田中刑事のまとめ情報

田中刑事』の解説

田中 刑事(たなか けいじ、ラテン文字: Keiji Tanaka、1994年11月22日生まれる。

正義感の強い子に育ってほしいとの思いから、「刑事」と名付けられた、倉敷市立連島中学校岡山理科大学附属高等学校(健康・スポーツコース)卒業、倉敷芸術科学大学生命科学部健康科学科卒業、同大学大学院在学中。

尊敬するフィギュアスケート選手は、同じ倉敷市出身の髙橋大輔や、幼い頃から同じ試合に出ていた町田樹である。田中と同学年の羽生結弦日野龍樹に対しては、ライバル意識を持っていると述べている。氷上のデュエリストとも呼ばれている。

経歴

2001年、7歳の時にフィギュアスケートを始めるヘルスピア倉敷)のスケートリンクに連れて行ってもらったことがきっかけだった。小学3年生頃より林祐輔コーチの指導を受けており、現在も週末は大阪に通っている

2004年から2007年まで全日本フィギュアスケートノービス選手権に出場したがライバルの羽生、日野がそれぞれ2度優勝しているのに対し、田中は2位止まりであった。

2007-2008シーズンにはエイゴンチャレンジ杯のノービスクラスで優勝。

2008-09シーズンからはジュニアクラスに参戦した。

2009-2010シーズン、全日本選手権に初出場し、8位入賞を果たす。第65回国民体育大会では、中学3年生にして少年男子の部で優勝。中学生での優勝は、2001年(第56回大会)の高橋大輔以来の快挙であった。

2010-2011シーズンよりジュニアグランプリシリーズ(JGP)に参戦、初戦のJGP ブラショフ杯で3位に入る。しかし続くJGP ジョン・カリー記念では6位に終わり、ジュニアグランプリファイナルの出場を逃した。全日本ジュニア選手権ではSPで19位と大きく出遅れるも、FS5位、総合9位となり全日本選手権に出場、全日本選手権では11位となり、世界ジュニア選手権の代表に選出された。世界ジュニア選手権は予選からのスタートとなったが、予選、SP、FSを通して全てのジャンプを着氷し、初出場ながら銀メダルを獲得した。

2011-2012シーズン、ジュニアグランプリシリーズはJGPブリスベンとJGPオーストリアに出場し、ともに表彰台に上った。しかし、初出場となったジュニアグランプリファイナルでは、転倒こそなかったもののジャンプでミスが相次ぎ、最下位に沈んだ。ファイナルを前に出場した全日本ジュニア選手権では2位となり、2006年から6度目の出場にして初めてメダルを獲得。全日本選手権ではジュニア勢の中でトップの7位に入り、2年連続で世界ジュニア選手権代表に選出された。世界ジュニア選手権では、SP11位と出遅れたが、FSではシーズンベストを更新する演技を見せ5位、総合7位まで順位を上げた。

2012-2013シーズン、ジュニアグランプリファイナルは、6位。

2013-2014シーズン、ジュニアグランプリシリーズはJGPコシツェでシリーズ初優勝。JGPチェコスケートは4回転トウループを初成功し優勝した。ジュニアグランプリファイナルはSP首位に立つも、総合4位に終わった。シニアのISUチャンピオンシップス初出場となった四大陸選手権では17位。トリグラフトロフィーではシニアの国際大会で初優勝した。

2014-2015シーズン、シニアクラスへ完全移行。ニース杯で銅メダルを獲得。グランプリシリーズに参戦し中国杯では8位だった。

2015-2016シーズン、チャレンジャーシリーズUSインターナショナルクラシックで銀メダルを獲得した。NHK杯では4回転サルコウを初成功。自己ベストを大きく更新し5位に入った。全日本選手権では、自己最高の4位。2年ぶりの出場となった四大陸選手権では、前回の17位から大きく順位を上げ、6位入賞を果たした。

2016-2017シーズン、NHK杯で自己ベストを更新し、3位で自身初となるグランプリシリーズの表彰台に立った。全日本選手権では、優勝の宇野昌磨に次ぐ2位で初めてメダルを獲得した。アルマトイで開催されたユニバーシアードではデニス・テンに続く銀メダルを獲得した。初出場の世界選手権では19位だった。

2017-2018シーズン、全日本選手権では無良崇人らと競り合い、2大会連続で2位となり、平昌オリンピック・男子シングル日本代表に選ばれた。3年連続4回目出場の四大陸選手権では、SP・FS共に自己最高点を更新、総合でもパーソルナルベストをマークし、表彰台にあと一歩の4位入賞を果たした。

迎えた平昌オリンピックでは、団体戦のFSに出場したが、ジャンプミスが響いて総合5位に留まり五輪メダル獲得は成らなかった。続く個人戦でも、SPで冒頭の4回転サルコウで着氷時にエッジが滑って転倒してしまい20位と大きく出遅れた。FSでは冒頭の4回転サルコウは成功したが、他のジャンプで失敗が続き15位、結局総合で18位に終わった。2年連続出場の世界選手権では、大会直前に靴が壊れるアクシデントに見舞われたが、自身最高の13位に入った。

2006-07から2013-2014シーズンまで

  • N = ノービスクラス

関連項目

田中刑事』に 関連する人気アイテム

フィギュアの時間です☆

5つ星のうち 5.0繰り返し読んでいます

(参考になった人 8/12 人)

