言語学のまとめ情報

言語学』の解説

言語学(げんごがく)は、ヒトが使用する、自然言語人工言語といった言語構文意味などを科学的(ここにおける「科学的」の「科学」には、自然科学だけでなく人文科学社会科学も含まれる)に研究する学問である。

語源

英語 linguistics(言語学)の語源linguistiqueフランス語)、さらにさかのぼるとlinguaラテン語、「言葉」の意)であり、linguisticsという語は1850年代から使われ始めた。

目的

現代言語学の目的は、ヒト言語客観的に記述・説明することである。「客観的に」とは、現に存在する言語の持つ法則性質を言語データの観察を通して記述・説明するということであり、「記述」とは、言語現象の一般化を行って規則や制約を明らかにすることであり、「説明」とは、その規則・制約がなぜ発生するのかという動機づけを明らかにすることである。

現代言語学は言語の優劣には言及しない。むしろ、言語学においては、あらゆる言語に優劣が存在しないことが前提となっている。そのため、世界の言語はすべて同等に扱われる。かつては言語の史的変化を言語の進化ととらえ、社会文明の成熟度と言語体系の複雑さを相関させるような視点が一部存在した。しかしその後、いかなる言語も一定程度の複雑さを有していることが明らかとなり、そうした見解は現在否定されている。すなわち、幼稚な言語、高度な言語は存在せず、すべての言語はそれぞれの言語社会と密接に関連しながら、それぞれのコミュニティに適応して用いられている、というのが現在の言語学の見解である。

語学は実用を目的として母語以外の言語を学ぶことであり、言語を学問・研究の対象とする言語学とは別である。ただし、「語学」を言語学の意味で用いる場合もある。

言語の定義と特徴

言語学ではヒトが話す言語(ことば)を取り扱う。そこで、「ヒトが話す言語」とは何かを明確にする必要があるが、学者らによる「言語」の定義の問題は未だに決着していない。

以下に主要と思われる言語の特徴を記す。

恣意性

ソシュールは、「能記」(signifiant) と「所記」(signifié) という2つの概念(シニフィアンとシニフィエ)を用いて、言語記号の音声・形態とその意味との間には必然的な関係性はないという言語記号の恣意性を説いた。

これとはほぼ反対の立場として音象徴という見解がある。これは、音素そのものに何らかの意味感覚、印象といったものがあり、言語記号はその組み合わせによって合理的に作られているとするものである。しかし、実際にはどの言語にも普遍的な音象徴というものは存在しないため、現在そのような立場の言語研究はあまり行われていない。

二重性

アンドレ・マルティネは言語が単なる音声の羅列ではなく、二重構造を有していることを指摘した。すなわち、を最小単位に分割しようとした場合、まずは意味を持つ最小単位である形態素のレベルに分割される。そして、形態素はさらに音素に分割される。例えば、日本語の (雨、飴)というは語としてはこれ以上分解できないが、音素としては /a/、/m/、/e/ の三つに分解される。言語の持つこのような二重構造は二重分節と呼ばれる。動物の発する声にはこうした性質が見られないため、二重分節はヒトの言語を特徴づける性質とされる。

転位性

ヒトの言語過去に起こった事実や未来のことを表現することも可能である。文字の体系を持っていれば、文字に書き留めることによって、後世に伝えることも可能になる。しかし、動物の場合、のありかやの急襲を知らせるなど現在のことしか伝達できない。

創造性

ヒトの言語の場合、あらゆる情報を伝えることができる。例えば、初めて会った人から、まだ行ったことのない外国の話を聞かされても理解することができる。しかし、動物の言語の場合、空腹感や幸福感など決まりきったことしか伝えられない。言葉を無限に創造できるのは、ヒトの言語における最大の特徴である。

構造依存性

言語の規則には、例えば「前から3番目の語」というような表層の順序に言及するようなものは存在しない。言語の規則はむしろ、表層にあらわれない範疇、階層、構成素などの構造に言及する。これを構造依存性という。ノーム・チョムスキーはgenerative capacityという概念により、「(ある言語の)文法は、その言語の(「表層」)をweakly generateし、それらのstructural descriptors(「深層」)をstrongly generateする」(ここで「文ら」としているのは、原文sentencesの複数形に意味があるため)と述べた。

主要な研究分野

音声学が発音時の筋肉の動きや音声音響学的特性など物理的な対象を研究するのに対して、音韻論ではその言語で可能な音節の範囲(音素配列論)など言語が音声を利用するしくみを研究する。

