講談社のまとめ情報

講談社』の解説

株式会社講談社(こうだんしゃ、英称:Kodansha Ltd.)は、日本の総合出版社。創業者の野間清治の一族が経営する同族企業

概要

創業者の野間清治により1909年明治42年)11月に「大日本雄辯會」(だいにっぽんゆうべんかい)として設立される。当初は弁論雑誌である『雄辯』を出版していた。「講談社」の名称はその名の通り「講談」に由来するもので、『講談倶楽部』を創刊した1911年(明治44年)から大日本雄辯會と併せて使用した。評論家徳富蘇峰は、戦前の少年や青年たちに大きな影響を与えた講談社を「私設文部省」と評した。

1938年昭和13年)10月に野間恒が2代目社長に就任すると共に株式会社に改組、同年11月に野間左衛が3代目社長に就任した。1945年(昭和20年)に野間省一が4代目社長に就任し、1958年(昭和33年)に「株式会社講談社」と改称。その後1981年(昭和56年)に野間惟道が5代目社長、1987年(昭和62年)に野間佐和子が6代目社長、2011年平成23年)に野間省伸が7代目社長に就任し、現在に至る。

「面白くて為になる」をモットーに、戦前から大衆雑誌キング』・『少年倶楽部』などの様々な雑誌や書籍を出版した。『吉川英治全集』・『日本語大辞典』などを出版する傍ら、多数の文学賞を主宰した。

集英社小学館(両社とも一ツ橋グループに所属)と並ぶ日本国内の出版業界大手であり、一時は年間売上高が2000億円を超えていたこともあった。しかし、近年はいわゆる「出版不況」により売上が減少、2002年(平成14年)には戦後初の赤字決算となった。また最盛期には小学館に約500億円の差を付けていたものの、2006年(平成18年)は売上高が1456億円まで落ち込み、1470億円を売り上げた小学館に抜かれた。2007年(平成19年)にはその小学館を上回ったが、2009年(平成21年)以降は集英社に抜かれている。

2002年(平成14年)と2006年(平成18年)のFIFAワールドカップの際にはそれぞれFIFAオフィシャルブックとして、2002 FIFAワールドカップ『公式ガイドブック』・『公式プログラム』・『公式写真集』(総集編)、2006 FIFAワールドカップ『公式ガイドブック』・『公式総集編』を刊行している。

ディズニーキャラクターを使用した書籍の出版権を持っており、東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーとして東京ディズニーランドトゥーンタウンを、東京ディズニーシーレジェンド・オブ・ミシカ(2014年9月7日にショー自体が終了するため、提供を終了)、タートル・トーク(2014年9月4日から)を提供している。

