漢字のまとめ情報

漢字』の解説

漢字(かんじ)は、中国古代黄河文明で発祥した表語文字四大文明で使用された古代文字のうち、現用される唯一の文字体系である。また史上最も文字数が多い文字体系であり、その数は10万字を超え、他の文字体系を圧倒する。古代から周辺諸国家や地域に伝播して漢字文化圏を形成し、言語のみならず文化上の大きな影響を与えた。

現代では中国語日本語朝鮮語の記述に使われる。20世紀に入り、漢字文化圏内でも日本語と中国語以外は漢字表記をほとんど廃止したが、なお約15億人が使用し、約50億人が使うラテン文字についで、世界で2番目に使用者数が多い。

漢字の特徴

ラテン文字に代表されるアルファベットが一つの音価を表記する音素文字であるのに対し、漢字は一般に、それぞれが個別の意味を持ち音節に対応している形態素である。しかし現代中国語の単語は、大部分が2つ以上の漢字を組み合わせたものになっている。

本来、一字が一義を表すことだけを重視して表意文字としてきたのだが、これは古代中国語の一音節が一つの意味を表す孤立語的な言語構造に由来するのであって、正確には音と意味両者を表記する表語文字である。つまり、1字が1語を表しているのである。このような漢字の特徴から伝統的な文字学では漢字を形・音・義の三要素によって分析してきた。

しかし、一つの音の持つ語が派生義を生んで、1字が複数の(まったく正反対の、あるいは無関係で一方の字義からは想像することはできないような)字義を持っていたり、読みが変わって、複数の字音を持っていたりする場合もある。また、外来語を表記する場合など、単純に音を表すために作られた漢字もあり、字義を持たない場合もある。字義の有無を問わず、1音節を表す文字という点において音節文字である日本語の仮名とは近い関係にある。

漢字を輸入した国と、現在の使用状況

中国朝貢をしていた朝鮮琉球王国ベトナムでは、古代中国から漢字を輸入して使用した。日本もまた中国の勢力下に入ったことは無かったが、漢字を輸入し使用している。また、シンガポールマレーシアのように、中国から移住した人たちが多く住み、漢字を使用している地域がある。これらの漢字を使用する周辺諸国を包括して漢字文化圏と呼ぶ。

日本では漢委奴国王印古墳時代稲荷台1号墳に埋蔵されていた鉄剣の銘文記載が、日本における初期の漢字事例とされており、また近年の研究で、朝鮮半島を経由して伝来した文字・使用方法が存在する可能性が指摘されている。

近代以降、異体字を整理したり使用頻度の少ない漢字の利用を制限しようとする動きは何度もあったが、現在でもその数は増え続けている。常に新しい字が創作されるため、過去から現在に至る過程で、どれだけの数の漢字が作られたかは明確ではない。例えば、既存の中で考慮される漢字がない何かしらの意図を表現するために、新しい種類が作られてきた。漢字の理論とは万人に開かれたもので、適当と思われれば新たな漢字をつくる事が誰にでもできる。しかしながら、このように発明された漢字は、公的に認められた一覧からはしばしば除かれて行く。以下に、主要な歴史的中国語辞典(字書)が採録した漢字数を表す。

『中華字海』が採録していない漢字もある。例えば日本で作られた国字は約1,500あり、その数は無視できない。

中華民国(台湾)教育部の『異體字字典(第六版)』によれば、漢字の正字数(異体字を含まない)は29,921字である。

また、コンピュータで処理するための文字集合では、Unicode 10.0が87,882字以上を収録、『今昔文字鏡』がおよそ16万字を収録するなど、さらに多くの漢字を集めているものもある。

歴史

伝承によると、中国における文字の発祥は、黄帝の代に倉頡が砂浜を歩いた鳥の足跡を参考に創った文字とされる。また『易経』には聖人が漢字を作ったと記されている。考古学的に現存する最古の漢字は、において占いの一種である卜(ぼく)の結果を書き込むための使用された文字である。これを現在甲骨文字(亀甲獣骨文)と呼ぶ。甲骨文以前にも文字らしきものは存在していたが、これは漢字と系統を同じくするものがあるか定かではない。当時の卜はの甲羅やの肩胛骨などの裏側に小さな窪みを穿(うが)ち、火に炙って熱した金属棒(青銅製と言われる)を差し込む。しばらく差し込んだままにすると熱せられた表側に亀裂が生じる。この亀裂の形で吉凶を見るのであるが、その卜をした甲骨に、卜の内容・結果を彫り込んだのである。

