週刊ダイヤモンドのまとめ情報

週刊ダイヤモンド』の解説

週刊ダイヤモンド(しゅうかんダイヤモンド)はダイヤモンド社が発行する週刊の経済専門雑誌石山賢吉によって1913年大正2年)5月10日創刊。毎週月曜日発売。

歴史

  • 1913年(大正2年)5月10日 月刊誌として創刊。創刊号の定価は1部10銭。創刊時の雑誌名は『ダイヤモンド』(『経済雑誌ダイヤモンド』)。誌名は池田藤四郎によって「小さくとも相当の権威を持たせたい」という意気込みから命名された。
  • 1945年昭和20年)11月1日 5か月の休刊を経て再刊
  • 1946年昭和21年)9月 旬刊に移行
  • 1955年(昭和30年)3月 週刊に移行
  • 1968年(昭和43年)
    • 1月15日号 - サブタイトルの「経済雑誌」が「ビジネス活動に役立つ経済誌」に変更される
    • 2月26日号 - 誌名を『週刊ダイヤモンド』に改称。結果、東京地方裁判所は、「(問題の記事の)その内容について真実であることの証明がなく、意見又は論評としてもその前提事実の重要な部分について真実であることの証明がなく、むしろ明らかに真実ではないと認められる事実を摘示したり、それに基づく意見や論評をしているものであり、取材やそれに基づく判断にかなりの偏りが感じられ、被告らがそれを真実であるとか又は意見・論評が正しいと信じる相当の理由も見当たらないものである」として、被告側に550万円の損害賠償を命じ、ダイヤモンドは敗訴した。
  • 2010年(平成22年)11月13日号の特集記事「宗教とカネ」にて、宗教法人念仏宗無量寿寺」が強引な勧誘を実施しており、入会金などを巡り揉め事となるケースも多いなどとした記事を掲載したが、同法人から「一方的な中傷記事である」などとして訴訟を起こされる。2012年(平成24年)7月12日京都地裁は、記事の一部について「真実とするに足る相当な理由が認められない」などとして、ダイヤモンド社に対し220万円の支払いを命じた。

週刊ダイヤモンド』に 関連する人気アイテム

週刊ダイヤモンド 2018年 6/30 号

5つ星のうち 4.0ここで、数学か

(参考になった人 5/7 人)

人工知能(AI)、仮想通貨、自動運転など、未来を変える技術の根幹に数学がある。
英国の政府機関が、今年4月に公表した「数学の時代」と題したレポートによれば、金融や医療などの主要産業から国防に至るまで、数学が現代社会の基盤となっており、「イノベーションを生む強力なエンジンになっている」と強調。
さらに、数学への投資対効果は、工学や物理学、化学よりもはるかに高い588倍だと推定した上で、数学の素養を持つ人材育成が急務と訴える。
本誌36ページからは、文系ビジネスマンが、データ分析を学ぶための「数学入門」講座である。


講座は、5つのステップがあり、a、b、x、yが入った式の苦手意識の払拭と、数式の意味を理解することを目的としている。
①関数
②対数
③確率
④微分
⑤行列
の順に進められる講座は、こんな具合ではじまる。
「100万円を、利率年1パーセントの複利で銀行に預けたら、5年後の利子はいくらになるか」という問題の答えは、5.10万円。
この計算式に関数が使えるという。

計算はコンピューターがやってくれる。
しかし、何を計算させるかは、人間がやらなければならない。
数式の理解がカギを握る。

普段は手を出さない雑誌なのですが、コンビニ店頭で立ち読みした『ノブナガ先生』第1巻(大和田秀樹)で教師となった織田信長が、数学の教科書を差し出しながら「逆に教科書でしか学べないこともあるのだ」生徒を諭したのを見て、すぐそばにあった本書を迷わず購入しました♪

【超整理日記(野口悠紀雄)】
自動翻訳が進歩しても、(それが完全に正しい翻訳かどうかが限らないので)外国語の勉強は必要で、それにはGoogle翻訳が有用な助手に成り得るということ。
とはいうものの、筆者は果たして、フェードフ・チュッチェフの短詩(アンドレイ・タルコフスキイ監督の映画「ストーカー」ラストの場面で少女が朗読)の丸暗記を通してロシア語をマスターできるのであろうか?

前半は、図を使った説明に工夫がされていると思った。 「数学応用の最前線」では、60ページから機械学習の購買効果法の紹介があり、64ページから楕円曲線暗号(最前線の内容ではないか)、そしてパーシステントホモロジーの紹介もあった。 エッセイとか入試問題の思い出や漫画の紹介などは不要だと思った。

週刊ダイヤモンド 2018年6/30号 [雑誌]

5つ星のうち 4.0ここで、数学か

(参考になった人 5/7 人)

人工知能(AI)、仮想通貨、自動運転など、未来を変える技術の根幹に数学がある。
英国の政府機関が、今年4月に公表した「数学の時代」と題したレポートによれば、金融や医療などの主要産業から国防に至るまで、数学が現代社会の基盤となっており、「イノベーションを生む強力なエンジンになっている」と強調。
さらに、数学への投資対効果は、工学や物理学、化学よりもはるかに高い588倍だと推定した上で、数学の素養を持つ人材育成が急務と訴える。
本誌36ページからは、文系ビジネスマンが、データ分析を学ぶための「数学入門」講座である。


講座は、5つのステップがあり、a、b、x、yが入った式の苦手意識の払拭と、数式の意味を理解することを目的としている。
①関数
②対数
③確率
④微分
⑤行列
の順に進められる講座は、こんな具合ではじまる。
「100万円を、利率年1パーセントの複利で銀行に預けたら、5年後の利子はいくらになるか」という問題の答えは、5.10万円。
この計算式に関数が使えるという。

計算はコンピューターがやってくれる。
しかし、何を計算させるかは、人間がやらなければならない。
数式の理解がカギを握る。

普段は手を出さない雑誌なのですが、コンビニ店頭で立ち読みした『ノブナガ先生』第1巻(大和田秀樹)で教師となった織田信長が、数学の教科書を差し出しながら「逆に教科書でしか学べないこともあるのだ」生徒を諭したのを見て、すぐそばにあった本書を迷わず購入しました♪

【超整理日記(野口悠紀雄)】
自動翻訳が進歩しても、(それが完全に正しい翻訳かどうかが限らないので)外国語の勉強は必要で、それにはGoogle翻訳が有用な助手に成り得るということ。
とはいうものの、筆者は果たして、フェードフ・チュッチェフの短詩(アンドレイ・タルコフスキイ監督の映画「ストーカー」ラストの場面で少女が朗読)の丸暗記を通してロシア語をマスターできるのであろうか?

前半は、図を使った説明に工夫がされていると思った。 「数学応用の最前線」では、60ページから機械学習の購買効果法の紹介があり、64ページから楕円曲線暗号(最前線の内容ではないか)、そしてパーシステントホモロジーの紹介もあった。 エッセイとか入試問題の思い出や漫画の紹介などは不要だと思った。

週刊ダイヤモンド』の解説 by はてなキーワード

ダイヤモンド社が発行する、経済・ビジネス週刊誌

毎週月曜日発売。

宗教」「政党」などの巨大組織や「新聞業界」などの一般雑誌が決して組めない(恐れを知らない)特集を組むことも多い。

1913年(大正2年)、創刊。

週刊ダイヤモンド』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.