神南のまとめ情報

神南』の解説

神南(じんなん:英記 Jinnan)は、東京都渋谷区町名。現行行政地名は神南一丁目及び神南二丁目。1928(昭和3)年に付近の字(前耕地、豊沢、宇田川、深町の一部)が大字として明治神宮の南にあることから神南町が成立。読みは「かんなみちょう」。1963(昭和38)年から'70(S45)年に住居表示により神山町や神宮前6丁目を分離し、残った部分現在の神南となる。当時渋谷区は、当用漢字(現在の常用漢字)に読みがなかった事で「じんなん」とした(出典:神南の由来)。郵便番号は150-0041(ただし、NHK(神南2)は150-8001)。

地理

神南一丁目と神南二丁目からなる。渋谷駅を中心とした繁華街の一角を構成する区域で、商業施設公共施設が多く建ち並んでいる。

神南一丁目

神南一丁目(じんなん1ちょうめ)は、神南の南東部にある繁華街にあたる。東部は東日本旅客鉄道(JR東日本)の山手線埼京線などに接し、この線路より東側は渋谷区神宮前となる。西部は渋谷公園通りに接し、この道路より西側は渋谷区宇田川町となる。南部は繁華街となっており、南端は渋谷駅前のスクランブル交差点に接する。北部は神南二丁目に接する。なお、東側の渋谷消防署が面した南北に伸びる道路は、ファイヤー通りとの愛称で親しまれている。

thumb

thumb

thumb

ランドマーク

渋谷繁華街の一角を担うエリアで、109-2マルイシティなどの大型のファッションビルセレクトショップと呼ばれる様々なブティックテナントカフェバーなどの飲食店たばこと塩の博物館電力館などの公共施設、各種のオフィスビルなどが建ち並び、昼夜を問わず人が絶えない。

ショップビル
ミュージアム
公共施設・他

最寄駅

渋谷駅ハチ公口前のスクランブル交差点の目の前が109-2となる。乗り入れ路線は下記の通り。

ターミナル駅 渋谷駅
東日本旅客鉄道(JR東日本)渋谷駅:山手線埼京線湘南新宿ライン成田エクスプレス
東京急行電鉄(東急)渋谷駅:東横線田園都市線(旧新玉川線
京王電鉄(京王) 渋谷駅:井の頭線
東京地下鉄(東京メトロ)渋谷駅:銀座線半蔵門線副都心線

神南二丁目

thumb

thumb

神南二丁目(じんなん2ちょうめ)は、神南の北西部にあたる。東部は東日本旅客鉄道(JR東日本)の山手線埼京線などに接し、この線路より東側は渋谷区神宮前となる。西部は井ノ頭通りに接し、この道路より西側は渋谷区の富ヶ谷神山町となる。

南部は渋谷区の宇田川町神南一丁目に接する。北部は渋谷区の代々木神園町に接する。かつては陸軍省代々木練兵場が置かれており、太平洋戦争大東亜戦争)での日本の敗戦後には占領アメリカ軍の施設、ワシントンハイツとなっていた。

ランドマーク

商業施設が建ち並ぶ繁華街の神南一丁目とは異なり、広大なスペースを活用して大規模なスポーツ大会やイベントなどを開催するための公共施設が多く建ち並んでいる。

最寄駅

歴史

1928年昭和3年)、東京府渋谷町上渋谷の前耕地・豊沢・宇田川・深町の一部などを合併し、明治神宮の南側に位置したことから、神南町命名して誕生した。命名は「かんなみ」であったが、戦後に「じんなん」と読み替えられた。1970年昭和45年)、住居表示の実施に伴う町名整理により現在の神南一丁目神南二丁目になっている。

道路の愛称

神南一丁目は、西側にある宇田川町道玄坂と共に渋谷駅を中心とした繁華街になっている。

1970年代から1980年代にかけて大型のファッションビルや中小規模のセレクトショップが次々に開業したことなどを端緒に、渋谷は最先端の流行若者文化を発信するエリアとなり、自然発生的に愛称(通称)で呼ばれる道路が誕生するようになった。

フィンガーアベニュー、コルネット通り、イエローストリート(フランス坂、バスティーユ通り)については、自然発生的な愛称であり、由来や誕生した時期をはっきりと特定することはできない。いずれも1980年代頃から、口コミの拡散やファッション雑誌の紹介などで知られるようになったものである。

渋谷公園通り

  • 神南一丁目の西側にある道路で、南から北へ向かって登る緩やかな坂道。旧称は渋谷区役所通りであったが、1973年宇田川町パルコ渋谷店が開業する際に渋谷区役所通商店街などの発案で現在の渋谷公園通りに改称された。

プチ公園通り

  • 神南一丁目の中央にある路地で、南から北へ向かって登る緩やかな坂道。西側にある渋谷公園通りとほぼ並走していることに因んで、1980年代頃からこの愛称で呼ばれるようになった。なお、プチ公園通り周辺のエリアはパークアベニューとの愛称で呼ばれる。

ファイヤー通り

  • 神南一丁目の東側にある道路で、南から北へ向かう道路。渋谷消防署が建っていることに因んで、1980年代頃からこの愛称で呼ばれるようになった。

フィンガーアベニュー

フィンガーアベニューは、東京都渋谷区神南一丁目にある道路の愛称(通称)である。東側の渋谷神南郵便局前交差点から、西側の勤労福祉会館(パルコ渋谷店PART-1)前交差点へ登る、緩やかな坂道である。

