研究のまとめ情報

研究』の解説

研究(けんきゅう、 リサーチ)とは、ある特定の物事について、人間知識を集めて考察し、実験観察調査などを通して調べて、その物事についての事実を深く追求する一連の過程のことである。語義としては「研ぎ澄まし究めること」の意。

目的

研究と称される行為の目的は多種多様であり、自明に求められる成果は目的によって異なる。

学術的研究

学術的な研究の目的は、突き詰めれば新しい事実解釈発見である。それゆえ研究の遂行者は、得られた研究成果が「新しい事実や解釈の発見」であることを証明するために、それが先行研究によってまだ解明されていないこと(新規性)も示す必要がある。また、自身の研究成果が新しい発見であることを他の研究者によって認めてもらうためには、学会査読付き論文などにおいて研究成果を公表しなければならない。もしどんなに優れた研究成果が得られても、それが他の研究者によってすでに明らかにされていたとすれば、精度のよしあし、方法/条件、解釈等に差異がない場合には'''原則としてその研究は無価値に等しいとされる可能性がある。逆に言えば、これらに違いがあれば素人目には同じに見えるかもしれない研究成果いずれもが新規な成果として評価される場合もある。例えば原子分解能での物質の測定は、電子顕微鏡でも、走査型トンネル顕微鏡でも、原子間力顕微鏡でも達成されているが、いずれの研究も極めて高い評価を得ている。また、誰にも知られず埋没していた研究と同じ成果が、誰かに「再発見」されることによって、その分野の研究に大きく貢献したり、評価されたりすることはある。代表例としてメンデルの法則ガロア理論などがある。また、ほぼ同時に同じ研究成果を挙げたり、あるいは異なる分野で独立に研究されていたものが、後に同じ研究成果であると判明した場合など、「独立して」研究がなされたと見なされる場合も同様である。逆に、たとえ先行研究であっても、たとえば研究会のみで発表して論文として発表していなかった場合、あるいは発表が遅れた場合などは、その研究が先行した研究と認知されない場合もある(代表例として内山龍雄ゲージ理論などがある)。

分類

研究の分類は多種多様であり、厳密に区分することはできないが、大まかな分類には以下のようなものがある。

過程

研究を、作業工程という観点から考えた場合、基礎研究、応用研究の別によらず大雑把に言えば「研究とは仮説の構築とその検証、再評価の延々たる繰り返し」である。

「一つの研究」に着目して考えると「一つの研究」の各段階は、概ね「計画、実行、評価」の流れで見ることが出来、より詳しくは以下の要素からなっていると考えることが出来る。このように研究の過程が構造化されていることは、研究結果の公表物であるところの論文がIMRADのように構造化されているのとよく似ている。しかしながら、「論文におけるIMRADのような略称」は今のところない。

