洗剤のまとめ情報

洗剤』の解説

洗剤(せんざい、、)は、衣類(、)や食器(、)、人体や機械などの洗浄を目的とした、界面活性剤を主成分とする製品である。

成分

親水基疎水基(親油基)をもち、水に溶けにくい汚れをつつみこんで水などの溶媒中に分散させる効果などがある界面活性剤と、水の状態を界面活性剤が働くのに適した状態にする補助的な成分などからなる。補助的な成分は洗剤の用途にもよるが、カルシウムイオンやマグネシウムイオンなどの金属イオンを除去するEDTAなどのキレート剤(金属封鎖剤)やpH調整剤、塩分、土類などがある(=>ビルダー)。このほかにタンパク質脂質糖質を分解する目的で、衣料用洗剤(、)や食器用洗剤(、)には用途に応じた酵素プロテアーゼリパーゼアミラーゼセルラーゼなど)が含まれていることがある。また、用途により香料が含まれているものもある。

種類

洗剤は、その洗浄作用に寄与する界面活性剤の種類に応じて、法的に区分されている。家庭用品品質表示法による雑貨工業品品質表示規程により、次のように定義されている。

合成洗剤
「対象となるものは、主な洗浄作用が純石けん分以外の界面活性剤の働きによるもので、研磨材を含むもの及び化粧品は除きます。」
「洗濯用又は台所用の石けん」
「対象となるものは、主な洗浄作用が純石けん分の界面活性作用によるもので、研磨材を含むものは除きます。」

天然油脂鹸化して作る石鹸も界面活性剤の一種で、鹸化という化学反応プロセスを経て生産され、化学物質名称は脂肪酸塩である。純石鹸以外の界面活性剤は、天然油脂と石油を原料としている。

身体に塗擦されるものは、化粧品として医薬品医療機器等法で規制されている

ヒトに対する影響

現在使用されている洗剤は、肝臓分解できるものが多く、分解できない分は体外に排出され、蓄積性はないといわれている。しかし、その排出にかかる時間は非常に長い。ほんの数時間暴露するだけで、それを排出するのには半年から数年である。ただし、他の物質と比べると多少分解されにくい(したがって一度に多量摂取は危険である)。また、家庭用洗剤の皮膚からの浸透量はおよそ0.53%であり、ヒトが一日に摂取する界面活性剤の量(洗濯物に付着した洗剤の皮膚から吸収される量、食器に残留した洗剤、添加剤として食べ物に付着したもの等の合計)は多くとも14.5mgである。この量は最大無影響量のおよそ1000分の1に相当する(体重50kgの場合)。また催奇性や発がん性などの性質はないといわれている。しかし、経皮吸収による発ガンではない様々な症状がある。被暴露領域での湿疹、全身性の知覚異常、全身の皮膚の乾燥、多臓器の不調による体への影響。皮膚から吸収された石油系合成物が人体にどのように影響するのか全く研究がなされていない。発ガン性のみを取り出し、発ガン性がないから安全であると結論する風潮に気をつけないといけない。合成界面活性剤の人体への脅威は発ガン性などの重篤な症状ではなく、皮膚が崩壊したり、乾燥したりといった、重篤でない症状が主である。特に危険なものは神経性の症状がであり、人によっては長期間苦しむ。関節痛などもある。生死には影響を及ぼさないまでも人体への影響がないといってはならない。

界面活性剤の影響で注意が必要なのは刺激性である。種類によっては界面活性剤は長時間使用すると、人によって肌荒れを引きおこすことがある。これは皮膚の角質に作用し表面の滑らかさを奪うためであり、界面活性作用の強いものほど起こりやすい。一部の化粧品にも界面活性剤が(主に成分を混ぜるための乳化剤、または浸透剤として)用いられるため、長期間・多量の使用はかえって肌を害しやすいともいえる。このため、活性剤を使用しない無添加製品などの開発が進んでいる(無添加のほうが人体によいのかについては不明)。ただし、化粧品に用いられる界面活性剤はもちろん刺激性の低いものを使用しているので台所用洗剤()と同列に扱うことはできない(上述)。