社屋本館の正面に東京メトロ護国寺駅の6番出入口がある。

歴史

  • 1909年明治42年) - 初代社長野間清治により本郷区駒込坂下町(現・文京区千駄木)にて大日本雄辯會を創立。
  • 1910年(明治43年) - 大日本図書発行元として『雄弁』を創刊。
  • 1911年(明治44年) - 講談社を起こし『講談倶楽部』を創刊。
  • 1914年大正3年) - 『少年倶楽部』を創刊。
  • 1920年(大正9年) - 『現代』『婦人倶楽部』を創刊。
  • 1924年(大正13年) - 『キング』を創刊。
  • 1925年(大正14年) - 社名を大日本雄辯會講談社と改称。
  • 1931年昭和6年) - レコード部(現・キングレコード創業)を設置。
  • 1933年(昭和8年) - 本社を小石川区音羽町(現・文京区音羽)に移転。
  • 1938年(昭和13年) - 野間恒、2代目社長に就任(11月没)。野間左衛、3代目社長に就任。組織を株式会社とする。
  • 1945年(昭和20年) - 日本報道社を定款変更し、光文社を設立。 野間省一、4代目社長に就任。
  • 1946年(昭和21年) - 豊国印刷を設立。
  • 1952年(昭和27年) - 第一紙業を設立。
  • 1954年(昭和29年) - 第一通信社を設立。
  • 1958年(昭和33年) - 社名を株式会社講談社と改称。
  • 1961年(昭和36年) - 音羽サービスセンター(現・講談社ビジネスパートナーズ)を設立。
  • 1964年(昭和39年) - 音羽建物を設立。
  • 1970年(昭和45年) - 講談社サイエンティフィクを設立。
  • 1972年(昭和47年) - ペック設立(現・講談社エディトリアル)を設立。
  • 1975年(昭和50年) - 日刊現代を設立。
  • 1977年(昭和52年) - 三推社(現・講談社ビーシー)を設立。
  • 1981年(昭和56年) - 野間惟道、5代目社長に就任。
  • 1987年(昭和62年) - 野間惟道死去に伴い、野間佐和子が6代目社長に就任。
  • 2005年平成17年) - 講談社(北京)文化有限公司を設立。
  • 2008年(平成20年) - 講談社USA、講談社USAパブリッシングを設立。
  • 2009年(平成21年) - 創業100周年。なお、100周年記念日の12月17日は、創業者・野間清治の誕生日に由来する。
  • 2010年(平成22年) - 星海社を設立。
  • 2011年(平成23年) - 野間佐和子の死去に伴い、野間省伸が第7代社長に就任する。 台湾講談社媒体有限公司を設立。
  • 2015年(平成27年) - 講談社学芸クリエイトを設立。
  • 2016年(平成28年)11月 - 一迅社を完全子会社化。
  • 2017年(平成29年)10月 - ポリゴン・ピクチュアズとの合弁会社講談社VRラボを設立。

女性誌

幼児誌

女性コミック誌

その他雑誌

フリーマガジン

無料電子雑誌

かつて発行・発売していた雑誌

実用書

  • 健康ライブラリー

全集

辞典

  • 講談社国語辞典 第三版
  • 講談社カラー版 日本語大辞典 第二版
  • 学術文庫 国語辞典 改訂新版
  • 日本語の正しい表記と用語の辞典 第二版

食品・医薬品

昭和初期、どりこの(清涼飲料水、現代で言う所の栄養ドリンク)を筆頭に、イノール(胃腸薬)・トラシン(感冒薬)といった医薬品・栄養食品を販売していた。

ゲームソフト

  • ブルーアルマナック (1991年6月22日、メガドライブ)(講談社総研)
  • 騎士伝説 (1993年7月16日、メガドライブ)(講談社総研)
  • 魔天の創滅(1993年12月29日、メガドライブ)(講談社総研)
  • ウルトラマン図鑑 (1996年9月13日、セガサターン
  • 金田一少年の事件簿 悲報島 新たなる惨劇 (1996年11月29日、PlayStation
  • BOYS BE… (1997年3月28日、PlayStation)
  • はじめの一歩 (1997年7月31日、PlayStation)
  • B線上のアリス (1997年9月18日、PlayStation)
  • ウルトラマン図鑑2 (1997年12月18日、セガサターン)
  • 頭文字D外伝 (1998年3月6日、ゲームボーイ
  • 金田一少年の事件簿2 地獄遊園殺人事件 (1998年3月26日、PlayStation)
  • 修羅の門 (1998年4月2日、PlayStation)
  • ウルトラマン図鑑3 (1998年6月18日、セガサターン)
  • 頭文字D (1998年6月18日、セガサターン)
  • 水木しげるの妖怪図鑑 総集編 (1998年6月25日、セガサターン)
  • つんつん組 すうじでぷにぷに (1998年9月23日、PlayStation)
  • だんじょん商店会 〜伝説の剣はじめました〜 (1998年10月29日、PlayStation)
  • つんつん組2 もじもじぱっくん (1998年11月19日、PlayStation)
  • 頭文字D (1999年1月7日、PlayStation)
  • つんつん組3 カンジベーダー (1999年1月28日、PlayStation)
  • サイコメトラーEIJI (1999年2月18日、PlayStation)
  • ぴくぴく仙太郎パズルでごはん (1999年2月18日、PlayStation)
  • 胸騒ぎの予感 八神ひろきのGame-Taste (1999年5月20日、PlayStation)
  • 金田一少年の事件簿3 〜青龍伝説殺人事件〜 (1999年8月5日、PlayStation)
  • BOYS BE…2nd Season (1999年9月22日、PlayStation)
  • 鬼眼城 (1999年12月22日、PlayStation)
  • 賭博黙示録カイジ (2000年5月25日、PlayStation)
  • 沈黙の艦隊 (2000年9月28日、PlayStation)
  • ナニワ金融道青木雄二の世間胸算用〜 (2001年7月19日、PlayStation)
  • 魔法先生ネギま!FUN DISC麻帆良祭 (2006年3月24日、Microsoft Windows