  1. 予備調査、予備実験、先行研究のレビュー:
  2. 「何を調べたいのか」、「何を調べるのか」、「何を調べることが出来るのか」、「何を調べればモノになるのか?」「調べようとする問題に先人はどのように取り組んできたのか」、「調べようとする事柄を調べるにはどのような方法が検討しえるのか」を整理するために文献調査、討論、予備的な実験等を行う。
  3. 研究目的の決定:
  4. これからおこなう一連の活動によってどのような問題を解決、解明しようとするのかを決定する。また、これから解決、解明しようとする問題にどのような切り口から光を当てるのか、どのような着眼点を持つのかをまとめる。
  5. 仮説の構築:
  6. "(2)"で設定した問題の「仮の答え」をいくつか考える。ここでいうところの「仮の答え」は、「棄却すべきであるか否か」を「いくつかの実験事実等の事実」と「それからの推論」のみで決定できるものでなければならない(検証可能性)とされ、通常、定性的あるいは定量的なモデルを立てるという形をとる。
    但し、場合によっては明確な形の仮説をおかず、「ここを調べればちょうど抜けたパズルのかけらが埋まりそうだ」といったレベルの考えで話を進めることもある(だからといって悪い結果が得られるとは限らない)。また、「どのような実験をすればどのような結果(どのような範囲、傾向の結果)が得られるのか」であるだとか、「もしこういう結果が出た場合はこういうことが考えられる」、「複数の実験および先行研究の結果を組み合わせた上でどのような知見が得られるのか」などの問題意識をよりハッキリさせるにとどまる場合がある。そのようなケースにおいては(2)の段階や(4)の段階との区別があいまいになる
  7. (仮説検証のための)調査方法、実験方法の立案、実験の準備:
  8. 実際に行う実験を「いつ、どこで、何をつかってどのように何を行う」といったルーチンワークレベルの作業手順におとす。必要な機材がなければ購入計画を立てるあるいは設計するあるいは自分で製作する。また、解析するための方法を検討する。解析方法、実験回数の選択などは統計学特に実験計画法に従って検討する。
  9. 実験、調査(データの収集、データの解析):
  10. "(4)"で立案した計画に沿って実際の実験、調査、解析などを行い、結果をグラフにまとめる。適宜統計処理を行う。実験、解析などの段階においては以下の"(9)"の「偶然的な発見」が得られることがあり、また、誤謬が紛れ込む可能性も高い。その意味でこの段階は、まさに研究におけるクリティカルフェーズである。この過程では、特に実験ノートが威力を発揮する。
  11. 考察:
  12. 仮説、研究目的の妥当性の評価、得られたデータから予想あるいは主張できる内容の抽出、仮説の真偽判定及び修正、及びそれらに基づいた研究計画の修正などを行う。また、得られたデータや先行研究によって得られた事実にどのような文脈の中におくのかを検討する。
  13. 研究成果発表の公表:
  14. 学会発表・専門誌への公刊、研究室内、学内での研究報告会、審査会等。ここでもらった意見の一部は研究にフィードバックされる。
  15. 突然のひらめき:
  16. 有名な学者の多くが、行き詰まった環境下でふと、あることに気づき、ブレークスルーに繋がったというエピソードを語る。
  17. 偶然的な発見(セレンディピティ):
  18. 有名な学者の多くが偶然という言い方をするが、実際のところは、広くアンテナを張り巡らし、適切な記録をとり、わずかな兆候を見逃さず、いろいろな解析処理を試せるだけの技能とチャレンジ精神を持ち、適宜研究計画にフィードバックを加えるといったことが出来るぐらいに訓練された人間以外にはなかなかこのような幸運は訪れない。
  19. 偶然(学会、ディスカッション)などで情報にめぐり合う:
  20. あるを聞いてあわてて帰って研究室に引きこもって何かに取り付かれたように研究に取り組んだという逸話が残る先生が何人かいる。
  21. 研究経費の獲得(科研費COE等):
  22. 地獄の沙汰も金次第。

高等学校向けの理科の検定教科書課題研究の項や、各大学の学生実験の指導書等、研究の初心者あるいはそれ未満のレベルの人を対象とした人向けの教育課程では研究の過程として「『(1)→(2)→(3)→(4)→(5)→(6)→(1)』のループを何度か繰り返したあと、(7)に至る」などといった極めてオーソドックスな流れを解説している。ただし、理科の検定教科書間でも記述に若干の違いがあり、執筆者の個性が伺われる。ただし、どの教科書においても概ね「要素」としてあげているものは上の(1)~(7)で尽きている。問題は、一部の要素が結合されていたり、省略されていたり、より細分化されていたり、ループさせる/させないの違いだけである。特に、「得られた結果と実際の予想とが大きく食い違うこと」は、課題研究や学生実験では起こりにくく、また、そのような“変則的”(実際には“変則”でないほうがおかしいのだが)な事態に対処できるレベルは意外に高いという考えから、「研究結果をフィードバックさせる」というトレーニングをするか否かに大きな違いが現れる。また、(8)-(10)は、学生実験や高等学校の課題研究レベルでは問題になることが殆ど全くなく、検定教科書には解説されていない。

これらの要素をどのようにつなげるのか、どのように偶然的な要素や目標の現実とのズレを実際の研究計画にフィードバックするのかは、研究者の腕や個性、場合によっては価値観や感性にかかわってくる問題である。その意味では、必ずしも実際の研究の現場では必ずしも各要素を直線的に実行する(「『(1)→(2)→(3)→(4)→(5)→(6)→(1)』のループを何度か繰り返したあと、(7)に至る」といった具合に)わけではなく、そうあるべきとも限らない。

