融のまとめ情報

』の解説

」(とおる)はの演目の1つ。五番目物・貴人物・太鼓物に分類される。作者は世阿弥1363年? - 1443年?)。

平安時代の左大臣源融とその邸宅・河原院をめぐる伝説を題材とする。荒廃したかつての河原院跡に月明かりの夜、融の霊が現われるという趣向で、情緒ある詩的な「佳品」と評される。

「融」ではこうした説話に基づき、融は気品ある風流な貴人として描かれている。そんな融の花やかな舞と、荒廃した河原院跡の哀しさ、という対照的なモチーフを美しい叙景描写でつないだ巧みな構成、そして詞章は、数ある能の中でも優れた一曲との評価が高い。

大正 - 昭和期の名手として知られた能楽師・櫻間弓川も本曲を好きな能の1つとして挙げる。著書の中で弓川は、少ない登場人物など簡素な構成でありながら、「喜怒哀楽の複雑な感情」を深く表現した、「能本来の精神を最もよく表現してゐる能」と賞賛している。

室町期から盛んに上演されており、現在もシテ方5流のすべてで現行曲として扱われる。また、末尾の「この光陰に誘はれて、月の都に、入り給ふよそほひ、あら名残惜しの面影や」の詞章から、故人追善のための演能でしばしば舞われる。

上記の通り、当時の注釈書などに記された融の河原院造営に関する説話をベースとしているものの、その依拠の部分は比較的小さい。本作の作品世界そのものは、作者である世阿弥の美意識に基づく創作と見なすべき、と能楽研究者の伊藤正義は指摘する。

一方、世阿弥の父・観阿弥が、やはり融を題材としたと見られる「融の大臣の能」を舞ったという話が『申楽談儀』にある(曲自体はすでに散佚)。「融の大臣の能」と「融」の関係については、「全くの別曲」「『融の大臣の能』を改作したのが今の『融』」と、意見が分かれる

前述の伊藤は、「融の大臣の能」は、『江談抄』などにある、「河原院に滞在する宇多法皇と御息所の前に融の亡霊が現われ、御息所を奪おうとするも失敗する」との説話を元にした能だったとし、融が御息所への邪恋を訴える場面の一部が、現「融」で前ジテがかつての河原院を懐かしむ場面に引き継がれたのでは、と推測している

小書

多くの小書(特殊演出)があり、「思立之出」(観世流・喜多流)、今合返(観世流)、替(大蔵流)、「白式」(観世流)、「窕(クツロギ)」(観世流・宝生流・金剛流)、「舞返」(観世流)、「十三段之舞」(観世流・金剛流)、「舞留」(観世流)、「袖之留」(金剛流)、「笏之舞」(宝生流・金春流・喜多流)、「酌之舞」(観世流)、「曲水之舞」(喜多流)、「遊曲」(宝生流・金春流・金剛流・喜多流)、「遊曲之伝」(喜多流)、「舞働」(観世流)、「彩色」(観世流)、脇留(観世流・金剛流)がある

』に 関連する人気アイテム

【古河電工】 自己融着性絶縁テープ F-COTAPE NO.2 エフコテープ2号

5つ星のうち 5.0助かりました

(参考になった人 0/0 人)

近くの日曜大工センターでは売っていませんでした、このテープだとはがれ難いので配線の端末処理にベストです。 入手出来ないかと思いましたが、アマゾンで簡単に買えました、送料掛かりましたが早かったです。

やっぱりエフコテープ2号、の代わりは、エフコテープ2号 しか有りません。 機械的強度と防水性、全てにおいて、優れています、これに代わる物は、有りません。

DA62Wエブリィはインタークーラーパイピングが長いのでホースに巻きました。 膨張も無く、圧損が無くなり坂道でもグイグイ登るようになりました。

日東シンコー 自己融着性 ブチルゴムテープ No.15 幅19mm 長さ10m セパレーターなし

5つ星のうち 5.0非常に便利です

(参考になった人 0/0 人)

DIT好き、電気器具類の故障など、やられる方には、是非お勧めです、自己融着しますので、引っ張って巻き、指で押さえれば、終わりです。 ビニルテープは長年で可塑剤が分離し、巻きほごれ、ねちゃねちゃとなり、使うに注意が必要ですが、これはその懸念がありません。 また用途として、水漏れなどにも使えますし、ホースつなぎのオス側に薄く巻くと、パッキン代わりにもなります。

5つ星のうち 5.0簡易防水として

(参考になった人 0/1 人)

同軸ケーブルのコネクタ部分に簡易防水として使ってます。 くっつきが悪いと感じる方は使用方法をよく読んでみてください。 このテープだけでは心配な方は粘土テープを仕上げに巻くと防水効果向上が期待できますが、 それほど心配じゃないところはこのテープだけでOKです。

5つ星のうち 5.0商品に対して

(参考になった人 0/0 人)

商品の名前が私の知っているものと異なっていましたので受け取りますまでは心配していましたのですが、 早速使用してみて心配する事ではありませんでした。 私の望んでいたもの そのものの品物でありました。 敏速の発送対処して頂きまして本当に有難うございました。

