犯罪予告のまとめ情報

犯罪予告』の解説

犯罪予告(はんざいよこく)とは法に触れる行為を行うと予告すること構成される。場所・日時などを特定した爆破予告(bomb threat)や、個人名などを名指しした上での殺害予告など(death threatも参照のこと)。犯行予告(はんこうよこく)ともいう。

犯罪予告と刑罰

通常は脅迫罪に問われるが、爆破予告や無差別殺害予告の場合、脅迫の対象が広範囲に及ぶため、警察や対象とされた機関への業務妨害などに問われることもある。詳細に分けると以下のようになる。以下は予告を実行しない場合も犯罪に問われる。

  • 特定の個人を脅迫した場合 - 脅迫罪
  • 嘘の情報などを用いて業務を妨害した場合 - 偽計業務妨害罪
  • 暴力的な表現を用いて業務を妨害した場合 - 威力業務妨害罪
  • 特定の団体がテロを予告した場合 - 破壊活動防止法違反
  • 上記4項目に当てはまらなくても、悪戯目的でやった場合 - 軽犯罪法違反(業務妨害)

最近では、予告によって警備を増強せざるを得なくなったとして、警察に対する偽計業務妨害の容疑で逮捕される例も増えている。また、実在しない場所に対する予告や、犯罪予告であるかのように誤読させるといった、文面どおりに読むと実行不可能、または意味がない場合でも罪に問われることがある。

インターネット普及以前

インターネット普及以前は、相手方に手紙を送りつけるなどして害悪を告知し、脅迫罪に問われた事例が多い(口頭での害悪告知が脅迫罪に問われた事例も多いが、「犯罪予告」の範疇からは外れるものと考える)。

脅迫罪の成立が肯定された例
政治問題について二派の抗争が熾烈になっている時期に、一方の派の中心人物宅に現実の出火もないのに、「出火御見舞申上げます、火の元に御用心」という趣旨の文面の葉書を送付する行為。
脅迫罪の成立が否定された例
「人殺し、売国奴、貴様に厳烈な審判が下されるであろう」と葉書で告知する行為。文面が婉曲であり、何人の手によって害悪が加えられるか全く不明確であるため(名古屋高判昭和45年10月28日刑月2巻10号1030頁)。

インターネット普及後

旧来の犯罪予告は、予告対象に手紙や電話を送りつける形態だったが、インターネットが普及すると、掲示板サイトウィキサイトなどで犯罪予告が書き込まれる事例が増え、逮捕者も続出している。容疑者は、警察の依頼等でサーバが開示したIPアドレスと、インターネットサービスプロバイダが所有する住所・氏名などの情報から特定される。他人の無線LANからアクセスした書き込みで逮捕されるケースもある。

大きな事件があると、2ちゃんねるに頻繁に書き込まれている殺害・襲撃予告と事件の関連性を関係機関がチェックしているとされる他、警察庁のサイバーフォースが定期的に検索を掛けるようになった。この検索を逃れるために「殺す」を「す。6月11日には総務大臣増田寛也が犯罪予告の検知を目的としたシステムを開発する意向を示したが、その翌日には矢野さとるによる犯罪予告情報共有サイト「予告.in」が公開された。警察当局は「犯罪予告を閲覧したら110番通報するよう」に、掲示板運営者を通じて呼びかけている。

只、一方で「予告.in」の体質(受け入れるだけ受け入れて、あとは何もしないなど)、行き過ぎて言葉狩りへと発展している、などの批判もある

また、殺害予告や襲撃予告に限らず、そのほかにも多種多様な犯罪予告がなされている。たとえば、2010年1月には、「ズボンをはかずにJR山手線に乗ろう。10日午後1時に大塚駅に集合」と呼びかける檄文が、インターネット上に書き込まれた(公然わいせつの予告)。この事態を受け、巣鴨警察署では厳戒態勢を敷き、署長が自ら指揮杖を執り、60名あまりの警察官を率いて巣鴨駅を警戒する騒動となった。

海外での事例

英語圏でも似たような概念は存在し、それらは殺しの脅迫(英語版)、殺人脅迫などと訳される。

ウィキペディア上での犯罪予告

ウィキペディアの特質上、誰でも編集が可能なため、2008年以降大手マスメディアが伝えた日本国内での犯罪予告の投稿は2年間に10件、3人の逮捕者が出ている。

なお、ウィキペディア上で犯罪予告を発見した場合は、に記載されている通り関係機関に通報を行い、混乱を避けるために通報後から対処完了の告知が出るまで該当部分への記述をそのままにしておくようにとのことである。また、に通報義務を負わせない、つまり見つけたら即、通報するようにとのことである。

