製造業のまとめ情報

製造業』の解説

製造業(せいぞうぎょう、)は、原材料などを加工することによって製品を生産・提供する産業で、鉱業建設業とともに第二次産業を構成する一大分野である。工業の中でもさらに重工業から軽工業までと幅広く、各国の産業構造によって異なる分布を見せ、概して経済活動において主要な位置付けとなる。

家庭用電気機械器具(家電)、自動車といった工業製品から、コンビニエンスストアで販売される弁当や飲料を調理・製造する産業までを製造業に含まれる。

特徴

資本の必要性
製造業は原材料を加工・組立を行って製品を生産するため、原材料費の他にも工場や加工組立機械等の設備投資費、新技術等への研究開発費など、ある程度の資本投下を必要とする。
波及効果
製品を生産するためには原材料や機械設備などを必要とするため、ある製品の生産が増加した場合、製品に関連する他の産業の生産活動にも影響を与える(波及効果)。この傾向は、自動車のように大量の部品、大規模な工場を必要とする製品において顕著となる。さらにこれらの産業による設備投資乗数効果を通じて総需要を増大させる。国内総生産 (GDP) に占める割合は第三次産業の方が高いにもかかわらず、製造業の動きが景気に影響を与えるのは、波及効果が大きいためである。
製品生産の傾向
かつては大量生産とくに少品種多量生産が主流であったが、現在は多品種少量生産 (multi-item small sized production) 、高付加価値製品の生産が主流になりつつあると言われている(2005年現在)。
メーカーブランドの認知
製造業は第三次産業と異なり、製品が「見える」という可視化されているものであるということから、家庭電気製品や自動車など消費者がよく目にする製品の製造業者(メーカー)のブランドは一般における認知度が高い。しかし工作機械などの産業用機械設備や電子部品、化学品などの素材・中間財の製造業者になると、たとえ世界市場におけるシェアがトップクラスであっても一般の認知度が低い。

日本の場合

工業統計
製造業の全般的な統計暦年ベースで毎年実施される。業種・品目・地域別(都道府県特別区および市町村)等詳細な統計。ただし、作成後、公表までの期間が長くなる。経済産業省が所管し、同省のホームページに結果が掲載される。都道府県ベースのものについても、各県等のホームページに掲載、発表されるようになっている。
鉱工業指数
毎月調査、発表される。製造業の生産・出荷・在庫といった動きを業種別に示し、株式市況にも影響を与える重要な統計指標。そのうち最も注目されるのが「鉱工業生産指数」。経済産業省が所管。

製造業の分類

製造業の分類は、用途、目的によって複数存在する。以下ではそのいくつかを示す。

日本標準産業分類

総務省が規定する「日本標準産業分類」では、「製造業」を「大分類」として、以下に属する産業を「中分類」として製造業に含まれる産業・業種としている。なお、平成14年の分類の改定でおおまかにいって電気機械・器具製造業が下に示す電気機械器具製造業以下3業種に分割された。2007年(平成19年)の分類の改定で一般機械器具製造業が下に示すはん用機械製造業以下3業種に分割され、衣服・その他の繊維製品製造業が繊維工業に統合された。

2007年総務省日本標準産業分類(平成19年11月改訂版)」より

その他の分類

以下の分類は、基本的な考え方は一致することが多いものの、レポート等によって対象範囲が違うため、注釈等に注意する必要がある。

  • 三分類
    • 素材型
    • 鉄鋼業、非鉄金属製造業や石油・石炭製品製造業、化学工業といった、他の産業に再投入される製品を生産する業種。
    • 加工組立型
    • 電気機械工業や輸送機械工業など、素材型業種で生産された半製品を元に加工・組み立てを行って製品を生産する業種。
    • 生活関連型
    • 上記の2つ以外の業種。食料品・たばこ、木材・木製品製造業などが含まれる。
  • 川上・川下
  • 製品の製造工程を川の流れに例えて、原材料を製造する業種を「川上」産業、それらを利用して加工組み立てする業種を「川下」産業と呼ぶことがある。なお、この呼び方は製造業内に限られない。(例)「原油の価格上昇が、ガソリンスタンドなどの「川下」に浸透していない。」といった用法。
  • 装置産業(装置工業)
  • 石油製品工業や化学工業のように、大規模な機械設備を必要とする業種の総称。

日本の製造業

都道府県別の出荷額では、愛知県静岡県神奈川県大阪府兵庫県の順に多い。また、産業別では、輸送用機械、一般機械、化学、食料品、電子部品・デバイスの順に多く上位5産業で全体の5割強を占める。

