西村博之のまとめ情報

西村博之』の解説

西村 博之(にしむら ひろゆき、1976年11月16日 - )は、匿名掲示板2ちゃんねるの開設者。東京プラス代表取締役、未来検索ブラジルの取締役。

『2ちゃんねる』とは、1999年5月にWeb上にてサービス提供を開始し、2000年代前半に日本最多の利用者数を記録した。愛称・ひろゆきは2ちゃんねるにて命名される。後に管理者権限を他者に譲渡し実業家に転身。主に日本のインターネット文化の形成に関する基盤を築いてきたことで知られる。パリ在住。

2ちゃんねる (2ch.net) の開設者かつ初代管理人であり、2ちゃんねる (2ch.sc) および4chan管理人。

2015年から、平沢真一とともに『ヴァラエティ・ジャパン』のEditor in Chief(編集長)に就任した。

経歴

西村が1999年に設立した『2ちゃんねる』を「2ch.net」(現・5ちゃんねる5ch.net」)、2014年に開設した『2ちゃんねる』を「2ch.sc」と表記する。

生い立ち

1976年11月16日国税局職員の長男として神奈川県相模原市(現在の中央区)で生まれる。その後東京都練馬区田柄、東京都北区赤羽に移る。1992年3月、東京都北区立北中学校卒業。1995年3月、東京都立北園高等学校卒業。高校では物理学専攻を志望していたが、代数の単位を落として理系進学を断念。高校卒業時の成績は、下から10番以内だったという。1996年4月、中央大学文学部教育学科心理学コース入学。大学在学中に、原付バイクで交通事故に遭い、その慰謝料で1998年夏には米国アーカンソー州アーカンソー中央大学 (University of Central Arkansas) へ1年間留学した。

姉が1人いる。

1990年代

1998年1月(2月6日説もある)、大学在学中に「Hirox's room」を開設。3月には大学の友人と合資会社東京アクセスを設立した。6月6日、「Hirox's room」から、「実録!交通違反をもみ消して罰金を払わない方法」(別名:「交通違反の揉み消し方」)にサイト名を変更。

1999年5月、米国留学中に『2ちゃんねる』を開設。7月22日、2ch.netを取得。

2000年代

2002年9月、東京プラス株式会社(東京都北区)を設立すると共に代表取締役に就任。

2003年4月、プログラマーの竹中直純らと共に未来検索ブラジルを設立し、取締役に就任。

同年6月には、西村が代表を務める東京プラスがガーラとの間でガーラのネット情報クリッピングサービスにおける2ch.netおよびまちBBSの掲載情報の独占利用許諾契約を締結。

2005年11月14日ニワンゴの取締役に就任。

2008年7月、ティーケイテクノロジー(札幌市)の取締役に就任。2008年10月、音楽配信サイト「mF247」をに・よん・なな・みゅーじっくと共同で運営していくことが決まった。

2009年1月2日、2ch.netをシンガポールのPACKET MONSTER INC.(以下「パケット社」)に譲渡し、2ch.netの管理人からも退いた、と主張した。

同年4月には、米エンターテインメント業界誌「ハリウッド・リポーター」にてアジアのエンターテインメント業界を牽引する20人「ネクスト・ジェネレーション・アジア」の1人に選ばれた。同誌では「日本の典型的エグゼクティブ(管理職)へのアンチテーゼ(反定立)」と評した。また、同年にNAVER JAPAN(現LINE社)のアドバイザリーボードに参加している。

2010年代

2012年12月20日、2ch.net上の違法な情報を放置したとして、麻薬特例法違反(あおり、唆し)幇助の疑いで警視庁によって書類送検された。また、警視庁はパケット社をペーパーカンパニーと認識していると報じられた。

