舞台のまとめ情報

舞台』の解説

舞台(ぶたい、)とは、演劇ダンス伝統芸能演芸など、舞台芸術の表現者が作品を演じるための、一定の空間。転じて、舞台芸術に属する作品のジャンルを指し「舞台」と呼ぶこともある。また、演壇などの、舞台に類似する機能をもった一定の空間や機構を指し、舞台と呼ぶことがある。

ここから派生して、特定の人物や集団が盛んに活動を展開する場を指し、抽象的な意味において、舞台と呼ぶこともある。

機構としての舞台や、舞台の様々な様式については、劇場を参照。

舞台の「起源」と古代の舞台

人類史のどの段階で初めて舞台が現れたかは、はっきりとは分かっていない。西洋の場合、記録に残る最も古い舞台は、古代ギリシャ演劇の野外劇場である。これはすり鉢型の地形を利用した巨大構造物で、舞台は底の部分につくられた。観客は見下ろすような位置から舞台全体を見ることができた。この様式は古代ローマにも引き継がれ、その様式を踏襲した楕円形の劇場建造物なども生み出された。その代表的なものにはコロッセウム等がある。

日本においては、舞楽のための舞台が、一定の様式を持った舞台としては最古のものである。舞楽は雅楽の伴奏で舞う舞踊、舞踊音楽で、奈良時代中国大陸朝鮮半島ヴェトナムなどから渡来、また平安時代には日本でも作られたもので、貴族の嗜み、娯楽、舞踊芸術として、また伝承が断絶してしまった伎楽と共に仏教の法会などで演じられた。舞楽の舞台は約4.5四方の欄干(高欄、こうらん)が付いたもので、南北両側に演者が上り下りするための階段が設けられている。舞楽が演じられる際には、その中にさらに3四方の敷舞台が置かれた。

舞楽以前にも様式を持った舞台が存在した可能性も否めない。少なくとも、岩などの自然の地形を利用した舞台と、そこで演じられる民俗芸能的なものは、確実に存在したと思われる。

史実ではないが、古事記日本書紀などで語られる日本神話には、天岩戸のエピソードのなかに、舞台らしきものの記述が見られる。天岩戸に籠もったアマテラスを引き出すために、アメノウズメノミコトは半裸になりながら、伏せた器の上で踊った。この時の伏せた器は、踏み叩くことによって音を出す打楽器であると共に、舞台としての役割を果たしている。

農村舞台

農村舞台(のうそんぶたい)とは神社の祭礼等で歌舞伎・人形浄瑠璃等を上演することを目的に日本の農村に設けられた舞台。

重要有形民俗文化財に指定されている農村舞台

  • 下黒田の舞台
  • 下谷上の舞台
  • 各務の舞台
  • 葛畑の舞台(芝居堂)
  • 旧船越の舞台
  • 犬飼農村舞台
  • 高野の舞台
  • 坂州の舞台
  • 上三河の舞台
  • 上三原田の歌舞伎舞台
  • 真桑の人形舞台
  • 赤崎神社楽桟敷
  • 大桃の舞台
  • 池田の桟敷
  • 中山の舞台
  • 田熊の舞台
  • 八代の舞台
  • 肥土山の舞台
  • 門和佐の舞台
  • 桧枝岐の舞台

舞台』に 関連する人気アイテム

ゴールドマン・サックスM&A戦記 伝説のアドバイザーが見た企業再編の舞台裏

著者は、2000年初頭の頃までの日本のM&Aディールの牽引役だった方である。その後、大学で教鞭をとったり上場企業のアドバイザーなども務めておられる。本書では、現役時代の著者の遍歴、携わってきたM&A案件、投資銀行とは、会社との向き合い方、などについて濃密に綴られており、近い業界で働く40代後半の評者としては考えさせられる点や、共感する点もあった(著者の講義を受けたこともあるが、その切れ味に感動したものである)。プロフェッショナルとしての生き方、仕事観を貫徹して結果を残してきたという点で、一つのあり方だろうと思われる。



