求刑のまとめ情報

求刑』の解説

求刑(きゅうけい)とは、刑事裁判の手続のうち、検察官が事実や適用される法律についての意見を述べる(論告)に際し、検察官が相当と考える刑罰の適用を、裁判所に求めること。

概要

刑事訴訟法293条1項は、証拠調べが終わった後、検察官は「事実及び法律の適用について意見を陳述しなければならない」としており、この意見を論告という。

求刑は、検察官による法律の適用に関する意見の一部として行われるものと理解されているが、法律上必ず行われなければならないとまでは考えられていない。もっとも、実務上は検察官は必ず求刑を行う。ただし、公判中に被告人の無実が明らかになった場合や、心神耗弱心神喪失の疑いが生じた場合、求刑を放棄して裁判所にしかるべく判断を求めることもある(「無罪」を求刑した例もある)。「論告」という言葉に求刑も含意している場合もあるが、「論告・求刑」と並べて呼ぶことも多い。

論告の最後に「以上諸般の事情を考慮し、相当法条適用の上、被告人を懲役X年に処するを相当と思料する。」などの形式で述べられることが多い。裁判員裁判が始まったこともあり、最近は「被告を懲役X年に処するのが相当であると考えます。」のように、平易な言葉遣いで述べられることもある。マスメディアはこの部分を取り上げて、「○○被告に懲役X年を求刑」などと報道している。

効果

検察が起訴した公訴事実に対する法の適用は裁判所の専権であるため、裁判所は検察官の意見にすぎない検察官の求刑には何ら拘束されない。したがって、判決で検察官の求刑よりも重い刑が科されたとしても当然違法ではない。判例でも「裁判所は検察官の求刑に拘束されない」とある。

量刑相場では実刑判決の場合は求刑の7掛け、8掛けが判決の目安とされているが、執行猶予判決の場合は求刑をそのまま容れた上で執行猶予を付す場合が多い(なお、論告で執行猶予が求められることは実務上ほとんどない)。

検察も、求刑に際しては過去の裁判例などから相場を検証し、さらに判決に際しては前記した7掛け、8掛けが行われることを前提に求刑を定めている。そのため、実際に求刑を超える判決が出ることは僅かである。ただし、一般市民の参加する裁判員裁判では求刑を超える判決が比較的多いとされる。

ただし無期懲役以下の求刑に対して求刑超え死刑判決は1957年を最後に出ておらず、人権意識と死刑反対論が高まっている現代において死刑が求刑されていない場合の求刑超えの死刑判決は事実上禁止されている。

