磯山さやかのまとめ情報

磯山さやか』の解説

磯山 さやか(いそやま さやか、1983年10月23日 - )は、日本グラビアアイドルタレント女優スポーツライターファッションモデル。本名同じ。愛称は、いそっち磯っち)。茨城県水戸市生まれ(出生・出身)、同県鹿島郡鉾田町(現・鉾田市鉾田地区)育ち(出身)。

茨城県立鉾田第二高等学校卒業。ホリエージェンシー所属。『AneCan』専属モデル。

来歴

  • 高校2年のときにオーディション雑誌の募集案内を見て、部活を1日だけ休ませてもらい、東京見物を兼ねて軽い気持ちでホリプロスカウトキャラバンを受けたが、2次審査で落ちてしまう。帰ろうと思っていた矢先、審査員の一人であったホリエージェンシーの社員に『うちのオーディションを受けてみない?』とスカウトされ、2度目のオーディションで合格し、2001年に芸能界デビューする。
  • 2003年頃から12球団対抗の正月特番、キャンプ取材、中畑清との対談など、野球関連の仕事が増え始める。
  • 2005年、高校の野球部マネージャーの経験を生かし、『SWALLOWS BASEBALL L!VE』(フジテレビ739)に女子マネージャーとしてレギュラー出演。2006年には、古田敦也選手兼任監督(当時)公認女子マネージャーに任命される。
  • 2005年11月16日、『風のゆくえ/ちいさなせかい』でCDデビューする。
  • 2006年1月、『2ndハウス』(テレビ東京)でドラマ初主演。
  • 2006年、いばらき大使に任命され、同年1月「漫遊いばらき観光キャンペーン推進協議会」のテレビCMでキャンペーンガールを務める。
  • 2008年12月、地元鉾田市から初代「鉾田大使」に任命される。同誌2014年10月号掲載のファッション特集「ぷにぷに肉ニット」へ「肉モデル」として登場した際に読者からの反響が大きかったことから、「ぽっちゃり女子」ブームの新たなファッションアイコンとして、「冬の着ぶくれ」を克服するコーディネートなどを披露している。

人物

  • 幼稚園の卒園式で将来なりたい職業を発表する機会があり、「アイドルになりたい。」と答えていた。
  • 中学生までは体が弱く、出席日数が足りなくなりそうなほど学校も休みがちで、病院に行ってから登校することも度々あった。
  • 部屋では全裸で過ごす。帰宅後、玄関から服を脱ぎ、そのまま部屋や廊下を一通り周った後ベッドに倒れこみリラックスするのが日課になっている。その後はパジャマに着替えて過ごすとのこと。
  • モーニング娘。安倍なつみに憧れ、モーニング娘。のオーディションを受けるも、書類選考で落選している(2006年8月8日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日)で、元メンバーの中澤裕子石黒彩保田圭と共演した際に発言)。本人曰く「初告白だから事務所も知らない過去」とのこと。2007年12月18日、自ら司会を務める番組、『城咲仁と磯山さやかの極めみち』(GYAO!)の生放送中に、自分が落選した追加オーディションの合格者は後藤真希だったことを公表した。
  • 前述の通り、高校時代に野球部のマネージャーを務めていたことからスポーツには詳しく、東京中日スポーツ中日新聞東京本社)では競艇関係のコラムを執筆していた時期があった。また、週刊大衆双葉社)にスポーツに関するエッセイを連載している。
  • 系列事務所(ホリプロ)の後輩である大島麻衣(元AKB48所属メンバー)と仲が良いことで知られる。磯山は大島のことを「マイマイ」、大島は磯山のことを「磯っち」とそれぞれ呼んでいる。大島がレギュラー出演する『バナナマンのブログ刑事』(東海テレビ)では、大島がインフルエンザで収録を休んだ際に磯山が大島の代役を務めた。
  • 9歳年上の兄がおり、『私の何がイケないの?』(TBS)出演時、かなりのブラザー・コンプレックスであることを明かし、「お兄ちゃん以上のひとはいない」、「お兄ちゃんの代わりはいない」等の発言のほか、大島麻衣たちとの食事の際、「お兄ちゃんのクローンがいたら、即、結婚する」と発言した。
  • 2012年2月の『ロンドンハーツ』「うぬぼれ注意オンナの自分番付!」にて喜んでげんこつで腕をドタバタした姿がドラえもんに似ていたので、それ以降、この番組では「イソえもん」と呼ばれている。