音声学は、その研究方法、内容などから言語学の本来の研究分野には含まれないとする考えと、これを基礎研究に据え、言語学研究のプロとアマを分けるのが音声学の知識の有無であるとする考えとがある。全ての言語(手話等を除く)は音声に基づいており、音声学の知見が音声以外の研究の幅を左右するとも考えられている。

語の成り立ちは形態論で研究し、語が他の語と結合して作る構造は統語論で研究する。統語論が研究対象とするのは文までで、それ以上のテクストや会話などは談話分析で扱う。

意味論が研究対象とする「意味」とは、伝統的に、話者や文脈・状況を捨象した普遍的な語の意味や文の意味(真理条件)に限られてきた。話者の意図は意味論の研究対象ではないと見る場合、これの研究は語用論で行う。

  • 手話言語学 - 世界的に見ても手話は言語学の範囲の及ぶ学術領域と見みなされている。かつて日本の手話言語学者は、手話は音声言語とは形態において異なることから音声言語学とは異なる手法や用語によって研究されるべきであるという立場をとっていた。しかし近年では、手話もれっきとした言語であるとし、音声言語と同様の手法・用語によって説明できるはずであるとする立場が一般的となっている。近年では言語学関連の学会等で音声言語とともに手話言語学者の研究報告がプログラムにのぼることも珍しくない。

対象となる言語における主要な対立項

19世紀までの言語研究

古代の言語学者に、インドのパーニニがいる。

西洋における言語研究の始まりは、紀元前にギリシア哲学者たち(プラトンエピクロスなど)の間で起こった言語起源論修辞学にまでさかのぼる。古典ギリシア語文法書は、紀元前1世紀までに完成し、ラテン語のほか後の西洋の言語の文法学(伝統文法)に大きな影響を与えた。

言語学が大きく飛躍する節目となったのは、1786年のことである。イングランドの法学者ウィリアム・ジョーンズは、インドカルカッタに在任中に独学していたサンスクリット語の文法が、以前に学んだギリシア語ラテン語などの文法と類似していることに気づき、「これらは共通の祖語から分化したと考えられる」との見解をアジア協会において示した。これが契機となり、ヤーコプ・グリム ら「青年文法家」による歴史的比較言語学ドイツライプツィヒで興り(19世紀インド・ヨーロッパ語族の概念が確立した(印欧語学)。

近現代

20世紀に入ると言語学は大きな変動期を迎えることになる。20世紀初頭にスイスの言語学者、フェルディナン・ド・ソシュールの言語学は、通時的な(書き言葉の)研究から共時的な(話し言葉の)研究へと対象を広げた。またソシュールの言語学は、言語学にとどまらない、「構造主義」と呼ばれる潮流の一部にもなった(また言語学においては(ヨーロッパ)構造主義言語学とも)。20世紀以降の言語学を指して、近代言語学と呼ばれることもある。

アメリカの言語学は、人類学者のフランツ・ボアズアメリカ州の先住民族の言語研究やエドワード・サピアがさきがけとなった。そこから発展したアメリカ構造主義言語学(前述のヨーロッパ構造主義言語学との関連は薄い)の枠組みは、レナード・ブルームフィールドによって確立された。

20世紀後半、ノーム・チョムスキー生成文法は、以上で延べたような近代言語学からさらに一変するような変革をもたらし、現代言語学と言われることもある。後述する認知言語学からは批判もあるなど、「チョムスキー言語学」が全てではないが、現代の言語学においてその影響は大きい。

また20世紀後半には他にも、マイケル・ハリデー(Michael Halliday)らの機能言語学(Systemic functional grammar)や、ジョージ・レイコフらの認知言語学など、異なったアプローチも考案された。

参考文献

  • Aitchison, Jean (2003), Teach Yourself Linguistics, 6th ed., Hodder & Stoughton Educational, pp. 4 – 33 (ISBN 0071429824)
  • Widdowson, H. G. (1996), Linguistics, Oxford University Press, pp. 3 – 39 (ISBN 0194372065)
  • 安藤 貞雄沢田 治美 (2001) 『英語学入門』 開拓社 pp. 2 – 15 (ISBN 4758923035)
  • 関連文献