課題としては、日本の製造業の大部分を支えている中小製造業のIT化が進んでいないことが挙げられる。特にEDI(電子データ交換)に関しては、1割以上の調達先とEDIで取引・提携をしている中小製造業は過半数にも満たない。

産業分類の見直し

製造業の産業分類(産業区分)については、その時々の情勢や政策にとっての重要度によって、細分化や統合、移動が行われる。例えば、日本標準産業分類2002年(平成14年)3月改訂版においては、電気機械器具製造業を分割して、新たに電気機械器具製造業、情報通信機械器具製造業、電子部品・デバイス製造業の3業種(中分類に相当)が1998年(平成10年)に新しく起こされた。

これは、いわゆるIT革命により製造業における電気機械器具製造業(電機産業と呼ばれることもある)の占める割合が大きくなり、より細かく分類する必要が生じたため。

類似産業の分類

日常的な感覚からすると似たような分類になりそうな製造業でも、分類上はまったく別のものに属する場合がある。例えば印刷業は製造業だが、新聞出版業第三次産業となったり(ただし、新聞・出版業を審議会でも議論の対象になったことがあり、製造業に入っていた時期もあった)、パソコンは情報通信機械器具製造業だが、ゲーム機はその他の製造業(がん具・運動用具製造業)になる。また、兵器類については専用の項目がその他の製造業に設けられており、例えば戦車戦闘機を生産しても、輸送用機械器具製造業が増加することはない。

なお、兵器製造業は秘匿産業であり、国内総生産等を計算する場合には推計処理される。

文化との密接

中野剛志マサチューセッツ工科大学(MIT)を中心に作成された『メイド・イン・アメリカ(Made in America)』において、「製造業、モノづくりの強さというのは、その国の国民性や文化と切り離せないと述べられていることを例に出し、日本の製造業の輸出産業の強さというのは、日本文化と密接に関っている」としている。また、「製造業を発展させるためには、勤勉さ、人と協力し合う習慣、倹約して将来のために投資しようとする精神など、様々な文化的条件や過去の蓄積が必要となり、一般労働者の水準が高く、彼らが意欲的に参加意識をもって集団行動することが不可欠である」としている。

製造業』に 関連する人気アイテム

俯瞰図から見える IoTで激変する日本型製造業ビジネスモデル

2016年の本。著者は日立製作所の取締役等を歴任された方である。
曰く・・・
ドイツ経済を支えてきたのは従業員500人以下の中小企業。ドイツ政府は、ドイツ中の中小企業を含めた全工場を統合して、ひとつの仮想工場にするというインダストリー4.0の構想を実現しようとしている。
IoTのプラットフォームについて定義はあいまいだが、モノからリアルタイムに発信されるビッグデータを高速処理するプラットフォームが必要である、という共通認識は存在する。
IoTは、ビッグデータの発信源であるモノ、ビッグデータが集められるコネクティビティ、ビッグデータが格納されるクラウド、ビッグデータの処理基盤であるIoTプラットフォーム、人工知能に代表される分析層であるアナリティクス・ソフトウェア、産業分野ごとに開発されるアプリケーション・ソフトウェア、顧客に提供される導入サービスと運用サービス、という多階層により構成される。