2013年1月、西村個人の名義で「2ちゃんねる」の商標を出願した。

2月18日、一身上の都合によりニワンゴの取締役を辞任。

3月19日東京地方検察庁は西村を不起訴処分としたが、不起訴理由を開示していない。理由について日本経済新聞は、容疑事実を西村が把握していたことを示す証拠が無いことおよび2011年11月の家宅捜索後に違法な書き込みを削除したこと、朝日新聞は違法な書き込みを放置していた容疑はあるが教唆する書き込みは少なく悪質性が小さいことを夫々挙げている。

5月26日、西村が取締役を務めるティーケーテクノロジーが、2ちゃんねるビューアのサポート受付業務を取得。

8月24日、東京国税局の税務調査で西村がパケット社より受け取った収入の内約1億円の申告漏れを指摘され、追徴税額として約3,000万円を納付したと報じられた。2014年2月19日、2ちゃんねるの実質的管理権限が何らかの理由によりジム・ワトキンスに移転、ジムが2ちゃんねるの実質的管理者となる。3月27日、西村個人名義で「2ch」の商標を出願。

4月11日、掲示板サイト『2ちゃんねる』 (2ch.sc) を開設し管理人に就任。なお、2ch.scについては2ch.netのデータをコピーしたサイトと評されている。

4月20日、前日19日に入籍したと発表。

2015年9月21日、英語圏最大の匿名掲示板4chanの管理人になることを発表。

2016年5月、「2ちゃんねる」、「2ch」の日本国内における商標権を取得。同時期に、世界知的所有権機関 (WIPO) の調停・仲裁センターに「2ch.net」が不法占拠されているとしてドメインの移転を求める申立てを行う。

2016年7月、世界知的所有権機関 (WIPO) は西村による上記のドメイン移転申し立てを棄却した。

2017年10月1日、ジムにより2ちゃんねる(「2ch.net」)が5ちゃんねる(「5ch.net」)へと名称およびドメイン名が変更される。

2018年6月22日、西村が「NTテクノロジー社」を相手取った民事訴訟で、NTテクノロジー社の債務不履行を認め、同社に損害賠償および前払いのサーバー使用料の返還を命じる東京地裁判決が出た。

人物像

小学校の卒業文集では「クラスが選ぶ明るい人第1位」に選ばれた。高校時代には、万引き自転車サドル窃盗を行い、マジックマッシュルームを摂取したことがある他、泥酔して警察に連行され説諭されたので派出所ウイスキーをばら撒いたことがあると語っている。大学では「文化連盟犯罪科学研究会」に所属するが、会計を担当した際、帳簿をつけない等のずさんな事務を問われ退会した。

うまい棒めんたい味)とルートビアが好物とされ、うまい棒に至っては2ちゃんねるサーバ名(cheeze、mentai、pizzanattococoaなど)にもなっていた。また、2001年に開設されていたうまい棒の公式サイトでの投票結果から、パッケージデザインのみではあるが「西村博之専用うまい棒」が製造された。

各種の講演で講師を務めることも多く、2006年11月4日には早稲田大学、またインターネットを通じた公開討論などでもパネリストや司会も務めている。政財界では河野太郎麻生巌などが西村と対談している。

2ちゃんねるの損害賠償金から逃れる目的でラトビアのビザを取得する為に、飲み会で知り合い約10年間同棲した植木由佳(東京都北区田端出身)と結婚している。パリ同時多発テロ事件の際には、フランスからレポートを行った。

IPを取ったら商用サイトになるとは思わないです」というスタンスで2chを運営しており、商用サイトとして運営しようとしていたジム・ワトキンスから商標権を取り戻している。

複数の民事訴訟における敗訴と損害賠償金額5億円以上の未払い

西村は、多数の民事訴訟と多額の賠償債務を抱えている。最初のうちは裁判に対応していたが、2003年7月、自身発行のメールマガジンの記載にもとづき起こされた、DHCによる名誉毀損裁判で、敗訴するなどし、途中から被告としての主義主張を展開せず、法廷徹底無視の姿勢を貫くようになった