一方、この仕事観というか事業への向きあい方は、ちょっと古いというか、今となってはかなり当たり前な感じがする。プロフェッショナルがもてはやされはじめた2000年からM&Aが本格浸透し始めた10年ちょっと前くらいまでなら、著者のような遍歴の方はまだまだ珍しかった。しかし今どき投資銀行・ファンド・MAアドバイザリー・外資系大手事業会社などでそれなりにヘッドや中堅クラスをやっている日本人は珍しくない。そんなに気負わなくてもそうした人間を受け入れる転職市場も厚みがでてきたし、ある程度投資銀行業務をかじったらバイプレイヤーをやめて起業したり投資家に転じるといった若手・中堅もいる。著者のストイックなまでのプロフェッショナル観は業界初期を切り拓いてきた先人として尊敬に値するが、むしろ、そうした境地を経て(卒業して)見えてくるものは何か、という今の時点での著者なりの透視図がほしかった、といっては欲張りだろうか。一時期、著者のような金融マンになりたいとあこがれて精進していた評者としては、こうした点でもう少し斬新な視点を得たかった。

とはいえ、本書はM&Aや投資銀行業務のはざまで暮らし、先行きの見えない業務に追われている身にとっては一読に値する内容だと思う。

本書の内容に関して大きく分けると実際の「M&Aの裏側」に関する部分と著者の「プロフェッショナルとしての歩み」の部分とに分けられる。前者では、実際に著者が関わったM&Aの裏にどのようなドラマがあったのか、そして、そこに著者(とゴールドマンサックス)がどのように関わったのかが明らかにされている。

著者の「プロフェッショナルとしての歩み」については、著者がどのような経緯でゴールドマンサックスに入社することになったのかや、働く上で大切にしていたこと(後述)などが書かれている。また、ゴールドマンサックスで出会ったの傑物たち(ワインバーグ、ルービン、ポールソン)や経営者たち(稲盛和夫、永山治)とのエピソードも面白い。



この本は、投資銀行や資本市場関連で働こうとしている人はもちろんのことだけど、これから社会に出て行こうとしているすべての若い人にも読んでほしい。とくに専門性の高いプロフェッショナルを目指している人、あるいは絶対に社畜にはなりたくないと考えている人にとっては得るものが多いはずだ。

5つ星のうち 5.0自伝的エッセイ

(参考になった人 5/6 人)

ベテラン日本人バンカーによる思い出話を楽しめる本。 自信に裏打ちされた謙虚な人柄がにじみ出ている。 MBA後の進路検討で著者は、 戦略コンサルタントが陰で客を見下しているのを見たり、 証券会社出身者の多い外資系投資銀行からも同じ空気を感じたりしたため、 カルチャーに馴染めそうな当時のゴールドマンサックスを選択した。 現在ならどういう選択をするのだろうか。 投資銀行の舞台裏に関心を持つ人間も減りつつあるため、 出版タイミングは非常に良かったと思われる。

単眼鏡 望遠鏡 40x60 ズーム望遠レンズ 高倍率 スマホ望遠レンズ 単眼望遠鏡 三脚ホルダー 収納ケース付き クリップ式 ンパクト高倍率防水ズーム40倍光学プリズム望遠鏡、観戦 観察 運動会 舞台 コンサート 狩り 旅行 登山 などアウトドア活動に

気に入らなかったこと:糸巻型歪みと色収差が大きい。 気に入ったこと:スマートフォンの取り付けが簡単で、かなりしっかり取り付けられる。 ただし、光軸が少しでもずれるとケラレを生じる。 付属三脚は性能的には使えない。

付属のスマホアタッチメントがいかにも安価で強度もなく、結局のところ手で支えないと使用出来ない❗三脚も強度不足でカメラを固定させることが出来ない❗いくらオマケ扱いとはいえ、酷すぎます。

5つ星のうち 1.0粗悪品

(参考になった人 8/9 人)

三脚は設置中、数秒で壊れました。 iPhoneXには全くうまくフィットしません。 倍率もそこまであると思えません。 こんな無駄な買い物は久しぶりです。

ステージライト ミラーボール マジックボール 舞台照明 レーザー 照明 led バーライト クラブ ライト 音声起動 音楽に合わせ機能 自走機能付け KINGSO disco light 水晶魔球 LED 5W RGB 100-240V カラフル ステージ ディスコ パーティー KTV カラオケ クラブ バー照明用ライト

5つ星のうち 5.0かっこいい!

