英雄伝説のまとめ情報

英雄伝説シリーズ』の解説

英雄伝説に関連性が高い単語の解説を表示しています。 英雄伝説についての情報が含まれているか確認して下さい。

英雄伝説シリーズ(えいゆうでんせつシリーズ、The Legend of Heroes)は、日本ファルコムによるロールプレイングゲーム (RPG) のシリーズ。略称は「英伝」(えいでん)。本稿ではシリーズ全体について取り扱う。各作品の詳細については、それぞれの項を参照の事。

概要

1989年(平成元年)に発売された『ドラゴンスレイヤー英雄伝説』(以下『I』)から始まるRPGシリーズ。初期2作は《ドラゴンスレイヤー(ドラスレ)シリーズ》として発売されていたが、1994年(平成6年)に第3作『英雄伝説III 白き魔女』が「ドラスレ」の名を冠さずに発売された事によって《ドラスレシリーズ》から独立した《英雄伝説シリーズ》として確立する。

これまでに第8作までが発表されているが、第6作以降はそれぞれが複数の作品で構成されているため、通算では12作が発売されている。シリーズ最新作は『閃の軌跡』の後編に当たる「英雄伝説 閃の軌跡Ⅱ」。主人公は各作品毎に変更されるが世界設定は2・3作で共有されており、世界設定の共通性から3期に分類される。(2014年11月現在、詳細はシリーズの分類を参照)

RPG作品の多くがアクションRPGであるファルコムにおいて、3人称視点のコマンド選択タイプRPGであることがシリーズの特徴としてあげられる。また、主人公も含めた個々のキャラクター像を深め、群像劇として物語を描いているのも特徴となっている。こうした結果、第1作よりストーリーを重視したドラマ性の高い作品として続いており、近年では本シリーズの作品を「ストーリーRPG」と称している。

第6作まではパーソナルコンピュータをオリジナルプラットフォームとして発売していたが、7作目以降はコンシューマー機をオリジナルプラットフォームとしている。〈イースシリーズ〉とならぶファルコムの看板作品であり、様々なプラットフォームへの移植もされている。5作目までのコンシューマー機への移植は全て他社の開発によって行われていたが、6作目の『空の軌跡』シリーズPSP への移植を自社開発で行っており、続く第7作『零の軌跡』と『碧の軌跡』がPSPをオリジナルプラットッフォームとして発売する土台となり、第8作目『閃の軌跡シリーズ』はPlayStation 3(PS3)とPlayStation Vitaとのマルチプラットフォームで発売された。(詳細は日本国内での対応プラットフォームを参照)

シリーズの分類

本シリーズは世界設定を数作で共有した後に一新しており、世界設定の共通性から第1期〈イセルハーサシリーズ〉(I・II)・第2期〈ガガーブトリロジー〉(III・IV・V)・第3期〈軌跡シリーズ〉(VI・VII・VIII)に区分される。

同期の作品同士では世界設定を完全に共有しており、一部のキャラクターが作品を跨いで登場するなどストーリーにも深い関わりがある。

シリーズ系統図

  • 一部で「ドラゴンスレイヤー」を「DS」と略記。
  • 枠で囲まれていないものは《英雄伝説シリーズ》に含まれない。

第1期 イセルハーサシリーズ

第1作『ドラゴンスレイヤー英雄伝説』と第2作『ドラゴンスレイヤー英雄伝説II』の2作からなる。1期の作品は《ドラスレシリーズ》として発売されており「Dragon Slayer VI」に位置するなどとも呼ばれ、第3作『英雄伝説III 白き魔女』・第4作『英雄伝説IV 朱紅い雫』・第5作『英雄伝説V 海の檻歌』からなる三部作(=トリロジー)。第2期第1作目となる『III』が「ドラスレ」の名を冠さずに発売され、《ドラスレシリーズ》から独立した《英雄伝説シリーズ》が確立した。異なる大陸で起こる3つの物語が最終的には1つの物語として繋がっており、一部のキャラクターは3作を通じて登場している。

また軌跡シリーズの1つとして『那由多の軌跡』が発売されているが、ジャンルがアクションRPGで世界観が一新されている。『VII』に登場するマスコットキャラのみっしぃがスピンオフ出演していることなどを除けば軌跡シリーズとの共通点があまりないためタイトルに「英雄伝説」が含まれていない。

シリーズ作品

日本国内での対応プラットフォーム

シリーズ作品の多くが様々なプラットフォームへと移植されている。

ゲームシステム

※ この項では原則として、オリジナルの物とファルコム自らリメイクした物のシリーズを通しての特徴について言及する。作品毎の差が大きいシリーズであるため、詳細については各作品の項を参照の事

ストーリー構成

旧『IV』を除き、全ての作品が複数の章・部・話から成り立っており、ストーリーに区切りがつけられている。『I』では「第1章」から始まり「第1章」が最初の章となっているが、その他の作品では「序章」から始まり、「第1章」は2つ目の章となっている。

