英雄伝説のまとめ情報

英雄伝説シリーズ』の解説

英雄伝説に関連性が高い単語の解説を表示しています。 英雄伝説についての情報が含まれているか確認して下さい。

英雄伝説シリーズ(えいゆうでんせつシリーズ、The Legend of Heroes)は、日本ファルコムによるロールプレイングゲーム (RPG) のシリーズ。略称は「英伝」(えいでん)。本稿ではシリーズ全体について取り扱う。各作品の詳細については、それぞれの項を参照の事。

概要

1989年(平成元年)に発売された『ドラゴンスレイヤー英雄伝説』(以下『I』)から始まるRPGシリーズ。初期2作は《ドラゴンスレイヤー(ドラスレ)シリーズ》として発売されていたが、1994年(平成6年)に第3作『英雄伝説III 白き魔女』が「ドラスレ」の名を冠さずに発売された事によって《ドラスレシリーズ》から独立した《英雄伝説シリーズ》として確立する。

これまでに第8作までが発表されているが、第6作以降はそれぞれが複数の作品で構成されているため、通算では12作が発売されている。シリーズ最新作は『閃の軌跡』の後編に当たる「英雄伝説 閃の軌跡Ⅱ」。主人公は各作品毎に変更されるが世界設定は2・3作で共有されており、世界設定の共通性から3期に分類される。(2014年11月現在、詳細はシリーズの分類を参照)

RPG作品の多くがアクションRPGであるファルコムにおいて、3人称視点のコマンド選択タイプRPGであることがシリーズの特徴としてあげられる。また、主人公も含めた個々のキャラクター像を深め、群像劇として物語を描いているのも特徴となっている。こうした結果、第1作よりストーリーを重視したドラマ性の高い作品として続いており、近年では本シリーズの作品を「ストーリーRPG」と称している。

第6作まではパーソナルコンピュータをオリジナルプラットフォームとして発売していたが、7作目以降はコンシューマー機をオリジナルプラットフォームとしている。〈イースシリーズ〉とならぶファルコムの看板作品であり、様々なプラットフォームへの移植もされている。5作目までのコンシューマー機への移植は全て他社の開発によって行われていたが、6作目の『空の軌跡』シリーズPSP への移植を自社開発で行っており、続く第7作『零の軌跡』と『碧の軌跡』がPSPをオリジナルプラットッフォームとして発売する土台となり、第8作目『閃の軌跡シリーズ』はPlayStation 3(PS3)とPlayStation Vitaとのマルチプラットフォームで発売された。(詳細は日本国内での対応プラットフォームを参照)

シリーズの分類

本シリーズは世界設定を数作で共有した後に一新しており、世界設定の共通性から第1期〈イセルハーサシリーズ〉(I・II)・第2期〈ガガーブトリロジー〉(III・IV・V)・第3期〈軌跡シリーズ〉(VI・VII・VIII)に区分される。

同期の作品同士では世界設定を完全に共有しており、一部のキャラクターが作品を跨いで登場するなどストーリーにも深い関わりがある。

シリーズ系統図

  • 一部で「ドラゴンスレイヤー」を「DS」と略記。
  • 枠で囲まれていないものは《英雄伝説シリーズ》に含まれない。

}

第1期 イセルハーサシリーズ

第1作『ドラゴンスレイヤー英雄伝説』と第2作『ドラゴンスレイヤー英雄伝説II』の2作からなる。1期の作品は《ドラスレシリーズ》として発売されており「Dragon Slayer VI」に位置するなどとも呼ばれ、第3作『英雄伝説III 白き魔女』・第4作『英雄伝説IV 朱紅い雫』・第5作『英雄伝説V 海の檻歌』からなる三部作(=トリロジー)。第2期第1作目となる『III』が「ドラスレ」の名を冠さずに発売され、《ドラスレシリーズ》から独立した《英雄伝説シリーズ》が確立した。異なる大陸で起こる3つの物語が最終的には1つの物語として繋がっており、一部のキャラクターは3作を通じて登場している。

また軌跡シリーズの1つとして『那由多の軌跡』が発売されているが、ジャンルがアクションRPGで世界観が一新されている。『VII』に登場するマスコットキャラのみっしぃがスピンオフ出演していることなどを除けば軌跡シリーズとの共通点があまりないためタイトルに「英雄伝説」が含まれていない。

シリーズ作品

日本国内での対応プラットフォーム

シリーズ作品の多くが様々なプラットフォームへと移植されている。

ゲームシステム

※ この項では原則として、オリジナルの物とファルコム自らリメイクした物のシリーズを通しての特徴について言及する。作品毎の差が大きいシリーズであるため、詳細については各作品の項を参照の事