放送業界との関係

講談社が発行する『週刊現代』や『フライデー』によってNHKや各民放局、その他マスコミマスメディア)などをバッシングするケースがよくあるが、同社が発行する雑誌・刊行物に掲載される小説漫画などの作品自体との関係に関して言えば関係は悪くない。結局のところ、講談社は規模が大きく、部門間(小説や漫画作品のコンテンツ発掘・著作権管理部門や、『週刊現代』、『フライデー』等の報道部門など)の横のつながりが希薄などが原因で論調が統一されにくいのが理由だと考えられる。

なお、講談社は各放送局と手を組んでの人気作品の映像化にかなり積極的でもある(ライバル小学館集英社も同様)。

NHK

主な刊行物
教育テレビの乳幼児向け番組(雑誌)
* 『おかあさんといっしょ』(『NHKのおかあさんといっしょ』)
* 『いないいないばあっ!』(『はじめてのテレビえほん いないいないばあっ!』)
総合テレビの情報教養番組
* 『探検ロマン世界遺産』のDVD制作販売
* 『ちょっとキザですが』(磯村尚徳
その他(当時のNHKのアナウンサー・キャスターによるエッセイ本など。番組収録中の写真等を含む)
* 『気くばりのすすめ』(鈴木健二
* 『スタジオ102のドラマ』 (高梨英一)
* 『NHKを10倍楽しむ法』(宮崎緑

日本テレビ

箱根駅伝中継のガイドブックが発行されている。

TBSテレビ

講談社は、TBSテレビの親会社である東京放送ホールディングスの1.98%の株式を保有する大株主である(2012年3月末現在、株主順位第9位)。

2000年から、講談社が発行する『週刊少年マガジン』『週刊ヤングマガジン』の両編集部と共同で『ミスマガジン』を2012年度まで開催していた。

2005年には、講談社系列のレコード会社キングレコードにも出資、業務提携をしている。

2006年4月からは、講談社とTBSは「ドラマ原作大賞」を共同で創設し、新たなドラマと作家の発掘を行っている。

テレビ朝日

講談社は朝日新聞社東映九州朝日放送などに次いで、テレビ朝日ホールディングスの1.36%の株式を保有する株主である。なお、野間佐和子前社長は1988年6月から2010年6月までテレビ朝日の社外監査役を務めていた。

フジテレビ

文学作品賞の江戸川乱歩賞について、両社は共に後援企業として名を連ねている。

ライブドアフジテレビとのニッポン放送株買収合戦に当たっては、講談社はフジテレビを支持し、株式公開買い付け(TOB)でニッポン放送株をフジテレビに売却した。

講談社が発行する各種雑誌(『週刊少年マガジン』や『モーニング』など)で連載されているコミックが、フジテレビでテレビドラマ化されるケースが多い。

文化放送

関連会社の光文社と共に出資している。また同社3代目社長の友田信は講談社の出身であった。

テレビ東京

講談社の漫画作品がテレビアニメ化される際に、系列会社のキングレコード(スターチャイルド)がサントラなどで制作に関わることが多い。

記事掲載によって問題化した事件

記事掲載を伴わない事件、不祥事等

  • 講談社社員による大学生の身分であると詐称したアンケート調査事件(2007年11月29日
講談社社員が、「市場研究を行っている大学生慶應義塾大学総合政策学部)」と身分を詐称し、インターネットブログ運営者らに対し、漫画についてのアンケート調査を実施していたことが判明した。発覚後、講談社より被害者(アンケートの送付先)と慶應義塾大学に対して謝罪が行われたが、アンケート送付先に送られたメールの中に「(今回のアンケートについて)ご許可がいただければ、弊社の今後の販売・宣伝施策に活かさせていただきますが、」との記述があった。これにより、「ここで『はい』なんて言うか」と、余計に怒りを買う事となった。