エピソード

  • 2001年2月、『HERO』(フジテレビ)第5話でドラマデビューしたが、余りに茨城訛りが酷すぎたため何テイクもNGを出した。
  • 2008年4月18日、『検定ジャポン』(フジテレビ)(テーマ 静岡県)でトップ賞となり金の静岡プレートを獲得。「人生で初めてです1番獲ったの」とコメントした。
  • 2008年のM-1グランプリでは、栃木県出身の漫才コンビU字工事に『茨城の女』としてネタにされていた。M-1の当日はラジオの出演があったため当初はそのことを知らなかったが、周りから言われて知り、喜んでいた。さらに本人のブログでは、彼らのギャグ『ごめんねごめんね〜』を使って彼らにメッセージを送っていた。
  • オジサンズ11』(日本テレビ)にゲスト出演した際に痴漢被害に遭った時のエピソードを披露した。

野球

  • 高校の野球部のマネージャーになったのは、家族が野球好きだったこととタッチの登場人物の浅倉南に憧れていたから、サッカー部マネージャーとも迷ったが「チャラい感じがする」という理由で野球部マネージャーを選んだという理由を挙げている。東京ヤクルトスワローズ公認女子マネージャーに任命されてからは、好きな選手にスワローズの宮本慎也を挙げており、バラエティ番組でVTRにてコメントをもらった
  • クハナ!(2016年9月)

舞台

携帯コンテンツ

  • EZ Today'SウォッチEZチャンネルコンテンツ) - メインMC(2007年4月2日 - 2007年11月30日)
  • au styleチャンネル(EZチャンネルコンテンツ) - メインMC(2007年12月3日 - 2010年9月27日 )
  • au one ブックチャンネル(EZチャンネルコンテンツ) - 新人編集員(2007年12月3日 - 2009年4月27日)

CM

  • パチンコ土崎文化センター「もっと早く出会えたら編」(2004年4月 - 10月)
  • バンダイ「機動戦士ガンダム一年戦争」
  • :「ティザー編」(2005年2月)
  • :「ゲーム本編」(2005年3月)
  • :「特別編」(2005年3月)
  • 日本ケンタッキーフライドチキン「ファミリーパック〜ドライブ中にふと編〜」(2005年3月)
  • 漫遊いばらき観光キャンペーン
  • :「磯山さやか いばらきを熱弁編」(2006年1月 - 2月)
  • :「磯山さやか やっぱり秋もいばらき編」(2006年9月 - 10月)
  • :「磯山さやか 友人と故郷二人旅編」(2007年10月 - 11月)
  • :「磯山さやか 落葉の舞編 」(2008年10月 - 11月)
  • 日本コカ・コーラジョージア」ジョージアG1チャレンジキャンペーン
  • :「ワンセグ編」(2006年8月 - 11月)
  • :「ワンセグ締切迫る編」(2006年11月)
  • 「ENOCH ETERNAL」イメージキャラクター(2007年 - )
  • JBC (2012年10月)
  • アートネイチャー「ラピーダ」(2014年9月)

インターネット

アニメ

雑誌

コラム

  • 6-4-3な磯山道(2008年4月 - 9月、読売新聞夕刊)※毎月1回金曜日
  • 磯山さやか連載・マネーUHA-UHA大陸(2008年7月 - 2009年2月、『BIG tomorrow』青春出版社
  • 競艇コラム 磯山さやかのスポーツ魂(2009年6月18日 - 2010年3月22日、 スポーツ報知
  • ボートヒーローSTORY(2010年6月8日 - 、 スポーツ報知)