(参考になった人 1/1 人)

裏庭の倉庫に1つパーティーライトがあったのですが、理由不明で壊れてしまいました。 なので新しく購入させていただきました! 今回のものも音に合わせ色が入れ替わったり、明るさなどもちょうどよかったです! 1ついうならば、リモコンが付いていると自分で好きな色、タイミングなどを選べたんじゃないのかなぁと思いました。

片手でも持てるほど小さくて軽い商品です。 そして照明もすごく大きく、綺麗です。 点灯中のランプはかなり強い光をだしますので、直視しないよう注意が必要です。

カラオケお楽しみ会で、歌って楽しんでいましたが、会場の雰囲気がガラリと変わり参加する人も増えてまいりました。

personal-α 双眼鏡 10倍 10×22 6.5°

5つ星のうち 4.0初めての双眼鏡

(参考になった人 0/0 人)

初めて、双眼鏡を購入&使用しました。 今回は、コンサートの為。 野鳥も好きなので、今後は、お外でも活躍の場が増えるかも? 東京ドームの一番高い席の後ろ側でしたが、ステージに立つ人物をしっかりと見ることができました。 付属のストラップは短めなので、首から下げられる長いタイプを別に購入して付けました。 お値段も性能も、これくらいだったら、問題なしかな?と、思いました。 初めての購入&使用なので、比較するものがないので、すべてにおいて、☆3つ評価にしました。

5つ星のうち 5.0使いやすい

(参考になった人 2/2 人)

観劇に使用しました。 役者さんの表情がはっきり見えてとても良かったです。 小さく軽いです。 持っていても疲れません。 一度しか使っていないので耐久性は不明ですがしっかりした作りと感じます。 これからも活躍しそうです。

年末の歌舞伎顔鑑賞に使うため買いました。 ハンドバッグに収まる大きさなのに、ちゃんとした製品です。 役者さんの顔がくっきり見えて、片手で使っても手が疲れない軽さ。 おすすめです。

SuperSunny 双眼鏡 コンサート用オペラグラス 10倍 アイカップ ストラップ付 ホワイト

5つ星のうち 5.0比較してみました。

(参考になった人 3/3 人)

京セラドームにてのコンサートの為に購入しました。

色々悩み決めかねたので
【Nikatto 双眼鏡 コンサート用オペラグラス 10×25 ストラップ付 ブラック】
【SuperSunny 双眼鏡 10倍 コンサート用 手ブレしにくい改良版 超軽量でおすすめ ホワイト】
の2つの商品を購入して比較してみました。

【Nikatto】なのですが
当初【Preime】を購入しようとした所 発送に時間がかかったために
同じようなものを探していたところ【Nikatto】を見つけました。


違いがよく分からないくらい似てるのですが...何が違うのでしょうか?
使用感は持った感じがっしりと言った感じでした。
本体が240gなのですが【SuperSunny】の140gと比べると明らかに重いです。
しかし持った感じは有ります。

ベストセラー1位の【SuperSunny】なのですが
値段 重量 申し分ありません。
驚く程 軽いです。
ピント合わせも直感的に合わせやすいです。
何といっても 【アイカップ】の存在が素晴らしいです。
余分な光が入ってこずに見たい物に集中できます。
レンズの性能とかブレとかよりも【アイカップ】の有無で
双眼鏡の良し悪しが分かれるくらいだと感じました。

1塁側スタンド中段からステージ上のキーボードの横に書いてある
銘柄が読めます。
3塁側上段に座っている人が男女の区別がつくくらい見えます。

双方を使ってみての率直の感想なのですが
皆で歌って楽しむコンサートでの使用目的であれば お勧め出来ません。
近年のコンサートでは高画質かつ大画面のスクリーンが有るので
全く使用しませんでした...

クラシック演奏とか劇であれば申し分ないと思います。

でも 子供の運動会や発表会の為に
1つは持ってても損はしないと思います。

5つ星のうち 4.0軽い!扱いやすい!

