評論のまとめ情報

批評』の解説

評論に関連性が高い単語の解説を表示しています。 評論についての情報が含まれているか確認して下さい。

批評(ひひょう、英語フランス語critique)とは、ある事象を(できるだけ無前提の思い込みを排する形で)判断することである。批判(ひはん)とも。

英語・フランス語の 「批評」critique という単語は、ギリシャ語の kritiki (κριτική,何らかのモノの価値についての「洞察ある判断」)の語に由来する。

文芸・美術・文化における「批評」

critique は、美学あるいは文学理論においても用いられる。そこでの critique とは、主に絵画遊びなどの「作品批評」を意味する。この場合、「批評」とはより幅を広く取って、「ある作品の出来・品質・良し悪し(quality )についてのあらゆる議論」を指すことになる。文芸批評には批評理論というのもある。

哲学における「批判」

哲学の分野ではしばしば「批判」ともいう。イマヌエル・カントが「人間の認識能力に関する限界や妥当性についての反省的な考察」という意味でKritik(独語)を用いた。この文脈ではKritikは「批評」ではなく「批判」となる。しかし、Kritik(独)もcritique(英)も、それ自体は、日本語における「批評」と「批判」、どちらの意味合いも含んでいる。

さらに今日の哲学におけるcritique(批判・批評) という単語は「概念(concept)・理論(theory)・研究方法論や原理(discipline)、あるいはそれらを用いた具体的な分析手段(approach)などについての諸条件や因果関係に対して、体系的な問いを立てること」「またそうした概念・理論・方法論・分析手段の限界や妥当性を理解しようと努めること」というような意味に拡張されている。

なお、このような現代的意味におけるcritical(批判的・批評的)なアプローチと対立する思考法を「ドグマ的アプローチ」、すなわち「独善的に決められた法則を、決して疑わないような思考法」と呼ぶ。

社会思想における批判理論

政治理論の文脈においては、カール・マルクスの唯物論を継承したフランクフルト学派の「批判理論」(critical theory)において、「批判」という意味合いでの critique の継承が見られる(ユルゲン・ハーバーマスなど)。また、ミシェル・フーコーアラスデア・マッキンタイアの権力批判も、そのやり方は著しく異なるものの、社会批判(social critique)の文脈にある。

批判的思考

心理学論理学教育学などで批判的思考(クリティカル・シンキング)という概念があり、批判を用いた思考によって誤った推論や論理展開を避けるための解決などとしても研究されている。

評論』に 関連する人気アイテム

古生物のサイズが実感できる! リアルサイズ古生物図鑑 古生代編

とうの昔に絶滅してしまった古生代の動物(一部植物もあり)たちの姿を、精細かつ大きさを考慮して復元させて、現代の風景に出現させてみせたタイムマシーンのような図鑑である。2018年7月21日に発売されたが、Amazonの売れ筋ランキングでは、地球科学と生物学のカテゴリーで、今でも(2018年10月13日現在)第3位である。しばらくは第1位を続けたのだと思う。この分野の本としては大ヒットじゃないだろうか。アイデアが良かったが、これだけ精細な古生物のイラストを多数(207ページの本)制作した労力も貢献している。

CGを使って描いているのだろうか。かなり想像も入っているのだろうが、とても生き生きとあたかも今も生きている生物のように描かれている。いわゆる進化学の教科書では、ここまでしか分かりません、といわんばかりのそうとう単純なイラストしか載っていないのと対照的である。背景の多くは、istock(ゲッティイメージズ)の画像を使用している。つまり出来合いの写真を購入して使っているのであるが、そこはコストのこともあり仕方ないのだろう。ただし、出てくる人物がほとんど白人なのがすこし気になった。それで絵としては映えるのだが、なんか広告のようでもある。まあ、これらの化石がヨーロッパやアメリカを中心に世界中から見つかっていることも確かなのだが。
99ページに各種のウミサソリ類が並べて描かれているが、ほとんどケジラミのように見える。これが現代の風景に合体すると、数十cmから2m近くもあるのだからおそろしくなる。それにしても、古生代にはみょうな形の動物が多かったと実感する。しかし、あるていど一定の形には収まっているとも思う。現代の生物と共通な原理で形作られてれていたのだなと思うのである。