    • Matthews, P. H. (2003), Linguistics, Oxford University Press (ISBN 0192801481)
    • Song, Zino (1990) 『言語学への招待』 南雲堂 (ISBN 4523300534)
    • Trask, R. L. & Bill Mayblin (2000), Introducing Linguistics, Totem Books (ISBN 1840461691)
    • 青木 三郎(2002) 『ことばのエクササイズひつじ書房 (ISBN 4894761505)
    • 飯野 公一、杉田 洋、恩村 由香子、森吉 直子 (2003) 『新世代の言語学』 くろしお出版 (ISBN 487424274X)
    • 庵 功雄 (2001) 『新しい日本語学入門』 スリーエーネットワーク pp. 4 – 14 (ISBN 4883191788)
    • 石黒 昭博 (1984) 『現代言語学序説』 山口書店 (ISBN 4841100911)
    • 奥田靖雄 (1985) 『ことばの研究・序説』(むぎ書房 (ISBN 4838401027)
    • 加賀野井 秀一 (1995) 『20世紀言語学入門』 講談社 (ISBN 4061492489)
    • 黒田 龍之助 (2004) 『はじめての言語学』 講談社 (ISBN 4061497014)
    • 郡司 隆男坂本 勉 (1999) 『言語学の方法』 岩波書店 (ISBN 4000066919)
    • 小泉 保
      • (1984) 『教養のための 言語学コース』 大修館書店 (ISBN 446921115X)
      • (1993) 『日本語教師のための言語学入門』 大修館書店 (ISBN 4469220914)
      • (1995) 『言語学とコミュニケーション』 大学書林 (ISBN 4475018196)
    • 児玉 徳美 (1998) 『言語理論と言語論』 くろしお出版 (ISBN 4874241646)
    • 佐久間 淳一加藤 重広町田 健 (2004) 『言語学入門』 研究社 (ISBN 4327401382)
    • 城生 佰太郎 (1990) 『言語学は科学である』 情報センター出版局 (ISBN 4795810826)
    • 菅沼 惇 (1998) 『言語学』 晃洋書房 (ISBN 4771010080)
    • 田中 克彦
      • (1993) 『言語学とは何か』 岩波書店 (ISBN 4004303036)
      • (2004) 『ことばとは何か』 筑摩書房 (ISBN 4480061630)
    • 田中 春美
      • (1975) 『言語学入門』 大修館書店 (ISBN 4469210455)
      • (1978) 『言語学のすすめ』 大修館書店 (ISBN 4469210714)
      • (1995) 『言語学演習』 大修館書店 (ISBN 446921101X)
    • 田中 春美、家村 睦夫、下宮 忠雄、樋口 時弘、五十嵐 康男、田中 幸子 (1994) 『入門ことばの科学』 大修館書店 (ISBN 4469211877)
    • 千野 栄一 (2002) 『言語学 私のラブストーリー』 三省堂 (ISBN 4385360960)
    • 中島 平三、外池 滋生 (1994) 『言語学への招待』 大修館書店 (ISBN 4469211842)
    • 西田 龍雄 (1986) 『言語学を学ぶ人のために』 世界思想社 (ISBN 4790703002)
    • 町田 健
      • (1999) 『言語学が好きになる本』 研究社出版 (ISBN 4327376744)
      • (2001) 『言語学のしくみ』 研究社 (ISBN 4327383031)
      • (2004) 『町田健のたのしい言語学』 ソフトバンクパブリッシング (ISBN 479732998X)
    • 松本 裕治 (2004) 『言語の科学入門』 岩波書店 (ISBN 4000069012)
    • 丸谷 満男、高尾 典史、石馬 祖俊 (1994) 『言語の科学』 晃洋書房 (ISBN 4771007330)
    • 山梨 正明有馬 道子 (2003) 『現代言語学の潮流』 勁草書房 (ISBN 432610144X)
    • 湯川 恭敏 (1999) 『言語学』 ひつじ書房 (ISBN 4894761130
    • 風間 喜代三松村 一登上野 善道、町田 健 (2004) 『言語学』 第2版 東京大学出版会 (ISBN 4130820095)

    辞典など

    • 亀井 孝河野 六郎、千野 栄一 (1988-2001) 『言語学大辞典』 全6巻 三省堂 (ISBN 4385152152, ISBN 4385152160, ISBN 4385152179, ISBN 4385152128, ISBN 4385152144, ISBN 4385152187)
      • 河野 六郎、千野 栄一、西田 龍雄 (2001) 『世界文字辞典』 別巻 三省堂 (ISBN 4385151776)
    • 郡司 隆男、西垣内 泰介 (2004) 『ことばの科学ハンドブック』 研究社 (ISBN 4327401366)