Video & DVD

  • Hopeful(2001年2月、)
  • cheer up!(2001年9月、VAP
  • Morning Star(2002年2月、ラインコミュニケーションズ)DVD : LCDV-20032 / VIDEO : LCVR-10032
  • Cure(2002年5月、アクアハウス
  • さやかチャンネル(2002年9月、デジキューブ
  • Catch!(2003年2月、ラインコミュニケーションズ)
  • D-Splash!(2003年6月、キングレコード
  • mou(2003年8月、)
  • カバーガールズ(2003年9月、)
  • Special DVD-BOX(2003年11月、)
  • Soft touch(2003年11月、)
  • 磯山さやか風味 1/2(2003年12月、エースコック・SuperDVDCup)
  • 磯山さやか風味 2/2(2003年12月、エースコック・SuperDVDCup)
  • 見上げてごらん夜の星を(2004年1月、)
  • 上を向いて歩こう(2004年1月、)
  • DVD-BOX 美しい十代(2004年1月、ポニーキャニオン
  • 青 〜 go looking for me 〜(2004年7月、)
  • D-Splash! Special Price DVD(2004年9月、)
  • 荒修行(2004年11月、リバプール
  • Beach Angels 磯山さやか in サイパン(2004年12月、バップ)
  • TIME TRAVEL(2005年3月、GPミュージアムソフト
  • 和美人(2005年5月、)
  • atelier 〜ボディペイント〜(2005年8月、)
  • 「超星神グランセイザー スーパーバトルメモリー」(2005年、
  • Roots(2005年11月、フォーサイド・ドット・コム)
  • ねずみ小僧~ただいま参上!(2006年2月、竹書房
  • Choo Choo(2006年2月24日、竹書房
  • Ruby Fish(2006年2月25日、フォーサイド・ドット・コム)
  • Asian Mermaid(2006年3月25日、フォーサイド・ドット・コム)

CD

その他作品

写真集

  • ダブルパンチ(2001年2月、心交社)ISBN 978-4-88302-558-9
  • Pre Pri - 17(2001年6月、ソニーマガジンズ)ISBN 978-4-7897-1689-5
  • SOFT(2002年2月、彩文館出版)ISBN 978-4-916115-77-5
  • Nectarine(2002年5月、アクアハウス)ISBN 978-4-86046-040-2
  • Only You(2002年11月、ワニマガジン) ISBN 978-4-89829-869-5
  • ムック「磯っ娘遊び」(2003年1月、スコラマガジン)
  • 文庫本写真集 磯山さやか「ひ・み・つ」(2003年3月、竹書房)ISBN 978-4-8124-1154-4
  • sa-ya(2003年4月、音楽専科社)ISBN 978-4-87279-129-7
  • ムック「IN BEDROOM」(2003年5月、小学館
  • 単行本「もっと見て!」(2003年6月、竹書房)ISBN 978-4-8124-1172-8
  • ムック「イ・SHOCK」(2003年8月、竹書房)ISBN 978-4-8124-1297-8
  • 美しい十代 Her marvelous youthful days(2004年1月、扶桑社)ISBN 978-4-594-04282-0
  • ムック「イソヤマニア」(2004年3月、扶桑社)ISBN 978-4-594-60356-4
  • 超星神グランセイザーヒロインズ SAZER VISUAL(2004年4月、角川書店)ISBN 4-04-853745-8
  • ism 〜isoyama sayaka max〜(2004年11月、ワニブックス)ISBN 978-4-8470-2831-1
  • ムック「IS(イズ)」(2006年9月、学習研究社)ISBN 978-4-05-604334-1
  • ムック「月刊100アニバーサリー」(2008年3月、新潮社) ISBN 978-4-10-790184-2
  • 単行本「妄撮 モーサツ」(2008年6月、講談社)ISBN 978-4-0630-7757-5
  • 郡上に行ってきました。(2008年10月、ワニブックス)ISBN 978-4-8470-4136-5
  • yes no(2009年11月、講談社) ISBN 978-4-06-352816-9
  • ISO(2010年8月、学研パブリッシング)ISBN 978-4-05-606045-4
  • AMISO!!(2011年2月、ワニブックス)ISBN 978-4-8470-4344-4
  • 「月刊 NEO 磯山さやか」若妻風・磯山さやかのアバンチュール! (2012年1月27日、イーネット・フロンティア) ISBN 978-4-8620-5859-1
  • GRATITUDE~30~(2013年10月23日、ワニブックス、撮影:橋本雅司)ISBN 978-4847045875
  • milimili(2015年10月22日、ワニブックス、撮影:寺田茉布) ISBN 978-4847047916

