漢音のまとめ情報

漢音』の解説

漢音(かんおん)とは、日本漢字音(音読み)の一つ。古くは「からごえ」とも呼んだ。7, 8世紀、奈良時代後期から平安時代の初めごろまでに、遣隋使遣唐使や留学僧などにより伝えられた音をいう。中国語中古音のうち、唐中葉頃の長安地方の音韻体系(秦音)を多く反映している。他の呉音唐音に比べて最も体系性を備えている。また唐末に渡航した僧侶たちが持ち帰った漢字音は中国語の近世音的な特徴を多く伝えており、通常の漢音に対して新漢音と呼ばれることがある。

漢音の普及

持統天皇は、から続守言音博士として招き、漢音普及に努めた。また、桓武天皇延暦11年(792年)、漢音奨励の勅を出し、大学寮儒学をまなぶ学生には漢音の学習が義務づけられ、また仏教においても僧侶の試験に際して音博士が経典読誦の一句半偈を精査することが行われ、また漢音を学ばぬ僧には中国への渡航が許されなかった。漢音学習者が呉音を日本なまりの発音として「和音」と呼び、由来もはっきりしない発音として「呉音」と呼んで蔑んだように、漢音は正統の中国語音で発音することが求められたものであった。このようなレベルの高さから日常語として定着した呉音を駆逐するような力は持ちえず、江戸・明治にいたるまで漢音が一般に普及することはなかった。

江戸時代には漢字を仮名で書き写す字音仮名遣の研究が始まった。その際には日常的に使われていた呉音よりも最も体系的な字音資料をもつ漢音を基礎として進められた。字書韻書をもとに漢音がほぼすべての漢字について記述されるようになり、漢音で読まれない漢字はほとんどなくなった。こうして日本語音としての漢音を発音することが可能となり、明治時代、西洋の科学・思想を導入する際の訳語(和製漢語)に使われたことで広く普及することになった。また、和製漢語に使われたことにより、明治期の一時期に漢音での読みが進んだ印象を持たれるようになり、学生を中心に本来は呉音読みする熟語をあえて漢音読みすることが流行した。

声母

頭子音の特徴として、呉音鼻音だったものが濁音濁音だったものが清音となっていることがあげられる。それは以下のような理由による。

ディネーザリゼーション

漢音は当時の長安地方で起こった中国語音韻変化、非鼻音化現象 denasalization(鼻音の後半部が口音化する現象)を反映している。子音を表す字母である三十六字母鼻音のうち、明母はからとなり、微母はから、泥母はから、疑母はから、日母はからとなった。漢音はこれを反映して、中古音の鼻音を、馬(バ)、微(ビ)、泥(デイ)、疑(ギ)、日(ジツ)と口音で伝えている。このため、呉音に比べて漢音では鼻音が極端に少なくなっている。ただし、明(メイ)や寧(ネイ)のように韻尾がのものは鼻音のまま伝わり、韻尾がのものも面(メン)や年(ネン)のように鼻音のまま伝わったものが少なくない。しかし、明の新漢音が「ベイ」、寧の新漢音が「デイ」という変化もある。

全濁の無声音化

漢音は、当時の長安で清濁の対立がなくなりはじめていたことを反映していると言われる。このため漢音では中古音の清濁の区別をあまり反映しておらず、呉音で全濁であったものが、清音として伝わっているものが多い。例えば、婆(呉音:バ→漢音:ハ)、定(呉音:ヂャウ→漢音:テイ)、勤(呉音:ゴン→漢音:キン)、禅(呉音:ゼン→漢音:セン)、従(呉音:ジュ・ジュウ→漢音:ショウ)、胡(呉音:ゴ→漢音:コ)などである。

匣母

三十六字母の匣母で表される頭子音(推定音:有声軟口蓋摩擦音)は、呉音ではワ行で表されるが、漢音ではカ行で表される。例えば、和(呉音:ワ→漢音:クヮ)、話(呉音:ワ→漢音:クヮイ)、惑(呉音:ワク→漢音:コク)、会(呉音:ヱ→漢音:クヮイ)、黄(呉音:ワウ→漢音:クヮウ)