  • 株式会社光文社(講談社子会社の日本報道社を定款変更する形で設立)
    • 光文社サービス - 光文社写真スタジオ、光文社演劇スタジオの運営管理業務
  • キングレコード株式会社(講談社のレコード部門から分離)
    • セブンシーズミュージック - 音楽出版社
    • ベルウッド・レコード
    • キングインターナショナル - 海外CDの輸入販売。
    • キングエンタープライズ - キングレコードへの人材派遣業
    • キング関口台スタジオ - 音楽・映像のレンタルスタジオの運営管理業務
    • ポリゴン・ピクチュアズ
  • 株式会社日刊現代
    • 日刊現代大阪
    • 日刊ゲンダイ販売サービス
    • ノンコム

講談社グループ

  • 講談社エディトリアル - 書籍・雑誌の編集。発売元は、講談社本体のほか、一部、講談社以外のものも扱う。
  • 講談社サイエンティフィク - 自然科学系書籍を刊行。
  • 講談社ビーシー - 車関連の書籍・雑誌の編集を扱う。発売元はすべて講談社本体。2009年6月1日に三推社より社名変更した。
  • 講談社コミッククリエイト - 『復活ボンボンシリーズ』、特撮書籍等を講談社と共同刊行。
  • 星海社 - 『星海社文庫』『星海社新書』等を発行。発売元は講談社本体。
  • 短歌研究社 - 『短歌研究』を発行。
  • 講談社学芸クリエイト - 講談社およびその他出版社の人文系の書籍・雑誌などの企画提案・編集受託。
  • 一迅社 - 漫画・ライトノベル中心の出版社。2016年10月14日に講談社が完全子会社化を発表。発売は講談社と共同。
  • 講談社パル - 講談社こども教室(幼児教室)を展開。
  • 講談社ビジネスパートナーズ - 2011年7月に自費出版を扱う「講談社出版サービスセンター」と本の物流保険代理業を扱う「講談社ロジコム」が合併して設立。
  • 豊国印刷 - 書籍・コミック単行本の本文印刷、デジタル製版、デジタルコンテンツ管理を扱う。
  • 第一通信社 - 講談社100%出資の広告代理店
  • 音羽建物 - ビル不動産の管理運営、造園等を手掛ける。
    • 第一紙業 - 出版・印刷用紙を中心とする紙の専門商社。
  • 講談社ヒューマンネットワーク - 人材派遣会社
  • 講談社ビジコ - 講談社及びグループ会社の経理業務。
  • 講談社フェーマススクールズ - 美術系の通信教育を扱う。
  • 講談社エフエス
  • 講談社VRラボ - VRコンテンツ、映像、ゲーム、音声、音楽等のデジタルコンテンツの企画、制作、製造、卸、貸与、販売、版権事業及び輸出入。ポリゴン・ピクチュアズとの合弁会社。
  • 講談社(北京)文化有限公司
  • 台湾講談社媒体有限公司
  • KODANSHA USA, INC. - アメリカ事業の統括会社。
    • KODANSHA USA PUBLISHING, LLC.
    • Kodansha Advanced Media LLC.
  • VERTICAL,INC.(講談社46.7%、大日本印刷46.0%)
  • KODANSHA EUROPE LTD.