章毎に動ける範囲が限定され、クリアした章の舞台には再度訪れる事が出来ない作品が多い。

フィールド表現

『II』までは街やダンジョンなどはフィールド上にアイコンで示されていた。『III』以降はアイコン描写は廃止され、フィールド・街・ダンジョン等に関わらず、全てが同縮尺で表現されている。

敵との遭遇は〈イセルハーサシリーズ〉ではシンボルエンカウント(ただし、特定のアイテムを使わないと敵のシンボルが画面上に表示されない)、〈ガガーブトリロジー〉では定点でのランダムエンカウント、〈軌跡シリーズ〉ではシンボルエンカウントとなっている。

戦闘

シリーズ毎に大きく異なる。

イセルハーサシリーズ
ドラゴンクエストシリーズ〉に代表されるオーソドックスなコマンド選択型。
ガガーブトリロジー
98版はそれぞれに独特のシステムとなっている。Win版は半オート・半手動選択の疑似リアルタイムと言う点は共通だが、作品毎に異なる点が多い。
軌跡シリーズ
行動順を主軸とした「ATバトル」と言うシステムを採用。

魔法

シリーズ毎に体系が異なり全体を通して共通する魔法はないが、世界設定を共有する各シリーズ内では同一の魔法が使われている。ただし〈ガガーブトリロジー〉は設定を共有しながらも互いに隔絶した世界となっている為、作品毎に異なる魔法体系となっている。

『III』を除いた全ての作品において、多くのRPG同様に魔法の使用にはMPもしくはそれに相当するEPを消費する。『III』におけるMPは魔法習得時に消費するポイントであり、習得した魔法の使用時に消費するステータスはない。

換金物

『III』以降の作品では人外の敵との戦闘では直接現金を手に入れる事は出来ず、代わりに換金物が手に入る。買い物をする為には一度現金に換金する必要があるが、換金率は場所や時間等によって変動する。

本の収集

『III』以降の作品では複数巻からなる作中作がアイテムとして登場し、これを収集するサブイベントが存在する。これらの本は全巻を揃えることによって、最強の武器などの他では入手出来ない貴重な道具と交換出来るが、本の多くは取得可能な時期が短時間に限られており、さらには素直にストーリーに沿ったプレイでは見つけ難い場所にあるため難易度の高いイベントとなっている。なお『V』でこのイベントに関わる作中小説『人形の騎士』は、シリーズを跨いで〈軌跡シリーズ〉作中においても小説として登場する。

参考文献

英雄伝説』に 関連する人気アイテム

銀河英雄伝説1 黎明篇

またテレビアニメ化されるとかで,何十年ぶりかで読み直そうと,この東京創元社版の第1巻を買ってしまいました。
装丁のイラストがカッコよくて,巻末に掲載された鏡明氏の解説も目からウロコです。もちろん本編のアスターテ会戦や(第七次)イゼルローン攻防戦での様々な登場人物たちの駆け引きにも,腑に落ちることばかりです。
『三国志』や『水滸伝』が好きな人がはまる本かもしれません。
この巻では,自由惑星同盟のヤン・ウェンリーと,銀河帝国のラインハルト・ローエングラムが互いに,それぞれの集団の制約や桎梏と戦いながら,何とか自らの夢に向かって突き進んでいく初々しい姿が描かれています。
余談ですが,「ゼッフル粒子」や「処女神(アルテミス)の首飾り」などの兵器も,かつてワクワクして想像した記憶がよみがえり,久しぶりに心踊らされてしまいました。

最初はアニメのみを観ていたのですが、とにかく人名が覚えられない…。 加えて星の名前、戦闘の通称、艦隊の名前…何が何やらわからなくなって挫折しました笑 電子書籍の良いところはとにかく文章内の検索ができるところです!人名を検索することで「この人何した人だっけ?」問題を全て解決できました笑 検索うんぬんは抜きにしても、非常に面白い作品です。 アニメでいまいちよくわからなかったところも小説を読むとよく理解できました。 新アニメは観てないのでわかりませんが、旧アニメは原作に忠実に作ってあるので、どちらから先に入っても良いと思います。 小説とアニメを交互に楽しんでいます。

他の方のレビューにあった誤植はざっとみたところあまりありませんでしたが、新書版では漢字表記だったものが、開いてヒラガナ表記になっていたりしました。 文庫化の際に、出版社が変わったからだと思います。 ちょっと間延びした感はありますが、全体として読みやすく満足出来ました。 作品自体は今読み返しても、古さもなく楽しめる作品なのに、画像ひとつないのが、スペースオペラとして貧弱にみえるところが少し残念な印象を受けてしまいます。

銀河英雄伝説 10

はるか昔に原作を読んだときから気になっていたんだが、要は可燃性で爆発するガス・・・だよね?
指向性はともかく、プロパンガスとの違いってなんなんだろう・・・?