韻母

  • 呉音でア段音(-a)とエ段音(-e)に分けられていたものが、ア段音(-a)に統一された。例えば、呉音で歌はカ、家はケであるが、漢音では両者ともカとなっている。
  • 呉音でア段音+イ(-ai)で表されたもののうち、エ段音+イ(-ei)になったものがある。弟(呉音:ダイ→漢音:テイ)、礼(呉音:ライ→漢音:レイ)。
  • 鼻韻尾のを表すため呉音でア段音+ウ(-au)であったものが、エ段音+イ(-ei)になったものがある。例えば、平(呉音:ビャウ→漢音:ヘイ)、青(呉音:シャウ→漢音:セイ)、令(呉音:リャウ→漢音:レイ)。
  • 呉音でオ段音+ン(-on)であったものが、漢音ではイ段音+ン(-in)、エ段音+ン(-en)に変化したものがある。例えば、隠(呉音:オン→漢音:イン)、勤(呉音:ゴン→漢音:キン)、建(呉音:コン→漢音:ケン)、言(呉音:ゴン→漢音:ゲン)など。

漢音で読まれる仏教経典

仏教経典は原則として呉音で読まれるのだが、天台宗における「妙法蓮華経法華経)」のうち「安楽行品第十四」や「阿弥陀経」、真言宗で読まれる「理趣経」などは漢音で読まれる。(例えば「如是我聞」を「ニョゼガモン」と読まずに「ジョシガブン」と読み、「釈迦牟尼仏」を「シャカムニブツ」と読まずに「セキャボウジフツ」と読む、など)

天台宗における経文の漢音読みは、天台宗開宗以来1200年の伝統に則って、上記の2つの経文などは、昔から漢音読みされる。西山浄土宗など、浄土宗西山三派は阿弥陀経を漢音読みする。また、浄土真宗でも一部の法要の場合のみ阿弥陀経を「漢音小経」として漢音読みする。ただし現在の漢音ではなく新漢音読みが入っており、「国」を普通の漢音の「コク」ではなく「クヱキ」あるいは「ケキ」と読んだり、「法」を「ホウ」ではなく「ハ」あるいは「ハツ」、「極」を「キョク」ではなく「キク」あるいは「キ」、「名」を「メイ」ではなく「ベイ」、「百」を「ハク」ではなく「ハキ」、「明」を「メイ」ではなく「ベイ」(場合によっては「ビ」)と読むなどである。新漢音読みは現代にはあまり伝わらなかったが、これらの一部経典の漢音読みでは現代でも使われているわけである。

真言宗における「理趣経」では、この経典の内容が「煩悩即涅槃」を説き、完全に経文の真意を理解しないうちに文面だけを読んでしまうと、単に「男女の情愛」をも肯定しているエロティックな内容との誤解を招きかねない。そのため「わざと漢音で読む」ことによって経文を読みなれた人にさえも聞いただけでは意味をつかめないようにしているという説もあるが、他の経も漢音読みする場合があり、この説は俗説である。

漢音音節表

以下は漢音の音節表である。漢音では韻尾軟口蓋鼻音を「イ」または「ウ」で書き取っているので、母音の「イ」「ウ」とは別に記載した。また上記のように漢音では濁音清音で、鼻音口音で伝えられているため、g, z, d, b は中古音においては鼻音(次濁音)である。原音である中古音をどのように受容しているかについては音読み#中古音との関係を参照のこと。

なお合拗音について江戸時代に定められた字音仮名遣では「クヮ」だけを認め、「クヰ」「クヱ」「スヰ」などは採用していない。

Category:日本の漢字

Category:前近代の日本の中国系文化

漢音』に 関連する人気アイテム

訓読みのはなし 漢字文化と日本語

5つ星のうち 5.0にほんごは謎だらけ

(参考になった人 2/2 人)

