窃盗のまとめ情報

窃盗』の解説

窃盗(せっとう)とは、窃かに盗むこと、あるいは単に盗むことをいう。倫理的・道徳的に反社会的行為とされ、また、法的にも、不法行為責任および刑事責任が問われるのが通常である。

また、日本法においては、正しくは「他人の財物を窃取すること」をいう(詳細については窃盗罪を参照)が、法令用語としてはさらに「窃盗を犯した者」即ち「窃盗犯」の意味で用いることもある。

概要

『窃』も『盗』も、それぞれ他人の物を持ち主の意に反して持ち去ることを意味するが、特に『窃』という語は『こっそりと、気付かれず』という意味合いが強い。しかし刑法において窃盗とは、他人が占有する財物を、占有者の意思に反し自己又は第三者の占有に移転させる行為をいい、占有移転行為が他人に気付かれることなく行われることは要件ではなく、公然と行われる場合なども含む。たとえば「ひったくり」なども暴行の程度が強盗罪のそれに達しない場合には窃盗罪となる。

窃盗の分類

日本国の警察庁が犯罪統計において用いている窃盗の手口による分類を示す。

  • 侵入盗
    • 空き巣、忍込み、居空き、ATM破り、金庫破り、旅館荒し、官公署荒し、学校荒し、病院荒し、給油所荒し、事務所荒し、出店荒し、工場荒し、更衣室荒し、倉庫荒し、その他
  • 乗り物盗
  • 非侵入盗
    • 職権盗、慶弔盗、追出し盗、買物盗、訪問盗、払出盗、ATMねらい、窓口ねらい、途中ねらい、室内ねらい、客室ねらい、病室ねらい、ひったくり、すり置引き、仮睡者ねらい、車上ねらい、部品ねらい、脱衣場ねらい、自動販売機ねらい、色情ねらい(下着泥棒、後述)、工事場ねらい、万引き、職場ねらい、同居ねらい、賽銭荒らし、その他

その他、窃盗の手法や対象物に基く呼び名としての分類であり、法律上の分類ではないが、よく見られる用語を示す。

著名な泥棒

架空の人物については「怪盗」を参照。

防犯の例

  • で固定(例:鎖付図書
  • 警告文を表示する(例:ブックカース
  • 持ち出したことをわかるようにする:RFID(無線通信技術を応用したもの)

窃盗』に 関連する人気アイテム

窃盗症 クレプトマニア

5つ星のうち 5.0貴重な本

(参考になった人 3/3 人)

クレプトマニア(窃盗症)について、専門的に取り上げている本はとても貴重です。 この本の監修者は、日本で唯一の専門病院である赤城高原ホスピタルの院長で、同院での試行錯誤を記してくれており、とても参考になりました。 また、当事者の手記が多く載せられていますが、匿名といえど、これまでの万引き歴や率直な思いを書き記すことは、とても勇気のいることと思います。 とても勉強になりました。 ありがとうございます。

反省させると犯罪者になります

本書を一読した時に思ったのがそのまま表題。調べてみたら1993年のCMだった。確かに、「悪いことをしました。もう二度としません。」と口で言ったり書いて見せるだけでは、単に口約束、空手形でしかない。実際に同じ事を繰り返さないためには、なぜ、どういう気持ちでそのような事をしたのか、そのような事をしないために、様々な状況での自分の心情を予想し、悪事にかわる他の何事をするか、と考え、人に伝え、やって見せなければならない。このように思考と行為によって行動も変容を確認することを内省と呼び、その内省から見れば「反省」というのは思考停止でさえある。

それでも我々は「反省」を求められるし求めもする。そのようになされた「反省」を評価するポイントは反省の深さや真剣さであるが、それは結局、表情や態度やその他外見的な要素であり、そこから内省は当事者の主体内部の問題であるが、反省は当事者と周囲の人々=抽象的には世間との関係の問題であることがわかる。一見役に立たない「反省」は世間に対して個人が従順であることを示す作法として要請される。そう考えると、本書が次の「凶悪犯罪者ほど更生します」のどちらだったか忘れてしまったが、筆者と美達大和氏のやりとりが噛み合わないのも、個人の主体的思考における合理性に立つ内省と世間の共有的な価値観との整合性に立つ反省の違いなんだな、と思う。
筆者自身は理念的に個に徹したいと思うのだが、やはり世俗の凡人としてなかなか世間から超越することも難しく、とおもている間に時間が過ぎてしまいますな。

自分が実際加害側に回るとよく意味がわかる本だと思う。人は反省しない、自己保身にまず走る。
反省として賠償金や何かをするときさえ、真意は自己保身の行動の人がほとんどで、真に相手の気持ちに立っている人は少ないだろう。そういう心理に向き合う本の気がする。

そしてやっぱり加害者はどこまでいっても加害者で、被害者は向き合ってくれるのだと期待しない方がいいのかもしれない、という思いにかられる。彼らは人の気持ちに立つということができない、向き合うということができない、自分でめいいっぱいである。

だからこそ加害者なのだと。

人に反戦してもらいたいから読む本ではないのだと思う。人にもっと優しくなりたい人が読んで、自分はどう生きるか、加害者になって罪から逃げる人にならぬため読むと良いのかもしれない。
本の中には反省へ至る希望も詰まっているが、どれも多分、運がいいだけなのかもしれない。
人は自分を救って欲しいときさえ、誰に救われたいか選ぶ。
人は誰かを救うことなんて決してできない、助かるかどうかさえも当人しか選択できないのだから。