なお現在、人工の界面活性剤と天然物に関して、人体への影響に大きな差がある。石油系合成界面活性剤は安く強い乳化作用をもち、多量に生産されている。一方で、石油をつかわない洗剤は非常に高価であるため、普及していない。石鹸は石油系でないものが人体によいのだが、生産とコストの問題から、市場規模は大きくならない。

排水問題

洗剤に用いられる界面活性剤の水生生物への影響はこれまで数多く報告されている。これらの研究から汎用される界面活性剤について水生生物へ悪影響を及ぼさない濃度(推定無影響濃度 PNEC)が算出されている。このPNECと河川中の濃度を比較することで、実環境でのリスク(危険性の程度)の程度が問題あるレベルなのかどうかが初めて可能となる。しかしながら、リスクの概念はまだ定着していないため、“家庭用洗剤として広く使用されているLAS(直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩)は、水1リットルに数ミリグラム含まれると魚が死滅し、その10分の1では成長が阻害される”とハザードだけを強調した記載がなされることも多い。毒性(ハザード)が弱い物質でも環境中での濃度が高くなれば、環境リスクは高まる。すなわち、排水問題は、水生生物への影響(毒性)だけでなく、その物質が環境中で分解されるのかなどの因子や環境中での濃度を把握する暴露評価を踏まえたリスクに基づく議論で行われるものである。

1960年代に導入された合成洗剤の界面活性剤ABS(分岐型アルキルベンゼンスルホン酸塩)は化学的に安定であり、昭和40年代の多摩川水系の汚染に代表されるように河川等で分解が進まず発泡問題が起こった。しかし、近年では下水道の整備や、大学や企業側の努力により環境に配慮した製品開発が進み、洗剤に利用される界面活性剤の多くは微生物により容易に分解されるものになっている。微生物の分解可能性と人へのリスク評価を同等に考えてはならない。人に及ぼす影響を症状のかるものから、重篤なもまで広く研究していくべきなのであるが、現在は発癌性や遺伝的影響などの重篤のもののみが研究の評価項目になっている。

また、環境中の濃度測定結果をもとにしたリスク評価も実施されてきている。その結果、洗剤に用いられる代表的な界面活性剤であるLASは、都市近郊河川での水生生物調査において、水生生物に対して重大な影響を及ぼしていることを示唆する結果はみつからなかった。しかし、重大でない影響は当然及ぼしている。環境評価に関する研究はいずれも重大事象に関するものが主である。洗剤の影響で重大出ない様々な影響を無視してはならない。十代とは生死に関することであるが、元来洗剤のによる症状、影響は生死に影響を及ぼさないものがほとんとであるが、いずれも人の人生を奪う力がある。日本石鹸洗剤工業会では家庭用洗剤に汎用される界面活性剤と蛍光増白剤について自主的にリスク評価を行っており、リスクは小さいと結論付けている。

こうしたリスクの考え方やリスク評価結果をわかりやすく解説する試みとして、環境省は子供向け冊子『かんたん化学物質ガイド』シリーズを作成している。洗剤については『洗剤と化学物質』に人の健康と環境への影響が説明されている。

かつて衣料用洗剤には補助成分としてリン酸塩が含まれていて、これを含む排水による富栄養化で河川の水質汚濁を問題とする時代もあった。滋賀県の琵琶湖周辺では無リン石鹸を使おうという運動が起きた。しかしながら、洗剤に由来するリン寄与率は十数パーセントと低く、洗剤のリンを削減しても琵琶湖の環境改善には繋がらないとの県の予測があった。事実、リン代替物を配合した無リン洗剤(脂肪酸塩を主成分とするものではなく)ができて、家庭用洗剤の無リン化が完了しているが、一向に琵琶湖の環境改善は進んでいない。