毎日少しづつ読んでだいじにしています。 短いものも興味津々。 もっと知りたくなります。

私は現在、歴史的仮名遣いの勉強を始めた老人だが、歴史的仮名遣い→古文→文語文法→日本語の中の漢字にまで勉強のカテゴリーが広がってしまった。そんな中で、大和言葉(和語)についても関心が膨らみ、いくつかの本や辞書を入手して勉強している。
本書を読んで、日本語・日本人とはすばらしいものだと、つくづく感じ入った。そして、昔読んだ『国民の歴史』の中で、西尾幹二氏が書いていたことを思い出した。漢字が日本に入ってきたとき、日本人として日本語の中で漢字を使って、日本語を表わすことを発明した、というような内容だったと思う。
本書は、大和言葉・和語を漢字文化と日本語という視点で語る秀逸な研究書である。

てんてん 日本語究極の謎に迫る 角川選書

5つ星のうち 5.0満足です

(参考になった人 1/2 人)

素早くご対応いただき、大変満足しています。 有難うございました。

5つ星のうち 5.0よかった

(参考になった人 2/10 人)

学習の役にたちました。 とてもよかったです。 これからもどうぞよろしくお願いします。

詳説 世界の漢字音

簡易装丁にし紙を薄くして値段を安くしてほしかった。 多くの地域の漢字音が取り上げられ、改めて漢字の広がりと、各地域の音声言語の特徴の概要が理解できる。

日本語再履修

この本には、日本語の奥深い魅力が詰まっています。

我々が普段、何気なく使用している「日本語」に、文法、音韻(発音)、表記(文字)など、様々な視点から光を当て、日本語の奥深さ、面白さを浮かび上がらせてくれます。

文法偏重、文法丸暗記の日本の国語教育は、果たして日本語の姿を正しく伝えているのでしょうか。
この本は、そうした教育では見つけられない日本語の面白さに気付かせてくれます。
そして、実際に授業を受けているかのような親しみやすい文体で、あたかも文法ありきで日本語が作られているかのような誤解を丁寧に解きほぐしています。



高校までの「国語教育」ではほとんど触れられることのない、
「ら抜き言葉」の妥当性、
4種類の「ん」の発音の話、
「和尚」は「オショウ」なのか「カショウ」なのか?
などなど、目からウロコのトピックがちりばめられています。

さらに、ウェブ上や電子メールで使われる絵文字・顔文字、ネット辞書の話といった、刻々と変化する現代の日本語事情にも著者の観察眼は行き届いています。

構成は、各テーマに関してまず「問題」部分を設け、そのテーマについて読者の問題意識を喚起しつつ解説へと進む、という形になっており、テンポよく展開していきます。
各章でテーマが分かれているので、目次から好きなテーマを選んでつまみ食いすることもできます。

気軽に、楽しみながら日本語を「再履修」できる一書。自分のためにも読めるし、日常会話から学校の授業・講義でのネタにも使える、ありがたい本です。

この本の内容がしっかり理解できていたら、「大学で日本語を勉強しました」と言ってもよいのではないでしょうか。 クイズのような100の問題が日本語を知る「窓」の役割を果たしています。 答えの解説はわかりやすいだけでなく、その項目(分野)のことを詳しく知りたいという人に役立つ情報も盛り込まれているので、知的好奇心が刺激されます。 手に取りやすい大きさで通勤や通学の電車の中で読んだりするのにも便利。 「最もたいせつなことは『ことば』を楽しむ心である」という筆者の言葉に私は共感しました。

漢音』の解説 by はてなキーワード

日本漢字音(音読み)の一つ。古くは「からごえ」とも呼んだ。7, 8世紀、奈良時代後期から平安時代の初めごろまでに、遣隋使遣唐使や留学僧などにより伝えられた音をいう。中国語の中古音のうち、唐中葉頃の長安地方の音韻体系(秦音)を多く反映している。他の呉音唐音に比べて最も体系性を備えている。また唐末に渡航した僧侶たちが持ち帰った漢字音は中国語近世音的な特徴を多く伝えており、通常の漢音に対して新漢音と呼ばれることがある。

漢音』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.