ストーリー構成

旧『IV』を除き、全ての作品が複数の章・部・話から成り立っており、ストーリーに区切りがつけられている。『I』では「第1章」から始まり「第1章」が最初の章となっているが、その他の作品では「序章」から始まり、「第1章」は2つ目の章となっている。

章毎に動ける範囲が限定され、クリアした章の舞台には再度訪れる事が出来ない作品が多い。

フィールド表現

『II』までは街やダンジョンなどはフィールド上にアイコンで示されていた。『III』以降はアイコン描写は廃止され、フィールド・街・ダンジョン等に関わらず、全てが同縮尺で表現されている。

敵との遭遇は〈イセルハーサシリーズ〉ではシンボルエンカウント(ただし、特定のアイテムを使わないと敵のシンボルが画面上に表示されない)、〈ガガーブトリロジー〉では定点でのランダムエンカウント、〈軌跡シリーズ〉ではシンボルエンカウントとなっている。

戦闘

シリーズ毎に大きく異なる。

イセルハーサシリーズ
ドラゴンクエストシリーズ〉に代表されるオーソドックスなコマンド選択型。
ガガーブトリロジー
98版はそれぞれに独特のシステムとなっている。Win版は半オート・半手動選択の疑似リアルタイムと言う点は共通だが、作品毎に異なる点が多い。
軌跡シリーズ
行動順を主軸とした「ATバトル」と言うシステムを採用。

魔法

シリーズ毎に体系が異なり全体を通して共通する魔法はないが、世界設定を共有する各シリーズ内では同一の魔法が使われている。ただし〈ガガーブトリロジー〉は設定を共有しながらも互いに隔絶した世界となっている為、作品毎に異なる魔法体系となっている。

『III』を除いた全ての作品において、多くのRPG同様に魔法の使用にはMPもしくはそれに相当するEPを消費する。『III』におけるMPは魔法習得時に消費するポイントであり、習得した魔法の使用時に消費するステータスはない。

換金物

『III』以降の作品では人外の敵との戦闘では直接現金を手に入れる事は出来ず、代わりに換金物が手に入る。買い物をする為には一度現金に換金する必要があるが、換金率は場所や時間等によって変動する。

本の収集

『III』以降の作品では複数巻からなる作中作がアイテムとして登場し、これを収集するサブイベントが存在する。これらの本は全巻を揃えることによって、最強の武器などの他では入手出来ない貴重な道具と交換出来るが、本の多くは取得可能な時期が短時間に限られており、さらには素直にストーリーに沿ったプレイでは見つけ難い場所にあるため難易度の高いイベントとなっている。なお『V』でこのイベントに関わる作中小説『人形の騎士』は、シリーズを跨いで〈軌跡シリーズ〉作中においても小説として登場する。

参考文献

英雄伝説』に 関連する人気アイテム

銀河英雄伝説 6

銀英伝は原作をリアルタイムで読んで LDbox dvdBox BLboxを出る毎に購入し ライトスタッフのオフ会にも参加したことがあるほどのファンです
藤崎竜先生は封神演技を 全巻購入しました、古典を少年マンガに昇華させた腕前は素晴らしいと思っています

このマンガはBLboxをベースに時系列に沿って作られています 正直boxの方は 過去の作品をデジタルリマスターする際に元原画が無いところは補完したり 外伝と本編では少し画質のコントラストが違ったり 声優の方が亡くなられたり ちょっと いまいちな点がありますが、
このマンガは同じ作者による 時系列に沿ったお話です 期待が持てます。



私は正直 道原銀英伝は合いませんでしたが この銀英伝は期待が持てます というのも 私が銀英伝を本屋で見つけ手に取ったきっかけは、表紙のブリュンヒルトや同盟軍の戦艦の絵が、当時私にとって斬新なデザインだったからで このマンガはその点をいじっていません、大事なところです

ただ 物語の中後半活躍する メルカッツと副官のキャラデザ ちょい影薄くないですか?

