白物家電のまとめ情報

白物家電』の解説

白物家電(しろものかでん)とは一般の生活に深く関係した家電製品の一般名称である。生活家電(せいかつかでん)や家事家電(かじかでん)ともいわれる。白物とは筐体の色が白かったことからだといわれる。

概要

白物家電は主に、家庭内の家事の労力を減らしたり、あるいは生活に欠かせない家電製品のことである。日本では高度経済成長期より急速に普及が進み、ほぼ全ての一般家庭で普遍的に見られるものとなっている。

これに分類される家電製品は、炊飯器冷蔵庫といった炊事に利用される台所用家電製品や洗濯機を始めとして、1980年代よりは電子レンジエア・コンディショナーといった家電製品を含むようになっている。名前の由来は筐体(外装、外側。つまり見た目)の色が白かったことからだといわれる。この色は清潔感が演出しやすかったからとも言われているが、近年では必ずしも白い色をしているとは限らない。それどころか、白色がラインナップされていない機種も少なくない。

生活家電という場合には、更に掃除機照明器具、空調・冷暖房機器、健康・美容器具を含み、これらは電力で動いているため、停電のような給電トラブルが発生すると重大な影響を受ける。

商品的には、開発競争が到達点に達して成熟期を迎えた機器が多いことから、日本国内でも日本国外からOEM生産で調達している電機メーカーは多い。これらは家電量販店でも常に一定の需要が見られ、安価な物から高価な製品まで様々な商品が並んでいるものの、コモディティ化の問題もあって市場を維持するうまみはメーカーにとっても販売店にとっても薄い傾向がみられ、不振が続く製品の場合撤退するケースもある。

死に筋ではあるが根強い買い替え需要が存在するため、電器店でも定番の商品として店頭に並んでおり、また差別化戦略の上ではデザイン家電の投入や従来製品には見られない新材質・新機能、省エネルギー仕様といった、付加価値による市場の再開拓という可能性も残されている。

家電大手の一角を成すソニーも過去には白物家電の製造・販売を行っていたことがあり、1950年代頃と、「Sonett」のブランド名で1977年1987年電磁調理器、シェーバー、エアコンなどの一般家電を展開していたが、売り上げが振るわず撤退した。また、グループ会社のソニーエナジー・テック(現・ソニーエナジー・デバイス)1990年代に他社共同企画で電子電動歯ブラシ「ハイジ」をソニーブランドで発売していたことがあった。

また、パナソニック(旧:松下電器産業)では、2008年6月まで「National(ナショナル)」ブランドを日本国内の白物家電のみに使用していた(日本国外向けはパナソニックに統一済み)が、パナソニックに社名変更した2008年10月1日以降は、日本国内の白物家電も「Panasonic(パナソニック)」ブランドで統一した。同年7月以降に発表された新製品は前倒しでパナソニックブランドの使用を開始している。社名変更後もパナソニック ドラマシアターでは引き続き白物家電のCMを優先して放送していた。

普及と成熟

日本では高度経済成長期に三種の神器とまで言われ大衆層の購買意欲を誘引し続けたこれら白物家電の多くは、現在では各家庭の生活に定着している。そのため現在の国内市場ではほぼ飽和状態にある。欧米ではこれら製品は第二次世界大戦前後に普及していった。

その単純な構造から古くは修理されたり、壊れにくいために再利用の市場もみられた。しかし日本では1990年代頃より修理費の高騰、日本国外の生産拠点による低価格製品の普及、さらにはPL法施行以降の事故抑制から、「壊れたら買い換える」という様式が一般化した。また2009年頃から「買わずに借りる」様式も普及しつつある。

製品の成熟では、消費者に機能面での目新しさをアピールできない事から多機能化による差別化を図るメーカーもあったが、近年ではエコロジーブームの高まりによって低消費電力や廃棄時の低環境負荷を謳った製品も見られるようになってきている。特に冷蔵庫はフロンによるオゾン層の破壊が社会問題として一般に知られるようになると、フロン以外の冷媒を使った製品に注目が集まるようになってきている。

白物家電は日本では市場の円熟期を迎えたが、アジア諸国では依然として普及途上にある国もある。日本の炊飯器などは日本に出稼ぎに来ている外国人労働者にも人気がある。ただこれら日本製炊飯器はジャポニカ米を炊くために設計されているため、インディカ米を消費する地域ではやや不評も見られる。これらの国では現地生産の、日本では珍しくなったマイコンを使っていない電気タイマー式炊飯器のような単純な機種が出回っている。

相対的な地位低下

白物家電の普及は家事作業を劇的に軽減させた。その貢献もあって、生活の余暇が増大した。1950年代後半からは洗濯機と冷蔵庫は、白黒テレビとあわせ三種の神器と呼ばれた。