(参考になった人 0/0 人)

今まで、野鳥の会の方が使っているようなタイプをライブに持参していましたが、重くてーこちら評価良かったので、購入してみました。 とにかく軽くてピントも合わせやすかったです。 東京ドーム3階からはっきり見えましたよー 一度しか使っていないので耐久性はまだわかりませんがー

双眼鏡のピントの合わせ方が簡単で直ぐに遠くを見ることかでました。 私は買ってよかったと思いました。 ただ、まだライブで使ってないので早く双眼鏡でみてみたいです。

二文字キーワード』の解説 by はてなキーワード

二文字キーワードのリストです。

ひらがな

カタカナ


過去に登録されたが既に削除済み(モデレーション導入前)

キーワード内容の移管先がある場合は、矢印の後に続けてキーワードを記載しました。

過去に登録されたが既に削除済み(モデレーション導入後)

  • ああ  悪意を持った登録が存在する例として試験登録された。
  • あぁ→「あぁ」  曲名として登録されたが、感動詞への多数の誤爆を生んだ。
  • あい  人名として登録されたが誤爆を大量に生んだため削除された。
  • あき
  • あけ→「あけ」
  • あや 2度目
  • いい  悪意を持った登録が存在する例として試験登録された。
  • いも→おいも
  • うそ
  • うめ→「うめ」
  • かに→「蟹」  「確かに」など副詞を中心に大量の誤爆を生んだ。
  • かば
  • かほ→ココロコロン
  • かめ→「亀」 2回目
  • きは
  • きみ
  • きも
  • きら→「きら」
  • くず→「くず」2回目
  • くま→「熊」
  • くみ
  • こは  助詞「は」を含む文節に大量の誤爆を生んだ。
  • さち(類語)
  • さよ
  • さら→「さら」
  • ざら→「ざら」
  • じじ
  • すか→「すか」
  • ずく→「ずく」  「うずくまる」「力ずく」などへの誤爆を生んだ。2回目。
  • すや
  • ずん 「ずんずん
  • だお→「だお」 「まだ、未だ」+「『お』で始まる言葉」などに多くの誤爆を生んだ。
  • たか→「鷹」  「〜したか」など語尾に大量の誤爆を生んだ。
  • たま→「たま」2回目 「たまご」「たまる」「またまた
  • だば→ダバ  「死んだばかり」「読んだばかり」などへの誤爆を生んだ。
  • たん→「たん」  単独では用いられない言葉のため削除された。
  • ちぃ
  • ちさ→岡井千聖  「〜される」「〜させる」「個人名+さん」などへの多数の誤爆を生んだ。
  • ちゆ→「ちゆ」
  • でつ→スヌーピー  助詞「で」を含む複数の単語にまたがる誤爆が多数発生した。
  • てて
  • では  助詞「では」を含む文字列に大量の誤爆を生んだ。
  • との→「との」
  • とは  単独では意味をなさず、また膨大なリンクを生んだため。
  • とみ 「ことみ
  • とら→「虎」
  • なは→「なは」 2回目
  • なば
  • には  単独では意味をなさず、また膨大なリンクを生んだため。
  • ぬた→「ぬた」  「死ぬために」「せぬために」などへの誤爆を生んだ。
  • ぬふ
  • のの→「のの」 少なくとも3回目
  • のり 「のりのり
  • のん
  • ぱじ→「ぱじ」
  • はな→はなちゃんはな(モデル) 2回目
  • ひだ
  • ぶり  「ひさしぶり」「2ヶ月ぶり」などに多数の誤爆を生んだ。
  • ぽち→ 「ぽち」
  • まい
  • まき
  • まほ
  • まみ
  • まり  一般的な女性名として登録されたが誤爆多数だった。
  • みえ
  • みか
  • みき
  • みく→下川みくに
  • みさ
  • みほ
  • みや→「みや」 「みやや」 2回目
  • みる→「みる」
  • みわ
  • むつ 「おむつ」「むつみ
  • めい→「めい」
  • めし→「めし」、『めし』
  • めぐ
  • やぐ→「やぐ」  個人名や用言、助詞「や」を含む複数の単語にまたがる誤爆を生んだ。
  • やす
  • やせ
  • やや  ニックネームとして登録されたが、副詞の「やや」に膨大な誤爆を生んだ。
  • らも→中島らも  助詞「も」を含む複数の単語にまたがる誤爆が多数発生した。
  • るみ
  • るし→「るし」
  • るり
  • れい  「きれい」などに多数の誤爆を生んだ。
  • れろ  助動詞「れる」「られる」の命令形に多数誤爆を生んだ。
  • わた  「わたし」などに大量の誤爆を生んだ。
  • わん→「わん」くいもの屋わん

削除予定キーワード

  • アバ?
  • ナニ?
  • バシ?

舞台』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.