他の方が書かれているように やっと本編1巻に入りました 小説1巻の最所の章が歴史の教科書の様で読むのが苦痛だったのに比べると、これ迄の1巻から5巻は充分楽しめました
これからが本編です、あらすじを知っていても、次巻が待ちどうしくてなりません
これ迄 何回も読み返した本です、藤崎先生がどのように表現し漫画にするか 楽しみでなりません

田中芳樹先生の銀英伝は是非学校の教科書として指定し、
子どもたちに読んでほしい名作。
戦争や権力というものに対し、批判的精神を養う聖書と言って良いでしょう。
現代の若者は炎上攻撃はできてもまともな批評精神は持ち合わせていない。
その源流は、2ちゃんねるに象徴されるパウヨ汚染でしょう。
2ちゃんねる設立以降、急速に日本のネット界は
パウヨが溢れかえるようになってきました。
非常に気持ち悪いし吐き気のするような現状です。
なにより、日本の恥部そのものと言って良い彼らパウヨは、
今も日本の恥じを世界に晒し続けています。
90年代から子どもたちにきちんと銀英伝を読ませていたら、
日本がこうも愚かな右ねじれのパウヨで溢れるような醜悪な事態は避けられたでしょう。

5つ星のうち 5.0本伝突入!

(参考になった人 21/23 人)

ようやく原作の1巻の冒頭まで話が進みました。 ここから長い長い戦いの幕開けなのかと思うとテンションあがります^^ ただまぁ、なんていいますか・・・ キャゼルヌがオシャレ眼鏡で登場した時点で「ん?」っていうのはあったんですが、、 今巻のアッテンボローが、チェ・ゲバラ化してるのみて、さすがに確信・・というか、覚悟しました。 同盟は、ネタ大目にぶっこまれてアレンジされるんですね藤崎先生ェ・・・! オーベルシュタインやミュラーあたりはイメージ崩さない感じにやってくれると思うんですが、 ポプランやシェーンコップがどうなるのか、期待半分、不安半分で、震えて待ってますw

銀河英雄伝説 5

大雑把な展開以外は原作をあまり踏襲していないこと自体はいいのですが、キャラクターが変わってしまっているのが残念に思います。
キルヒアイスやロイエンタールが少年漫画っぽいキャラクターになっているのは作家性の範囲内で理解できますし、原作で無能だったホーランドやフレーゲルが有能になっているのは物語を厚くするためとわかるのですが(まあ、このフレーゲルが原作と同様の死を迎えるとは思えないのが気にはなりますが)、原作で有能だった人物の能力が下げられているのが気になります。
キルヒアイスもちょっとその傾向がありますし、ラップやトリューニヒトは明らかに凡人寄りに書かれてしまっています。
個人的には妖しい悪役が好きなので、他のキャラは改変しても、トリューニヒトとフリードリヒ四世は原作のままでいてくれないと困るなあ、と思います。

特にロイエンタールとラインハルトのキャラ崩壊がひどいです。 なんか…ロイエンタールがやたら熱い男になってる… 彼はクールでニヒルで、胸の内の熱さをミッターマイヤー以外にさらけ出すような男じゃないのに… まして「我が半身」とか、すごい違和感。 あと、この時のラインハルトは、もっと器が大きくて先見の妙が光る男なんですけど、そうは見えません。 なんかフレーゲルのほうが一枚上手みたい…もしかして彼生き残るのかな?そこまで大胆に改変するならまぁ別物ですが。 長きに渡って原作を宝物にしている私としては、とにかく残念です。 ていうかこの漫画家さん、原作ありの作品には向いてないのでは?

20年以上前にアニメで見ました。 というよりDVDで全話所有してますので今でも見返すことがありました。 そのくらいに色あせないアニメと思っています。 原作は小説ですが私の中ではアニメです。 ふと書店で発見して”あれ?道原かつみ以外のコミックスが出たんだ?”と遠巻きに見ていた程度でしたが、なんとなく購入。 老舗のアニメ版とはテイストが違うし読み始めは”うーん”でしたが、読むにつれ面白くなってきて”続きはまだか?”という状態です。 非常に満足、面白いです。

銀河英雄伝説 1

先の巻と感想が混ざってるかもしれません。

これはこれで面白く読んでます。
少々駆け足感が有るのと、漫画化に辺り
キャラ付けのために工夫してるのは解るのですが、
コレジャナイ感を時より強く感じます。
特にアッテンボロー。。
(ルドルフの時代を経てタバコは無くなったと解釈していたので尚更)

ラインハルトとアンネローゼの神々しい感じと
フリードリヒ4世の不気味な感じが意外と良かった。

アニメにも言えるけどどうでも良いキャラは
本当にどうでも良い感じに書かれてるので
その辺りはちょっと鼻に付くかなって思いました。

この先、少しでも「お!」って思わせる内容や、
新しい解釈で唸らせるような展開を期待しています。

わたしは、リアルタイムで銀英伝のアニメをみていましたので本作も楽しみにしていました。 道原かつみ版とは違ったアプローチで描かれている本作。 原作も本編だけで10巻。 アニメも本編だけで100話を超える大作です。 それ以外にも外伝もあるという長編作品。 今後、新たな『銀英伝』がどう描かれていくのか期待して見守りたいと思います。 漫画ではじめて本作を知ったという方はぜひ原作やアニメもご覧ください。 漫画とは違った壮大なスペースオペラの世界にハマること間違いないと思います。