今までの図鑑は、太鼓の世界のイラストでそういえば実際の大きさは想像しにくかった。 この発想はおもしろいと感じました。 今目にできるものとの比較で、大きさのイメージが簡単に湧いてきました。 一部気持ち悪さもありますが、楽しかった。 ジェラシックパークの映画を初めて見たときの印象に似ているかもしれません。

本のタイトルから興味をくすぐる感じで 非常に楽しめました 意外と知り合いのお子さんにあげたら フェイバリットブックにしてるらしいです 生物の進化はすごいなぁ

ぼくらの死生観―英霊の渇く島に問う - 新書版 死ぬ理由、生きる理由 -

5つ星のうち 5.0祖国とは

(参考になった人 4/4 人)

祖国とは何でしょうか?これを考えさせられる内容でした。
祖国とは、愛国心とはこういうものであると再認識させられました。
この国をなぜ現在を生きている我々が真剣に守らなければならないのか。それはこの国を守るために死んでいった(戦った人だけでなく)祖先たちに感謝し、次世代に引き継ぐために我々が今しなければならないということです。
それが象徴されたのが硫黄島のことであり、沖縄戦のことです。そしてそれだけではなく市井の人々が続けてこられたことです。

『マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや 』
あるんです。

ここに。長く多大な犠牲を払って綿々と引き継がれてきた祖国が

ただし、国を背負っている立場にある人々は自分の決定如何によって、いかに多くの犠牲を払わなければならないかということも同時に認識できる内容でした。

かつて発売された本のリメイク作品です 既に読まれた人のためにと追加されたのが120pもありもはや 別の本にもなりかけてる文量ですが 400P近くありますがさらっと読めてしまいました 著者が拉致被害者の一刻も早い帰還とともにこだわっている 硫黄島からの遺骨採集というテーマで 日本人が入ることすらできない日本の土地をあの手この手で交渉して 青山さんがどうにかしてはいるまでのものがたりと 硫黄島を通じて生きるということを考えさせてくれる名著です 日教組は自虐史観しか教えないと青山さんも語ってますけども この本からは 日本人が日本人を守るため闘った尊さを感じます 青山さんの本はいつも熱い

泣きながら読みました。 著者青山さんと、青山さんが出会った全ての人の想いがドッと胸に迫るような本でした。 現代の私たちはあの戦争をどう捉えるべきなのか、何をするべきなのか。 そして、なぜ生きなければならないのか。 それを根本的なところから教えてくれる本でした。

2万回のA/Bテストからわかった 支持されるWebデザイン事例集

A/Bテストツールでは草分けとも言える
KAIZEN Platformを利用したA/Bテスト事例です。

実際にテストしたページデザインを比較しながら
見ることができるのでA/Bテストに取り組みたい、
あるいは実施しているという方には参考になるかと。

すべてのテスト結果に対して理由付けというか、
解説が述べられているのですが、
ちょっと首を傾げるものも多いです。

ただ理屈とか経験を裏切る結果が出るのが
(分かるのが)A/Bテストのいいところなので、
そこはざっと読み飛ばすのもアリでしょう。



余談ですが、昔リリースされて間もない
KAIZEN Platformを導入したことがあるのですが
ツールの使い勝手の悪さ、当方の経験不足、
バカ高い料金体系と契約期間縛りなどにより
大いに苦労した記憶が読んでいるうちに蘇ってきて、
少々苦い気持ちになりましたw

いまでは無料でGoogleのツールが使えるようになり、
いい時代になったなと思います。

1つ1つの説明は実際のサイト画像もあり分かりやすく、どのようにサイトを改善すれば良いか一目で分かります。 その反面、A案とB案でどちらが好評かは素人の私でもすぐに分かりました。 このレベルの改善で差がつくという話かもしれませんが、より上級なテクニックも知りたかったです。