コルネット通り

コルネット通りは、東京都渋谷区神南一丁目にある道路の愛称(通称)である。コルネットストリートとも呼ばれる。東側の渋谷消防署の南側から、渋谷区高齢者ケアセンターや渋谷社会保険事務所の傍を通り、西側の渋谷区役所前交差点へ登る、緩やかな坂道である。

イエローストリート

イエローストリートは、東京都渋谷区神南一丁目にある道路の愛称(通称)である。イエロー通りとも呼ばれるが、その他にフランス坂バスティーユ通りとも呼ばれる。東側の渋谷消防署の北側から、ハローワーク渋谷の傍を通り、西側の渋谷区役所前交差点へ登る、緩やかな坂道である。

世帯数と人口

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである。

小・中学校の学区

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。

渋谷(地理・道路)

下記の「渋谷区の町名」一覧も参照のこと。

神南』に 関連する人気アイテム

神南署安積班

「87分署シリーズ」型の刑事物にしては、「事件vs刑事達の人間模様」のうち、後者に圧倒的な比重が掛かった作品。事件解決の過程のサスペンスや事件関係者達の人間模様を敢えて軽視するからには、余程魅惑的な刑事の造形が必要となる。警察署を舞台にしたホームドラマの様相なのだから。

その候補の筆頭が、係長の安積だろう。作者としては安積を聖人として描きたいようだが、良心と公正さが取り柄の刑事が魅力的か否かは好みに依ると思う。それに次ぐのが、一見冴えない風貌だが、実は鋭い頭脳と"ツキ"を持つと言う設定の須田。

しかし、その触れ込みの割には、須田が活躍する場面がなかったが、「ツキ」でようやく脚光を浴びた。須田の実直さと"ツキ"がロシア人暗殺者の逮捕に結び付くと言う爽快なストーリーで、事件と刑事のキャラクターのバランスが取れている。このレベルの作品を集めて貰えれば、全体の印象も向上したと思う。安積と同期で、交通課の武闘派の速水、杓子定規で憎まれ役の村雨、若さと体力でヤル気が漲る黒木、更に新米で村雨に抑圧されているが、上昇志向の強い桜井。彼等の設定は類型的で、余程考えたストーリーを創ってあげないと彼等の個性が埋没してしまう(速水だけは、その性格で目立っているが)。その中で、「部下」は安積-村雨-桜井の職制間の絆、異動話に心が揺れる安積、放火事件における村雨、桜井コンビの活躍を巧みに絡めた秀作。最終作「シンボル」も洒脱な出来。

結局、最終三作の出来が良く映った。作者も次第に登場人物を操れるようになったと言う事か。多分、シリーズになると思われるので、刑事のキャラクターと事件の係りを巧く描いた作品を期待したい。

5つ星のうち 4.0面白い、よりも和む

(参考になった人 2/2 人)

話はもちろん、登場人物も癖がなく、
安心して読めた。
疲れるどころか和める小説はなかなか無い気がする。
ただ、和みすぎ、読破してやったぞ!という、
難しい小説を読み終わった後の達成感には欠ける。
それを求める本ではそもそも無いが、、、。

このシリーズを読んでから、ドラマ版をみたが、
佐々木蔵之介が本当にピッタリと思った。
(好き好きはあるとはおもうが)

今野敏はSTシリーズも
読んだが、
浅すぎず、
かといって必要以上にこね繰りまわす
感じもなく、
女性にも読みやすい。



安積班は
まだ読んでない作品も
多いので
読み漁ろうと思う。

関係ないが、
このコメント欄は
一定以上の
入力を
しなければ
いけないのは
いかがなものかと
おもう。
たくさんレビューを
書いてほしいのであれば
行数は問わないか、
3から5行で充分だと思う。

5つ星のうち 3.0無難

(参考になった人 1/1 人)

ハンチョウというドラマの原作なんですね。
知らないで読んでいました。
初めての今野作品でした。

本作は、短編連作といった形を取っています。
8つの短編を通じて、安積班の面々のキャラクターを浮かび
あがらせています。
一つ一つの事件は、それほど奇抜なものではなく、これが
8つも続くのか、とちょっと辟易したくらい。
ようやく7編目になって少し、それぞれのキャラクターが
生き生きと動き出して、終局は、今後はどうなるんだろうと
いう感じでまずまずです。

まあ、とりあえず無難な一作でしょうか。60点。
続きが読みたいか?という問いがあるなら、暇な時にって
答えるかな。

警視庁神南署

今野敏の警察モノです。 だから、もう間違いありません。 非常によくできた、小説らしい、日本の警察モノの一つのお手本のような作品です。 落ち着いて安心して楽しんで読めました。 題材的には一人の親父狩りにあった銀行員をスタートとにして、かなり意外な展開を見せます。 少し前にレビューした「ハニートラップ」なんかより、はるかに「トラップ」で興味深いというか怖かったね。 おいらはもろひっかかってしまう。 なお、星四つなのは、今野敏だからです。 作品的には五つなんでしょうけどね。 今野敏なんだから、です。

ドラマを見てからだと、より登場人物のイメージができたりするので、とても読みやすいです。 ドラマと異なる点は水野刑事が登場しないことです。 この本はシリーズの途中ですので、最初の本からお読みになることをオススメします。

5つ星のうち 5.0安積班は永遠!

(参考になった人 0/0 人)

テレビの放送を見た後で、原作を読んだので、どうしても登場人物像が俳優陣とダブってしまうのだが、 それが、ジャマにならない。 テレビの配役が絶妙だったと思う。 佐々木蔵之介率いる安曇班を思い浮かべながら、楽しめる。

神南』の解説 by はてなキーワード

地名

東京都渋谷区 神南 一丁目・二丁目 −「明治神宮」の南にあることに由来する。

神南』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.