その他の有名な事例

オバマ大統領暗殺投票
アメリカでは、2009年9月28日、SNSFacebookにてバラク・オバマ大統領を暗殺すべきか問うオンライン投票が実施されていたことが判明し、シークレットサービスが捜査に乗り出す事態にまで発展した。捜査の結果、未成年者による作成だとわかったが、シークレットサービスは作成者と両親を刑事罰に問わないこととした。

関連項目

  • 自殺予告 - 自殺は犯罪とはいえないが、狂言(嘘)で自殺の予告を行うと、犯罪予告と同様の迷惑な結果を招く可能性がある。
  • 犯行声明 - 犯罪を行った後に行われる声明。

犯罪予告』に 関連する人気アイテム

人を、殺してみたかった 名古屋大学女子学生・殺人事件の真相 

この著者の「本」は、他の方々の「商品レビュー」を観ても 色々な ご意見があっても良いと思います。私は、「餃子の王将社長殺人事件」を拝読させていただきましたが、絶句しました。ものすごい「情報収集能力」と、その事件の、影や闇の部分「背景にある 情調度(おもむきどあい)」、捜査本部幹部や、警【察】庁 でないと、知りえない事柄、それ以上のジャーナリストとしての「情報網」などで、読者を納得させてくれます。なので、私は 星5個です。 実は、私は、この「事件」について誤解していました:前の若い女子学生同志での殺人事件で被害者の死体がバラバラにされた事件と合体させてしまってました。

しかし、この「本」を読んで、これが、どんな事件だったのかという 真実を120%理解しました。なお、この事件にはやっぱり、上記した以前の同じような事件が絡んでいるこです。各事件の犯人は、誰かを 崇拝し、真似をしています。また、色々な事件の内容も記載されていて、理解の助けになります。 一応、日本で、3番目の国立大学?女子学生の「事件」です。私の知りたかった内容は、彼女(犯人)の幼児~中学、高校で、どんな環境(家庭や友人)で育ち、どんな趣味を持ち、どういう生活をして、身近な家族(祖父母、両親、兄弟)などの人間関係は?・・・やはり、色々な「問題」を はらんでいたことを、著者は えぐり出しています。↑のタイトルにも 少し書きましたが、世界や日本でも この30年程前から、普通では考えられない、無関係殺人事件 や 快楽殺人など 異常な思考の殺人が、頻発?しています。「本」の中の情報では、法務省 や 文部科学省などが 原因や対策を考えています。要は、今までにない「タイプ」の事件(殺人へ至る 思考、実行と 趣味やオタクなど)が・・・です。 この「本」の中での、一文を 少し解りやすく書きますと:無差別殺人事件を主に担当していた、警『察』庁幹部は、「自己中心的で人間関係が築けない若者は、社会から引きこもり家庭で孤立する中で、自分の希薄な存在感を思い知らされる。必死に反発して、非行や転落を繰り返すうちに心が壊れ、やがて無差別殺人のような残虐手段でしか自己顕示欲を満たせなくなってくる。そんな破壊的な事件が多すぎるし、それを引起こさせる社会の問題点は一向に改善されていない」:全部の事件がこの理由に合致するとは 思えませんが、一因には間違いないでしょう。 この「事件」も、犯人の女子大生は仙台の有名公立進学校時代から「毒化学物質オタク」で周りの友人たちではこのオタクぶりが有名でした。その高校では、隣に座っている男子クラスメートに毒ジュースなどで・・・ひどすぎる 体 になる変化を観察しやすいためと、もう1つの理由だけで選び 毒を盛り、実験したのです。彼は、だんだん 体が弱り 学校に出席できなくなり、擁護学校行きとなり、周囲の友人たちは、うすうす、誰が犯人か うわさ は出ていました。本当なら、しっかりした警察の周辺・友人への聞込みが なされていれば、名古屋での老女事件は防げたかもしれません。また、彼女は、「化学物質オタク」のため、燃焼する 物質を 郵便ポスト へ流込み、火をつけ、検挙されています。点火の 理由は 焦げた 死体 を観たかった(本当か疑問だが・・)。その後、名古屋で 宗教関係の友人となった 無防備な 初老の女性を 家に入れて この事件(中学時代から 人をあやめたい気持ちがあったのでナタを仙台で購入済):その場にあった「小型のナタ(刃ではない方)」で事件を実行。こんなこと、私も書きたくありません。これだけでなく、彼女は中学のころから「変身」しだし、自分のことは、俺とか 俺様と呼び、ボーイッシュになり、ただ、学力は高校で いつも5番以内をキープするくらい(だから仙台から現役、塾・予備校などなしで この大学に入学できたのでしょう:仙台を離れ、名大:リケジョになったのは親元を離れるためか?)でした。勉強ができたので、他は おおめに見るという悪循環もあったでしょう? そして、大学では 応援団 に入部。 私の親友にも 名大出身がいますよ。 また、この前、出身者が「ノーベル物理学賞」を受賞しています。ショックですよね。 また、著者はこの本で、専門家の意見として、どうしてこの20、30年ほど前から、訳(わけ)の わからない このような:サカキバラ、N鉄バスジャック、九州Sa市(2件)、静岡「母」毒盛り、サリン、幼女誘拐殺人、バラバラ、長期監禁事件 等などが発生するのか?。著者は、事件の対策も少し述べていますので 読んでください。何か良い「手段」を、新たなタイプの事件を扱っている専門家を交え「国」として対策(もう行っている)し、「負の連鎖を食い止める」ことが 必要です。犯人たちは皆、過去の事例や世界の同じような事件を執拗に研究しています。負の連鎖です。 単に家庭や学校、友人などの環境だけでなく、テレビゲームや残虐なシーンのビデオを少年時代に長時間観ていると「前脳と後脳」の刺激バランスが崩れ異常をきたす(今回の東北大地震で南東北 太平洋側の原子力発電所事故により外で遊べなくなった子供たちにも 異常データが・・・)こともあると専門家にインタビューし、記載しています。 でも、本当にこれだけでしょうか?と 私は思います。もっと、別な 犯人の「心の真の底に」何があるのか?この「本」では、わかりませんが、事件詳細と背景、原因、少年少女の心理、近親者や異性での失敗などの事柄は95%くらいわかり満足な「本」です。最初にも書きましたが、この著者は本当に 1ジャーナリストだけなのですかね~? また、別の「本」での真相追究を期待していますね。