生活の上で娯楽が求められるようになると、娯楽に対する支出が増え、家電でも娯楽用途の家電の普及がすすんだ。これらは娯楽家電と呼ばれる。娯楽家電は白物家電と対比させ黒物家電とよばれることもある。ラジオに始まり、1960年代の白黒テレビ、1970年代のカラーテレビ、ステレオ、1980年代の家庭用ゲーム機ビデオデッキ、1990年代にはCDプレーヤー、大画面テレビ、2000年代にはパソコンDVDプレーヤーの普及が進んだ。

白物家電製品は、現代日本人の生活に欠かせない物となっており、そのため新規普及ではなく置き換えが主流であり、購入者は消費活動の中であまり重要視しない(こだわらない)傾向となっている。家電の中で白物家電が占める割合は、娯楽家電を含む娯楽費用全体への支出が増える中で白物家電が家庭内全電気製品に占める割合も下がっている。他の家計が優先されるなど、家計全体に占める白物家電購入に充てられる金額は相対的に下がってきている。このような風潮の中では、消費者は「基本機能さえ必要十分なら何処の製品かは問わない」という傾向が顕著化する傾向にあり、白物家電全般においていわゆるコモディティ化が起こっている。

メーカーは付加価値を訴求して一台あたりの販売利益を稼ぐということが行ないにくい状況となっている。付加価値訴求型の高級タイプと買い求めやすい低価格普及タイプへの分化もみられるが主流は普及タイプとなっている。全世界的には1960年代から国を超えてホームアプライアンスメーカーの統合が進んだ。

これらの経緯から、日本向けのフォルクスワーゲンのCMやトップ・ギアでの演出のように「無個性で、面白みのないもの」の比喩表現に使われることもある。

ホームアプライアンス

英語では白物家電に属する家事用具を指してHome applianceホームアプライアンス)と呼ぶ。ホームアプライアンスの示す範囲は電気以外のエネルギーを用いた家事用具も含む。ホームアプライアンスに含まれる製品であっても白物家電とはならないものがあるが、その逆はない。ホームアプライアンスに対する白物家電と同様の発想は、white home appliance(白物ホームアプライアンス)やwhite goodsとして表現されるが、電力を動力源としないものも含む。

白物家電』に 関連する人気アイテム

東芝 全自動洗濯機 4.5kg ピュアホワイト AW-45M5 W

5つ星のうち 4.0値段相応

(参考になった人 2/3 人)

安さと洗濯機としての機能のみを求めるならこれで十分。
洗濯機機能に何かしらのプラスアルファ(仕上がりの高品質化等)を求めるなら、
当たり前だがそれに応じた金額を上乗せした商品を買うのが筋だろう。

一人暮らし
繊細な素材の衣類等は手洗いorクリーニングに出すorそもそも買わない
柔軟剤は使用しない
おおざっぱ

自分の状況は上記の通りで、同様の人なら使用する上で気になる部分はそれほど無いと思われる。
毛玉になりやすい、ほつれやすいものは100均の洗濯網に入れているので気になる人は大体それで対処できるかなと。
脱水が強いのか、そのままいれている物のほつれはよく酷くなっている。

不満点を上げると、終了をロックが外れる音で判断しなければならないのが分かり辛い。

5つ星のうち 1.0Amazonカスタマー

(参考になった人 8/8 人)

振動も少なく音も小さいので本体自体には問題ないと思います。 が、糸くずフィルターが超ボロい。 まず、構造が悪いのか、糸くずがフィルターの入口周辺にたまる(こびりつく)だけで、ほとんど取れていない。 また、構造が悪いのか、洗濯をまわすと、2回に1回は、フィルターそのものが外れてしまう。 それでも、買ってしまったものは仕方がないとあきらめて使っていたら、 購入して1か月、洗濯5回ほどしか使ってないのに、フィルターが破れた。 しかも、糸くずフィルター単体では(未だ?)売ってないみたい。 最悪・・・。

一人暮らし様に急いで購入しました。 容量は4.5キロですが、この季節はバスタオル二枚、シーツ一枚、フェイスタオル三枚、肌着やTシャツで満杯になりました。 5キロにするべきでした。 他のレビューにもありましたが、とにかく脱水が効きすぎて、柔軟剤入れても乾燥したタオルが硬いです。 黒い服に白いタオルのカスが付きます‼大事な服は、洗濯用のネットに入れて洗う事をお奨めします。 毛布は二枚重ねはあらえましたが、追加の洗濯物は入りきれません。

山善 扇風機 スリムファン リモコン/風量3段階 タイマー付 YSR-J802 シルバーブラック

5つ星のうち 3.0風はぬるいです。

(参考になった人 0/1 人)

今年は特に暑かったので、仕方ないですが、風はぬるいのでいまひとつ。 普通の扇風機よりコンパクトなのは良かったです。 我が家はエアコンの無い部屋にお客様を通さなくてはならないつくりなので、見た目がスマートで、レビューも良いこれを注文しました。

5つ星のうち 5.0両親の寝室用です

(参考になった人 0/0 人)

