総合雑誌のまとめ情報

総合雑誌』の解説

総合雑誌(そうごうざっし)とは、政治経済社会文化全般についての評論などを掲載する雑誌。いわゆる『論壇』を構成する雑誌として扱われてきた事情もあり、オピニオン誌もふくめてこの範囲にいれることが多い。

総合雑誌が意味を持ち始めたのは、1920年代である。このころ、既存の『中央公論』とそれに対抗する形で創刊された『改造』が、論壇のみならず文壇の形成にも大きく寄与し、日本のオピニオンリーダーとしての発信舞台となった。当初は文芸雑誌として出発した『文藝春秋』や、後発の『日本評論』(当初の誌名は『経済往来』)も、1930年代には重要な雑誌に成長した。『出版年鑑』では、1934年版から、『改造』『中央公論』『文藝春秋』『経済往来』の4誌を、〈総合雑誌〉のくくりにいれて叙述し始めた。総合雑誌はその内容も以前の雑誌とは異なっており、ジャーナリズムとは分け隔っていたアカデミズムの学者の論考が掲載されるようになったり、他分野の研究者が文学について論じその逆に文学者が社会問題を論じるなど、総合雑誌の誌面は分野を横断する内容となっていった。

戦後もその傾向はつづき、『改造』『日本評論』は撤退したが、戦後創刊された『世界』や『展望』があらたに加わり、世論形成において大きな役割を果たし、「知識人」のみならず学生などの若者たちにも広く読まれていたが、1970年頃を境に次第に若者の総合誌離れが進んだ。また、掲載される文学作品も、時代小説などのエンターテインメント系の作品が主となり、有力な作品は文芸雑誌に掲載されるようになったことも、衰退に拍車を掛けた。また、『正論』『諸君!』などのいわゆるオピニオン誌が独立して刊行されるようになったことも、総合雑誌の意味を薄める方向に働いた。

発行部数の減少による採算割れにも関わらず前述の雑誌を始めとして、幾つもの雑誌が存続しており、少ない発行部数から影響力は限定されるが、市場の論理を超えた「言論の場」を形成している。

清水幾太郎は、総合雑誌の論文とそれを批評する論壇時評について以下述べている。

21世紀になって、『現代』、『論座』、『諸君!』などの休刊がつづき、今後を危ぶむ意見もうまれている。この種の総合雑誌は、実売部数5~6万部が採算ラインとされ、『論座』は実売1万部以下の時もあり、『現代』も実売4万部を切ることがあり、採算ラインを大きく下回っていたという。

なお、週刊誌のなかにも、総合的な内容を扱うものも存在しているが、それは、〈総合週刊誌〉というわくに分類され、ここでいう〈総合雑誌〉には含めないのが、通例である。

総合雑誌』に 関連する人気アイテム

東京防音 制振ターンテーブルマット ウルティマ ターンテーブルマット THT-291

音に面白みや気持ち良さがなくなります。



他の方もおっしゃっているように確かにS/Nが向上するとは思いますが、
振動であれば無節操に吸収してしまうといった印象です。

楽器に必要とされる、木の振動による気持ちの良い音・躍動感、
こういった良い意味での振動までも取り除かれる感じを受けます。

振動をコントロールするというより、いっしょくたに抑制している感覚です。

私が求める、「音量を上げてもうるさくないが、音の楽しさでつい体が動く」音からは遠ざかります。



無機的に感じました。

しかし、ハイエンドなプレーヤーですとまた印象が違うのかもしれません。

良いとされるカートリッジには木材の使用もよくみられることからも、
レコードをいかに歌わせるかがピュアオーディオでの争点になっていると思います。

「ハネナイトは振動の収束時間が圧倒的に早いため、音楽再生で重要な周波数帯での不要振動を、効果的に吸収。」
とのメーカーのふれこみですが、
オーディオテクニカのハネナイト製品を試行錯誤して使用した経験からも、
『振動吸収≠音質向上』と私は思います。
根拠も明確ではありませんし。

楽器にゴムは使われないところを見ると、響きと減衰のさせ方にヒントがありそうです。

素人の私がこんなことをいうのはとても心苦しいですが、メーカーの方にはもう少し研究をしてもらいたいと思います。
応援しています。

商品は堅く重く4㎜の厚手のマットで、素材は「ハネライト」という名称です。たたくとコツコツと音がします。使用するターンテーブルの(装置自体の)水平のセッティングが出ていないと、普通に演奏ができないぐらいに、シビアな状態になります(装置の水平がとれていないと、極端な例で、針が傾いた方向へ流れる可能性もある)逆に、きちんとセッティングされたターンテーブル装置ならば、音質に変化がでると思います。自分が最近買った重量の軽いプレーヤーは、プラッター(レコードを載せる回転台)がプラ製ですから、この商品は完全に役不足な感を受けましたので、実家にある古いDENONのターンテーブル(機種名は失念)で試聴をすると確かに、締まりのある(メリハリのある)感じに聞えるように変化がでているように感じます。

