立憲民主党のまとめ情報

立憲民主党』の解説

立憲民主党(りっけんみんしゅとう、)は、かつて存在したロシア自由主義政党。メンバーにはピョートル・ストルーヴェ、などがいた。この党は、知識専門職層と地主貴族を支持層としていた。党内には、特に大学教授や弁護士が突出して多かった。また、多くの党員が地方議会であるゼムストヴォの議員経験者であったこの立憲民主党は急進的な自由主義者で形勢されており、穏健的な自由主義者は『10月17日同盟(十月党、オクチャブリスト)』を結成して居る。

議会を通じたロシアの近代化を目指していた彼らの目標は、ロシアに議会制民主主義議院内閣制を定着させることであった。これに加え、土地の私有権、農産物の自由な生産、工業の発展を望んでいた。

立憲民主党は一貫してロシアの少数民族に完全な市民権を与える立場をとっており、やヴォルガ・ドイツ人を支援していた 。この党はユダヤ人から強い支持を受けていた。そして、そうした少数民族の中からかなりの数が、立憲民主党の活動的な党員となっていた

1906年1月時点では党員数10万人を数え、第1国会では179議席を得て第1党となった。第一次世界大戦の開戦時にはカデットは参戦に賛成したが、ロシアの退潮が分かるにつれ意見を後退させていった。

その後、立憲民主党は十月党(オクチャブリスト)や進歩党とともに「進歩ブロック」を形成し、政府と対立した。2月革命後の臨時政府では6つの閣僚ポストを得ており社会革命党のケレンスキーに後を譲った。

1917年11月の憲法制定議会選挙では、立憲民主党は5パーセント程度の得票率であった。しかし、都市部では根強い支持があり、ペトログラードやモスクワでは3割前後の票を得て第2位となっていた。また、新聞の支持なども受け組織力が高かった。そのため、ボリシェヴィキから警戒され、1918年11月には「人民の敵の党」として弾圧された上、元閣僚のカデット幹部2名も殺害されている。

ロシア内戦ではミリューコフやストルーヴェといった党員は白軍へと参加し、ボリシェビキに激しく抵抗した。その後、党の幹部は西欧に亡命したが、党の路線をめぐって対立が生じたため、1921年に解党した。

立憲民主党』に 関連する人気アイテム

上野千鶴子の選憲論

まず著者は、(あの)朝日新聞で、中学生男子が投稿した『女性が性的に気になりすぎて困っている』という相談に、「熟女に土下座してやらせてもらいなさい」と答えた人物である。こういう著者だと認識しておいてほしい。

そして、著者が重鎮を務めるという、認定NPO法人WAN、のサイトを見てほしい。
国民を護るために憲法があるのではなく、憲法を護るために国民がある、というスタンスであふれている。
護憲の 「護」 の字ですね。
そこと電波の波長が合う人たちが、ここで★5つのレビューを書いているのだろう。



で、選憲。
この本では自分に都合の良い条文のみ選択し、耳触りの良い「憲法」に改造しようというのである。

憲法の改造は「改憲」だと思うのだが、私はおかしいだろうか?

さて、選挙で条文を選ぶのだそうだが、そうなると当然ながら著者一派の意にそぐわない条文も選ばれる可能性がある。

著者は1条がお気に召さないらしい。では、有権者が1条を選憲したら?

なんと、有権者には『愚行権』があるとのこと。
国民には愚かな選択をする権利がありますよ、と言うことだ。なんという傲慢ぶりだろう。しかも、それを本気で言っている。

『リベラル』『護憲派』『平和勢力』そして最近は『反原発』が、国政選挙でことごとく惨敗し議席を減らしているのも、有権者が『愚行権』を行使しているのだけなのでしょう。

自分たちの傲慢に気付け、と言いたい。

塩野七生が友とするマキアヴェリ曰く

「国民は適度な情報さえあれば、相当に高度で正しい判断をくだす」

国民は著者一派が思う以上の存在だと思うのだが。政治家はともあれ。

戦前の帝国議会で浜田国松代議士は、軍部の横暴は、これ国民等しく顰蹙するところである、旨の演説をしたが、

今日、国民の顰蹙を買っているのはではなく軍部ではなく、著者の与するサヨクであることに、はやく気付いてほしいものだ。望み薄だけど。

====

日本のサヨクは、イデオロギー闘争、内ゲバ、変な外国

(憲法のうたう 『平和を愛する諸国民』 よ、いずこにありや?)

と外国人の、歴史観と人権の擁護、労組貴族の権益維持、に血道をあげ、この国で困っている、この日本の国民を助けてくれることは、まずアリバイ的以上のことは、してくれない。

世界にも右翼、左翼はどこの国にも存在するし対立しているが、左右とも「愛国」「自国の利益第一」では、当然のことと考えを一にしている。

が、日本のサヨクは売国奴集団で、手前の思いつきと、思い込みと、権益維持にまい進する、異常存在だとますます思った。

国民(有権者)をバカにしたこの本、極めて『ニホンのサヨク』な一冊である。

サヨク(リベラルですか?)は,自分たちが思っているほど賢くも、謙虚でも、優しくもない。

賢ければ、選憲、なんてことは言わないだろう。
謙虚なら、愚行権なんてことは言わないだろう。
優しければ、日本国民にもっと優しいはずだ。

うむ、国民の判断である、選挙では勝てないわけですね。

ヘイト・スピーカーや騒がしい右翼は、同様に国民から遊離した存在です。なので、まぁその点はあなた方と同じだから、安心してもいいと思うよ、サヨクの人。

サヨクの方々が「いいえ」をクリックするのが今から目に見えるようだ。何人くるかなぁ。

5つ星のうち 1.0空論に過ぎない

(参考になった人 9/22 人)

