農園のまとめ情報

農場』の解説

農園に関連性が高い単語の解説を表示しています。 農園についての情報が含まれているか確認して下さい。

農場(のうじょう、)または農園(のうえん)は農業の基本単位である。農場は穀物野菜などの農産物、および家畜などの畜産物といった食料の生産のために使われる土地(農地)でもある。また、農地に付属する家屋や管理棟、畜舎などの建物や、敷地内のなどをまとめて農場ということもある。

農場または農園は一個人、または一家族(農家)が経営・所有する場合もあれば、農村や組合などの共同体企業国家が経営・所有する場合もある。また大きさもごく小さな農地と家屋のみのこともあれば、数千ヘクタールに達する巨大農場もある。

種類

農場にはさまざまな種類がある。例えば畜産業を営む農場のうち、柵で囲った中で家畜を放し飼いにして育てる場所は牧場(ぼくじょう、まきば)という。特に、草原など放牧地牧畜を行う放牧場は英語でランチ(ranch)、スペイン語でエスタンシア(estancia)と呼ばれる。一方、畜舎に家畜を入れたままにして飼料を与える場所は畜産場ともいう。馬の生産を主に行う牧場は(うまや、stable)という。牛乳など乳製品の生産(酪農)を主に行う農場を酪農場(dairy farm)という。

野菜を栽培し、穀物はほとんど生産しない農場は菜園(truck farm)という。(truck とは物々交換を意味するが、古語では野菜のことを呼んだ)果物を生産する農場は果樹園(orchard)と呼び、特にぶどうワインレーズンなどを育てる果樹園を葡萄園(ヴィンヤード、vineyard)という。

九州の熊本、山都町や阿蘇地方では、主に自家用野菜を生産する小規模な畑を「しゃえん」と呼んでいる。これは菜園がなまったものと考えられる。

地域による農場の形態

イングランドでは貴族など、同じ所有者のもとにある複数の農場群は「農場(farm)」ではなく「地所(estate)」と呼ぶべきだとの意見もあり、農場と地所の区別ははっきりしない。なお、「farm」の語源はアングロ・サクソン人の言葉の「feorm」から来ている。feorm とは食料の貯蔵・供給と関係のある言葉で、さらにもともとは生産財や貨幣の等価物をのための負担とするような課税の形態のことであった。時代を経て、こうした課税は土地賃貸税へと変わっていった。

ソビエト連邦などの社会主義国では農地の集団化が図られ、集団農場が作られたこともあった。ソ連ではコルホーズ(集団農場)、ソフホーズ(国営農場)といったものがあり、コルホーズでは農具や作物は共有物であった。

商品作物を生産するため、多数の農業労働者を雇い運営する農場をプランテーションという。特にかつての植民地や現在の発展途上国などで行われ、労働力を安価にするため奴隷労働に頼っていたこともあった。

日本では農場は個人経営の小規模なが中心である。明治以降、北海道など各地に西洋式の作物栽培と牧畜業を組み合わせた農場が数多く作られたが、特に岩手県に作られた小岩井農場が有名である。

File:Bauernhof.jpg|ドイツの農場

File:Ontario_farm.jpg|オンタリオにある典型的な北アメリカの農場と農場建築

File:Farming near Klingerstown, Pennsylvania.jpg|ペンシルベニア州、クリンガースタウンの農場

File:Sheep eating grass edit02.jpg|草を食む羊、オーストラリア

File:Picea pungens"Glauca Globosa"-namabegarden JAPAN 201605.jpg|プンゲンストウヒの農場
北海道

農場の歴史

農場の成立は町や都市の成立につながる第一歩である。森林での採取や狩猟を行っていた時代から農業を始める時代になると、生産物の徴収・分配、市場での販売、道路の整備などが後に続く。

農園の規模は小さなものから始まったが、輸送手段の発達・市場経済の発達などにより次第に農場の規模が大きくなり、一方で小規模な自作農から他人の農地を耕す小作農となる者も現れた。植民地などではプランテーションなど極端に大きな農場も出現した。

農場をめぐる権利は多くの革命、解放戦争、植民地後(ポストコロニアル)経済などで焦点となってきた。

関連項目

*

Category:農業施設

Category:農業

農園』に 関連する人気アイテム

定年バカ

この本を読んで、「よくぞ、言ってくれました!」と、声をあげる定年者はきっと多い。
世の定年本をめった斬りにする著者の主張に共感というか快感を覚えるからだ。

しかし、この本の真骨頂は、定年者に言われる「~しなさい」の解明にもある。
意外な事実が浮かび上がってくる。
一つは、世に溢れるばかりにある定年本の性格だ。
定年本は、「不安を確認し、ときには不安を煽り、その後に希望を示す」ハウツー本ではないかということだ。

もう一つは、「~しなさい」は、実は、定年者を取り囲む人の希望ではないかということだ。


この「~しなさい」は、定年者のことを思っている言葉のように聞こえるから、定年者は深刻に受け止める。
だが、著者が言うように、定年者は一人ひとり違うはずだ。
一人でいることを好む定年者だって、きっと多い。また、「生きがい」も持つも持たないも、定年者の勝手だと思う。
著者の「自分の好きなようにやればいい」に同感である。