。それにより、原告の主張がほぼ認められる欠席裁判となり、その多くで管理責任を問われる判決を受けている(=敗訴)。

毎日新聞の記事によると2006年12月時点で賠償額は総額4000~5000万円ほど。ただし、西村の年収は1億円以上あり、支払能力の有無に関わらず払う気はなく時効まで放置するつもりであると見られている。また自身で「時効成立の頃には飽きて別の事をやってるかも」と語っている。板倉宏日本大学大学院教授によると、裁判所の強制執行があれば賠償金は回収できるが、被告の資産を調べるのは原告がしなければならない。訴訟を担当して西村の資産を回収しようとした弁護士は「(西村の自宅マンションにあったのは)生活必需品ばかりで差し押さえができなかった」「収入が入る金融機関口座を突き止めることができなかった」ことを明かしている。

2007年1月29日、元2ch.net副管理人の「切込隊長」こと山本一郎が起こした、西村に対する名誉毀損裁判に出廷した。西村は「基本的には出ない(注:「出廷しない」の意)のですが、今回は知り合いなので、面白いかなと思ったんです。原告がどんな顔をしてくるのか知りたかったんです」とコメントしている。ちなみに口頭弁論は2007年9月までに5回行われ、そのなかで山本が西村に対し「ハゲ」と投稿したことについて西村が言及した。2008年2月、西村の敗訴に終わる。過去ログ削除と80万円の支払い命令(請求200万円)。2007年2月、西村自身と西村が経営する会社に課された税金(所得税法人税)の一部が滞納され続けていることを受け、東京国税局査察部が調査を開始したと夕刊フジが報じる。翌3月には読売新聞で“債務4億円、50件以上民事で提訴され43件で敗訴確定”と報じられた。また、3月20日には賠償金の債務が約5億円に上ると報道され、質問を受けた報道陣に対し「支払わなければ死刑になるのなら支払うが、支払わなくてもどうということはないので支払わない」、「踏み倒そうとしたら支払わなくても済む。そんな国の変なルールに基づいて支払うのは、ばかばかしい」と、支払いの意思がないことを明らかにした。

2010年1月、書籍『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』(ISBN 978-4104715213)の印税新潮社から西村に支払われていることに着目し、印税を差し押さえることで初めて損害賠償金が回収される。

西村博之への捜査に関する国家賠償請求訴訟について

「2ちゃんねる」(2ch.net)で覚醒剤の購入を持ちかける違法な書き込みが放置された事件で、2012年3月に麻薬特例法違反(あおり・唆し)のほう助容疑で、警視庁は西村の自宅等を捜索・差押えした。。

共著

  • 『2ちゃんねるで学ぶ著作権』、共著:牧野和夫アスキー2006年7月、ISBN 4756147704。
  • 『ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」』、共著:堀江貴文、集英社、2009年9月、ISBN 9784087805338。
  • 『そこまで言うか!』、共著:堀江貴文・勝間和代青志社、2010年9月、ISBN 9784905042006。
  • 『オンナは苦手。』、共著:田母神俊雄李白社、2010年11月、ISBN 9784894519268。
  • 『ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~』(2016年10月26日、集英社) ISBN 9784087808049

すべてネット上でフリーダウンロードシングルとして発表されたほか、2001年7月に開催されたイベント「2ちゃんねる祭り@2周年記念」で発売された『2ちゃんねるソング集』には「激走爆走チーム2ちゃんねる」~「アメニモマケテ」までの5曲が、2002年8月に発売された書籍『2ちゃんねる公式ガイド2002』の付録CD-ROMの音声トラックには「モナ~らぶ」と「4649!」の2曲が収録された。

  • 激走爆走チーム2ちゃんねる(2000年12月25日)
  • モナ~らぶ(2001年3月11日)
  • おいら(2001年5月11日)
  • やる気なし!(2001年7月7日)
  • アメニモマケテ(2001年7月14日)
  • 89337564!(2001年10月20日)
  • 4649!(2001年11月5日)