いつものコルクのマットと聴き比べをしたところ、全く音の味付けが変わります。この素材はフェルト、コルクのどれよりもターンテーブルの性能(実力)が発揮されると思います。ターンテーブルの癖(持ち味)が強調されるため、ある程度の設定ができる機能を有する装置(最新型でも、高額な装置という意味ではありません)をお持ちの人、アナログオーディオにこだわりがあり、ターンテーブルの調整の知識がある人か、それをやってもらえる環境にある人向けの商品だと思います。

知人からのプレゼントで入手。
制振効果が高いハネナイトを使用ということで期待をもってターンテーブルにセット。
ターンテーブルともレコードともフィット感は良い。
ハネナイト特有のサラサラした手触りも悪くない。

いざ再生してみると
ん〜。はっきりした違いはないけどちょっとは良くなったような気がしないでもないといった感じ。

ハネナイトは制振材なので、余計な物を吸い取ってくれる事はあっても何かを与えてくれる事もないという、素材本来の特徴が発揮されていると考えられます。



悪いことは目当たらなかったのですが、劇的な音質改善を期待すると期待ハズレになっちゃうかな。
でも、ゴム素材だけど移行性がほとんどないハネナイトを使用しているから長く安心して使用できると思います。
ということで今まで使っていたマットは引退して部屋の飾り物にして、コレを使っています。

Number954・955・956号 日本代表 未来を懸けて。 WORLD CUP RUSSIA 2018)

[連載 23]
清原和博 告白「今もまだ暗闇の中にいる」

実質、今回が告白仕事の最後でしたね。

もう23回か・・・

今回など、ページ数の関係もあるだろうし、ギューと詰め込んだ感じもあり、例えば夫婦の清原さん目線であり、なかなかましてや、他人の夫婦の世界なのでそこはわからないのは当たり前としても、最後の描写。ほんと薬物依存の怖さ知る。

この23回の連載で、レヴュを自分以外見なかった気がしますが、ある意味不思議ですね。

普通の人間には経験しない話が聞ける訳だから、読む意味はどでかい気が私にはしますが。。。

もちろん

薬物=悪

批判は簡単に出来るし、私も薬物=悪と思ってるし!

ただ、

もう今現実の清原さんがいる訳で、どう生きてきてどう考え、そしてどう今思い、どう今からの未来を見据え・・・ってところで、批判するしないでなく、ただPUREに清原さんの話を聞きたくて読んでました。

私は今の現状の中で、こうしてこの仕事を受けて、まっ実質、核の仕事として今回が最終回だと思うけども、素晴らしいと思っています。

ひとつ仕事やりきった感はあったと思う。

私はやっぱ考えても答え出ないから、とりあえず、汗かく運動おススメします。

あともう一つ、

今、岩波書店「世界」で連載されている、

元プロボクサーの袴田巖さんの連載読む事おススメします。まだ連載中なので。

清原さんの苦しみは活字からの想像の域とはいえ分かりますが、袴田巖さんも壮絶な人生だし今も闘っていますよ。

日本の約1億ちょいの人口の一人の苦しみの清原さんがいれば、またその人口の一人にまた苦しみに戦う人がいて、まだ清原さんも自死なんて語彙使っていたけども私も過去やりかけたけども、やっぱそれは認めれない。ので、しっかり寿命が来るまで生きるべきです。だからこそ袴田さんの記事連載読まれるべきですね!

私は私なりにやはりその日本人口の一人なわけですからね!頑張ってます。清原さんのこの告白からもかなり刺激を受けています。

なので、

イメージはやっぱ、

BOXING世界チャンピオンと言えば

鬼塚勝也!

男の生き様と言えば

氷室京介!

野球界の4番と言えば

清原和博!

という感じですね!

Tarzan2018年7月26日号

5つ星のうち 4.0ターザン

(参考になった人 0/0 人)

何時も気になってみてしまいます。 最新情報の入手場所の一つになっています。

anan2018/07/18 No.2110

いつも謙虚で向上心がありファン思いの山下さんが大好きで購入しました。 何度もananの表紙を飾っている山Pですが、今回も期待以上の写真が載っています。 コードブルーのメンバーの写真も迫力があります。 何冊も買いたくなります!!

5つ星のうち 1.0ページが足りない

(参考になった人 2/3 人)

kindle版を購入しましたが所々写真やページが抜けているような… 特集も表紙に書いているページ数より6Pほど足りない。 紙版よりお値段安い分こういう仕様なのかな?

山Pが見たいので購入したが 画像がありませんでした 表紙に載っているので大丈夫と思いましたが、 なかった 注意事項としてお知らせするべき

日経エンタテインメント! 2018年 8 月号

全部気にいったよ。 家族が喜んでくれました。

5つ星のうち 5.0期待通りでした

(参考になった人 0/0 人)

期待していた内容が記載されており満足出来ました。 また、企画して頂きたいです。

5つ星のうち 5.0満足です。

(参考になった人 0/0 人)

ナイツテイルが気になり購入しました。 主演のお二人の雰囲気が紙面から伝わるような写真も素敵でした。 他のページも楽しく次号もまた購入したいと思います。

総合雑誌』の解説 by はてなキーワード

政治や経済、社会や文化などを総合的に扱う雑誌のこと。総合誌オピニオン誌総合雑誌に含まれることもある。日本では「文藝春秋」や「中央公論」などが該当する。

総合雑誌』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.