NOをYESに変える「不動産投資」最強融資術

不動産投資を始める際に、どのようにして銀行と融資の交渉をするのか、ゼロから始めたご経験を余すことなく書かれていてとても参考になりました。 内容としては、アポイントの取り方、持っていく書類、トーク事例やプレゼン術など経験に基づいた実践的なものですが、文章の雰囲気や、相手の立場に立った丁寧な交渉のアドバイスなどから誠実な人柄が感じられます。 不動産投資のノウハウはもちろん、経営者マインドや行動力、信頼を積み重ねることの大切さという点においても、学ぶところが多い1冊でした。

不動産融資のツボを押さえておきたくて購入。 「最高訪問法」「無敵の準備」「鉄板フロントトーク」「最強交渉術」など、融資のOKを獲る確率を上げるためのノウハウが詳しく書かれている。 中でも注目は「神プレゼン術」 融資をOKにする超重要な決め手、ダメにしてしまうポイントが指摘されている。 なぜか最後に融資にOKが出ない、どうもうまく話が進まない、という方は一度チェックしてみることをお勧めする。 多くにツボがコンパクトにまとまった良書。

実践的ノウハウにとどまらず、バンカーの信頼を得て、関係を維持すること、その地道な言行を通して、切り開いてきた、著者の自分史といえる。 その試行錯誤と経験を通して磨かれた、人間教育の啓蒙書としても、読むことが出来ました。 そこまで教えていいの?と感じるくらい、著者の人柄の良さが滲み出ています。

マンガでわかる溶接作業

2昔以上まえ40歳のころ、地元のポリテクセンターでアーク溶接特別講習を受講した。
既に持っていたホームセンターでセット2万円くらいの家庭用被覆アーク溶接機(100/200V兼用機)が、さっぱり着かないので、プロに習ってみようと思ったからである。
一緒に受講した人たちは建設業や農業など実際に仕事で溶接を使う人ばかりで、趣味で受講したのは私一人だけだった。
座学と実務で3日くらいのコースだったと記憶するが、受講してみて初めて、なぜ巧くつかないのかがわかった。
最大の原因は、材に対する溶接棒の太さと電圧・電流がマッチしていなかったからである。

また、この本にあるように、アークの出し方、ビード形成の仕方、溶接棒を動かす速さ、溶接棒乾燥の仕方など、素人が本を読んだだけではわからないスキルが多い。

受講後は電源を単相200Vに切り替えたので、なんとか着くようになったが、それでも数ヵ月に1回の頻度では上達は覚束ない。
先日、ママチャリのハンドル(厚さ1mmほどの鋼管)に軟鋼のナットを苦労して溶接したら、暫くしてポロっと脱落してしまった。
溶け込んでいなかったのだ。

私は、本書を読んで被覆アーク溶接が一番難しいとわかったので、フラックスワイヤー式の半自動(炭酸ガス)溶接に切り替えようと、手ごろな溶接機を物色しはじめた。

仕事で溶接をする人は職場で先輩や上司に教わるからいいが、アマチュアの場合は私の経験からすると、溶接の教科書やこの種の本だけで、溶接ができるようになるものではない。 おそらく、ホームセンターで販売された安価な手(棒)溶接機の大部分は1-2回、試用された後、死蔵され埃を被っているのではなかろうか。

アマチュア用の一番安い溶接機であっても、6,000℃の高熱で鉄を溶かし、(交流の場合)100-200Vの電気を使い、網膜を傷める激しいスパークを出すという3重の危険作業であることはプロ用の溶接機と同じなのだから、趣味の溶接愛好家も、実技講習はどこかで受けるべきだと思う。

本書も、安全確保や作業のノウハウについて、アマチュアも「溶接の勘どころ」を幾つか掴める本であった。
金工やクルマいじりで溶接を始めたいひと、既に溶接機をもっているが使いこなせていない人に、参考書の1冊としてお薦めできる。

【補足】
この本では、溶接面(シールド)について殆ど触れられていない。 瞬間的に遮光する自動遮光溶接面が往時より一桁安くなり、メーカーによっては1万円でお釣りがくるのだから、詳しく説明していただきたかった(私も近々導入予定)。

また、昔ながらの片手で持つハンドシールド(溶接面)を使う場合でも、500Wのハロゲン投光器で直近から照らせば溶接部位を濃いシールド越しに確認することができる。 このことは自動車修理の雑誌で得た知識で、実際に活用しているが、プロの溶接現場では常識的ではないのだろうか?

具体的に溶接とはどういう事をするのかが、漫画で分かり易く書かれている。 またその漫画を追うようにして活字による説明が付加されているが、これも優しい文章かつ簡潔にまとめられているため、読むのがダルいと感じることはない。 現場でよくある 先達の腕を盗め という先輩達に質問してご教授していただきたい事ズバリが書かれている感じです。 もちろん実戦は経験を積まなければどうにもならない世界ですが、この本を読めば業界を俯瞰して大ざっぱなイメージをつかめると思います。 これから仕事や趣味で溶接をしたい、しなければならないというシチュエーションに陥っている人ならば、一番初めに読むと良いかも。

どうしてもほしい商品が無いため、自作することに。 チューブベンダーで形状は作れるけど、念の為溶接も覚えたいので参考書をいくつか物色。 その中でこの本が一番馴染みやすく、マンガということもあり、楽しく読めた。 ド素人、中堅、ベテランの視点で書かれているので「なるほど!」と思う部分が多く、かなり参考になる。

』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.