良かったです!

道路交通法』の解説 by はてなキーワード

日本の法律

1960年昭和35年)6月25日制定。法律第105号。

道路を使用する人すべて、つまり歩行者も車に乗る人も全ての安全と円滑なる運行を守るための法律。「道交法」と略して呼ぶこともある。

公道パーキングメーター駐車料未納のような、危険性の乏しい軽微な違反者から反則金を取り上げ、集金ビジネスのような取締を行うことは42.8.1通達で当時の警察庁長官により禁じられているが、現状はそのようになっていない事が、今井亮一などの交通ジャーナリストに指摘されている。

道路交通法 (法庫

道路交通法』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.