また、「プライオリティー」が物を言う研究の世界では、極端な場合過去のデータを見て突然ひらめいてそのまま発表するといった「(8)→(10)」のような話や、(6)の過程を省略し、単なる実験結果の羅列を報告するケースなど、ショートカットや省略が多々あるとされる。また、偶然の発見の決定的な証拠が取れた場合、再現実験を何度か行いながら同時平行的に「それをどのような文脈におくのか」を検討するような流れ、つまり「(9)→(1),(2),(3),(4),(5),(6)→(7)」のようなこともよくあるとされる。さらに、通常は(6)の段階でテーマの分割、整理統合が行われる場合がよくある。優れた研究者の中には、(4),(5)と(6)の間の往復に殆どに労力をつぎ込み、ある程度の結果がたまったところで、(10)に至るものもある。また、実験計画の立案や実験のみを行う人、考察のみを行う人のように分業体制で研究を行っているところもある。実験系の場合には「装置の開発」や「材料の精製」の部分のみで学士、修士、博士の学位が与えられ、場合によってはノーベル賞クラスの評価が与えられることもある。一見、「装置の開発」や「材料の精製」の部分のみを行うことは(4)の段階にのみにとどまっているように見えるが、「装置の開発」や「材料の精製」という問題自体を一つの課題として考えれば概ね上の要素に還元できる場合が殆どである。

参考文献

研究』に 関連する人気アイテム

世界トップ機関の研究と成功率97%の実績からついに見つかった! 頭のいい子にする最高の育て方

5つ星のうち 4.0偏食の息子に

(参考になった人 54/55 人)

息子の偏食という悩みがあります。本の中に子供は周りからの言葉通りに育つという内容があり、自分の子供のころを思い出しても納得したので、いつもなら「なんで食べないの!食べないとダメ!」と叱るところを少しでも食べたら「何でも食べられるんだね、すごいね」と褒めるようにしたら以前より食事に対し意欲的になってくれました。自分から「たくさん食べられるよ」と言うこともあるので言葉かけが嬉しかったのだと思います。
そりゃ褒められるほうが嬉しいよなとは思いますが、毎日あわただしく育児をしているとうっかり感情のまま怒ってしまったり間違った対応を取ることがあるので手元に置いてきぼり何度も読み返しながら育児したいと思いました。



ただし一つ残念だったのは、虐待などで子供が自閉症や発達障害になるというような記述があったことです。虐待される子に障害児が多い(三割が何らかの発達障害だったというデータも)は確かですが、それは障害による問題行動などの育てづらさに由来するものなので、後天的に自閉症や発達障害になるというのは誤りだと思います。

色々な研究に基づいた子育てについて書かれているということでしたが

はじめの内は、確かに興味深い研究内容など書かれており、なるほどと思う点もありましたが
読み進めていく内、筆者の都合のいい内容ばかりの研究の羅列が目に付き、強引なこじ付けに感じます。

特に、「自閉症などの発達障害は、親のせいである」という内容が何度か出てきた時には、無知過ぎる筆者に呆れました。

自閉症含む発達障害は、先天性の脳の機能障害です。
今でもこんな事を言う人がいるなんてましてや大衆が目にするであろう子育て本の中で堂々と言ってのけるとは驚き以上に呆れ果ててしまいました。



途中で、全ての内容が無知な筆者の都合の良い思い込みに思えてきます。

本にするなら最低限の医学的知識くらい、勉強して欲しいです。

結局筆者の語る子育て論全てが陳腐な内容に思えてきてしまい、買って損したと思いました。

京大卒の教育系論文読みまくったひとが、三歳でIQ200なんてお子さんもいるんですよ、と書くこと時点で内容に眉唾。 一般の人は指標としてIQ ぐらいしかしらないんでしょという、常に上から目線の文章。 自己紹介を長々と書いてらっしゃるが、奥付けだけで充分。 例えば、裏にゴーストライターがいらっしゃって、著者はただの監修みたいな裏を感じてしょうがない本です。 特許100件出して、その上、本を執筆して、子育て。 現在退職してらっしゃるのかはわかりませんが、スーパーウーマンです。 非常にまれな例で、あまり自分も!と参考にしない方が良いかなと思いました。

iphone イヤホン Bluetooth イヤホン iPhoneX iPhone8 iPhone7 / 6S / 6 / Plus / 5s / 5C / 5 / iPad iPhone Lightning Bluetooth イヤホン 最新の研究開発 Bluetooth 接続 充電する必要はなく、プラグアンドプレイ リモコン付き マイク付き ステレオイヤフォン ヘッドホン コンパクト 高音質 通話可能 注:使用する前にBluetoothで接続する必要があります