現在存在する中での最古の漢字は、殷墟から発掘される甲骨などに刻まれた甲骨文字である。その内容は王朝第22代武丁の頃から書かれたものであるため、それ以前には新石器時代遺跡等で発見される記号はあっても、文字として使用できる漢字が出来上がったのは紀元前1300年頃のこの頃だと考えられる。この甲骨文字は物の見たままを描く象形文字であり、当時の甲骨文字はに近い様相を持つものも多かった。その一方で、ある種の事態を表現する動詞形容詞の文字も存在した。例えば、「立」の原型である人が地面を表す横棒の上に書かれた字(指示文字)、女性が子供をあやす様から「好」や人が木の袂(たもと)にいる様から「休」などの字(会意文字)も既に含まれていた。さらに、同音の単語を既にある別の字で表す代用字も既にあり、例えば鳥の羽を示す「翼」の原型は、同音で次のことを示す単語に流用され、これが後に「翌」となった。その後、青銅器に鋳込まれた金文という文字が登場した。「NHKスペシャル 中国文明の謎第2集 漢字誕生」では、古代メソポタミアの文字が商取引の記録から始まっているのに対して、政治の方針を決めるための占いの用途で、骨(これまでに14000体の殷の生贄の犠牲となった人骨が出土)に刻むために使われ始めた漢字は、文字としては極めて特殊なルーツであったとしている。例えば、白は人間の頭蓋骨の白に由来する象形文字である。このように、鬼神と王を繋ぐための手段として、初期の漢字は始まった。

の時代になると、外交や商取引など、多くの用途に漢字が使われるようになり、するとそれまでの種類だけでは足りなくなった。そこで多くの新しい漢字が作られた。中国では「清らかで澄んだ」様子を セイ (tseng)と呼び、新芽が井戸端に生えた様子から「青」に連なる象形文字を用いた。この「セイ」という発音と文字「青」は形容詞だけでなく「清らかで澄んだ」ものを呼ぶ様々な名詞にも使われたが、これらにもそれぞれの漢字が割り当てられるようになった。水が「セイ」ならば「清」、日差しが「セイ」ならば「晴」などである。このような漢字の一群を「漢字家族」と言う。侖(liuan-luan、リン-ロン)も短冊を揃えた様子から発し「揃えたもの」を示す象形文字だが、これも車が揃えば「輪」、人間関係が整っておれば「倫」、理論整然としていれば「論」という漢字が作られた。このように、音符に相当する「青」「侖」などと、意味の類別を表す意符が組み合わさった「形声文字」が発達した。紀元100年頃に後漢許慎が著した『説文解字』は中国初の字書であり、9353字の漢字について成り立ちを解説しているが、この中の約8割は形声文字である、そして生まれたのが小篆である。秦は西周の故地を本拠地にしたのであり、その文字は周王朝から受け継がれたものだったため、その系統性が保持されたといえる。

小篆は尊厳に溢れ難解な書式だった。秦そして後の代になると、下級役人を中心に使いにくい小篆の装飾的な部分を省き、曲線を直線化する変化が起こり、これが隷書となった。毛筆で書かれる木簡竹簡に書き込む漢字から始まった隷書は、書物から石碑に刻まれる字にまで及んだ。この隷書を走り書きしたものは「草隷」と呼ばれたが、やがてこれが草書となった。同様に、「はね」や「止め」または線の長短など字形も良し悪しは無く、1949年(昭和24年)4月に当用漢字字体表が公布された際、国語審議会は注意事項として「本表の字体は活字用であり、筆写(楷書)を拘束しない」と記している。

漢字』に 関連する人気アイテム

漢検3級漢字学習ステップ 改訂三版

1日1ステップずつやると決めて毎日頑張っています。 とてもやりやすい編集になっているからです。 この調子でいけば1カ月半くらいで1冊終わりそうです。 漢検3級は中学卒業レベルというので易しすぎるかなと思っていたのですが、大学卒業していても最近パソコンやメールで字を書かなくなりましたので、易しすぎることも難しすぎることもなく忘れていた漢字を程よく思い出させてくれます。 星4つにしたのは答え合わせをするときなど字が小さくて虫眼鏡を使わねばならない不便さがあるからです。