    外部リンク

    *

    Category:人文科学

    Category:人類学

    言語学』に 関連する人気アイテム

    海外ドラマはたった350の単語でできている

    あくまで「ある程度語彙があってそれなりに文書も読めるようになってきた」「洋画や海外ドラマも字幕があればわかる」「受験英語は結構できた」のに「うまいこと外国人と話せない」という人がターゲットの本なのかなと感じた。

    本がカラフルなので完全に初心者向けっぽいように見えるが、この本のはじめにに書いてあるとおり「英語は人並みに勉強してきたのに話せない」「TOEICはできるのに話せない」「いろいろな学習法を試したのに話せない」というとおり、ろくに勉強もしてない人が手を出すと痛い目にあうと思う。



    ぼくは一応TOEICは900点で、単語は頻度順に12,000語を覚えたが、うまく話せずフラストレーションがたまるばかりだったので「やっぱり平易な語を使いこなすのが大事なんだろうな」というふうに考えていた。

    そんなとき、たまたま目についたので、からかうつもりと一筋の光を求めてこの本を手にとった。

    結果的には微妙であった。ただ筆者自身は曲がりなりにも勉強をしているはずで、ぼくよりも遥かに英語の運用能力が高いことは見てとれる。そのため、自分がぼんやりと感じていたことに対する裏付けがいくつかあり、得るものがないではなかった。

    ふつうに考えて最初の350語を知ってさえいれば理解できるなんていうのは嘘でしかない。看板に偽りありといったところだろう。これに関しては編集者の思惑もあるのかもしれないが。

    最初の350語が英文の大半を占めるというのは確かで、それはそうなのだが、だから英文がわかるというわけではない。80%わかるというのは、要は20%わからないということだ。

    日本語で表現するならば

    「今期は____で40%の向上を果たすことができたが、これは____によるものでしかない。社員としては____ばかりだが、これで__どもは__しているらしい。そんなことをしても____にしかならないのにこれが__だと__ぶいていることは全く__わしいことこの上ない。」

    という文章が20%わからないものだ。

    この文章は、↓の文のうち、20%の難しい単語を取り除いたものだ。

    「今期は前年度比で40%の向上を果たすことができたが、これは粉飾決算によるものでしかない。社員としては呆れ返るばかりだが、これで役員どもは満足しているらしい。そんなことをしても一時凌ぎにしかならないのにこれが伝統だとうそぶいていることは全く嘆かわしいことこの上ない。」

    これを見れば一目瞭然だが、つまり穴ばかりの文では何の情報も得られなかったということだ。日本語ではこれぐらいの難易度の言葉も会話では平気で使っているのに、英語では使わないということもないだろう。
    数字として出ている統計的な結果というのはネット上にいくらでも転がっているわけで、80%程度の理解じゃよくわからないわけで、95%、96%程度の理解は最低でも必要だ。

    また、「日本の行政は基本的に上意下達だ」というのを英語で話したいときに350語で話せるわけがない。Japanすらも350語のうちにはない。どれだけ頭をこねくり回しても出てくる言葉は、Japan is bad/good. くらいのものだろう。

    ここでその反論として「Japanぐらい誰でも知ってるでしょ」と言うのは「declareぐらい誰でも知ってるよ」「diarrheaぐらい誰でも知ってるよ」「broomぐらい誰でも知ってるよ」「prostituteぐらい誰でも知ってるよ」とか「plethoraぐらい誰でも知ってるよ」と言うのと大差ないわけである。

    つまりそれなりの語彙があってこそ輝く350語であって、「語彙なんかいらねえんだ」というようなことは、筆者すらも一言も言っていない、ということに注意が必要だと思う。

    「語彙を増やす前にちょっと待てよ。まずお前最初の平易な言葉を使いこなせてないじゃん。そうするとすげえ色んなところで躓くぜ。だから語彙をそのまま増やしてもつらいままだろ。だったらまず平易な言葉を使いこなそうぜ。具体的にはほら、この350語をさ」