憲法と言うと必ずしも実生活に馴染む話題ではない。他方で、実生活を支える基礎としての性質を持つものである。これにもかかわらず、憲法の話というとそれ程平易なものではない。歴史的事実や法の現場と乖離した主張に価値は無く、国民感情と乖離した憲法であればそれも問題視されるべきであるという所がある。歴史的事実や法の現場というと、専門用語を含めて、国民感情との乖離は少なからず生じるものである。解釈による解決が現実的な所であるかとは思うが、自らが依って立つ知見の確認を含めて、憲法論を見て見るのも手である。

「憲法を守る」ということを法律や条例を守ることと混同しているひとすら多い。

憲法は、守るべき法が健全なかたちで成立する為に必要な基礎であり、法律や条例と同様の仕方で守る性質のものではない。
多少技術的な知見になるが、尊属殺法定刑違憲事件に関する憲法の認識は、少なからず米国側の日本国民の理解に対する疑問符を背景とした緊張感のあるものであった。具体的には、第十四条の導入の順番である。憲法の性質を考慮すると躊躇うのは事実だが、こんにちの日本国民の意思に照らして、疑念が湧かないという方がおかしいとすら言える。
この背景として、当時の国民のアメリカ人に対する印象なりなんなりというものがあったように思われるが、それ以上に、アメリカ側の予断によるところが大きかったようである。つまり、イギリス的かアメリカ的かという以前に、フランス的かドイツ的かという尺度を宛てがい、ドイツ的であるという判断を導出したことによるところが大きい。
島国という以上のものではないが、こんにちの国際関係を見ても、日本はイギリス的であり、ドイツ的な異国というアメリカの判断は当たらないと見るのが妥当である。日本国憲法がワイマール憲法の影響を強く受けた憲法であるといわれることを含めて、この誤った判断が多大な影響を与えたのは周知の事実であり、日本国憲法の成立が戦後の混乱の中であっという間に決着した出来事としての性質を有することが改めて確認される。

改憲という時代ではない。それでも、憲法を正しく理解する為に必要な知識を法律家達が積極的に出していないという事実が無いという訳ではないから、創意ある憲法論が無用とまでは言わないが、上野千鶴子さんには自己の方法論の徹底が求められるようである。
ただの空論であり、憲法に対する基本的な理解の為の本としては、心許ない。

あの上野千鶴子が、今度は憲法論に着手した。思えば、憲法の現実の姿である社会を観察・分析する社会学者は、ともすれば条文解釈にのみこだわる法学者より、むしろ憲法のあり方を論ずるに適しているとも言える。本書は、まさにその、長年女性を初め、社会の弱者にかかわってきた上野のあたたかい眼差しに裏打ちされた憲法論である。しかも、単なる思い付きの居酒屋論議でなく、専門性を持った研究者としての方法論が生きている。男らしさの中にひそむ非力さへの憎しみと軍隊保持の欲求、人間の安全保障、ソコソコの国など、社会学者ならではの視点といえよう。



本書の中で特に印象的だったのは、天皇制廃止について、その危険性も同時に指摘していることだった。にもかかわらず、上野はあえて廃止の決定権を人々に委ねる「愚民民主主義」を主張する。人は間違いの中からしか、真に学べない。その経験が私たちには決定的に欠けていたのであり、そこに護憲派の弱みがあるという批判は傾聴に値する。

ところでその、上野が憲法により政治を託そうとするPeopleの定義に「日本国民」でなく、「日本に住む人々」を採用しようという主張には説得力がある。実はレビュー作者はただいまドイツ在住だが、ドイツでは外国人移民とその次世代の人口が飛躍的に増え、現在ルール地方のある州では、児童生徒の3分の1は、どちらかの親が外国人由来という統計が出ている。日本でも近未来に予測されるこういうグローバリゼーションの結果を見れば、憲法の対象を「日本国民」に限定するのがいかに現実にそぐわないものか分る。国民国家の憲法であった日本国憲法もこの点では、替え時だろう。

そうしてそのPeopleによる「選憲」は、別のレビュー作者が書いているような現実味のないアイディアではない。九六条のハードルを下げることにより改憲を可能にするのも、一つずつ憲法の条文の選び直しをするためにまずそのルールを作ることも、等しく現行の「エリート民主主義」のうちにある。まずは、ここをクリアしよう。そしてその後、私たちは何を選ぶか。本書を読むと、「愚行権」を私も行使したいという強い意欲がわいてくる。選憲に携わる人々に合わせた文章は平易で、一気に読める。オススメの一冊である。

立憲民主党』の解説 by はてなキーワード

Konstitutsionno-Demokraticheskaya Partiya

かつてあった中道右派ロシアリベラル政党。しばしばカデットと略される。

1905年10月12日結成。1917年の2月革命後に成立した臨時政府の中心となった。1917年12月12日解散

立憲民主党』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.