5つ星のうち 5.0ウサギのピヨン

(参考になった人 3/4 人)

有り難うございました 今この本で勉強中です。 わからない漢字は電子辞書で意味を確認しています すると練習問題がまあまあ解けています 合格点にはまだまだ繰り返しこの本を練習する必要があると思っています クリアーすると書物を読んだり書いたりすることが楽しくなると思います。 まだまだ先は永いですが頑張ろうと思っています。

5つ星のうち 5.0受かりますよ

(参考になった人 0/1 人)

無事に届きました。 お陰様で3級合格しました。 漢字検定には定番のこちらをお勧めします。 とにかく何度も解いて、ひたすら書く❗️記憶に留める努力さえすれば必ず合格します。

入試漢字マスター1800+

5つ星のうち 5.0最THE高

(参考になった人 7/7 人)

この本に書いてある漢字は読めて書けて意味もわかるようにする必要がある そうでないとセンターも厳しいと個人的に思う このくらいの語彙なら理系受験者であっても必須 5割近くは普段でも使う言葉なので暗記に関してはそこまで苦ではない 実際に書き取りBまで進めただけでセンターで勝負しても惨敗という結果にはならないはず もし惨敗したのであれば読解の仕方に問題があると思われる あとは評論でよく出るキーワード等を詳しくまとめた参考書を用いたら勝ち戦。

色々なものを見てきたが、漢字でオススメ出来るのは、この本と学研から出版されているパピルスだけ。 ただ、こっちの方が入試の漢字問題をよく研究している感はある。 漢字問題を得意にしたいのならこっちをオススメする。 ただ、向こうは読解も意識しているのかな。 少しズレた問題(といっても、その場合は聞かれている言葉は読解においては重要単語)もある。

自分は漢字が苦手で、センターの国語の漢字の問題で満点が取りたいので買ったのですが、センター試験だけの人は書き取りのA.Bとセンター対策問題だけやれば大丈夫だと思います!これを全部できれば確実に満点が狙えます!

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

かねてより話題のうんこドリルシリーズですが、レビューでは賛否両論ですね。

小学2年生の長男ですが、我が家では1年半くらい前から使い始めていますが、すでにうんこ漢字ドリルの1年生そして2年生とやり終えています。今は先取りで3年生のものへと入ったところです。こちらのうんこ漢字ドリルは1ページに2個の漢字があり、書き順と読みが書かれています。最初に、書き順通りに3回書いてみる。そしてその漢字を使った文章の漢字の読みと書きを計3回練習するという構成です。ドリルというよりは練習帳といった表現がよさそうな内容です。

1日に4〜6ページずつ本書に書き込みながら練習し、さらに苦手そうな感じは別個ノートに何回も書き取りさせました。

このうんこ漢字ドリルに準拠したうんこ漢字ドリルテスト編もあります。こちらは問題文がうんこ中心であることを除けば本格的な漢字ドリルです。本ドリルをしっかり学習した後の総仕上げとして利用するのであればサクサクと進めることができます。我が家ではうんこ漢字ドリルをやり終えた後はこちらのテスト編へと移行していっています。

やはり小学生の低学年男子であり、うんこという言葉が子供のツボを刺激するようで漢字の覚えは結構よいように感じてますので、このシリーズはおすすめです。漢字の練習をするとっかかりとしては悪くないという感想です。

一時期話題になったこの商品。 中身は…大人としては正直うーんな感じですが、子供はゲラゲラ笑いながらやってます。 1年生向けということで、勉強の入口として楽しみながらいつの間にか机に向って座る習慣が付けばいいと思います!