西村博之』に 関連する人気アイテム

多動力

イノベーションを起こす人、大金持ちになる人というのはこういう人なのだろう。
掃除や洗濯の時間すら自分でやるのは時間がもったいない。その時間でもっともっとやりたいことがある。とてつもないエネルギーの持ち主だ。
ただ、彼は世の中の人間はみんなそういう希望を持ってると思ってるきらいがあるが、一般的に世の中の人間はもっとのんびり生きたいし、それなりに食えれば満足だし、それがくすぶってるとかもったいないともまったく思ってないので、そこは世間と彼のズレかなとは思う。

彼は例えばディズニーランド行くことになったら、あらゆるコネやカネや方法を調べ尽くして駆使して、1日でどれだけアトラクションを乗れるかにチャレンジするタイプなのかもしれない。

同じ一日なのにアトラクション2つと食事だけで満足なの?そんなわけないよね!みたいな。ある意味、時間に対する貧乏性なのかもしれない。

くだらない枠組みや、意味不明のルールは平気でやぶるあたりはクール。ただ、さぼりたいだけの若い子が社会に出る前に彼の本を読んで感化されると、口だけのダメ人間が量産されそうな予感。

5つ星のうち 5.0面白かったです

(参考になった人 0/0 人)

大変面白くすらすら読めました。 自分は今まで周りの目を気にして、やりたい事を我慢して何を足踏みしてたんだろうって思いました。 いくつになっても3歳児のような好奇心をもって、生きていきたいと思いました。

5つ星のうち 4.0とにかくやってみる

(参考になった人 0/0 人)

なんか色々なことに囚われすぎている自分を解き放すことができたように思います。 あれこれ考えずにとりあえずやってみます。 それはどの年齢ではじめてもいいはずだから始める価値ありですよね

10年後の仕事図鑑

5つ星のうち 4.0これからの働き方

(参考になった人 1/1 人)

会社員として働くことが「普通」と言われる時代が変わりかけている。 そんな時代に生きている若い世代は得に考えていきていかなければならない。 この本はそんな生き方を考えるための導入書として非常に推奨できる。 AI時代の生き方として考えるきっかけになると思います。

タイトルは文中の落合さんの文言から拝借。 目まぐるしいスピードで変化する時代の中で漠然と「このままでいいのだろうか」と不安を感じていた時に読みました。 未来予測をお二人の経験・分析で分かりやすくイメージできました。

今後10年でどういった仕事が活躍するのか書かれている。 ロボットでもできるような仕事は今後なくなっていくだろうだがわれわれはロボットやAIに恐れるのではなく自分の仕事を全うしよう。

働き方 完全無双

5つ星のうち 5.0ひろゆき節、炸裂

(参考になった人 7/7 人)

ひろゆきの言動にアレルギーがない方であれば、普通に楽しめると思います。
働き方改革が推進される中、ひろゆきの視点からの個人の攻め方・守り方を紹介されてる本です。
特にこの本の素晴らしい点は数字に関する情報が多くあることです。例えば、

1.仕事をやりたくなくなったら、やめるのではなく休職しろ。給料の6〜7割はもらえる。
2.自己都合退職の場合失業保険は3ヶ月もらえない。ただそれ以降は半年や1年もらうことができる。その間に起業すれば経歴に傷がつかない。


3.会社を持っておくとなんでも経費にすることができる。月100円が入るブログ・YouTubeでもオーケー。(ちなみに東京人都民税は年間7万円)

この流れが非常に分かりやすく、仕事辞める際には参考にしたいと思います。

口述されたものをライターさんが整理して、書籍の体裁にまとめあげたということですか。なるほど、それなら腑に落ちます。お題「働き方」についてしっかり構成を考えて書いたぞ、という感じはないですもんね。もっと枝葉を払って、深そうなことを引き出せば良かったのに。