石鹸(化学物質名称:脂肪酸塩)も有機物であり環境への負荷がある。石鹸も洗剤も適正使用をはかることが、環境保全につながる。つまり、洗濯するときの濃度は、通常1リットル中に数百ミリグラムほどであり、汚染された水を薄めて浄化するためには莫大な量の水が必要となる。したがって自然界に排出するときは天然か合成かに関係なく十分な注意が必要である。ひとりひとりの使用量はわずかであっても、多量に排出すれば環境に悪影響をもたらすのは必然であるからだ。洗剤に用いられる界面活性剤は全体としての使用量が多いためPRTR法に基づいて環境排出量がモニタリングされている。一部の石鹸成分は、2007年10月から開催されているPRTR指定化学物質見直し合同会合でPRTR指定化学物質の追加候補となっている。追加の根拠であるハザードの種類はLASなどと同様に生態毒性である。

なお、家庭用洗剤分野以外でも、環境受容性の高い界面活性剤の研究開発が行われている。

特にフッ素系界面活性剤は残留性が高く危険視されていたが、近年低減化に成功した。

対象用途

代替品

  • 粉石鹸:衣料品
  • 石鹸(たわしを使用):食器
  • 石鹸(自然素材のブラシを使用):人体・頭髪
  • 重曹(スポンジを使用):住宅(台所周り(ガスレンジ、換気扇など)・浴室
  • (ぞうきんを使用):トイレ窓ガラス家具

洗剤』に 関連する人気アイテム

スチームクリーナー iSiLER 高温洗浄 ハンディ 350ml大容量 10分間連続噴射 14点セット 強力洗浄 洗剤不要 除菌 消臭 コンパクト 軽量 セーフティロック付き フローリング お風呂 キッチン

自分が購入したのは写真のモノです。
18/8/29現在、違う3つの種類の製品レビューが混在してます。要注意です。
写真の3000円ほどの商品についてのレビューです。

モノ自体はちゃんとしてます。写真の通りのモノが届きました。
説明書もしっかります。悪くないです。
実際に使ってみてわかりましたが、期待しすぎました。

以下、現体験です。
キッチンやシンクの油汚れ:落ちる。細かい部分もスチームが届くので便利。
床の汚れ:極所的につかうのであれば落ちる。

(ただ雑巾に勝てるかどうかは疑問)
風呂場のレール扉の溝:こういう隙間系には便利。
風呂場の排水溝:イマイチ。熱湯をぶっかけた方が落ちる。
トイレ:無理。
ガラス:無理。ちっとも落ちない。
カレーを食べた直後の皿:無理。お湯をぶっかけた方が早い。

そもそもスチームっぽいのが出るのは始めだけっぽい。
確かにお湯の温度ではあるが、とても100度=熱湯とは思えない。

以下広告と現実。
約100℃の高温スチームで99%以上殺菌:計ったわけではないが、どう見ても100度は出てない。99%殺菌?無理。
悪臭・害虫の除去:虫は吹き飛ばされるのは間違いない。
なぜ商品名に350mlと表記されているのに水のタンクは250ml。350mlってなんだ?
チャイルドロックやスイッチ類は問題ないです。

価格を考えると、こんなもんでしょう。
極所的に使えるので納得はしますが正直、誇大広告ですよ。
返品はしませんが、お推奨もしません。
レビュー見てると、本当にみなさん使ってるの??と疑問が湧いてきます。

と言った性器の激突マッチですが… 相手選手が強力過ぎて正直コイツでは歯が立ちませんでした。 キッチンペーパーに包んで洗浄液でつけ置きしてから付属のブラシヘッドで擦ってみたら多少汚れも浮いてきたが結局さいこは手洗いしました。 ボイラー能力が弱い為かプシューッと勢いよく噴出するのは最初だけで、すぐに圧が低下してチャージタイムが出ます。 アイツを倒せるのはお前だけだ!といった意気込みで購入しただけになんか気分的には 惨敗 です。 尚、負けっぱなしは嫌なのでその後排水口やソファとも連戦しましたがこちらは圧勝です。

5つ星のうち 3.0耐高温性をもう少し…

(参考になった人 1/27 人)

