社会部のまとめ情報

社会部』の解説

社会部(しゃかいぶ)とは、報道機関において、事件事故社会問題の取材を担当する部門のことである。

概説

活動範囲は幅広く、社会の現象全般を扱う部門と言える。

扱うニュースの性格上、社会正義を追求し、政治家や財界人に近い政治部や経済部とは違い、権力からもっとも遠いところにいる権力の監視役や、弱者の味方というイメージが強い。

遊軍

遊軍(ゆうぐん)とは、特定の記者クラブには所属せず、なにか大型の報道テーマが起きた場合、現場に投入される記者のことである。「いつでも出動できる状態でいて、時機を見て活動する軍隊」を語源とする。街ネタを拾うのが得意な記者が遊軍を任されやすい。

遊軍記者にはさまざま分野で高い専門性をもつ記者もいるが、ほとんどは大きな事件・事故が起きたときに警察検察を担当する記者を後方で支援する役割である。

中央省庁の記者クラブ

環境省厚生労働省文部科学省といった官庁の記者クラブで、労働問題や教育問題をおもに行政面から取材する。国会開会中は本会議や委員会の傍聴も行う。

事件取材

警察の記者クラブや、裁判所や検察を担当する司法記者クラブを拠点に活動する。

社会部のなかでは記者がもっとも多い分野である。東京の社会部の場合、警視庁の記者クラブに各社10人もの記者が常駐し、司法記者クラブにも10人近くもの記者が常駐していると言われる。また警視庁記者クラブの傘下には警察署を担当する「サツ回り」と呼ばれる若手記者もいるため、事件取材を担当する記者は各社の社会部で合計で30人にも達すると言われる。

このことが日本のメディアが事件報道を圧倒的に重視してきた理由と言われ、警察担当のなかでも殺人強盗といった凶悪犯捜査を行う刑事部捜査第一課の取材を担当する記者は花形とされる。

社会部は政治家のスキャンダルを追及したり汚職事件では捜査サイドの動きを取材したりする。

地方自治体

都道府県市区町村といった地方自治体や地方選挙の取材も社会部の担当である。地方のメディアには政治部がないことがほとんどであるため社会部が政治部と同じ役割を果たしているケースが多い。

皇室

皇室も社会部の担当である。

調査報道

調査報道は事件取材を行なっている社会部が得意とする分野である。

社会部』に 関連する人気アイテム

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込

ナナメの夕暮れを読んで、めちゃくちゃ面白かったので、時系列をさかのぼりこちらを読むことにした。

時系列的にさかのぼっているので、半年休載に入るところでこの本は終わっているが、大丈夫、半年後はちゃんと面白いことかけてるよなどと思いながら読み切った。

特に共感したところなど
・散髪屋で髪のオーダーができない、スタバに入れない(入りたくもない)、ただしAVは堂々と借りれる
→散髪屋というのが根本的に嫌いで、いい加減、邪魔だなと感じるようになってからしか切りに行かない。

そして、特に嫌いなのが髪型のオーダーである。なので、めったなことがない限り、新しい散髪屋などいかず、いつもの散髪屋で、「いつも通りで!」と頼むのである。(いつも通りがどんななのかは、自分でもよくわかっていない)決して、ここはこうして、カタログを見てこれにしてください!などは言えない。自意識過剰がなせる業である。
しかし、なぜかAVを借りることにはまったくこの自意識が邪魔をしない。なぜだろうか。欲望がそこにあるからかもしれないが、このコラムは、思わずわかるわーとニヤニヤしながら読み切ってしまった。

・「分人」の考え方(そのときの環境、人間関係によってさまざまな自分(ディヴ、分人)がいること
これは、若林が考えた概念というよりは、小説に出てくるみたいなのだが、ちょうどこれと同じことを自分も最近考えていて、本当の自分はどっちなんだろうなんだとか、ということは、こっちの環境では自分を出せていないななどと思っていたのだが、このコラムを読んで妙にすっきりした。
そして、これは自分で使い分けてるというわけではなく、勝手にそうなってるというところも、実体験と一致した。潜在意識で、相手との関係性などを量って、そうなっているんだろうなぁ。

次に読んでみたいと思ったのは、「分人」のくだりで出てきた、「ドーン」(平野啓一朗)、「透明に限りなく近いブルー」、「無趣味のすすめ」(村上龍)など。

社会人童貞はおろか、童貞も捨てきれていないが、これだけ共感できる本はそうそうない。こんな本に共感してしまう自分が少し残念だが、やられた。どっちも捨てきった時にもう一回読み直して、どういう感想を抱くのかが知りたい。数年後に読み直したい本である。

5つ星のうち 4.0いいと思います。

(参考になった人 1/1 人)

小説家の書くエッセイは、やはりどこか小説チックで力を張っている気がしますが、こちらはいい塩梅に脱力していて純粋に面白さのみを感じることができます。
個人的には共感できない内容ばかりでしたが、若林はこんな奴なんだなあって、すんなり入ってくる感はありました。

あとがきまでご本人が書かれていて、最後まで若林正恭ワールドに浸れて楽しめました。別に若林のファンでも、オードリーファンでもありませんけどね。笑
他に、芸人さんの書籍はピース又吉の小説や随筆を読んだことがありますが、比べていいものでないでしょうがやはり比べてしまうのが人情で。笑
あちらは少し衒学的で好き嫌いが分かれるかと思います。こちらの方がより『芸人の書いた文章』感があって、読書初心者にもおすすめだと思います。