IoT戦略は3つ。モノに強みのある企業がプラットフォームを開発し、特定マーケットに全階層を垂直統合してサービスを提供する垂直統合戦略、IT企業がビッグデータ解析や人工知能プラットフォームで優位を築こうとする水平横断戦略、特定マーケット向けのセンサ内蔵の設備・装置で優位を築くモノ重点戦略。
基幹システムは、企業の事業と業務の全域に影響するので、全貌を俯瞰せずに基幹システムの刷新はできない。既存事業のIoT化も問題の本質は同様。
GEは、東芝をはじめとしてさまざまな「IoTプラットフォームを自社開発する技術はないのに垂直統合戦略を使用する日本企業」と「協業」を開始している。GEは泥臭い導入サービスにともなうリスクを回避して顧客基盤を手に入れる。「協業」した東芝などの日本企業はリスクを引き受けて導入サービスを提供し、事実上、下請けと化す。
これまで巨大な部品会社と思われていたボッシュ(垂直統合戦略)は、IoTプラットフォームをおさえて、PC時代のインテルのようになろうとしているし、それを梃子にインフラ事業にも進出する。
水平横断戦略のうち、コネクティビティ市場を狙うのはシスコ、インテル、HP、クラウド市場を狙うのはアマゾン、MS、Google、IBM、富士通、アナリティクス市場を狙うのはアマゾン、MS、Google、IBM、日立など。
自動運転車は間違いなく実現し、世界中に広まる。事故が減るという事実を否が応でも突きつけられるから。最後には、スピードレースのサーキットのように、ある限られた地域でのみ、人による運転が可能という時代になる。
IoTのキーワードは、つなぐ、つながる、ということに尽きる。その意味するものは「企業と顧客が近くなる」ということである。作って売ったら終わり、でななく、売ったモノの状態を日々センシングするのが当たり前になってくる。
日本のように労働人口の減少が問題であるかのように認識されている先進国が、相対的に「労働力需要の減少に適応した社会」として優位になってくる。
日本以外の国では1つの業態で競争力のあるのは1社だけというケースが多い。そのため、その国の政府はその企業にテコ入れするのが国策としてすんなりと受け入れられる。日本は狭い国内市場で競争し、どの企業も撤退しないので過当競争となる。国際標準化以前の問題として国内での標準化すら難しいというケースが多い。
IoTの通信規格は世界共通とすべきである。しかし、標準通信規格でもプロトコルを細部までは規定させないようにして各国の企業がよりよくしていく工夫の余地を残させねばならない。ビッグデータのコードも統一すべき。
サイバー・セキュリティが重要になる。国家としてサイバー・セキュリティに取り組むことこそ日本国として取り組むテーマである。その成果を世界に向けて提案していけばよい。
国家プロジェクトとして、何を国家として規格化し、どんな欧米の規格を受け入れ、何を企業の自由競争に委ねるのかのグランドデザインを描くべき。セキュリティ対策など企業の枠組みを超えた公共性の高い内容の日本独自の規格化を推進すべき。
などなど。

私は、図書館などで、何冊かIoTに関する本を読んだのですが、今一つIoTとは何かがよくわからなかった。この本は、日立グループの企業で、実際にIoTのシステムを組んだ実務家で、日立製作所の経営陣の一人だった著者が、豊富な分かりやすい事例を多数引用して書いた本。
私は、本を読んで「ああ、IoTって、こういうことなんだ!」と、思わず納得しました。IoTとは何かを知りたいと思う人の入門書として、良い本で、何回も熟読するに値する本だと思います。
そして、「これからはIoTのプラットフォームを押さえた企業が、ビジネスの勝者になる」、「アメリカやドイツの企業は、すでに、いくつかの分野でプラットフォームを押さえている」、「このままでは、日本の企業は、プラットフォームを押さえた外国企業の下請けになり、利益の多くを、プラットフォームを押さえた外国企業に持っていかれる」、そして「時代の変化のスピードは非常に早く、IoTが進むにつれて、それに対応しない企業は先がない。

」そんなことを、私は本を読んで感じました。
この本は、企業で働く人はもちろん、特に、企業の中枢で経営に携わる方に、ぜひ読んでもらいたい本だと思います。
著者は、本書の中で、このままでは、日本の製造業は、アメリカやドイツの企業に、おいしいところだけを持っていかれるという危機感 を訴え、日本の企業は、IoTに対して、どうあるべきかを提案しており、大変参考になりました。
ちなみに、私は理系ではなく、大学の文系の出身です。

鈴木敦雄(公認会計士)

ようやく読み終わった。 前半のIoTの説明は知識不足の為の読むことに時間がかかったが、作者の目から見た、日本と海外の違いや、IoT技術で激変しなくてはならない危機感など、共感を呼ぶものです。 また、日本の歴史、現状から考える、日本の今後のIoTを含む発展の方向性まで述べ、読み応えのある一冊でした。 国産のものづくりIoT、ぜひ作り上げるべきものと感じます。

ディズニー、NASAが認めた 遊ぶ鉄工所

『遊ぶ鉄工所――ディズニー、NASAが認めた』(山本昌作著、ダイヤモンド社)の著者は、3つの点で他の経営者と異なっています。

第1点は、企業経営の目標が明確なこと。著者は、「社員が誇りに思えるような『夢の工場』をつくろう」、「油まみれの工場を『白衣を着て働く工場』にしてみせる」という目標を立てたのです。