普通の首振り用より、このような形態の扇風機が欲しい、と母が言うので あまり圧迫感のなさそうな、こちらのデザインに決めました。 値段もそんなに高くないものですが、 和室のインテリアに馴染んで風量調整も簡単、暑いこの夏とても役にたちました。

5つ星のうち 1.0山善全然ダメ

(参考になった人 0/0 人)

購入直後からスイッチが入ったり切れたりの繰り返し。 4か月ほどで動かなくなった。 送り返す梱包も面倒なので 廃棄しようと思っている。 安かろう悪かろうの典型的な商品だった。

山善 冷風扇 タイマー付 ホワイトベージュ FCR-D402

私が購入した型番はFCT-D403(WA)、つまり当該機種の1つ前の型番となります。
参考になれば幸いです。

【冷風扇の説明】
どの冷風扇にも商品説明に「気化熱」云々とありますので、まずは気化熱について。
気化熱とは液体が蒸発する際にその周辺の熱を奪う現象、ということは皆さんご存知だと思います。
汗をかいたときに風を受けると、汗をかいていないときに比べてより涼しく感じるのはこの気化熱のおかげです。

購入を迷っている方が一番知りたいのは「冷風扇で部屋全体を冷やすことができるのか?」だと思います。


正解から申しますと「NO」です。
例として、冷風扇を冷風モードで締め切った室内で使用すると仮定します(後述しますが夏場に締め切って使ってはダメ)。
冷風モードで水が蒸発する際に気化熱が発生し少し冷えた風が出てくるとは思いますが、奪った熱はどこにいくのでしょうか?
単純に考えてください、その奪った熱は締め切った室内に残ったままなのです。
「凍らした保冷剤や氷を入れれば部屋全体が冷えるのでは?」とお考えの方も多いでしょう。
たとえ最大限の氷で水タンクを満たしたとしても、その量の氷の微々たる熱エネルギーだけでは部屋全体を冷やすことは到底無理です。
つまり、冷風扇では部屋全体を冷やすことは不可能なのです。

そして冷風扇を夏場に冷風モードで使用する際に絶対にやってはいけないこと、それは室内を締め切ることです。
締め切った状態で使用すると室温はさほど変わらないのに、冷却用の水は蒸発するので湿度は上がっていく、つまり汗をかいても蒸発しにくくなり熱中症になる危険性が高まります。

余談ですが、エアコンは室内の熱を室外に放出するようデザインされております。
したがって、エアコンでは部屋全体を冷やすことができるのです。

【購入を決断した理由】
就寝時のエアコンが苦手なんです。
設定温度がたった1度違うだけで暑くなったり寒くなったり。
そして家族それぞれで快適な温度が違いますからね。

【購入時および価格】
2018.3.3に税込送料込3,980円でポチりました。

【デザイン】
水タンクは後ろから引き出す仕様となっております。
風向きに関して、左右は自動スウィング、上下は手動で変えられます。
電源入切タイマーはありません。
これらに関して特に不満はありません。

【不満点】
一つ不満点として、水タンクに保冷剤を入れるのに手間がかかります。
①背面のホコリフィルターをはずす
②水循環の布がついている部分をはずす
③水タンクを引き出し、本体後ろから見てタンクの奥側に保冷剤を置く
④水を注ぎ、水タンクを戻す
⑤水循環の布がついている部分をセットする
⑥ホコリフィルターをセットする
とこんな感じです。
使用する度にこれを毎回やるのかと思うと今からちょっと憂鬱になっておりますゆえ、星は2つ減としました。

使用した感想は夏本番を迎えた後日レビューいたします。
疑問点がある方はコメント欄にお書きください。
気づいた時点でご回答いたします。

この値段ならOKかな?と思います。 水タンクを取り外す時が面倒です。 外さないで引き出して入れる事ができるので普通に使用するには問題なし。 キャスターが無いので移動する時、年配の方には少し不自由かも? 音は静かです。 これを買う前にアマゾンで違う物を2個買いましたが、1個は最初から動かず、もう1台は異音がすごく、到着した翌日に返品手続きをしました。 山善はそれなりに名前を知っていましたので購入しました。 ちなみにダメだった商品は下に書いた物です。 BIANCO 冷風扇 冷風機 スポットク―ラー 日本製水質浄化カートリッジ付き

夜間の就寝時に使用する目的で購入しました。 稼働音がうるさいので、自分には合わなかった。 また塊の氷が入らないので、使い勝手があまり良くないです。 水のみだと冷風ではなくただの湿った風です。 熱帯夜の時は、ふつうにエアコンかな。

白物家電』の解説 by はてなキーワード

家事などの一般生活で使用する家庭用電化製品のこと。生活家電とも呼ばれている。白物家電が普及しだした第二次世界大戦後の日本において、このような家庭用の電化製品の筐体の色が白色が多かったことから一般的にこのように呼ばれるようになった。


掃除機、洗濯機、冷蔵庫、エアコン、電子レンジ炊飯器など。

白物家電』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.