プロ野球関連

  • 単行本「磯山さやかの『女子マネ』野球主義!」(2006年10月、ゴマブックス) ISBN 978-4-7771-0464-2

関連項目

磯山さやか』に 関連する人気アイテム

磯山さやか 写真集 『 milimili 』

最近テレビで見て、きれいになったな〜と思っていました。
デビュー15周年なのですね。驚異的です。
若い頃は誰でもみんなどうしても顔に肉がついていてぱんぱんなので
若々しさを求める人はそちらの方がいいかもしれませんが、
30代になって脂肪が落ちてしっとり落ち着いてきた感じと
まだ20代の若々しさも残っている今が最高だと思います。
ハードなグラビアは「お仕事」な感じが強いのですが
こちらは本来の磯山さやかさんに近いんじゃないかなと思います。


15年の区切りの写真集なのでこのようなコンセプトなのでしょうか。
カメラマンも編集さんも磯山さやかさんが好きなんだなというのが
伝わってくるようです。
他の方も書かれていましたが、「使う」には少しハードさが足りないのかも
しれません。でも磯山さやかさんのファンの人には、素のいそっちと一緒に
陽光明るいハワイをのんびりゆったりおいしいものを食べながら
ちょいエッチな旅行をしているようなしあわせな気分になれます。
(観る人といそっちの関係性を意識して撮られている手抜きのない写真です)
おそらく記念だからこそ作れた写真集、
ちょうど30代になったばかりの脂ののった時期、
ファッションやメイクの流行もちょうど磯山さんにマッチしている、
まさに小さな奇跡だと思います。
ハードないそっちも魅力的なので、そちらでも活躍してほしい。
でもこういう写真集が出た事は素直に嬉しいです。
磯山さんはルックスだけでなくて声もしぐさもリアクションも全部かわいいので
もっとテレビのバラエティに出てほしい。
ただいま確変中のいそっちをぜひ使って欲しい!
そしてまた写真集を出してください。

5つ星のうち 3.0「可愛い」とは思うが

(参考になった人 7/9 人)

Amazonで手が届く位に値下がりしてたので購入。 良く言えば「女性も見れる写真集」(以前レスリー・キーさんが撮ったやつみたいな) 悪く言えば「使えない(照)」手ブラ(真横から)やTバック(薄布ごし)もあるが興奮出来ず。 値下がりにはそれなりの理由があったようで…。 彼女のムチムチで柔らかそうなボディには問題ないので相殺して星3つで。 ところで、彼女の容姿で「おばさん」呼ばわりする奴はどんな年齢を若いって言うのだろうか?(幼女趣味?キモっw)。

5つ星のうち 1.0がっかりのひとこと。

(参考になった人 13/23 人)