第2点は、目標を達成するための戦略が具体的で、社員にきっちり理解されていること。「量産ものは、やらない」、「ルーティン作業は、やらない」、「職人は、つくらない」という型破りな基本方針の下、①「人」を変える、②「本社」を変える、③「つくるもの」を変える、④「つくり方」を変える、⑤「取引先」を変える――という思い切った変革に取り組んだのです。



例えば、「『つくり方』を変える」とは、「昼間は、デスクで人がプログラムをつくる。人が帰った夜中に、機械に働いてもらいます」という発想の大転換に基づいています。

第3点は、戦略に沿った実行力が抜群で、世界の一流企業からも一目置かれる技術力と画期的な生産システムにより、驚くべき業績を上げ続けていること。

著者に率いられたヒルトップは、「自動車メーカーの孫請だった油まみれの鉄工所」から「多品種単品のアルミ加工メーカー」へと脱皮し、「毎日同じ製品を大量生産していた町工場」は「24時間無人加工の夢工場」に変身を遂げました。

高度の技術力が認められ、ウォルト・ディズニー・カンバニー、NASA、ウーバー・テクノロジーズなど世界のトップ企業を顧客にするまでになっています。

業界常識を一掃した生産システムにより、業界水準を大きく超える20~25%という驚異的な利益率を達成しています。

ヒルトップ独特の「5%理論」とは、どういうものでしょうか。「会社が腐らないように、『5%』だけでもいいから、楽しいこと、新しいことをやっていこう」、「人材育成と要素技術の蓄積として、売上高の約5%をユーザーのニーズと関係のない製作費にあてていこう」というのです。

「儲かるかどうかわからないが、楽しそうだからやる」、「儲からなくても、社員のスキルが上がるならやる」をモットーに、「楽しくなければ仕事じゃない」が文字どおり実現されているヒルトップのような企業で、私も働いてみたかったなあ。

5つ星のうち 5.0ノンフィクション

(参考になった人 2/2 人)

さらりと書いてある。 登場人物のキャラもアクシデント、ハプニング、トラブルも盛りだくさん。 きっとヒントが隠されている。 利益重視の冷徹な経営判断よりも、もっと人間的な情熱、世界を変えたいという強い使命感、自分のやり方がこれまでより優れているという強い信念、そして、不屈の精神、粘り強さ。 企業秘密も。 24時間ずっと機械が自動でいろいろな物を作るなんて、子供の頃に思い描いた未来の町工場。 見てみたい。 登場人物に半沢直樹役が不在で資金繰りのサスペンスに欠けるところがちょっぴり物足りなく感じるのかもしれない。

5つ星のうち 2.0いまひとつ

(参考になった人 12/14 人)

同じような製造業に従事している者です。 予約してまで買ったのですが、立ち読みとかしていたらやめていたと思います。 定石通りの成功体験も新鮮味が無いし、ヒルトップシステム自慢みたいになってしまっています。 講演とかでは受けるのかもしれませんが、本にするほどのものかなと思いました。 結局は人なのですが、そこの人材育成も希薄な印象を受けました。

この一冊で合格! QC検定3級集中テキスト&問題集

5つ星のうち 4.0お勧めします

(参考になった人 2/2 人)

この参考書で問題なく合格しました。 カテゴリー毎の配点傾向も明記してあるので 学習を進める上で非常に効率的に勉強できました。 お勧めします。 ただ、どうしても理解できない項が1つあったのですが(正規分布?だったかな)そこは捨てました。 かなりの確率で出ることは予想していて、案の定本番で出題されました。 うろ覚えですが110問中100問くらいはとれたので合格には問題なかったのですが、本書では理解できませんでした。

1からやるのにどれが良いかな?とネットを調べてみて良さそうだったので購入 忙しくてあまり勉強する時間取れませんでしたが まずは1周読んでみて、2周目にキチンと読んで、3周目に理解を深める こんな感じでトータル20時間ぐらい(?)のお勉強でしたがなんとかなりました。 (ただ、本番で1問、本に載って無いような問題ありましたがww)

単語はそのまま覚えればいいのですが、三級は計算があります。 しかしこのテキストは計算系の説明が結構不足しており、ネットや他のテキストで説明を補完することがかなりありました。 後半にいくにつれてわかりづらくなりました。 またこれ一冊では合格は難しいと思われます。 過去問の問題集も解いておくとよいと思います