一時、AirPodsのような完全ワイヤレスを探していましたが、まともなものは価格が高い上、周りの人に「落としたり無くしたりするよ」と言われてコード付きに行き着きました。 知らないメーカー(ブランド)は嫌だし...と探していて発見したのがコレ! 昔からJBLのスピーカーの音が好きだったし、値段もお手頃なので即購入しました。 また、カナルタイプが苦手なのでちょうど良かったです。

動画よりも音楽が主ですのでAACやapt-Xの低遅延についてはよく分かりません。 音質については、まだエイジングは終わってませんが良いです。 AACコーディック対応のせいか低音が主張されているような感じがしますが、自分は好きです。 この部分で好き嫌いが分かれるか

5つ星のうち 5.0最高です。

(参考になった人 1/1 人)

イヤホンではなくイヤホンジャックのほうが壊れてしまい困っていました。 なのでBluetoothなら音楽が聴けると思い購入しました。 使ってみると低音も良く聴こえ音もキレイで大変気に入っています。 ただ充電がUSBなので注意してください。

清水義久 金運革命CDブック

「お金は使えば入ってくる」「ケチるから波動が貧乏になって入ってこない」
っていう、巷にいくらでも出てる本と本質は一緒でした。
ただ、カウンセラーだったはずなのに「ワシは龍と契約した!」と言い出した人とか、「子宮が全て教えてくれるから外のものに頼らない」と言っていたはずなのに「神社に呼ばれた、宣託を受けた」とか言い出す人たちと違い、神話やオカルトについてはしっかりと体系だった知識を持っている人ではあると思います。
ですが他の先生方と同様に、著者が儲かっているのは高額なセミナーをやりDVDを売っているからであって、そういうビジネスシステムのない人がいくらこの方につぎ込んでも(借金した人までいるようですね)、神話や気功,瞑想の知識や技術は得られても、残るのは散財したという事実だけです。


大勢の受講者がいれば、中にはプラシーボ効果で前向きになり、仕事にも効率よく打ち込めるようになる人もいるでしょうから「お金が入ってきた!」という体験談もあるでしょう。
ですが、大部分の人は「正直言ってセミナー代を上回るようなお金はまだ入ってきていないけど、このまま学び続ければきっとよくなるはず、そうに決まってる。だって体験談がたくさんあるんだから」と思い込もうとしているだけでしょう。

お金に対して素直に喜んで、想像でお金を差し上げてみる、貰ったら素直に喜び、金塊の写真も常に見て、少額ですが寄付もし、神社にも通って、損したお金は請求して・・・お金が降ってくるイメージもやってみて、実際金色に降ってくるように思いこめるようになったものの、実物は全然やって来ません(悲)。

お金に対する価値観や思考はかなり変わり、ワクワクドキドキしてとても楽しい(想像でお金使って気分よくなる)のですが、現実はというと特に望むようなチャンスはまだ訪れず・・・
そのうち来るのかな?

レビューやランキングがよいということは、皆さんきっと思考の中だけでなく現実でもお金をゲットできたってことですよね・・・?
まだまだやりようが足りないと思ってもう少し頑張ってみます。

この手の本を数冊買ったがどれもピンと来なかった。 レビューを読んで良さそうだったので買ったら本当に良かった。 早速効果が出そうでワクワクしている。 自分から黄金のオーラが放出されだした気がする。 黄金の光に包まれている気もする。 思考から邪悪なものが放出され、これから無限の富に恵まれると思うと深く感謝している。