    というところに焦点をあてた本だと思う。こう見ると至極まっとうに見える。

    あくまで、ある1人の人物による「平易な語彙の使いこなしによって自分はスランプを打開できた」という1つの視点であることを頭に打ち込み、英語学習という終わりのない道での1つの指針であることを強く認識できるリテラシーがなければ、簡単にミスリーディングして、結果挫折へと誘われる、そうした本であると思う。

    概説すると要は微妙であった。

    目新しい内容はありませんが、その切り口が新しいです!海外ドラマでは、80%以上がたったの2000語でと具体的な数値を徹底的に挙げて読み手を難しい語にあれこれ手を出すのではなく基本語句を大切にするよう説得してきます。

    英語学習者の人で何をしたら話せるように、聞けるようになるのか悩んでいる人の学習方法を理論的に説明してくれる本です。

    海外ドラマだけを訓練法として挙げているのではなく、瞬間英作文やフォニックス学習、シャドウイング、ディクテーションの重要性も書いています。



    また、レベル別にオススメの海外ドラマや映画を具体的に教えてくれるので、ご自身に合う独学方法を見つけられるかと思います。

    単語数は多い、トイックはある程度点数が取れるけれども話すのが苦手な人には、特に良い指南書になるかと思います。

    リスニング、スピーキングの簡単なテストが乗っていて、レベル1-4を自己判断できるようになっています。

    20-30分程度でぱらっと読み終わります。
    悩んでいる人は一度手に取ってみると良いかもしれません。

    勉強したい本人のレベルを測って、どういう勉強法からやっていけばいいか、最短の道筋を描いてくれていると思います。 全くレベルの違う人の勉強法は当てにならないよなーと常々思っていたので、いろいろと腑に落ちました。 英会話の勉強を始めたい方や、勉強のやり方に行き詰まっているかたにはもってこいだと思います。 この本自体が単語やフレーズなどをたくさん覚えるためのものでなく、あくまで勉強方法のテクニック紹介本なので、それをわかった上で買うといいです。

    子どもの才能を引き出す最高の学びプログラミング教育

    日々進化し続けるパソコンやスマホ。
    ハードウェアはもちろん、ソフトウェアも次々と新しいものが登場しています。

    プログラミング(あるいはプログラミング的思考法)は、もはや専門的なスキルではなく、誰もが身に付けておくべきスキル。2020年には小学校でプログラミング教育が必修化となります。

    私自身プログラミングや論理的思考法が好きなので、子供にもそういう風になって欲しいと思い本書を手に取りました。

    読み進めてみるとプログラミングを学ぶことによってどのような力がつくか、実際に学んた子供はどのように成長・変化したかなどが詳しく書かれていてとても興味深かったです。



    びっくりしたのはプログラミングを学んで身に付くのは論理的思考だけではなく、情操教育(心を豊かにする教育)にも貢献しているとのこと。

    確かにプログラミングで目標設計・問題解決力・クリエイティブ力などを身につければ、日々のちょっとした行動・人付き合い・作業(仕事)などがスムーズにできるようになり、自分に自信が持て自己肯定力が高まり心も豊かに育ちそうです。

    子供へのプログラミング教育にますます興味が湧きました!

    ITとICTの違いがとても良く分かりました。
    この違いをはっきり認識した上でないと、プログラミングが子供にどのように役立つかを検討することが出来ないのではないでしょうか。
    語学を勉強するように、コンピューターと話す言語としてのプログラミングを覚えさせたいのか、コンピューター間連技術の活用方法を考えられるようになるためなのかの違いです。例えば、料理教室に行くとして、調理技術を身に付けることと、レストランが開業できることは違うのだというような感覚です。
    運動が苦手、外で遊べる環境にいない場合にはプログラミング教室は絶好の選択肢になると思います。

    論理思考が学べる、バグとりをしながら「ルール」に従う大切さを学ぶなどは興味深いです。実際に教室で何を学び取ることを目的に何をさせるのかが詳細に書かれていますので参考になりました。
    プログラミングというと、一人で集中してやるようなイメージですが、他の習い事と同様に、「良い設備、先生、友達に恵まれること」が大きく伸びる重要なポイントであることには変わりはないのだと感じました。