すぐに届いて助かりました。 直付けのノズルなら問題ないですが、延長ホースを付けて使う場合、ホースと吹き出し口近くの持ち手がかなりの高温になるので、厚手のタオルか何かで巻かないと火傷します。 特にホースの持ち手部分は気をつけないとネジ等かなり危ないです。 またホースの向きによっては蒸気が水分(熱湯)になり手に垂れてきます。 ホースも高温でフニャフニャになります。 性能自体は問題ないかと思いますが、使用上の耐高温性をもう少し考慮いただくか、注意書きに記載いただければ良いかと思いました。

KARCHER 高圧洗浄器 【洗剤タンク付き ・ コンパクト】 K2クラシックプラス K2CP

仕事で簡単なクリーニングをしている者です。
本商品K2と上位モデルK3を所持しています。
最上位モデルのK5を使用した事もあります。

K3を修理に出して、繋ぎでこの度購入しました。

比較して本商品K2の良いところ
・圧倒的に軽い、小さくてコンパクト。
・パワーは劣るが、軽さから来る手軽感が清掃意欲を楽にする。
・音が多少静か。K3は体感1.5倍は煩い。

K3と比較して悪いところ
・パワーに尽きる。


まず手で擦っても中々落ちない頑固な汚れはこの商品でも中々落ちない。逆にK3に付属してる螺旋状のランスを使用すると、そういった汚れもかなり落ちる印象。
ちなみに螺旋状ランスは本商品だとパワー不足で使用不可だそうです。

K5はパワー騒音共にそれ以上で本体もかなり大きいです。
一般家庭での通常使用では完全にオーバースペックです。

一般家庭の日常使用であれば、この商品で充分使える良い商品だと思います。
ただ、当たり前ではありますがK3の方が圧倒的にパワーはありなんでも出来る印象です。
こちらに付属していない螺旋状ノズルが相当優秀。

簡単な汚れを楽に掃除したいたらK2,
重さや騒音はあるが、頑固な汚れもガツガツ清掃したいのであれば上位モデルをオススメします。

ちなみに付属の耐圧ホースとは別に、
別途水道から本商品までの水供給用のホースが必要です。
そちらは長めのものを用意した方がお掃除も楽かと思います。
付属の耐圧ホースは使用していると短く感じますので、供給用ホースを長めに伸ばして本商品を手で動かしながらの使用がオススメです。

長くなりましたが、私としては本商品も良い商品で気に入りました。

業務用との比較はわかりませんが、家庭用としての水圧には申し分ありません。 面白いように汚れが落ちます。 風呂場で使用すると面白いように水垢が取れます。 購入の際に気をつけるポイントとしては、できれば付属・関連品は純正品を購入することです。 私は園芸店でホースとホースを止める金具を購入しましたが、連続使用をしているうちに外れてしまいストレスなく使うことができなくなってしまいました。 純正品を購入したところその問題はなくなりましたので、安物買いの銭失いとならないよう最初から純正品を購入しておけばよかったと反省しました。

5つ星のうち 5.0購入して良かったです

(参考になった人 1/1 人)

ケルヒャーの中で悩みましたが重さと性能で選びました。 外壁、階段、車と使用しましたが軽くて持ち運びしやすく市販のホース使えてコンパクトで収納でき大変満足です。 もっと早く購入したら良かったと思います。 もう手放せません。

重曹 セスキ クエン酸 過炭酸ナトリウム 石けん アルコール ナチュラル洗剤そうじ術

5つ星のうち 4.0掃除が楽しい!

(参考になった人 2/2 人)

今まで強い漂白剤など使うと、臭いにやられて頭痛がしたりと掃除するのも一苦労。 でもナチュラルクリーニングだと、臭いはしないし、汚れは簡単に落ちるしいいことばかりです。 今なんて洗剤はすべて百均でも揃えられるので、始めるのにコストもかかりませんよ。

5つ星のうち 5.0とても役立ちました!