古生物のサイズが実感できる! リアルサイズ古生物図鑑 古生代編

とうの昔に絶滅してしまった古生代の動物(一部植物もあり)たちの姿を、精細かつ大きさを考慮して復元させて、現代の風景に出現させてみせたタイムマシーンのような図鑑である。2018年7月21日に発売されたが、Amazonの売れ筋ランキングでは、地球科学と生物学のカテゴリーで、今でも(2018年10月13日現在)第3位である。しばらくは第1位を続けたのだと思う。この分野の本としては大ヒットじゃないだろうか。アイデアが良かったが、これだけ精細な古生物のイラストを多数(207ページの本)制作した労力も貢献している。

CGを使って描いているのだろうか。かなり想像も入っているのだろうが、とても生き生きとあたかも今も生きている生物のように描かれている。いわゆる進化学の教科書では、ここまでしか分かりません、といわんばかりのそうとう単純なイラストしか載っていないのと対照的である。背景の多くは、istock(ゲッティイメージズ)の画像を使用している。つまり出来合いの写真を購入して使っているのであるが、そこはコストのこともあり仕方ないのだろう。ただし、出てくる人物がほとんど白人なのがすこし気になった。それで絵としては映えるのだが、なんか広告のようでもある。まあ、これらの化石がヨーロッパやアメリカを中心に世界中から見つかっていることも確かなのだが。
99ページに各種のウミサソリ類が並べて描かれているが、ほとんどケジラミのように見える。これが現代の風景に合体すると、数十cmから2m近くもあるのだからおそろしくなる。それにしても、古生代にはみょうな形の動物が多かったと実感する。しかし、あるていど一定の形には収まっているとも思う。現代の生物と共通な原理で形作られてれていたのだなと思うのである。

今までの図鑑は、太鼓の世界のイラストでそういえば実際の大きさは想像しにくかった。 この発想はおもしろいと感じました。 今目にできるものとの比較で、大きさのイメージが簡単に湧いてきました。 一部気持ち悪さもありますが、楽しかった。 ジェラシックパークの映画を初めて見たときの印象に似ているかもしれません。

本のタイトルから興味をくすぐる感じで 非常に楽しめました 意外と知り合いのお子さんにあげたら フェイバリットブックにしてるらしいです 生物の進化はすごいなぁ

えりかけ扇風機 BodyFanクールビズ/ベビーカー兼用 充電池式 携帯扇風機

車椅子用の扇風機を探していたのですが在庫無しで、取り付け方を工夫したら車椅子に取り付けられるかなぁと購入しました。アームレストに取り付ける場合は固定が出来るベルト等を使えば何とか使えると思ったのですが、むしろ背面のバックレストに挟むように取り付けると首が涼しくて、また邪魔にならず良いようです。挟むアタッチメント部分が背中に当たる時はタオルなどをクッション代わりにすると良い感じです。
車椅子以外でも使えるので、車椅子専用の携帯扇風機よりは使い用途が多くて、これを買って正解だったと個人的には思いました。


扇風機のネックを前後左右に向きを変えられるので重宝しています。
まだ使い始めたばかりなので、耐久性は何とも評価できませんが、今のところ十分使用に耐えています。
使いやすさは電源ボタンが解りずらく、風量の調節も 小⇒中⇒大⇒止 と探りながら調節しないといけないところが☆マイナス1。

まず空調服が着れない場所での暑さ対策に使用、電池は弱で8H 強で4Hくらい 弱の音は静かで、中は少し音がしますがあまり気になりません、強は静かなところでは音が気になりますが工事現場 屋外なら気にならないです。 いつも弱で使用していますが汗かきの自分が首筋に充てていると背中だけ作業服が濡れません、最近涼しくなりましたが少し暑いときがありますが、そうゆう時に便利だと思います。

室内での労務作業時に使いました。 何より両手が使えるのが良い。 私は背中よりもワイシャツの前のボタンを外して前から顔面と首回に向けて使いました。 今年は酷暑でしたが、この扇風機のお陰で本当に助かりました。 またデスクの上に置いての使用では風向を変えて使えるのが便利。 休憩時に充電しながらでも使えます。 この方法で、丸一日バッテリーは持ちました。 良い買い物でした。