図面の読み方がやさしくわかる本

私は、工場勤務が5年目になります。仕事柄、図面に接する機会が多々あり、
図面の記号の理解が不十分だと思い、この本の購入にいたりました。
図面の記号についての簡単な説明が書いてあり、大変勉強になります。
普段なんとなく図面を見て図面の記号が分からないで会社の人に聞くのではなく、
この本を見返すとあの時見た図面の記号はどういう意味であったのかが
再認識することができ、すばらしい本だと思います。
又、図面の仕事の流れ⁽自分が今現在会社又は工場の中でどのポジションにいるのかの確認⁾
第三角法、図面の条件⁽図面を見れば、すべての加工情報が把握でき、狙い通りのモノが加工
できること。誰が見ても同じように理解できること⁾などの図面の基礎が書かれており、
図面の仕事に携わる人が読んでも為になるのではと思いました。

表現は非常に分かりやすいです。 図面から情報を読み取る、というよりは、立体図を頭に思い浮かべるためのテキスト、という感じです。 お客様と話をするだけの営業の人なら十分なのかもしれませんが、調達側から見るとちょっと物足りなかったです。 シリーズの本と合わせて読めば、知りたいことも網羅できるのかな?と思いますが、それだとコスパが微妙です…。 また、表記がほとんどJISについてなので、ISOを使う私には不向きでした。

仕事で簡単な製図をしなければならなくなり、全く初めてのことで困っていました。 製図の専門書を読んでみたのですが専門書のお堅い表現に四苦八苦・・・ 初歩的なことを体系的に整理したいと思っていたところ出会ったのがこの本です!! 平易な文章で必要最小限のことがコンパクトのまとまっており、流れも分かりやすく本当に助かりました。 図面にはじめて触れる方には是非最初に読んで欲しい本です。

ゴリラ ミニゴリラ用 GPSアンテナ MCX-PL端子 CN-G1100VD CN-G710D CN-GL706D CN-G700D CN-G1000VD CN-GL300D CN-GL350D CN-GL410D CN-GP505VD CN-GP510VD CN-SP510VL CN-GP600FVD CN-GPA600FVD CN-GP700FVD CN-GP710VD CN-SP710VL CN-SL305L CN-SLJ200L CN-SP505VL CN-SP605FVL CN-SP705L CN-SPJ705VL CN-SP707FVL NV-BD600DT NV-HD880FT NV-HD881FT NV-JM450DT NV-JM460DT NV-JM480DT NV-JM520DT NV-JM525DT NV-JM710DT NV-JM715DT NV-JM720DT NV-KM45DT NV-LB50DT NV-LB51DT NV-LB55DT NV-LB58DT NV-LB60DT

Gorilla CN-G1200VD用に購入しました。ナビ内蔵GPSはアンテナでは衛星の捕捉に10分ほどかかり走行中に捕捉できなくなることがありましたがこのGPSはアンテナを接続すると1分以内に衛星が細港でき走行中も安定になりました。外付けGPSアンテナとして十分な性能があると感じました。(なお性能を発揮するためにはアースプレートが必須です)
オンダッシュのナビ用としてはケーブルが長すぎると思います。ナビ本体に近くに取り付けるので30〜50cmぐらいあれば取付けがスッキリしていいかと思います。この点だけ残念です。
Gorila用のGPSに性能を上げるために必須のアンテナだと思います。

5つ星のうち 5.0安価ですが効果絶大!

(参考になった人 0/0 人)

知人から五年ほど使用して一年眠っていたミラリードnav-08s(ポータブルナビ)を譲り受け、車に取り付けましたが、なかなかGPS信号を受信せず、一時間ほど走ってやっと一度受信しましたがそれもつかの間でそれっきり(T_T)。 もう壊れてるのかもしれないと思いつつ"だめもと"でこのゴリラ用の端子が合うようなので購入しました。 取り付けて起動させ、わずか三十秒ほどでアンテナ5本立つようになりました。 あきらめていたので感動も大きく、とてもうれしかったのでこのレビューを書こうと思いました。 価格は安いですが効果絶大です!

CNGP710VDに取り付けてみました。 最近GPSの受信に時間がかかり、作動中も動作が安定せず地図画面が安定しなかったので、受信感度が落ちたと思いGPSアンテナを購入し、取り付けてみましたが症状は改善されませんでした。 もしかしたら本体自体の寿命が近いのかも・・・購入してまだ3年なのに。

製造業』の解説 by はてなキーワード

日本標準産業分類による定義では「有機又は無機の物質に物理的,化学的変化を加えて新たな製品を製造し,これを卸売する事業所」のこと。メーカー

製造業』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.