正直、表紙がいまいちで購入をためらっていました。
ちょっと漫画チックでスケートの流行りで書いてるのかな〜と。
しかし、中で書かれている絵は3等身ではなく、もっと素敵に書かれていて、選手の特徴をよくつかんでいてうまいです。
表紙の絵は、作者がこんなフィギュア人形が欲しいなという見本です。
決めポーズをしたかわいいフィギュア人形は私も欲しい。
内容も共感できる部分も多かった。羽生選手の「白鳥」が「夕鶴」に見えるとか(私もずっと丹頂鶴にみえました)
天井カメラはいらないから全身撮してほしいとか、浅田選手のデビュー当時は妖精のような個性だったとか、
一番鈴木明子選手らしいプログラムは「愛の讃歌」だとか。
他の方のレビューがよくて購入しましたが,評判のよい本はやっぱりいいんだなと思いました。

5つ星のうち 5.0おもしろかったです♪

(参考になった人 2/3 人)

フィギュアスケートをテレビで観るのが好きで、たまたまオススメの本として出てきて、他の方々のレビューを読んで、思い切って購入してみました^^ 浅田真央選手を始め、選手への愛情を感じられる優しさとリスペクトのある内容で、読んでいて楽しかったです。 絵も、かわいくて、気に入りました。 アイスショーのことを全く知らなかったので、どういったものがあるのか紹介されていた部分も、役に立ちました☆ 生で観る時の、席のこと、どのくらいの大きさで選手が見えるものかなどの実体験が描いてあって、今度の参考になります。

5つ星のうち 5.0面白かった(^^♪

(参考になった人 8/11 人)

ここ最近、羽生君人気のせいか、フィギュアスケート関連のエッセイ漫画が 色々出てますね。 その中でもこれは一番面白かった、絵も可愛いです。 悩んでるなら買って読んでみるべし! ちょっとコミカルで笑えて、そして思わず自分も「あるある!」とうなずいてしまうエピソードもあったり。 各選手の衣装の話からプログラムの話まで、笑いを交えながらの漫画仕立てであっという間に 読んでしまいました♪

氷上のクラウン

フィギュアスケートを題材とした漫画です。

青年漫画雑誌で連載されていたものの、絵柄的には少年漫画風です。
連載開始時から絵柄はわりと完成されており、演技中のキャラの躍動感とかはあって良いと思います。

ただ、キャラクターもストーリーもいまいち強く惹きつける要素がありません。
キャラクターは主人公の男の子もヒロインの女の子もいまいち魅力が薄いです。
ストーリーも「次が読みたい」と思わせるような展開ではなく、それが連載終了まで続いた感じです。



コミック一巻があまり売れなかったようで、この漫画は紙の本は一巻のみしか出ておらず、二巻と三巻は電子書籍版のみでの発売となっています。
もし今から買う人は一巻から電子書籍版を選択した方が良いでしょう。

5つ星のうち 5.0動きがいい!

(参考になった人 4/4 人)

フィギュアお好きな方が描かれてるんだろうなーって感じで、スケーティングの動きがよく出てる!! 世の中はユーリで涌いてるけど、こっち、面白いよ! でもホント、今後誰かがやる日が来るのかな… 4アクセル… その日が来たら、ホントに凄い事だな…と思いながら、続き読むの楽しみにしてます!!!

主人公は子供の頃から スケートクラブに通う少年 スター的な クラブメートの 少女に 憧れ ってはいるか 独自の技 4回転アクセル やがては完成させると夢見ている 果たしてこんなことは可能なのか でも彼なら行ってしまうんじゃないか スポ根ものとは違い 軽やかに 描いている

anan 2017/03/29

YOI沼にはまり、はじめてこのド定番誌を購入しました。なにかと話題にのぼる雑誌ではありますが、
恐らく、雑誌を何気なく暇つぶしとして購入する、という習慣が日常化している人でないと、こういった情報誌?のような曖昧な雑誌って手にとることは少ないかと思います。かくいう私も周囲にananって買ったりする?と聞いてみたところ、好きな俳優が脱いだら買う派か、入院した時に暇つぶしに買ったっきり派が殆どで、定期的に購入している派は一人も居ませんでした。行きたい街の特集を組んだhanakoのみ毎年のように買ってしまう(例/鎌倉、京都など)症例に似ている気がする
そんなインドアでもアウトドアでもないごく普通のオタである私も、YOI沼と、それに伴うフィギュアスケートへの興味をダブルでくすぐられてしまえば、ついつい、手に取ったことの無い雑誌にも手が伸びてしまいました。

付録として、かなり雰囲気のよい勇利、ヴィクトル、ユリオの三名のイラストの両面ポスターがついていたのも、ananなのにすごい!と満足感を与えてくれました。アニメYOIにうっとりした後で、現実のフィギュアスケーターたちの情報にも胸を高鳴らせることが出来る素晴らしい特集でした。

もう一冊保管用に買おうかなと目論んでいます。
ポスターが本当に素敵で!!!

5つ星のうち 1.0残念です。

(参考になった人 6/10 人)

羽生選手を応援して5年超 前回のアンアン掲載の内容がとても良かったので今回も期待して購入するつもりでした。 が 既に購入されたかたのレビューを読んで絶対失望すると思い購入はやめました。

5つ星のうち 4.0昌磨語録も必見です!

(参考になった人 1/1 人)

宇野選手は6ページ。 フィギュア誌ではあまり見かけないレイアウトや女性誌ならではの写真が使われていて、いい意味で新鮮。 記事は宇野選手ファンにとっては興味深い内容でした。

田中刑事』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.