前作の写真集が最高でした。 がっかりです。 カメラマンは女性? 磯山ならなんでも売れるだろう、という編集者の考えが見えます。 いそっちの色っぽさがかけらも出てません。 ナチュラル・メイクというか、ほぼすっぴんで、 色彩も淡すぎる。 全ページ見ましたが、まるで夢を見た後のように印象の薄い、駄作です。 次にもし写真集を出すんなら男性カメラマンが撮ったフルヌードじゃなきゃ買いません。 期待してこれから買おうと思ってる人、これは買わないほうがいいです。

最上もが1st写真集『MOGA』

5つ星のうち 5.0カラフル

(参考になった人 0/0 人)

綺麗なカラーをふんだんに使い「もが」の良さを引き出している。 表情も豊かに撮れていると思う。 皆も言っているが、これほどショートカットの金髪が似合うのは 現在の日本では彼女が一番だろう。 黒髪にした写真もあり、これも また良いが金髪が良い。 私はショートカットが好きなので 大いに気に入った写真集です。 明るい写真集なので、暇なときにパラパラ見るのもよい。 写真家やスタッフたちのセンスも良いのでしょう。 カラフルです。 決してエロ写真集ではないので、それ目的で買っても期待外れです。

5つ星のうち 4.0ジャケ買いしましたが

(参考になった人 1/1 人)

ジャケが可愛いので気になってて買いましたが大当たりでした ここまで彼女の美しさが詰まった写真集だとは思わなかった もがちゃんが可愛すぎてたまらない1冊です ファンじゃない人にもおすすめ

5つ星のうち 5.0とても もがちゃん

(参考になった人 0/1 人)

可愛い でも 私だと いま一歩かな 私が カメラを 持って カメラアングル かな 私だと どうやって とろうかな? てね でも もがちゃんが 可愛いから いいやぁ~

熊田曜子36th写真集『The GREATEST!!』

写真集発売が決定する前の某週刊誌のグラビアがかなりよかったので、かなり期待して、初めて新品で購入しました。
が、結果的にはイマイチ、いやイマ2かな。
理由として、遠近での撮影が多く、いまやH~Iカップはあるであろうバストの迫力や魅力がイマイチ伝わってこない。
接写は目線が逸れてるものだったり、仰向けの横向きだったりと、正面からストレートに巨乳の迫力を感じるものが少ない、この点が某週刊誌のグラビアに劣るところかと。
あと、なんか全体的に色気や艶っぽさが弱い、スタイリッシュでクールな感じ。


長年のファンは熊田曜子の写真集の方向性やカラーをわかってるんだろうけど、そうではなく、雑誌のグラビアを見て過剰に期待してしまった自分には満足できるものではなかったです。
まー、でも産後にも関わらず、さらにボディーに磨きをかける、熊田曜子という存在はスゴいと思います。
人妻だからとか子持ちだからとか恥じることなく、これからも堂々とグラビアを続けていってほしい。

5つ星のうち 5.0ファンなら大満足の出来

(参考になった人 20/30 人)

放送作家とか芸人がカメラマンだったりすることもなく、
実力はスゴいんだろうけど芸術性が強すぎるカメラマンってこともなく、
西條彰仁という選択。
正しい!
熊田曜子さんの写真集は昔から過激ではないものの、
あくまでも素直にセクシーでストレートなのですが、
この最新写真集でもそれは変わらず。
年齢を感じさせることもなく、とにかく綺麗で色っぽい。
ページ数も多く、展開もバリエーション豊富。
ファンなら買っても損はしない。


でも「過去最大露出を解禁!」は言い過ぎなので真に受けないほうが良い。
近日にはイメージビデオの新作も予定されていて、
ファンには嬉しいニュースが続きます。
出来るだけ、出来るだけこの調子で続けて欲しい。

過去最大露出と謳われた写真集。 えっ?どこが? 熊田曜子さんの素材の良さは認めます。 素晴らしい。 なのにカメラマンの自己満足的な画像が圧倒的に多く不満でならない。 普通に水着姿が撮れないかい? 普通に全身を撮れないかい? 普通に撮ってくれればそれだけでいいのに。 ガッカリです。

磯山さやか』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.