ABテスト自体の必要性をわかっているのに、それをクライアントにうまく伝えきれてない。 ビジュアルが豊富で見やすく、クライアントに伝えやすい事例がたくさんあるので改善活動につなげられます。

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成30年度

5つ星のうち 5.0馬鹿丁寧

(参考になった人 0/0 人)

内定先から貰った基本情報のテキストがあまりにも解説が雑で読み進めることが苦痛になったので、新しいものを買おうと思った。

基本情報の参考書で評判が良さげだったのでこれにしたが、本当にこれは良い。

解説が「馬鹿」が付くほど丁寧で、イラストをふんだんに利用しているので飽きが来ない。
一緒に学んでくれる理解力の悪いキャラクターがいるのでなんだか安心感がある(笑)。

ある程度知識のある人にとっては若干情報量が足りなかったりするという声もある。


また、参考書にギャグテイストを求めてない人には不向きかもしれない。

しかし、自分みたいなITの右も左も分からないような人は、プライドも何もかも捨ててこの本を読むべきだ。

基本情報の午前試験対策として買いました。 これを読んで、過去問を解くことで、解けるようになったのでとてもよかったです。 この本はまるで、落書き好きな可愛い女の子がまとめたノートみたいです。 学校休んだ時に見せて貰ったノートって凄くわかりやすいですよね。 青春だったなあ。 そんなかんじなんです! 分かりやすいように、ちょこちょこ小言が書かれているのもよかったです! 基本情報は午後が、難しいから受からないかもしれないけど、これ使って頑張ります!

IT初心者で勉強を始めたので、かなり取っつきやすくはありました。 しかし、イラストとギャグがあまり肌に合わなかったので、文字が多い少し真面目なものを買えばよかったかな、と思うところもあります。 他の方も言う通り、まだ学んでいないことも例題に多く出る他、練習問題等もほとんどないので、知識の定着を図るには、過去問の他、他の問題集などがあると良いかもしれません。

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

もし自己紹介で「読書家です」と言っても、そんなに否定されることはないくらいの冊数を読んでいるつもりですが、これは良書。最近読んだ本の中でおすすめは、なんて尋ねられることもありますが、しばらくこの本は外せなさそうです。哲学の枠に囚われずに選ばれた、50のコンセプトたち。興味を持てずに飛ばしてしまうようなことは少なく、またとても読みやすく書かれていてありがたい。

個人的には、その50のコンセプトの中でも特に「認知的不協和」が興味深く。うまく使えば人の思想をコントロールすることができるかもしれませんし、逆にうまく利用されて意外な人と恋に落ちることもあるかもしれません。これは、他の書籍の力を借りてもう少し深掘りしてみても良さそうです。

5つ星のうち 5.0抜群に面白い

(参考になった人 0/0 人)

分厚いのにスラスラ読めるので一気に読了しました。 知的興奮が詰まった本です。 何度も読み返そうとは思いませんが、すぐに手放せる分個人的にはその方が都合がいいです笑 この本を読んで、より深く哲学を学ぼうという気分にはなりませんが、自分自身もネタ帳のようなものを作って、いざという時に繰り出せるようになりたいと思いました。 座右の書、のようなものが欲しい方にはこちらがおすすめです。 外資系コンサルの知的生産術-プロだけが知る「99の心得」-光文社新書-山口-周 https://amazon.co.jp//dp/4334038360

現代を生き抜く上でこの思想がこう役に立った、またはこうなるのではないか という作者さんの経験・考えをメインに思想が紹介されているおかげで、 どの思想も身近に感じることができ、するすると読めました。 文章も堅苦しくないので、読みやすかったです。 個人的に「これは確かにためになる」と感じるものばかりで、気づくと数時間で 読み終えてしまうほど楽しめました。 定期的に読み直したいので手元にとっておこうと思うほど、気に入りました。

評論』の解説 by はてなキーワード

他人の創造物についての感覚的好悪の情を論理的に説明しようとする試みのこと。

評論』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.