5つ星のうち 2.0共感がおいてきぼり

(参考になった人 1/3 人)

原作未読です。 絵はきれいなのですが、話は進むほどに退屈。 焦点が当たる人物が少なすぎるし、ラインハルトについていく形になっていくキルヒアイスに共感もできない・・・。 藤崎竜さんは最近は作画担当がメインなのでしょうか? 魅力的なキャラを生み出せる人なのに・・・。 封神演義やサクラテツなどを読むと、あんなライトな作風の奇妙な世界感を出せる人は貴重と思います。 他の人がおっしゃるように創竜伝や薬師寺涼子とかのほうが面白くなりそうなのにな、いじりやすそうだし。

銀河英雄伝説 4

5つ星のうち 5.0メカファンとして

(参考になった人 13/13 人)

原作では端役だった人物に肉付けして、物語を盛り上げているのは好印象です。なかなか話が進まないなぁという
感想も少しは心の中にありますけれど、逆に言えば、後10年以上、コミックにして50巻以上は楽しめる計算に
なるのだから、至福の時間がそれだけ長いと思っています。そう思わせる力がこのコミックにはあると思います。
原作では外伝3巻→外伝1巻→正伝1巻、2巻~~という時系列で物語は進むわけですが、まだ外伝3巻なのかな?

さて、メカファンとしては、戦艦、巡洋艦、駆逐艦、等のアニメの設定画を流用しつつも、アニメよりも詳細なディテール
で描いてくれている点を高く評価したいです。

おそらく、銀河英雄伝説の立体モデルを製作販売した集団(や、その製品)が
本作品の作画になにがしかのプラスの影響を与えてくれているのだと思います。付け加えられたディテールを見ていると
いつか、巻末資料にででも、戦艦群の設定資料を載せてくれたらなぁとか夢想してしまいます。
今後、ブリュンヒルトやバルバロッサ、帝国軍個人戦艦等がびしばし登場してくることになるのでしょうが、
その時を物語の進行とともに楽しみにしたいと思います。

5つ星のうち 5.0次巻が楽しみです

(参考になった人 18/21 人)

内容をざっとまとめると以下になります。

・第6次イゼルローン攻防戦終結
同盟ではホーランドが、帝国ではラインハルトが功績を挙げた結果に。

・フリューゲル男爵、ベーネミュンテ公爵夫人をけしかける
いよいよ、宮廷内の謀略戦が始まりますね。

・第三次ティアマト会戦開幕
ホーランド大活躍、敵陣で一通り大暴れしたところでいよいよ矛先をラインハルト艦隊へ

といったところでしょうか。

読んでる人はみんな原作読んでるでしょうからご存知かと思いますが、
ホーランド、死亡フラグですな。

原作を知っていても、細かい人物描写などで、
楽しませてくれます、藤崎版銀英伝。

次巻も楽しみです。

ラインハルトの主人公補正の活躍が目立って興ざめです。 トールハンマーに撃たれる事が分かっているのに対策立てる描写もなく、幸運で生存(笑)。 よく考えてみるとこの先の展開も酷いんですよね。 今回中ボスっぽい風格を示したミュッテンベルガーはラインハルトが倒すわけでもなく引退(笑)。 ラスボス皇帝に至ってはラインハルトの出世途中で勝手に死んで、棚ぼた派遣争奪戦に突入(笑)。 結局、ラインハルトは強大な権力を主人公補正で手に入れてから格下相手に無双するだけのキャラでした(笑)。

英雄伝説』の解説 by はてなキーワード

日本ファルコムによるコンピュータRPGのシリーズ。

ドラゴンスレイヤーシリーズから派生したが、現在は独立したシリーズとなっている。よく「英伝」と略される。

伏線が多数ちりばめられた、小説にも引けを取らない壮大な王道シナリオが非常に高く評価されている。

反面、ゲームシステム面では非常に古臭い部分が多く、一部ではこれに抵抗感を持つゲームユーザーも存在する。


シリーズはイセルハーサ編、ガガーブトリロジー、軌跡シリーズの3つに大別される。

シリーズ一覧

イセルハーサ編

ガガーブトリロジー

軌跡シリーズ

派生作品

英雄伝説』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.