二文字キーワード』の解説 by はてなキーワード

二文字キーワードのリストです。

ひらがな

カタカナ


過去に登録されたが既に削除済み(モデレーション導入前)

キーワード内容の移管先がある場合は、矢印の後に続けてキーワードを記載しました。

過去に登録されたが既に削除済み(モデレーション導入後)

  • ああ  悪意を持った登録が存在する例として試験登録された。
  • あぁ→「あぁ」  曲名として登録されたが、感動詞への多数の誤爆を生んだ。
  • あい  人名として登録されたが誤爆を大量に生んだため削除された。
  • あき
  • あけ→「あけ」
  • あや 2度目
  • いい  悪意を持った登録が存在する例として試験登録された。
  • いも→おいも
  • うそ
  • うめ→「うめ」
  • かに→「蟹」  「確かに」など副詞を中心に大量の誤爆を生んだ。
  • かば
  • かほ→ココロコロン
  • かめ→「亀」 2回目
  • きは
  • きみ
  • きも
  • きら→「きら」
  • くず→「くず」2回目
  • くま→「熊」
  • くみ
  • こは  助詞「は」を含む文節に大量の誤爆を生んだ。
  • さち(類語)
  • さよ
  • さら→「さら」
  • ざら→「ざら」
  • じじ
  • すか→「すか」
  • ずく→「ずく」  「うずくまる」「力ずく」などへの誤爆を生んだ。2回目。
  • すや
  • ずん 「ずんずん
  • だお→「だお」 「まだ、未だ」+「『お』で始まる言葉」などに多くの誤爆を生んだ。
  • たか→「鷹」  「〜したか」など語尾に大量の誤爆を生んだ。
  • たま→「たま」2回目 「たまご」「たまる」「またまた
  • だば→ダバ  「死んだばかり」「読んだばかり」などへの誤爆を生んだ。
  • たん→「たん」  単独では用いられない言葉のため削除された。
  • ちぃ
  • ちさ→岡井千聖  「〜される」「〜させる」「個人名+さん」などへの多数の誤爆を生んだ。
  • ちゆ→「ちゆ」
  • でつ→スヌーピー  助詞「で」を含む複数の単語にまたがる誤爆が多数発生した。
  • てて
  • では  助詞「では」を含む文字列に大量の誤爆を生んだ。
  • との→「との」
  • とは  単独では意味をなさず、また膨大なリンクを生んだため。
  • とみ 「ことみ
  • とら→「虎」
  • なは→「なは」 2回目
  • なば
  • には  単独では意味をなさず、また膨大なリンクを生んだため。
  • ぬた→「ぬた」  「死ぬために」「せぬために」などへの誤爆を生んだ。
  • ぬふ
  • のの→「のの」 少なくとも3回目
  • のり 「のりのり
  • のん
  • ぱじ→「ぱじ」
  • はな→はなちゃんはな(モデル) 2回目
  • ひだ
  • ぶり  「ひさしぶり」「2ヶ月ぶり」などに多数の誤爆を生んだ。
  • ぽち→ 「ぽち」
  • まい
  • まき
  • まほ
  • まみ
  • まり  一般的な女性名として登録されたが誤爆多数だった。
  • みえ
  • みか
  • みき
  • みく→下川みくに
  • みさ
  • みほ
  • みや→「みや」 「みやや」 2回目
  • みる→「みる」
  • みわ
  • むつ 「おむつ」「むつみ
  • めい→「めい」
  • めし→「めし」、『めし』
  • めぐ
  • やぐ→「やぐ」  個人名や用言、助詞「や」を含む複数の単語にまたがる誤爆を生んだ。
  • やす
  • やせ
  • やや  ニックネームとして登録されたが、副詞の「やや」に膨大な誤爆を生んだ。
  • らも→中島らも  助詞「も」を含む複数の単語にまたがる誤爆が多数発生した。
  • るみ
  • るし→「るし」
  • るり
  • れい  「きれい」などに多数の誤爆を生んだ。
  • れろ  助動詞「れる」「られる」の命令形に多数誤爆を生んだ。
  • わた  「わたし」などに大量の誤爆を生んだ。
  • わん→「わん」くいもの屋わん

削除予定キーワード

  • アバ?
  • ナニ?
  • バシ?

研究』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.