町田樹のまとめ情報

町田樹』の解説

町田 樹(まちだ たつき、ラテン文字: Tatsuki Machida、1990年3月9日。愛称は「まっちー」。「樹」という名前は、大手家電メーカーのCM「この木何の木気になる木」の「あの木のように大きな存在に」と両親が命名した。血液型はO型広島市立牛田中学校倉敷翠松高等学校関西大学文学部総合人文学科卒業。現在、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科・博士後期課程に在学中。

家族で移住した広島市東区牛田で育つ。高橋大輔バンクーバーオリンピック銅メダリスト)に憧れ、その母校であり通年リンクがある岡山県の倉敷翠松高等学校に毎日新幹線で通学し、2006年全日本ジュニア選手権で優勝。関西大学に進学後、2009-2010年シーズンにシニアデビューし、2012-2013年シーズンにグランプリシリーズのメダル獲得・初優勝を果たす。翌2013-2014年シーズンにグランプリシリーズ2勝、全日本選手権2位などの好成績をあげ、冬季オリンピック、世界選手権代表選手に初めて選出された。日本代表の男子フィギュアスケート選手としては比較的、遅咲きの選手である。

2014年の全日本選手権を最後に競技活動を引退しており、アイスショーへの出演は大学院における研究活動の一環として行っている。また一大学院生の立場から、ファンレターやプレゼントの一切を辞退している。

常に鞄に2冊の本を持ち歩く読書家で、その読書経験が反映した独特の世界観やコメント、リンク上での感情あふれる表現力から“氷上の哲学者”と称される。愛読書はドイツの哲学者ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの『美学講義』。音楽鑑賞、ファッション、お茶・紅茶も趣味とし、好きなアーティストはm-flo。府中町立府中中央小学校卒業後。広島には通年リンクがないため、リンクが閉鎖する夏場は、岡山県山口県福岡県に遠征した。

初めての国際大会は2002-2003シーズンのフィンランドタンペレで行われたサンタクロース杯。スプリングスクラスで優勝。

2004-2005シーズンよりISUジュニアグランプリに参戦。2006-2007シーズン、JGPリベレツで2位となり、初めて国際大会の表彰台に乗る。同年の全日本ジュニア選手権では初優勝を果たした。

2007-2008シーズン、JGPジョン・カリー記念で優勝。2008-2009シーズン、JGPマドリード杯で3位となる。全日本ジュニア選手権では2位となり、シニアクラスの全日本選手権では7位となった。

シニア移行後

2009-2010シーズンよりシニアに上がる。3度目の出場となる全日本選手権で4位に入り、バンクーバー五輪選出は惜しくもならなかったが、自身初の四大陸選手権への派遣が決定。その四大陸選手権では自己ベストを40点以上更新する演技を見せ、準優勝を果たした。

2010-2011シーズン、初戦のネーベルホルン杯ではフリースケーティングで自身初となる4回転トウループを成功させ、シニア国際大会初優勝を果たす。しかし、その後シニアクラスのグランプリシリーズのデビュー戦となった中国杯では5位に入るも、第2戦のロステレコム杯では11位に沈んだ。全日本選手権は前年より順位を落として6位となったが、アジア冬季競技大会の代表に選出された。アジア冬季競技大会ではショートプログラムは2位と健闘したが、フリースケーティングで6位と崩れ、総合4位となった。4月に行われたトリグラフトロフィーではショートプログラム、フリースケーティングを通して全てのジャンプを成功させ、総合優勝を果たした。

2011-2012シーズンよりアンソニー・リュウに師事。しかし連覇を狙ったシーズン初戦のネーベルホルン杯を怪我で棄権する。初出場したNHK杯では7位。クロアチアで行なわれたゴールデンスピンではフリースケーティングで全てのジャンプを成功させ優勝した。全日本選手権では4位となり、四大陸選手権への派遣が決まった。四大陸選手権では、ショートプログラムはクリーンで完成度の高い演技で自己ベストを大きく更新して4位につけるも、フリースケーティングで崩れ7位に終わった。

2012-2013シーズン、初戦としてオンドレイネペラトロフィーに出場し優勝する。グランプリシリーズはスケートアメリカ中国杯にエントリー。スケートアメリカではフリースケーティングと総合得点で自己ベストを更新し3位、グランプリシリーズ初のメダルを獲得した。続く中国杯では、ショートプログラムと総合得点で自己ベストを更新してグランプリシリーズ初優勝。またそれにより初のグランプリファイナル出場を決めたもののファイナルは最下位の6位。全日本選手権も9位に終わった。

ソチオリンピックで5位入賞

2013-2014シーズンよりコーチ陣に大西勝敬を加え、練習拠点を米国から大阪に移した。また体幹を強化するため木村雅浩トレーナーの元で体幹トレーニングを行う。かつてフィギュア種目だった氷上で課題の図形通りに滑る正確さなどを競う規定種目(コンパルソリー)を重視し、基本練習を行い4回転ジャンプの精度を上げた。これに伴い、世界フィギュア選手権代表選手は町田から無良崇人に変更された。

競技引退後

プロフィギュアスケーター・振付家として

「今後も研究活動の一環として、アイスショー等での演技や創作活動を必要最小限の数の舞台において、経験させて頂きたいと考えております」と言及した現役引退発表から4か月後の2015年4月、プリンスアイスワールド横浜公演にゲスト出演。この際、一大学院生の立場から、ファンからの花束・手紙・プレゼント等の一切を辞退すると表明した。

以来、大学院での研究活動の傍ら、プロフィギュアスケーターとして「プリンスアイスワールド」「カーニバル・オン・アイス」等のアイスショーに出演し、自身振付による作品を披露している。(『白夜行』、『Je te veux』、『継ぐ者』、『あなたに逢いたくて (Missing You)』、『“Ave Maria” by Chris Botti』、『Don Quixote Gala 2017:Basil’s Glory』、『Swan Lake:Siegfried and His Destiny』)

研究活動

関西大学卒業後、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程2年制を経て、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科博士後期課程に在籍。アーティスティック・スポーツ(芸術的スポーツ)の研究に取り組む。専門分野はスポーツマネジメントスポーツ文化論文化経済学身体芸術論。学究活動と並行して、コラム執筆、アイスショー解説等の社会活動もおこなっている。

町田樹』の解説 by はてなキーワード

町田樹は、日本の元フィギュアスケート(男子シングル)選手。ソチオリンピック日本代表選手(5位入賞)。

1990年3月9日生まれ。神奈川県川崎市出身。倉敷翠松高校卒、関西大学文学部卒。身長162cm。

「氷上の哲学者」の異名を持ち、独特の言い回しは「町田語録」と称された。

2014年12月の全日本選手権を以て現役引退(2015年世界選手権代表に選ばれるも辞退)。

2015年4月より早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程に在籍。

町田樹』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.