    はじめに、の冒頭から「対象は男子児童」に、あれっと違和感、そのすぐ後も、中高生がなりたい職業について男子の順位だけの記載なので、男子の親のみを対象にした本なんだろうかと違和感を感じ、読むのをやめようかと思ったが、がんばって読了。小学校で始まるプログラミング教育は申し訳程度で期待できない、もっと楽しくしっかり教えてくれる塾が全国展開している、プログラミングは子どもの思考や行動によい影響を与える、ということが書かれている。イチロー選手など4名の例で目標設定の大切さが記述されている部分では、おお、彼らはさすがだなとは思ったが、プログラミング教育によってこういう人たちが増えるのだと言うなら、ちょっと大風呂敷広げすぎ、ないし論理が破綻している感なくもなし。

    但し、子供のためにまじめにがんばっている人にケチをつける気は全くなく、いろいろ学ぶこともあり、読んで時間を損したとは思わなかった。
    本の内容にはこんな事書いてないが、プログラミングこそ、将来子育てしながらでも、出社せずとも続けていけるクリエイティブな仕事なので、女子もがんばれ。

    入門者のExcel VBA―初めての人にベストな学び方

    5つ星のうち 5.0気長にコツコツ

    (参考になった人 13/13 人)

    小学校にもプログラミング授業が必須となる昨今。
    ネット以外でPCを使ったこともないような四十代の非ITネイティブには異次元の話のようでした。(笑)
    事務作業が必要な職場に就職し、おぼつかないながらもWordとExcelをパソコン教室で初歩から始め、
    PCの面白さに目覚めたところです。
    そんな初心者にもわかりやすく、難しいことや専門的なことはさておいて、
    簡単な「売上表」「請求書」のシートを最初に作り、(作者さんのHPからもダウンロードできます)
    売上表の金額を顧客名から抽出して請求書を作成するという汎用性の高いワークが始まります。


    マクロに「文を打ちこむ」→ブックで「動作を確認する」を繰り返して行きます。
    最初は文字を消したり、移動させたりくらいの簡単な動作プログラミングですが、
    初心者には実際に「命令に従ってPCが動く」ということが体感できると自信がぐっと付くものなんです。
    昼休みに会社のPCで30分、3~4ページづつ学習を続けています。
    プログラミングをやってみたいけど、何から始めたらいいかわからないと思われた同じPC初学者の方。
    特別なソフトや学校に行かなくても、この本と自宅のPCですぐに使えるプログラミングが始められますよ!

    5つ星のうち 5.0すばらしいです

    (参考になった人 10/11 人)

    人生が変わるような本でした。1年前に、「プログラミングを覚えたい」とVBAで表示させるところからはじめて、現在、C#のラムダ式やリンクが扱えている自分が不思議でたまりません。(1年前には何のことか全くわかりませんでした。)
    この本で条件分岐を覚えたのが一番のポイントだと思います。この本で条件分岐をマスターしたら、好きな言語を見つけてのめり込むのがよいと思います。VBAの条件分岐が頭の中に入れば、どの言語でも基本的な構文がわかり、入門書が読めるようになるというのが自分の感想です。PythonかC#か悩みましたが、FXトレードのMT4にも入りやすいかと思い、C#をはじめましたが、C#そのものが好きになってしまいました。


    今は、コーディングという言葉を覚えましたが、コーディング中毒です。ただ単に、処理をさせるだけではなく、美しくてオシャレなコードを書くことに夢中です。コーディングとコーヒーのカフェインがあれば楽しく生きて行けそうです。本当にありがとうございます。

    5つ星のうち 5.0VBA初心者に最適

    (参考になった人 1/2 人)

    丁寧すぎるくらい丁寧なので、本書をしっかりと読み進めればまず挫折はしないです。 ただし、その分学習範囲は基礎の基礎に留まるので、これから実務でVBAを使っていこうと考えるなら、さらに次の教材は必要になってきますね。 とはいえ導入期はいかにVBAに楽しみを見いだしポジティブに取り組めるかが最重要ですので、その意味で本書は最初の一冊として最適です。 「請求書作成の自動化」という具体的なプログラムをつくることになるので、これまで手作業中心に仕事をされていた方は、こんな簡単に業務を楽にできるのかと、一丁やってみようかという気持ちが沸いてくるかと思います。

    言語学』の解説 by はてなキーワード

    定義

    人間の言語の科学的研究。

    人類の言語の構造、変遷、系統、分布、相互関係などを研究する科学。

    他分野隣接領域

    言語地理学?言語心理学、言語社会学?

    言語学理論

    記号論音韻論、語用論?意味論、語彙論?、文法論?、文字論?、語用論?、言語類型論?

    言語学』by Google Search

    This page is provided by Matome Project.
    Contact information.