求刑超え判決の例

  • 1996年11月 交通死亡事故で京都地方裁判所の懲役3年判決(求刑懲役2年6か月)
  • 2001年2月27日 山陽道死亡事故で大阪地方裁判所の懲役1年10か月(求刑禁固1年6か月)
  • 2005年9月9日 JR阪和線置石事件で大阪地裁の懲役3年判決(求刑懲役2年)
  • 2007年7月27日 ペッパーランチ事件で大阪地裁の懲役12年判決(求刑懲役10年)
  • 2007年10月2日 外山恒一道路交通法違反事件で鹿児島地方裁判所の罰金12万円判決(求刑罰金1万5000円)
  • 2010年5月19日 さいたま市強制わいせつ致傷事件でさいたま地方裁判所の懲役8年(求刑懲役7年)
  • 2010年7月14日 暴力団員による殺人事件の共犯少年の裁判員裁判でさいたま地方裁判所の懲役10年の定期刑(求刑懲役5年以上10年以下の不定期刑
  • 2010年9月14日 秦野市模型店主殺害事件の裁判員裁判で横浜地方裁判所の懲役20年(求刑懲役18年)
  • 2011年4月28日 大阪府警警部補脅迫事件で大阪地裁の罰金30万円(求刑罰金20万円)
  • 2012年1月27日 岩手県雫石町の立てこもり事件で盛岡地裁の懲役14年(求刑懲役13年)
  • 2012年3月21日 寝屋川1歳女児虐待死事件の大阪地裁裁判員裁判で、傷害致死罪に問われた両親に対し、凄惨な暴行や児童虐待の社会問題化を重視して、求刑の1.5倍の懲役15年判決(求刑懲役10年)。控訴審も両親の控訴を棄却。2014年7月14日、最高裁は一・二審判決を破棄し、父親に懲役10年、母親に懲役8年の判決を言い渡した。この判決では過去の量刑との公平性を重視し、「従来の傾向を変えるような場合には、具体的に説得力をもって理由が示される必要がある」としている。これ以降、裁判員裁判での求刑超え判決は減少傾向にある。
  • 2012年7月30日 大阪市平野区で発達障害者(アスペルガー症候群)が姉を殺害した事件で、大阪地裁の懲役20年(求刑懲役16年)。控訴審では懲役14年に減軽。
  • 2012年8月7日 ストーカー男性による、元同僚女性宅への放火・殺人未遂事件の裁判員裁判で、大阪地裁の懲役19年(求刑懲役18年)
  • 2012年11月8日 2011年11月に兵庫県伊丹市で発生した交通死傷事故の裁判で、神戸地裁の懲役16年(求刑懲役15年)
  • 2013年7月19日 タレント・の全裸事件(公然わいせつ罪)で、東京簡易裁判所の罰金20万円の略式命令(求刑罰金10万円)
  • 2015年6月5日 4歳の娘を虐待し、傷害罪に問われた母親の裁判で、福岡地方裁判所小倉支部の懲役8月・保護観察付き執行猶予2年(求刑罰金20万円)。罰金刑の求刑に対し、懲役刑が言い渡されたケース。
  • 2016年1月25日 青森県平内町で兄を殺害した男(事件当時66歳)に対する裁判員裁判で、青森地方裁判所の懲役12年判決(求刑懲役11年)
  • 2016年3月18日 静岡県湖西市で放火して母親を殺害した男に対する裁判員裁判で、静岡地方裁判所浜松支部の懲役10年判決(求刑懲役9年)。検察・弁護側双方が心神耗弱を争わなかったが、判決ではこれを退け、完全責任能力を認めた。