フジリュー版銀英伝で目立つのが後退作戦だが、高速艦で構成されたビッテンフェルト艦隊が、後退するヤン艦隊に追いつけないのはどうなのかなぁ。すぐに追いつけると思うんですが。それ以外は全体としては原作に準拠していたのではないだろうか。
登場人物が省かれているのはある程度割り切らないといけないのかなあ。好きなキャラが出てこないのは非常に残念ですけども。



キャラの改変については、それこそがコミカライズの楽しみでもあるので、「このキャラは原作ではこんなではない!」と言い過ぎるのはどうだろう。原作を超えるためには原作通りじゃダメなわけで、それが結果として失敗であっても改変することはコミカライズとして当然だと思う。

ただ確かに「表面的」すぎるとは思う。話をコンパクトに纏めるためか、主要キャラ以外は原作の表面的な戯画になってしまっている。「わかりやすい」キャラと言うか。
個人的には帝国軍より同盟がひどい。フレデリカとアッテンボローとユリアンが浅すぎる。ヤン亡き後あとを任せられるとは思えない。
改変は構わない。
だが、これから先の同盟の主要人物がこんなに浅いのは心配で仕方ない。

すぐ高評価はサクラだとか、単なるフジリューファンだとかニワカだとか。
変な決めつけやめて下さいね〜。
こちとら30年来のファンです。
確かに、シェーンコップは色男じゃないしコーネフは居ないしフレデリカ、アッテンボロー、ヒルダ等、若干キャラ描写が気になるキャラは居ますが、アニメも漫画もメディアミックスされまくりされ続けたこの作品。
どうせ新しくやるなら、これくらいブッ飛んでた方が面白い。
既存のメディアミックスと比較にならないくらい突き抜けてて欲しい。


特にラインハルトなんか、苛烈で目力半端無くて自分的には「これぞラインハルト!」だと思っている。
特にこのフジリュー版が素晴らしいのは、艦隊戦の描写と
「続きが出るのが早い」(笑)
これ大事でしょ。
原作は外伝が完結しませんでした。道原版は遅く、長きに渡る中断を挟み絵が荒れました。艦隊戦も自分で描いてませんでしたし。
批判の対象になりながらも、サクサク続きを出してくれる。田中芳樹ファンなら、この有り難み少しは共感出来るはず(笑)

俺の好きなユリシーズが、やっと出てきました。

ビッテンフェルトの猛攻で全滅しかける第八艦隊。
多くの艦が撃沈される中、ユリシーズも被弾する。
その「軽微だが深刻な」被害とは

ファンには有名なエピソードですね。
「汚水処理システムに当たり、艦内が汚物に満たされる」
というアレです。
原作もアニメも、さらっと触れた部分なのですが
ここでは1ページほどですが、ちゃんと描かれてます。
『こんなところで死にたくない』というセリフとともに
藤崎らしいコミカルな絵で、『惨事』が描かれて
俺の好きなユリシーズが、よりユリシーズらしく描かれてます。

こういうのがコミック化される理由であり、メリットなんだなと
良いマンガを手にすることができて嬉しく思う。

銀河英雄伝説全15巻BOXセット

銀河英雄伝説、新アニメ化されましたので、購入して一気に読もうと思います。

創元SF文庫版のカバーイラストは星野之宣ですか。豪華です。
昔の田中芳樹はこれだけの長編をきっちり終わらせることができる力量があったのに、
とアルスラーンの惨劇を見て思ったりもするんですが本作は文句なしの名作です。
こういう作品が時代を問わず読み継がれていくんだと思います。
他作品ではややくどい作者の政治談議もこの作品では嫌味なく、登場人物にうまく仮託し
読者に伝わってきます。
キルヒアイスの退場が早すぎたとか、艦隊戦の描写が宇宙空間にも関わらず二次元だとか
いろいろ批判される部分もありますが、主役級を本編終了手前の段階で退場させても
物語を破綻させず、それが読者にも納得の必然さでフィナーレまで持っていった作者の
力量には驚かされます。
本編外伝併せて15巻ですが読み終わるのが惜しいぐらいの勢いで読了できるはずです。
是非多くの人に手に取っていただきたいです。

5つ星のうち 5.0徹夜覚悟

(参考になった人 13/13 人)

30年近く前の作品とは思えない。 毎晩、夜更かしして読みました。 また、何度読んでも面白いので、お勧めです。

英雄伝説』の解説 by はてなキーワード

日本ファルコムによるコンピュータRPGのシリーズ。

ドラゴンスレイヤーシリーズから派生したが、現在は独立したシリーズとなっている。よく「英伝」と略される。

伏線が多数ちりばめられた、小説にも引けを取らない壮大な王道シナリオが非常に高く評価されている。

反面、ゲームシステム面では非常に古臭い部分が多く、一部ではこれに抵抗感を持つゲームユーザーも存在する。


シリーズはイセルハーサ編、ガガーブトリロジー、軌跡シリーズの3つに大別される。

シリーズ一覧

イセルハーサ編

ガガーブトリロジー

軌跡シリーズ

派生作品

英雄伝説』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.