(参考になった人 2/2 人)

著者の方のブログを拝見しているのですが、 書籍としてぜひ拝読してみたいと思い、購入しました。 もっと環境や家や自分自身に配慮したお掃除をしたいという思いがあり、 また場所や用途ごとに洗剤を分けることに日頃より疑問を感じていたので、 具体的に詳しく知ることができて満足しています* すぐ実践できるものばかりなところもポイント高いです☆

ナチュラル洗剤で安・楽・早 ラクチンおそうじ虎の巻 保存版

予防医療を推進するナチュラルメディカル事務所を構えることになった。
そこはいつもキレイにピカピカにしたいようなステキなデザイナーズハウス。
ナチュラルつながりでクリーニングしたいので本書を購入しました。
早速読んでみると・・・

・専用洗剤を買う必要がないの?
・実はナチュラルクリーニングのほうが安上がり?
・掃除って科学で習った酸性とかアルカリ性とかのペーパーが関係するの?
・しかも体に安全なの?
・掃除ってもしかしたら実験?

といろんな疑問が晴れて目からウロコが落ちました。


科学畑を歩んできた知識を主婦として活用した経験を元に書かれているので実践的でわかりやすい。
ラクチンなのもズボラな僕には嬉しいところです。
今度、講座にも参加していろいろと質問したいですね。
まずは重曹、クエン酸、アルコール、過炭酸ナトリウムとスプレーボトルを買いに行きます。

5つ星のうち 5.0おすすめです

(参考になった人 9/10 人)

すごくいいです。 最初は別の本を買おうと思ってたけれど、すごく勉強になるし、自分が知りたかった、誰も教えてくれない、初級すぎる単純な疑問の答えも載っていて、解決してスッキリしました。 これを買ってよかったです。

手荒れがひどく、市販の洗剤は界面活性剤が入っているため悪循環の繰り返しでした。 手荒れにも沁みることなく汚れも落ちるので続けていこうと思います。

日立 洗濯槽クリーナー SK-1

5つ星のうち 5.0常温の水でこの効果!

(参考になった人 0/0 人)

洗濯物に黒いワカメ状の汚れがつくようになり、これまでのいくつかの市販の洗浄剤を試すもやっぱり気になるということで、こちらの製品を購入。
日立製の洗濯機を使用しているので、指定の洗浄コースを選び放置しました。
水温は常温で大丈夫です。
洗浄剤によってはお湯を使用した方が洗浄力があがるものもあるのですが、お湯の準備は若干手間がかかりますので、その点この製品は楽です。
使用した結果、他社製品と決定的に違った点は、洗浄後のごみ取り用のケースの中身です。
他社製品を使用した後はごみ取り用のケースに汚れが沢山ひっついていたのですが、この製を使用した後は殆ど汚れがありません。



実際に洗濯してみると、あれほど気になっていた汚れが見当たりません。
値段は市販品よりも高くなりますが、常温の水でこの満足感を得られるのであれば安いくらいです。
これからはこちらの製品で槽洗浄をしたいと思います。
大満足です。

5つ星のうち 3.0梱包がひどい。

(参考になった人 1/1 人)

パナソニックの洗濯機ですが中身は同じなので安い方を購入。 何回か使用したことがあるので効果は抜群なのは承知です。 今回も市販のでは落ちきれなかった黒カビは綺麗になくなりました。 ただ梱包は最悪でした。 液体ですし塩素系の物。 万が一ボトルが割れたりしたら大変です。 しかしプチプチも緩衝材もなく普通の袋に入れられていただけでした。 プラスチックのボトルだから壊れないとでも思ったのでしょうか。 何もなく届いたから良かったものの配送中投げられてたらきっと壊れていましたね。 梱包をもう少し考えるべきだと思います。

包装紙を開けたらにおいがして、更に中のビニールをはがしたら 手がヌルヌルになりました。 急いで酢で落としました。 キャップが少し開いていたのかわかりませんが、ちょっと危なかったです。 使用後の感想としては、とてもキレイになり使って良かったです。 たまにはこんな事もあるのでしょう。 刺激の強いものですから皆さま気をつけて開封してくださいね。

洗剤』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.