本事件のなかの一部で出てくる話に過ぎないのだが、自分を『僕』とか『俺』とか言う女の子の心理についての精神分析的な一般考察の部分が印象に残った。一人称をそのようにする女子がいることは僕も知っていたが、どういう事由によるのかは今まで全く知っておらず、『注目されたいのかな、正直ちょっと面倒かな』ぐらいに思っていたのだが、心理学的な見解によるとトラウマやら何か耐え難い事柄によって自らの女性性を否定したくてそのような言動に出ているのだ、と。
で、この犯人の場合、本人がそれを認めるかは知らないが、恋愛が実らなかった上に、親友から何気なく「○○も男子を好きになるんだ~」等と言われたことがきっかけになって『もう二度と女っぽくなんかするもんか!』と、一人称が俺化したのでは云々。


そのようなトラウマ等の状況で自らの女性性を否定したくなった場合、一般的には女性的な柔らかな体型(本文中表現では『プニプニ』)から逃れようとして拒食症になったりするそうだが、その点、当事者がアスペルガーだったりすると一人称を変えてきたりすることもある、みたいなことが書いてあった。まぁここではアスペルガーが取り上げられていたが、それは文面の流れでそう書いただけで、著者や語り手がアスペルガーを特段に特別視したかったわけではないと思うし、もちろんアスペルガーの人が必ず『ぼくっ娘』(つうの?)になるという言論でもない。
僕はそれを読みながら、もっと広く言えば自閉症スペクトラムの人間や、更に広く一般化して、人より繊細だったり感性が変わってたりする人間なんかも、そういう傾向が出やすいのかな、なんて思った。僕は学者じゃないし統計を取ってるわけでもないからあくまでもそんなふうに思ったってだけだが。
まぁ確かに生きにくそうな人間や、頭が良い半面に浮いてる人の方が、性別を無視して『ぼく』とか『おれ』とか言ってるような印象はある、ーーーこれもあくまで印象だけど。
なので、(それが全てではないだろうけど、)そういう一人称の理由の一端を垣間見たのは、なるほどと興味深かった。
その点、こと彼女に至っては変人の極が立っていたのか、事件報道時の男勝りぶりと言うか、男そのものみたいな学ラン姿の応援団員ぶりはインパクトがあり、なんなんだこの人は、と当時も思ったのだった。何かのきっかけでそこまでブレるだけの、メンタル面の問題を抱えていたのかな、なんて。いや、LGBT的な意味では自由なんだけど。