ダヴィンチの連載を書籍化したもので、淡々とした短いエッセイが続く。
本の著者は漫才コンビ オードリーの若林氏だが、著者本人が仕事や社会に対してどう思っているかというのが
斜め目線で、社会を小ばかにしている。人によっては「こいつ馬鹿なんじゃねえか」と思うかもしれない。
ただ、エッセイの主文より、著者が見た周りの人の方が面白い。
盲目の落語家の稽古風景や、お笑い芸人を目指すのはどんな人かという分析をした精神科医など
芸人という職業柄、一般人では出会えない人にたくさん会っている。

そこをもっと書いてほしかった。
残念ながら、本職の作家が書く本ほど面白さはない。
芸人が本を書けるのも3作目までがせいぜいだろうという期待をぜひ裏切って欲しい。

日経キーワード 2018-2019

機械工学専攻で、最新の経済等を学びたいと思って購入しました。 全くの専門外ですが、この本は本当にわかりやすいです。 様々な分野の話題に対して、コンパクトにまとまった文章で用語についての説明、背景、それが実導入されている分野、将来展望等、1つのキーワードに対してこのような文章と図とで記載されており、ほぼこの本だけで完結できるように書かれています。 本当に読みやすく、300ページを2日で読み終えてしまいました。 何度も読み返すことで、知識の定着が図れると思うので、これからも定期的に読んでいきたいと思います。 オススメです。

資格試験の時事対策用に購入しましたが、読みながら、「へぇ〜」とか「なるほどね〜」と思わず口に出る意味ある一冊でした。 大人になると興味あるニュースは注視しますが、それ以外はテレビで話題になっていても全然頭に入ってこないものです。 でも実は、知ってみると興味あるニュースとつながっていたり、新たな興味が湧いたりと、久しぶりにワクワクさせてくれる一冊でした。

5つ星のうち 5.0詳しい。

(参考になった人 0/0 人)

就職活動(特に公務員試験など)に非常に役に立つと思う。 とても細かく最近の重要時事知識を網羅している。 しかし、図やグラフ、イラストなどはあまりなく、日ごろから新聞を あまり読まない人には難しいかもしれない。 が、それでもこの情報量はすばらしいと思う。 時事知識を求めている方には一読の価値はある。

2018年版 出る順宅建士 直前大予想模試 【4回分 / 法改正対応 / WEB無料特典】

5つ星のうち 5.085%の「養分」

(参考になった人 0/2 人)

【※試験後に編集してます】

85%の養分のレビューを見て安心するのか、危機感を持って勉強に励み15%の合格者になるのはあなた次第です!

【一発合格しました】

2018年本試験、解答速報での自己採点したところ44点でした!(初学・独学)

結果発表までの時間を安心して過ごせます。余裕を持って合格した者の特権ですね。35点、36点の方はドキドキしていることでしょう。

【目安にしてください↓】

・模試4回の平均46点
・本試験44点獲得(解答速報で自己採点)

僕の場合は
模試平均−2=本試験の点
でした。



【本試験は年に一度】

模試で点数が低くても目を逸らさずに、実力を受け止めることが大切です!点数が低かったなら勉強すればいいだけの話です。

模試で点数とれなかった人が「この模試は難しい!本試験ではもっといい点取れるはず!」と甘い考えで本試験に挑んで85%の養分になるんだと思います。

一年に一度しかないない本試験にこんな甘い考えで挑むのはただのお馬鹿さんですよね?

やはりこの難易度ならせめて38点は取れないと本試験合格は厳しいです!安定して合格する為には40点は確保できるように勉強しましょう!

レビューでは簡単など言われてるけど、そんなことは無い 笑
それなりだし本試験より少し上だと思う。
業者の予想問題集や講座を受講しそのトレーニング教材を習得していれば高得点は可能かと思われる。なぜなら特殊な言い回しや、過去1度も出てこなかったであろう固有名詞など(実際テキストを見れば載ってるっちゃ載ってるが...笑)があり、苦戦をする。
それでも、基礎を丁寧に積みケアレスがなければ35点程度は得点できる。
ただ先に述べたように本試よりも少し難易度は高めなのは確かなため、少し成績が悪くても気にする必要は無いが、真剣に取り組む受験生にとってはダメージのでかい点数に感じるだろう。

業者は元より、受講者に発破をかけるものだし、そのまま突き進もう。
点数高めの自慢をする他のレビュー者に耳を貸すな。模試と本試は違う。
どこかでこれは38点取れないと。って言ってる人がいたが、典型的な嫌な奴の例だ。笑
不安を煽り、そして実は3回目の挑戦なんてことが背景に隠れているかもしれないからね。👍

さぁ、頑張りましょー

宅建試験勉強をするにあたって、試験問題集を4冊購入し(うち1冊は使いにくかったためほとんど使わず)3冊の問題をグルグルと回して勉強しましたが、他の問題集は3回分の問題集のところ、この問題集は4回分ついているのがありがたかったです。 難易度も試験対策として適当なレベルだとだと思います。 解説も分かりやすかったです。 何冊か購入を考えるのであれば、この問題集を候補に検討して良いかと思います。

社会部』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.