関連法人

  • 一般財団法人野間文化財団
  • 公益財団法人国際文化フォーラム
  • 公益財団法人野間教育研究所

過去

  • スコラ - 1981年に講談社の子会社として設立。1988年7月に講談社から自社の出版者記号を移行。2001年3月に特別清算される形で消滅した。
  • アスク - 1981年に講談社との折半出資で「アスク講談社」として設立。1998年に現社名に変更。
  • 講談社インターナショナル - 1963年7月1日設立、2011年4月末で解散。洋書・語学書・一般書を扱い、日本語作品の英語への翻訳出版も行った。
  • ランダムハウス講談社 - 2003年にランダムハウスとの提携で設立。2010年の提携解消により武田ランダムハウスジャパンに改称。2012年12月に倒産。
  • 2&4モータリング社 - 車関連の映像メディアを制作。

その他の出資会社

業務提携

  • ハースト婦人画報社 - 雑誌やムックなどすべての出版物の書店等の小売業者を通じた販売業務を講談社が受託。
  • Cygames - コミックスレーベル「サイコミ」の販売業務を講談社が受託。

加盟団体

日本電子書籍出版社協会、読書推進運動協議会、日本雑誌協会日本書籍出版協会、日本出版インフラセンター、日本エッセイスト・クラブ、出版文化国際交流会、全国出版協会、日本出版クラブ、国際児童図書評議会コミック出版社の会、デジタルコミック協議会、日本オーディオブック協議会、日本アドバタイザーズ協会、日本雑誌広告協会、日本ABC協会、日本インタラクティブ広告協会など

著名なOB・OG

講談社』に 関連する人気アイテム

進撃の巨人

5つ星のうち 5.0ハンジが好き過ぎる

(参考になった人 3/3 人)

今が一番面白い
2巻が発売された頃から話は追っていたがそこまで熱心なファンではなかった。
2014年頃の進撃の巨人ブームの時は遠巻きに見てた、大人気のリヴァイにも当時は何で人気なのかわからなかった。最近になって急激にハンジが好きになり、自覚したら急激に沼にズブズブハマって
(シガンシナ奪還時の失明するほどのケガがありながら部下の危機にすっ飛んできて窮地を救い、荒れ狂うミカサを暴力や正論でなく同情で泣き落し、落ち着かせた所でハンジの魅力に堕ちてしまった)
ハンジと関わりの深いリヴァイの魅力にも気づいてしまった。

エルヴィン、モブリットも本当にいい男だ。
この26巻は待ち望んだハンジの再登場、空白の期間が語られている。
久しぶりに描かれた諌山先生のハンジはやっぱり最高でした。絵だけでも力強い魅力があふれている無茶苦茶カッコいい、連載中にそしてハンジが生きているうちにハマれて幸せ過ぎる。自分はもう漫画キャラに惚れることなどないと思っていたのに。
しかし魅力的なキャラがたくさんいるからといってキャラ萌えのためにお話があるわけではなく
人気キャラも容赦なくストーリーのためには亡くなるし、必要なければ出番も控え目になる。
その容赦の無さ。ストーリーのためにキャラがいる、一本筋が通っているこの漫画が大好きだ。

救いはストーリーにとって無駄な死ではない。
亡くなったキャラクターはその後のストーリーに大きな波紋を呼びキャラクターの立ち位置まで変えてしまい大きな影響力を持っていたことを死して尚感じられること。

23巻からのマーレ編には若干の戸惑いを感じるも、頑張って読み進めると22巻までの物語との繋がりが次第に見えてくる。
そして25巻で一気に主人公のアクションが復活し、26巻は怒涛の展開となる。見事である。
この物語の緻密な設定が連載当初から作者の頭にあったとしても不思議でない展開になっている。
何よりもこの漫画の優れている点は、人や組織を、単純な「善と悪」という対立軸では描いていないところにある。
特にこの26巻では「主人公側」が必ずしも「善」ではなかった事が念押しされるのだが、それでも尚且つ読者はエレンに感情移入してしまう。

その理由はエレンを取り巻くキャラクターの魅力にあるとしか思えない。それはミカサであり、アルミンであり、リヴァイであり、ハンジであり、かつてのエルヴィンであり、サシャであり、コニーであり、ジャンであり。
一方の「対主人公側」も負けずに魅力を放つ。ジーク、ライナー、アニ。新登場人物のガビ、ファルコ、ピークも。
誰も消えて欲しくないと思うのだが、しかし。
26巻の悲しい結末は次巻への期待をよりいっそう高めてくれた。

