連休中のまとめ情報

連休中』に 関連する人気アイテム

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた

20代前半、彼との関係が上手くいかず、よく先輩に恋愛相談をしていましたが、そんな時に先輩にこの本を紹介してもらいました。 男女共学の学校に通い、異性の兄弟がいて、親も男女平等の教育を心掛けていたため、この本に出会うまで男性と女性の違いを強く意識した事がなく、まさに目から鱗でした。 この本で学び、今では彼の言動に一喜一憂する事なく、落ち着いた恋愛が出来るようになって来ました。 たった一冊の本で私の人生・生活が好転しました。 是非早い段階で皆さんに読んで欲しい本です。 彼氏が男らしいタイプ、彼女が女性らしいタイプ、という方は特に。

5つ星のうち 5.0離婚した人の原因

(参考になった人 4/4 人)

離婚した親の子供は離婚する。 私の周りにはそんな人が多くいる。 親から受けた幼少期の感情は大人になっても心の底で眠っており自分のパートナーにぶつけてしまい己も同じ道を歩んでしまう。 しかしこの本で書いてあることを頭に置いておけば回避できるかもしれない。 勉強も恋愛も教科書を参考にし経験を積み日々勉強していくしかないと考えた。

彼氏が長期出張に行く前に読んだ一冊。 読んだ日から、寂しいとは口に出さないようになりました。 がんばれ!と言えるようになりました。 男女の違いを知ることは、相手のためだけじゃなくて 自分の精神衛生上にも大切かも! すごくパートナーが愛おしく感じさせてくれる本です。

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー

良くないと言われていることも、自分でよく考えずに興味本意で簡単に始めてしまえば、いつの間にかそれが自分の生活習慣となり、それを長く続ければ、果ては自分の人生の習慣となってしまいます。気づけば、私の場合はチェーンスモーカーのようになっており、この事に気づかせてくれたのは家族でした。主人の「お前はタバコについての害を知っているのか?その上で吸い続けているのか?」という私への問いかけから始まりました。知りませんでした。それから私は図書館へ行き、禁煙外来の医師をはじめ、様々な著者のタバコや禁煙に関する本を7冊程借りて読みました。

その中で、私に効果があったのがこちらの本だけでした。最後の1本を吸った時、初めてタバコを吸った時のまずい味が胃によみがえり、長い間、最初に正直に感じたタバコの味を自分で麻痺させていたことに気づく事が出来ました。今はもう、禁煙から何年経っているのか分かりません。他者が吸っていても、何とも思いません。喫煙から卒業できたのだと思っています。私の知人も喫煙者でこちらの本の話もしましたが、彼女はダメだったそうです。自分に良かったものが他人にも良いとは限らないので、禁煙することに心の準備ができた方やこの本のセラピーの進め方に共感できる方は、成功するかもしれません。今は禁煙の成功体験を忘れない為に、御守りのように本棚に置いてあります。私はこちらの本で禁煙に成功したので、感謝を込めて5つ星です!

タバコを数十年間吸い続けました。

ある日、ハァハァと息苦しさを感じタバコの事を考えるようになりました。
何度か禁煙をしようと思いましたがやっぱり続かない。

そこでこの本を購入したところ。
あら!本当にタバコをやめることになってしまいました。

それはどうして?
タバコとはどういうものなのか??

それがこの本に書いてあります。
それを読めば段々とタバコが「怖い」ということが現実的になってきます。



タバコ美味しいですけどね。
怖さと天秤にかけたら吸わない方を選びました。

一番良かったのはタンが出ないことです。
「んっんー!」「カー!ペッ!!」もなくなりました。

この本にすごい感謝しています。

5つ星のうち 5.0だまされたと思って‥

(参考になった人 0/0 人)

私はこの本を読んで、タバコをやめてから6年になります。 本当に不思議ですが、「読むだけで絶対やめられる」はおおむね事実だと思います。 ただ、最後にタバコをやめるまでの10年弱の間、3冊この同じ本を買いました。 個人的には、電子タバコが流行る前にやめられて良かったなぁ〜と思っています。 本にも書いてあったと思いますが、元喫煙者である以上、「禁煙は一生続くもの」であると自覚することが大事な気がします。 周りでタバコをやめた人に聞いてみてください。 三人に一人はこの本を読んでると思います。 それくらい素晴らしい本だと思います。

ひび割れ 補修 フロントガラス リペア キット 2ヶ所分

5つ星のうち 4.0お手軽

(参考になった人 0/0 人)

小さなヒビであれば、素人でも簡単に短時間でリペアすることができます。 ポイントは、 ・リペア前によく洗車すること ・リペア箇所のゴミを綺麗に取り除くこと ・空気を抜くプロセスをしっかり行うこと 上記したことを押さえていないと、リペア後も傷が目立つことになります。 当方は少し傷が目立ってしまう結果となりましたが、ひとまずヒビを埋めることはでき、ヒビの拡大は防げたと思います。 ご参考にまでに。

5つ星のうち 5.0とても役に立ちました

(参考になった人 0/0 人)

車屋に頼むと15000~20000円くらいかかる修理が500円でできました。 2か所続けて行い、2カ所目には加圧の段階で両面テープを浸透して漏れてきましたが、ヒビのない小さなくぼみだったので平らにはなりました。 施行後に車屋で確認してもらいましたが、DIYであっても補修してあるので車検は問題なく通るとのことでした。

5つ星のうち 5.0安い

(参考になった人 0/0 人)