あまり目新しいことは見つからなかったな、と思って本を閉じたわけですが、それはもしかして「自分の思想と相反しないことがたくさん書かれていた」ことに違いないのではと思い返しています。自分としては、本書を読んで何かが変わるとは全く思えないですが、内容にケチをつけるようなものではないと言わざるを得ません。

次回、いつ鼻が詰まるんだろうと、その点はちょっと楽しみにしてます。

個人としてワンチャンを狙いながら幸せを目指す 今はネットで稼げるようになる時代 いつまでも会社にしがみついていないで、会社をクビになっても大丈夫な状態で生活することが重要になってきます。 頑張った奴が成功するのではなく、たまたま長く続けていたものが、関係者の目にとまって成功したケースが多い。 だからこそ、ひろゆき氏のように自分に甘く、ストレスを溜めずにゆる〜く継続する働き方は参考になります。 ランニングコストを上げなければ、必死に稼ぐ必要もない。 お金持ちよりも、毎日人生を楽しく過ごしている人の方が本当の成功者だと思います。

無敵の思考

ひろゆき流の非常識な生き方のテクニックが散りばめられています。
何か1つの大きな感動が得られる本ではなく、たくさんの小さな感動が得られる本です。

「ルール(判断軸)を持っていると、日々の生活において感覚的,衝動的な行動をして後悔することが減る。」
という序章から始まり、21の具体的なルールの解説に続きます。

以下のような話がたくさん出てきて、要はアドラー心理学でいう「自己受容」した状態を勧めている本でした。

・「頭で認識している自分像」と「物理的に本物の自分」を一致させて、自己嫌悪に陥らないようにする。
・一般的にはマイナスとされることも、考え方次第でプラスなことに変える。
・お金を使わずに、与えられた条件の中で楽しく生きるために工夫する。

ひろゆきさんの本をはじめて読みました。 意外と庶民より庶民的で合理的な無駄のない生活ルールに基づいて生きてるんだなと思いました。 ルール2の「年上の言うことは聞いておく」 当たればそれでいいし、外れてたら見下すという考えが面白かったです。 たしかに!黙って従ってみて見下せばいい!と笑ってしまいました。 3章のお金のルールは特に参考になると思います。 「あればそれでいい」という考えでいつでもホームレスになれる強さに感銘を受けました。 生きるのが上手い!世渡り上手になりたいです。

kindle版で1時間半から2時間で読める本。 学校社会では教えてくれない世渡りの仕方が書いてあり、ひろゆきの世の中へに対する考え方が良く分かった。 ひろゆきとは同年代だが、同じような内容の書籍を学生時代に読んでいれば生き方や人間としてのクオリティーは変わっていたと思う。 大いに役立つ知識を吸収できたが若い時に読みたかった。

西村博之』の解説 by はてなキーワード

日本の実業家。愛称は「ひろゆき」(呼び捨て)。自称、永遠の19歳。

概要

掲示板サイト「2ちゃんねる」の元管理人として知られる。

1976年11月16日、神奈川県相模原市生まれ、東京都北区赤羽育ち。

経歴は東京アクセス代表、有限会社未来検索ブラジル 取締役ニワンゴ取締役など。

週刊SPA!にて連載コラム「ネット炎上観察日記」を行う。

同姓同名で、アニメイラストレーターの西山博之氏とは全くの別人。

関連ニュース

2011年6月、かねて交友関係のあったホリエモンライブドアの元社長:堀江貴文)が収監されるにあたって、出頭直前に立ちあった。堀江氏が六本木の自宅から刑務所に収監されるまで、同伴。同氏が髪型をモヒカンにし、ニコニコ動画でその様子を配信している間、横に付き添い、見守った。

2014年4月21日、入籍したと自身のTwitterアカウント上で発表*1


西村博之』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.