田中大輔のまとめ情報

田中大輔』に 関連する人気アイテム

フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2018 奇跡の五輪シーズン総集編

フィギュア男子シングルの日本選手の今が見られる、良書。
インタビューは読み応えあり、写真も綺麗。羽生選手のみインタビューがありませんが、物足りなさは感じません。

個人的なポイントは、羽生選手・宇野選手につづく男子フィギュアの未来、といった部分と、もうひとつは佐野さんいわく「対照的で良いコンビ」の2人の存在が、今の日本のフィギュア界を間違いなく牽引していることが全編を通して感じられること。
引退した先輩たちが、2人に続く存在に出てきてもらいたい、という部分は、私もお茶の間のライトファンながら感じてきたところであり、そんな視点で見ても個々の若手たちのインタビューは興味深いものがあります。


また後輩たちの、羽生選手・宇野選手の呼び方が「羽生選手」一方が「昌磨くん」とこれまた対照的で、憧れの念として燦然とある羽生選手と、身近で親しみのある宇野選手と、ここまでタイプの異なる2人が同時期に揃い、オリンピックでダブル表彰台を達成したことは、もはや奇跡なのかもしれないとも思わされました。
その点でも友野選手が、羽生選手の凄さと同時に宇野選手の「シーズンを通して安定している演技」を挙げたところ、「世界で闘う」具体的な手応えとビジョンを得たように思え、新シーズンに期待を感じさせてくれました。

過去・今・未来が重層的な本誌において、町田さんのインタビューは少し異質で講義に近いかも?(笑)でもとてもわかりやすく、フィギュアに新たな視点を与えてくれて、本当に興味深いです。
プロも引退され学業に専念されるとのこと、またいつか、どんな形かはわかりませんが、その世界に触れられるたら嬉しいなあと思います。
また鼎談のなかで、4回転時代について問われた織田さんの優しい答えに、しみじみほっこり。
新シーズン、全選手が怪我のないよう、思うような滑りができるよう願いつつ、この一冊をお茶の間観戦のお供にしたいと思います。

現役引退後、フィギュア雑誌には昨年来2回目となる10000字、6ページに渡る町田樹さんのインタビュー。
2018年春の新作『ボレロ:起源と魔力』について、とりわけ作品のコンセプトの元となるフィギュアの歴史や文化を熱く語り、その結実である作品の振付や音楽、衣裳、照明にいたるまで詳細に解説しています。8分超のこの大作を演じるための日常の鍛錬や作品の制作陣Atelier t.e.r.mについても読み応え十分です。
写真は『ボレロ:起源と魔力』が6ページ、うち1ページ写真3枚、見開き2ページ写真1枚。

暗い背景に浮かびあがる身体の磨き抜かれた美しさに心奪われます。
今年10月6日のジャパンオープン、カーニバルオンアイスをもって学業専念のためプロスケーターを引退すると発表した町田さんがフィギュアスケートの魅力を語る、ファンの脳内ではあの柔らかな声に変換される言葉に今こそ耳を傾け、あふれんばかりのフィギュアへの情熱と愛をまっすぐ受け止めたい。町田さんとAtelier t.e.r.mにいっぱいある構想がこれからも一つでも多く形になり、「総合芸術としてのフィギュアスケート」をまた存分に見せてくれることを心から願って望みます。

5つ星のうち 5.0この雑誌には恩がある

(参考になった人 24/33 人)

わたしが生まれて初めて買ったフィギュア雑誌が前身のCutting Edgeでした。初めて羽生選手が表紙になり嬉しくて。バックナンバーも買い揃えJr時代や震災前の無邪気なインタビューから、震災直後から口調も表情もガラッと大人になってしまったインタビューまで今となってはあまりにも貴重な記事の数々。龍樹くん刑事くんとの対談もありました。この雑誌とともに成長する選手を応援してきたのです。廃刊と聞いた時はショックだったので、新創刊が本当に嬉しいです。シニアからJr、Nvまで掲載されていて確かに一人一人の頁は少ないですが今回で言えば城田監督が語る五輪裏話や無良選手壷井選手佐藤駿選手の頁にちょこちょこ語られる羽生選手への思いを読むのが楽しかったです。

佐藤洸彬選手は羽生選手の怪我の時リンクにいたそうです。友野選手は五輪の羽生選手に鳥肌が立つほど感動したと。須本選手は改修工事で9月までリンク難民だけど羽生選手も同じような経験をして今があるので頑張ると。読んでいて涙が出ました。草太くんと龍樹くんの対談も良い。
今後とも選手への愛と「読みたい」と思う記事に溢れる紙面作りをして下さい。期待を込めて★5

Number958号 夏の甲子園 史上最強高校を探せ。)

5つ星のうち 5.0宇部商 VS PL学園

(参考になった人 5/6 人)

しかし、甲子園は清原の為にあるのか!
と思う。
今回の夏の甲子園100回記念大会。
そうくればナンバーの今回の特集もそうだけど、
自ずと、夏甲子園=清原和博
という方程式になる。
ナンバーの最強高校の1位が横浜だったけど、
やっぱ私はPLとなるな。

そしてPL=清原

となるわけで、

バットから手を放さない清原さん、
で、
宇部商の名将玉国監督の談話からの田上、古谷投手の話や、そこに清原さんの話。


素の清原さんを逆に感じたりもする。
案外と、人が思う清原像と本人の置いているテンションの場所というか立ち位置、感覚のズレがとても読んでいて新鮮だった。
もうほかの記事は読んでなくて、最近あったW杯のメンバーの記事も薄れてしまうほど、甲子園というかやっぱ清原さんが主役と言うか、存在が一番ある今回のナンバーになったと思う。

って思うと、よくも悪くも、このタイミングでの清原さんのインタビューにしろ「もっている」って事になる。

野球でいうならここぞのタイミングで自分の打席が回ってきたみたいな・・・

やっぱ、「きた球を打つ」

スターな言葉だと思う。

感覚がやっぱスターで。

誰でもなれない訳で。

これだけ薬やらなんやら騒がしていても、やっぱまた清原に存在感とられたわーみたいな・・・

プロやらなんやら消えていく人多いと思う。
いつまでも時とまらないから。。。

でも

清原さんの存在感は今もある。

やっぱすごい。

そう思った。

あらためて。。。

今年も暑い夏になるな~~~~~~~

宇部商VSPL学園

懐かしい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

余談:ナンバーの清原さんの告白にはレヴュ見たことないわりには、告白の単行本がでたらレヴュ多い。
そして応援するメッセージが多いのは、うれしい。やっぱみんな好きなんよね!清原さんが!

田中大輔』の解説 by はてなキーワード

プロ野球選手。ポジションは捕手。右投右打。

1984年12月18日生まれ、広島県出身。

経歴

年度所属チーム背番号備考
2000-2002如水館高校-甲子園出場あり、柳瀬明宏の1学年後輩
2003-2006東洋大学-永井怜と同級生、4年時に主将
2007-中日ドラゴンズ282006年大学生・社会人ドラフト希望入団枠

リスト::野球選手

田中大輔』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.