犯人の殺人行為については、薬物にそれほど魅入られていた彼女が、なぜ唐突に殴ったり絞めたりして殺人行為に走ったのか、本を読んだら返って分からなくなった。ともあれ、当該殺人事件のみならず、高校時代の毒物混入傷害事件等も含め、許せない感情のわく不快な話であった。ペラペラ自供するところも含め、それで唯々諾々と無期懲役に至って、自殺するわけでもなく(自殺しろと言っているのではない)、何を考えてるのか、どうしたいのかわからない。人に共感したりできないタイプの、情緒性に欠けた人間のようだが、ーーー納得できようができまいが無期懲役となり、このさき刑務所の厳しい規律のなか何を考えて生きていくのだろうか。
もちろん実験まがいに人に毒を盛ったり殺してみたい奴が近くにいることにおける一般人の実害の方が著しく、また生活するうえで恐ろしいことであり、彼女に対して特段の同情をしたいものではない。

この本は終盤になるに従い色々な事件の話が併記されるようになり、その点、当該事件への(僕の)焦点が取りづらくなった。本人は平気なのだと思うのだけど、僕はトロいから。。
この犯人にしろ、静岡のタリウム事件の少女にしろ、どういう人間なのかもう少し知ってみたい気はした。

犯罪とアスペルガーとADHDは1%も関係ありません。

犯罪は基本的に境界例が行うものです。
境界例(人格障害)の中でも重い、反社会的人格障害、いわゆるサイコパスですね。
(基本的に境界例と書いたのは、普通の人が、
境界例に操られて、マインドコントロールされ、犯罪を起こすケースがあるからです。
尼崎連続殺人事件参照)

境界例は感情が処理できないから、
投影性同一視という行為を行います。
自分の感情を相手の顔に投影し、
攻撃するのです。


また、対象恒常性機能が育ってないので、
善悪の区別が緩い。良心が無い。

犯罪に必要なのは行動力ですが、
サイコパスはそれがあり、
衝動的なところも原因だと思います。
アスペルガーは内向的で慎重派だから
犯罪をやらないのです。
ADHDは善良だからやらない。

ただ、ここで注意していただきたいのが、
境界例や
サイコパスイコール犯罪予備軍というのは
誤った考えだということです。
境界例も長所があり、少数は社会に必要なのです。

もしアスペルガーやADHDが犯罪を犯したとしたら、
その人は境界例とアスペルガー•ADHDの掛け持ち型です。
境界例は幼少期の育て方が原因なので
アスペルガーもADHDも境界例になります。
いわゆる積極奇異タイプがこれです。
その場合でも、アスペルガー•ADHDとしての素養ではなく、境界例の素養が犯罪を引き起こしたのだから、アスペルガー•ADHDは犯罪に無関係なのです。

政府は境界例を増やす政策をとり、
それを隠すために、
境界例がやったことをアスペルガー•ADHDになすりつける内容の本をたくさん出版してます。
これもその一冊です。

このような本でアスペルガーとADHDの評価を落としておき、企業に就職の時の性格適正テストを導入させ、内向的な人間を落とす。
本人に自覚させる必要無いんです。
筆記テストと同日で実施すれば、
どちらで落とされたかわからない。
軽度な層、グレーゾーンまで対象になってる。

裁判所まで嘘をついてる。
犯罪は境界例のやることだから、
自閉裁判なんてありえないのです。
これから境界例が激増し、
犯罪が増えるから、
アスペルガー•ADHDになすりつけたいのです。

小説 不能犯 女子高生と電話ボックスの殺し屋

5つ星のうち 5.0ちょっと辛いかも…

(参考になった人 0/0 人)

ちょっと辛い気持ちになりましたが、面白かったです。

犯罪予告』の解説 by はてなキーワード

これから何らかの犯罪を行うという宣言を、ネットの掲示板上などで行うこと。

そのことを警察に通報されると、たいてい捕まる。

関係各方面に迷惑です。犯罪予告はやめましょう。

関連キーワード

犯罪予告』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.