痛快な本である。世のあまたの定年本への痛烈な意趣返しのように読んだ。
だいたい世間は定年者(特に男性)を、必要以上に哀れな者として身過ぎている。確かに何もすることのない定年者は多いだろうが、他人が思っているほど当人は悲観していない。少なくとも私はそうだ。
それを寄ってたかってお節介を焼き、指南書が次々に出る。
今映画化されて話題の「終わった人」などまさに典型で、定年した男はさぞかしこんな風なんでしょう? という作者の思い込みに世間が乗っかっただけ。私は読んでも見てもいないが、あらすじを眺めて唖然とした。

あんな男いるものか。バカバカしい。
本書は「終わった人」も俎上に乗せて批判しているが、私に言わせればまだ生ぬるい。こんなもの喜んで読んだり見たりして啓発された気になってる人たちを厳しく批判して欲しかった。
その他諸々の定年者に対するステレオタイプの見方を、舌鋒鋭く?斬っているのが心地よい。

5つ星のうち 4.0ある意味痛快!

(参考になった人 1/1 人)

巷の定年本は「早めに準備」「老後資金は」「生き甲斐」「地域デビュー」「ボランティア」などとあれこれ定年後のご指南をする内容が多いが、この本はそれらのほとんどを「大きなお世話」と切って捨てている。 あるいみ痛快。 定年後だろうが定年前だろうが、人それぞれの人生観や価値観があるのだから、「好きにさせればよい」というスタンスだ。 肩の荷が下りる方も多いのではないか。

TRUSCO カラー針金 ビニール被覆タイプ グリーン 線径2.0mm TCW-20GN

が、垂木とベニヤ板で作った看板をフェンスにくくるのは、針金よりも縄のほうが簡単ですし、耐久性もあると思います。 繰り返しますが、針金として特に問題は無いように思います。

最強の農起業!

愛知県で観光ブルーベリー農園を経営されている著者さんの本で、帯の「年間60日で年収2000万円!が気になりました。

サラリーマンが農業へ転身なんて大丈夫なの!?と思いますが、本の中では、どうしてブルーベリーなのか、どうして観光型なのか、現在に至るまでの苦労やノウハウも綿密な計画等も惜しみなく書いてあります。

くわえて本の中には、じぶんが幸せを追求していい。やりたいことをすれば、みんなも幸せになるという、読み終えると心が温まる、元気になれるというエッセンスがあり、著者様は農業で成功されていますが、どうして農業を選んだのでしょうか。

農業でなくてもよかったのか。私はどうしてこの本を手にとったのか、そんなことも考えさせてくれます。

とても読みやすいのでお友達に貸したり、本棚に入れてたまに読み返したりもしています。ブータン編が私のお気に入りです。

パートをしている家内が、将来を見据えて起業し、果樹園を始めることになりました。
ほぼ同時期に本誌の広告を目にしていたため、参考になるかもしれないと思い購入しました。
私も筆者と同じ自動車関連の製造業に従事しており、日々の仕事で行っている管理や改善業務を、異業種である農業に如何に展開していくかという点について、とても参考になりました。
早速、家内にも読んでもらったところ、やり方次第で農業もまだまだいけるのではないかと思えるようになり、素人で何もわからないことを強みにして、新しい農業を構築していきたいと考えております。
出版に際してご苦労もおありでしたでしょうが、おかげさまで本誌に縁をいただき、起業する勇気をいただきました。
ありがとうございました。

本書は、農業の起業本というよりも生き方の選択として読むべき本。 マズローの欲求5段階説によれば、最上位に来るのは「自己実現欲求」(自分の能力を引き出し創造的活動がしたいなど)。 組織に縛られ依存するのではなく、自分の好きなことに全力で取り組むことによって、経済的自立と自由を獲得でき、自己実現につながっていく。 脱サラ、起業、経営安定の道のりを読めば、自己実現のヒントは見えてくる。 国が働き方改革を重要なテーマに位置付けている中での必読書。

Farmer’s KEIKO 農家の台所 野菜のおかず便利帖 Farmer’s KEIKO 農家の台所

野菜別で美味しい野菜の選び方や保存方法がわかりやすく書かれており この手の野菜本としては一番いいと思います。 農家目線なのがいい。 冷凍野菜は目から鱗。 生で冷凍するとは思いもつかなかったです。 あと野菜1種で作れるレシピはあともう1品という時に役にたっています。 農家の台所シリーズは全て持っていますが、この本が一番おすすめです。

5つ星のうち 5.01949baba

(参考になった人 5/5 人)

けいこさんの本は何冊か持ってます。 大ファンです。 写真が昭和的で懐かしく、おちつきます。

農園』の解説 by はてなキーワード

 農園は、農場の中でも野菜・草花・果樹、観賞用の植物などを栽培し、園芸をする土地活用をさす。

農園』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.