タイトルは過激だが、タイトル通りの内容で、大切な事が書かれているが文体が平易なのでサラッと読めた。 加害者に反省をさせる場合と、反省をさせずに感情にフォーカスさせた場合とで、受刑者の心情の違いがリアルに想像できた。 自分の本音を抑圧し続ける事が犯罪を生むことに繋がる。 だからこそ反省させるのではなく、「ありのままの自分」を出せることの重要性が理解できた。 これは受刑者に限った話ではなく一般の人にも言えること。 自分の子育てにも応用していきたい。

隠しカメラ ブック型偽装カメラ1080P A5サイズ 超小型 本型 防犯監視カメラ スパイカメラ 高画質ビデオカメラ 赤外線人感センサー ループ録画 動体検知 夜間盗撮 証拠撮影 長時間録画 防犯 防災 留守監視 スタンバイ ビデオカメラ 日本語取扱付き

今回こちらの商品を購入するきっかけは、妻の浮気がきになってたところからでした。 家に電話してもいない時があり、気になったところ、天井につけるカメラでは気づかれてしまう恐れがあるため、誤魔化しのきくものはないかと思った時、偶然こちらの商品に出会いました。 開封してみると、普通のノートが20枚程度入っており、外見は本で中身はノートのようになっております。 そこで、使用感では、画質もよく解像度も問題なく撮影されておりました。

5つ星のうち 5.0全然気づかない!

(参考になった人 26/26 人)

隠しカメラを使って防犯対策をしようと思い購入。 見た目は本そのものなので、本棚においておけば気づきません。 隠しカメラが自宅にあるなんて、誰も思わないでしょう。 家の防犯がレベルアップしました。

5つ星のうち 5.0本型隠しカメラです

(参考になった人 3/3 人)

会議を行う時、会議室に連れて行って、会議の内容を記録します。 これはとても便利です。 しかも価格も合理的で、ノートとしてもいいです。 実用的な隠しカメラです!

ルポ ニッポン絶望工場

5つ星のうち 4.0外国人実習制度の実態

(参考になった人 6/6 人)

外国人実習制度はニュースと取り上げられた事は記憶に新しい。
https://mainichi.jp/articles/20180530/ddm/002/010/112000c

制度の良しに関しては個人で意見が分かれるの所であると思うが
個人的には悪しき慣習であると感じている。

自身のキャリアで施設管理会社に5年務めており
ベッドメイキングや清掃業務などの3K
1.賃金が安い(最低賃金レベル)
2.作業が辛い(常に動き回る。

時間制限がある)
3.汚い (汚物などを扱います)

勿論そんな仕事なので、日本人でも業務に従事される方は
癖のある方が多かった印象。
(勿論掃除が好きで働かれいる方もいますがかなり少数)

仕事はあるが人がいない時、活用するのが外国人労働者です。
以前勤めていた会社では都内全域で1,000名程度雇用しておりましたが
5割が外国人労働者。

勿論言語や慣習の違いで、マネジメントに苦労しましたが
人が来ないよりは「マシ」。

そのような仕事は日本人がやりたがらない故に、
①外国人労働者を使う→②学校に行きながら難しい&給与が低い
③違法に長く働くor違法な仕事、犯罪行為を行う流れになるとの事
本書の主張については深く理解した。

また低賃金での就労を前提とした雇用形態や
就労体勢については国として考えると事があるのではと憤りを覚えた。
※某牛丼チェーンで真面目に明るく働く外国のスタッフより
だらだら会社にしがみつく、社員の方に給与を払う雇用形態は
不平等ではないか?

願わくば、日本に来ることを選んでくれた「友人たち」に日本を好きな
まま帰国して貰いたい。

また彼らと接する機会があれば、感謝の気持ちを忘れず接したい。

一読に値しますが、・・・? 外国人留学生、実習生、日系人、外国人介護士等・・・について書いています。
本当に筆者が自分自身の足で歩いてルポをしています。私の知らないこともたくさんありました。ブラック・ジャパンですね。親しかった故中村先生の事も書かれていました。懐かしい部分もあります。
私はベトナム人の技能実習生・留学生(偽装ではない)に継続的に日本語を教えていますが、私の接している彼ら彼女らと書かれた内容とはずいぶん違いますね。かなり悪い面ばかりを強調しています。ベトナム人は29万人余りも日本に住んでいますからね。

私が教えているベトナム人実習生や留学生はよく働き、良く学び、よく遊んでいます。日本をエンジョイしていますよ。
だけど、朝日新聞奨学生の記事は参考になりました。朝日新聞社の本質をえぐり出してくれています。拍手を送ります。

最近のメディアは日本を称賛する外国人を取り上げ、素晴らしい日本国家像を日本国民に植え付けようとしてますが、いずれ日本人であることが恥ずかしいなんてことにならないか心配です。なんせ近代になっても、国をあげて奴隷制度を構築しているのですから。我々も、身の回りのサービスが現代の奴隷制度によって成立しているという事実を知るべきです。その陰で、過労死で亡くなっていく外国人留学生がいるのですから。かといって彼らを無作為かつ制限なく受け入れることや彼らの社会保障も慎重に検討すべきです。EUの事例をみれば誰でも外国人の受け入れを安易にしてはいけないことが分かります。海外の実例を踏まえて科学的根拠に基づく制度作りが必須です。

窃盗』の解説 by はてなキーワード

他人の所有物をこっそりと盗み取ること


(a) theft; stealing; 《人》a thief.

・〜を働く commit a theft.

窃盗罪 larceny.

窃盗』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.