5つ星のうち 5.0小学生の大好物

(参考になった人 0/0 人)

子供が喜んで例文を読みながら勉強しています。 とりあえず興味をもたせるという点では大成功の商品です。 漢字も覚えてくれる事に期待。

日本一楽しいひらがなドリル うんこひらがなドリル

5つ星のうち 5.0効果ありでした

(参考になった人 2/2 人)

文字を覚えることに興味がなくお絵かきばかりしている娘のつくえに買っておいておきました。これまでいろんなドリルに触れてきてはいるのですがなかなかやる気がでなかったのが、はじめて自分から机に座って、例文を音読し始めたのでこちらのほうが驚きました。おもしろい文に出会うたびに、わたしのところに持ってきてくれて読んでくれるので、相手するのが大変ですが、買ってよかったなととてもうれしいです。たしかに状況としては奇怪な変な例文も多いですが、同じ単語を使ってことばや文字を覚えていくやりかたは、私自身も外国語を学習するときに経験しましたが、やたらに難しい言葉が出てくると語彙を学習したいのか字を学びたいのかがブレてしまってやりづらいところもあるので、とにかく知っている親しみやすい状況で安心しながら字を覚えるというこのドリルは正しいなと思いました。願わくば、「たまご」とか「みかん」ぐらいであれば上品でよかったのですが、まあ娘の感性には「うんこ」だったのかなとあきらめながら、でもやる気を引き出してくれたドリルには感謝しています。

5つ星のうち 5.0文字も大きく見やすい

(参考になった人 0/0 人)

「あ」から一文字につき一ページ、書き順を書くスペースとその文字を使った例文を載せています。 かなり文字が大きめに書かれているので子供には非常に使いやすいドリルです。 例文はやはり「う〇こ」がすべてに使われているので子供には非常に受けが良いですね。 シールが付属しており、書き終わった文字ごとにシールを貼ることができるので達成感を子供に与えることができる点も良いです。

きょうだいで使っています。 まだ文字も読めない、書けない下の子は運筆のページをしています。 文字が読めてかける子には字の練習をしています。 例文や問題文など、すべてがうんこにつながるので、親としては運子ばかり頭にちらつき気分が良いものではありませんが、子供はヤル気が上がる様子で、今一番手にしている問題集です

30日できれいな字が書けるペン字練習帳

本を開いてがっかりしました お手本となる字が、まあお手本なのでキレイではあるのでしょうが (そしてこういう本を買うような字を書く人が言えた義理ではないのでしょうが) 「憧れるような字」「真似したい字」ではありませんでした。 印象としては、「ちょっと丁寧な普通のお母さんが連絡帳に書く字」といった感じです この字が好きな人にはいいのでしょうが、 私は本を開いた時点でモチベーションが急降下したのでこの評価にしました。

pcばかりつかうからか、自分の字がどんどん崩れている自覚がありました。 字を恥ずかしく感じるようになってきたので、練習しやすそうなこの本を選びました。 消せるボールペンで書き、アイロンでまとめて消す方法で、繰り返し練習するつもりです。 美文字までいけたら良いけど、大人らしく均整のとれた字になるよう頑張りたいです。

5つ星のうち 2.0ゲシュタルト崩壊…。

(参考になった人 3/3 人)

初めの数日間、苦痛で苦痛で仕方なかった。 ただただ、ひらがなやカタカナを書いていると、訳が分からなくなり、ゲシュタルト崩壊しまくりで、嫌になりました。 一日たった30分程度ですが、毎日、「今日もやらなきゃ…」とゆううつな気分。 わたしには合いませんでした。

漢字』の解説 by はてなキーワード

定義

古代中国に発祥を持つ文字。本来、一字が一義を表すことだけを重視して表意文字としてきたのであるが、これは古代中国語の一音節が一つの意味を表す孤立語的な言語構造に由来するのであって、正確には音と意味両者を表記する表語文字である。

呼称

中華人民共和国では「Hanzi」、朝鮮半島では「Hanja」、ベトナムでは「Hantu」。英語圏では、「chinese character」または「Kanji」。

字体

同じ字義の字であっても、新字体繁体字簡体字では簡略化されたり、点の向きが違ったりしているため、見た目には違って見える事もある。繁体字を使用する国同士でも、台湾大韓民国との間でも、時に、異なる字体を使用することがある。

構造別

象形文字指事文字会意文字形声文字(漢字の85%近くが形声文字と言われている)

日本語での読み方

訓読み、音読み(呉音・漢音・唐音・宋音・慣用音)

関連用語

造字?造語国字大和言葉日本語常用漢字新字体繁体字簡体字漢字アトム補助漢字英漢字漢字圏

漢字』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.