安いの一言!写真に載っている物と説明書が届きました。 試しに黒い容器の先をハサミで切り一滴UV溶液を落としてUVライトを当ててみました。 キッチリ樹脂がビニール以上の固さに成りました。 日にちが経てばモット固くなるかな? まぁ送料の値段で買えたので一時凌ぎの補修には十分です。

青の炎

5つ星のうち 5.0”青の炎”

(参考になった人 1/1 人)

私がこの作品で感じたのは、人の心の美しさだ。

主人公が1件目の殺人を犯したのは、純粋に母と妹のためだった。
愛する家族を守るためとはいえ、殺人は許されることではないし、実際問題発覚する可能性も高い。
ただ、彼の眼にはそんなことは入ってこなかったのだろう。それは愚かなことではあるが、その愚かしいまでの純粋さが、私には美しく感じられた。

殺した後の描写も生々しい。人を殺してしまったという罪悪感と、発覚するのではないかという恐怖が彼を苦しめる。


そこで描かれているのも、また心だ。どんなに冷静ぶっていても、自然に出てしまう、感情。その姿が美しい。

2件目の殺人は、ためらいながら実行する。なぜなら1件目と違い、殺すのは憎んでいる相手ではなく、かつての親友だからだ。ただ、家族を守るため、そして1件目ですでに殺人という一線を超えてしまっているため、実行に至ってしまう。

結局すべては露見してしまうが、発覚した後の彼は、初めて自分を客観的に見ることができるようになっていた。そして、自分の行いを後悔しつつも、家族を守るため、最後の手段に出る。

彼の中の純粋な”青の炎”が勢いよく燃え盛り、そしてゆらゆらと揺らぎながらも、最終的には落ち着いた炎になって静かに消えていく。人の心をこれほど純粋かつ情熱的に描いた作品は他にないのではないだろうか。

5つ星のうち 5.0倒叙推理小説の傑作

(参考になった人 0/0 人)

ネタバレなしでレビューしてみます。

解説の佐野洋さんも言ってますが
倒叙推理小説の傑作です。

気になった方は面白いのでオススメしてます。

倒叙推理作品、というとテレビドラマで
「警部補 古畑任三郎」や「刑事コロンボ」が有名ですね。

犯人側が犯行を行う様子を描き、あとから
警察側がアリバイ崩しをしてゆく形式のものです。

犯人側から犯行を描くのでスリリングなのですが
当然、悪いことをする犯人には感情移入しにくいので

どちらかというと読者、視聴者の感情移入は
正義である探偵、警察側です。



この作品は、主人公が犯行を行う作品ですが
主人公に感情移入しやすくなってます。

私自身は、映画版を先に観たのですが
結末を知った状態でも原作である本書を
楽しめました。

作品の最後に推理作家であり評論家でもある
佐野洋さんの解説があるのですが、
さすがベテランだけあって素晴らしい解説です。

解説というのは、本編よりも前に読む人もいるので
ネタバレになってしまうケースも有るのですが
こちらの解説は大丈夫です。

5つ星のうち 5.0切ない犯罪物語

(参考になった人 0/0 人)

家族のために殺人を行う主人公。 主人公の感情表現が豊かで曽根に対する怒りがよく読み取れた。 犯罪を行う前後は読んでてハラハラし、緊張感を終始感じた。 また山月記の虎の表現も良かった。 後半は家族や学校の友人が主人公を庇おうとし、最後の紀子の別れから主人公の最期は切なく、燃え盛る炎が静かに燃え尽きる様で、殺人という罪を犯しながらどうにかならなかったのかと思いました。 末期ガンのこと知ってたら何か変わったのかな… 家族を大事にする反面自己犠牲となり、悲しい殺人犯を描いた物語です。

神去なあなあ日常

有名な作品、舟を編む はじめの2~3ページで挫折。なにがおもしろいのか、わからない。 このままだと、三浦しをんという作家のよさが、わからずじまいになってしまう。 チャレンジするつもりで、この本を手にとったしだいです。
結論を言えば、なんとか3日がかりで、読み終えた。 私の知らない、林業で生計をたててる人々が描かれてる。都会で生まれ育った私にとって、日本のなかに、こんな暮らしをしてる人が存在してるのか。はじめて知りました。フィクションといっても、解説で、丹念な取材をもとに書かれてると記されてる。

山村の生活という点では、ノンフィクションにちかいのだろう。読んでよかったと思う。
ただ、現時点では、しをんさんの作品を、つぎつぎと買って読もうという気にはならない。 いつか、舟を編むを、読破してみよう。いつか・・・・。

久しぶりに、神去なあなあ日常を映画化した、Wood Jobを観直したこともあって、原作も読み直しました。 映画自体もひとつひとつのシーン含め大好きで時々観なおしては感動しているのですが、それ以上に原作を読んでいると、山や森をはじめとした自然の力強さや、偉大さ気高さ恐さも含め、そしてその中で生きていく人間賛歌が、心のなかにありありとイメージとして湧きあがってくるので、映画と同じように時々読み直したくなる作品です。 映画を観て原作も読む。 原作を観て映画を観る。 どちらから始めても楽しい時間を過ごすことが出来ると思うので、とってもオススメです。

5つ星のうち 5.0自然との係わり 良書

(参考になった人 13/16 人)

前著の人気が凄いし、映画にもなったし。 三浦さんって本当に文章が上手。 何より情景描写しゃ心象表現が凄い。 そして自然を見る目が的確で暖かい。 内山節さんの言葉をパクると「人と人の関係性」「人と自然との関係性」を見事に綴っています。 都市と農村、上流と下流 対比ではない関係性だろう。 里山資本主義なんていう言葉だけの思想じゃないところが良い。 映画も早く見たいと思う。

連休中』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.