ただ、ジークの策略が複雑で今ひとつピンと来なかった。次回からの課題にしようと思う。

ほんと面白いですね進撃の巨人は。 最近進撃の巨人に関してつまらないとか過大評価されているという意見をちょくちょく見ますが、そういう評価してる人ってほぼ確実に漫画見てないか途中まで見ただけって人たちなんですよね。 あるいは世間の評価に流されてない自分カッケェという思いもあるのでしょう。 しかし評価を下すのならきちんと見てから判断しましょうねと言いたい。 見た上で理にかなった批判なら問題ないのですが的外れな意見が多かったので疑問に思いました。 今日本で一番面白い漫画だと思うので27巻も楽しみにしています。

パワーウィッシュノート2019 2018.9/10乙女座 新月~2019. 8/15水瓶座 満月

去年はじめてKeikoさんのパワーウィッシュノートを購入して使用しました。 新月と満月に楽しく書き込みが出来て、見返してみると願いが大なり小なり叶っているものが多かったです。 今年も楽しみに使わせてもらおうと思っています。

5つ星のうち 3.0まぁ良かったです。

(参考になった人 0/0 人)

編集は良かったですが、字が大きいので行間等が小さく書きにくかったです。 専用のノートなのでテンションは上がるので、楽しんで続けられそうです。

まだ使い始めたばかりですが、これからの新月、満月が楽しみです。 帯からのパワーも噂通り感じられ、帯は取らずにつけたままいこうと思ういます!

GIANT KILLING

5つ星のうち 3.0「孤高」

(参考になった人 2/3 人)

ある水準以上には面白くはあるけど、正直、代表戦はもう少しテンポよく進めてもらって、もっとETUの話を描いてほしい。海外組には全く思い入れがないし、代表での立ち位置の面白さとしても椿と窪田以外にはあまり関心が湧かない。花森にしろ、登場するまで全く名前も出てこなかった選手だし、彼と持田の関係にしても、出てくる前は持田の口から花森のはの字も出なかったので後付け感が否めない(それでいて登場後は花森のことばかり考えてるので不自然)。だから持田不在の花森の孤独感、彼の孤高の佇まいというのにもいまひとつ共感が出来ない。


それと、最近の本作は伏線の張り方がわかり易すぎて先がある程度読めてしまう。
・王子「自分に要求のできないチームの習性を嘆くべき」→直後の名古屋戦で椿が王子に要求
・代表復帰戦からETU戦に至るまで全得点に絡む持田→脚に抱える爆弾フラグの発動
これらはほとんど予想通りだったけど、今回も持田不在を椿と窪田(主に椿)が埋めるだろうというのはこの巻の練習描写や過去のブランの発言からも予測できるし、それほど引っ張る話なのかと思ってしまう。達海とETUがもっとみたいな。

アジアカップの予選を舞台に、 花森の苦悩を描いたこの巻。 椿ファン、ETUファンにとっては 少し物足りない展開でしたが、 椿が今後のキーマンになってくることを予感させる終わり方。 持田と花森との過去の回想シーンがなんだか切ない。

5つ星のうち 5.0日本代表エースの視点

(参考になった人 0/0 人)

日本代表のアジアカップ編が本格的に始まり、いつもの国内リーグと違う雰囲気で面白いです この巻は代表のエース・花森視点のストーリー展開が中心となります 今までのジャイキリにはない切り口なので、新鮮で面白いです!

乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01

ライブや握手会等に参加してる感じのそこそこのファンです。

掲載されているメンバーに大きな偏りがあります。

いわゆる「グループの顔」と言われるようなメンバーの掲載率が極めて高く、一方の選抜メンバーの1列目以降のメンバーや、アンダーメンバーの掲載率は極めて低いです。

グループ内での具体的なキャラクターや立ち位置が確立しているメンバーに関しては比較的掲載率は高いですが、そうでないメンバーは上記の通りです。

「掲載されてなくないか?」と錯覚するほど掲載率が低いメンバーもいます。



乃木坂全体を応援しているファンとしては、仕方ないこととわかってはいても、やはり悲しかったです。

この写真集は、現状のメディア露出が多く、ファンじゃない方でも「あ、なんかこの子見たことある!」と気付けるほどの人気メンバーを多く載せることで、新たなファンの獲得を狙いにしたモノなのかと感じました。

このような印象から、この写真集は古参ファンではなく新参ファンに向けた作品なのかと思いました。

そもそも、もともとファンの方なら買うのが目に見えてるからでしょうか。

ただ、素が全面に出たメンバーの皆さんは明らかに可愛かったので購入に悔いはないです。

改めて皆可愛いなと思いました。 この写真集の売りはメンバーの素に近い表情がたくさん観られると言うところでしょう。 狙って撮った写真でもメンバー間の仲の良さや、性格も感じ取られる所が、ファンの方にはたまらないと思います。 ☆-1は仕方ない事かもしれませんが、写真が人気メンバーに偏りすぎてると言う点です。 西野七瀬さんも白石麻衣さんも齋藤飛鳥さんも大好きですが、同じ様な写真が何点かありました。 その分をもう少し他のメンバーの写真にして欲しかった。 それが残念です。

5つ星のうち 5.0最高の一冊です!!

(参考になった人 0/0 人)

メンバー同士で撮影したということもあり、普段見れないような一面も見ることができ、素晴らしい一冊になっていると思います!! 乃木坂好きなら買って損はありません!

波よ聞いてくれ

5つ星のうち 5.0藻岩山ラジオの遊撃隊

(参考になった人 1/2 人)

5巻を読んで思い出したのが、前巻での麻藤のこのセリフでした。 しかも、「立ち位地」の比喩ではなく文字通り遊撃隊に。 リアルタイムで連載を読まず、単行本化まで待つ私のような読者の方が、より衝撃されるかと思います。 なんなのこの展開、、、 と。 盲点をつくかのように、近くて遠い世界から放送しています。 麻藤⇔著者と置き換えて、既刊を読み直すのも、また一興です。 来年?の次巻まで待つのは、なんともはがゆいですが我慢します。 。 。

ラジオのマンガっていうだけでも異色。 おもしろくできるのかなぁと思って読み続けているが、5巻でまさかの急展開w 沙村さんはギャグもシリアスもどっちも書ける最高峰の漫画家ですね。 早く続きが読みたくなる一冊。 同時発刊の「ベアゲルター」は読む人を選ぶが、 「波よ~」万人受けすると思う。 まぁ、個人的に一番のおすすめは ハルシオン・ランチ(1) (アフタヌーンコミックス) なんですけどねww

1~4巻までのテイストと5巻は一気に変わる。 もしも電子書籍ではなくて実際コミックを購入していたら恐らくはこの巻で切って、メルカリ行きにしていたと思うけど、電子書籍なのでそれが出来ないのが残念。 ただ、6巻での内容次第では電子書籍で持ってて良かった!コミックで買ってたら買い直しじゃん!になるのを期待してます。 その時にはレビューを3から5に上げたい。

講談社』の解説 by はてなキーワード

概略

日本を代表する出版社の一つ。

文庫、新書などの書籍だけでなく、漫画、写真週刊誌など出版物は多岐に渡る。

大日本雄弁会として発足。

大日本雄弁会講談社に改称、のち現社名に。

社長:野間佐和子 副社長:野間省伸 

東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーの一。

野間省一(故人)は第四代社長。

一ツ橋(相賀グループ)と対比するときの通称は「音羽

主な出版雑誌

  • 週刊漫画

少年マガジン(1959)、ヤングマガジン(1980)、など

  • 週刊

週刊現代(1959)FRIDAY(1984)、など

  • ファッション誌

ViVi

News

講談社、全16誌のコミックポータル「講談社コミックプラス」β版をオープン(4月1日14時44分配信 japan.internet.com)

http://kc.kodansha.co.jp/

* リスト:リスト::出版社

講談社』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.