有期懲役の求刑に対する無期懲役判決の例

なお、記載のない限り、最終的な量刑は未確認。
  • 1947年5月30日 水戸地方裁判所(矢口裁判長) 茨城県緑岡村(現・水戸市)の一家4人殺人放火事件で男に無期懲役判決(求刑は懲役15年)
  • 1947年9月18日 奈良地方裁判所(玉置裁判長) 強盗団が起こした奈良・和歌山両県にまたがる強盗殺人・強盗致死各1件(3人死亡)、強盗傷人3件、強盗5件、窃盗8件。メンバーの1人の16歳少年に無期懲役判決(求刑は懲役10年以上15年以下)。主犯は一審死刑、控訴審無期懲役判決
  • 1949年4月16日 岡山地方裁判所(宮本裁判長) 公金横領隠蔽のため、岡山市の味噌会社放火事件をはじめ、兵庫県や岡山県でピストル強盗等を起こした2人に対し無期懲役判決(求刑は各懲役15年)。事件による死者はゼロ。共犯3人もいずれも求刑超え判決
  • 1951年1月19日 広島地方裁判所(藤堂裁判長) 広島市の信用組合に押し入り、事務員を手斧で殴打して重傷を負わせた強盗致傷事件で、男に無期懲役判決(求刑は懲役10年)。共犯として起訴された男性には無罪判決(求刑は懲役8年)
  • 1951年3月7日 仙台地方裁判所古川支部(石井裁判長) 宮城県石越村(現・登米市)で起きた19歳少女(妊婦)殺害事件で、嘱託殺人罪の主張を退け、交際相手に無期懲役判決(求刑は懲役15年)。被告人が控訴し、同年11月17日、仙台高等裁判所(大野裁判長)は一審判決を破棄、一審の求刑と同じ懲役15年判決
  • 1951年9月27日 千葉地方裁判所(石井(謹)裁判長) 千葉県船橋市で起きたブローカー強盗殺人事件で、犯行グループの1人に無期懲役判決(求刑は懲役15年)。控訴。主犯は一審死刑、控訴審無期懲役判決
  • 1954年12月1日 千葉地方裁判所(石井(麻)裁判長) 千葉県船橋市で起きた義兄ら3人殺傷事件(1人死亡)で男に無期懲役判決(求刑は懲役15年)
  • 1956年3月26日 横浜地方裁判所横須賀支部(上泉裁判長) 神奈川県横須賀市で元交際相手の母親と婚約者にガソリンをかけて焼殺した男に無期懲役判決(求刑は懲役15年)
  • 1959年4月28日 福島地方裁判所(菅野保之裁判長) 福島県保原町(現・伊達市)で好意を抱いていた女子高生を殺害した元同級生に無期懲役判決(求刑は懲役15年)。犯行時17歳で、少年法51条適用。一審で確定
  • 1960年12月30日 琉球中央巡回裁判所(宮城裁判長) アメリカ占領下の那覇市で起きた民家押し込み強盗致死事件(1人死亡)で男に無期懲役判決(求刑は懲役15年)
  • 1964年3月27日 静岡地方裁判所浜松支部(永淵芳夫裁判長) 静岡県浜松市で成人の主犯と共に暴力団幹部を射殺した19歳少年に無期懲役判決(求刑は懲役5年以上10年以下)。控訴。主犯も求刑通り無期懲役判決。判決では主犯と被害者との個人的確執との主張を退け、組織ぐるみの犯行であることを示唆。暴力団に対する極めて痛烈な批判が述べられている
  • 1965年7月2日 水戸地方裁判所(吉田裁判長) 少年3人組による茨城県日立市タクシー運転手射殺事件で、主犯格の16歳少年(高校1年生)に対し「成人ならば当然死刑」として、死刑を選択の上、少年法51条を適用し無期懲役判決(求刑は懲役15年)
  • 1969年1月31日 浦和地方裁判所(須賀健次郎裁判長) 埼玉県蕨市の母子3人通り魔殺傷事件(2人死亡)で、死刑相当とした上、刑法40条(いん唖者の罪の軽減。現在は廃止)を適用して無期懲役判決(求刑は懲役15年)。1970年10月5日に上告棄却決定が出ているが、最終的な量刑は未確認
  • 2006年2月17日 長崎地方裁判所(林秀文裁判長) 長崎県対馬で起きた強盗殺人事件で、犯行グループの1人の男に無期懲役判決(求刑は懲役15年)。同年10月19日、福岡高等裁判所(濱崎裕裁判長)は控訴棄却判決。2007年6月25日、最高裁判所第三小法廷(近藤崇晴裁判長)は上告棄却決定。無期懲役が確定。共犯2人も求刑通り無期懲役判決、いずれも最高裁で確定
  • 2016年2月29日 宮崎地方裁判所(瀧岡俊文裁判長) 宮崎市の女性殺人・死体損壊・遺棄事件の裁判員裁判で、主犯の男に無期懲役判決(求刑は懲役25年)。2017年4月27日、福岡高等裁判所宮崎支部(根本渉裁判長)は一審判決を破棄、求刑どおり懲役25年判決。2018年10月3日、最高裁判所第一小法廷(木澤克之裁判長)は上告棄却決定。懲役25年が確定

無期懲役の求刑に対する死刑判決の例

  • 1946年11月14日 大阪地方裁判所(松本(圭)裁判長) 知人夫婦殺傷事件で男に死刑判決。最終的な量刑は未確認
  • 1947年7月8日 秋田地方裁判所(小森裁判長) 強盗殺人事件で20歳の男に死刑判決。1947年12月12日、仙台高等裁判所秋田支部は無期懲役判決。確定
  • 1949年12月28日(坂本裁判長) 津地方裁判所 伯母・妻子殺傷(3人殺害)の男に死刑判決。1950年6月12日、名古屋高等裁判所は無期懲役判決。確定
  • 1957年3月20日 仙台地方裁判所(山田裁判長) 米兵に対する3件の連続強盗致死傷(1人死亡)と日本人女性強盗殺人放火事件(1人殺害)で、黒人米兵Bと愛人女性Sに死刑判決。1958年3月12日、仙台高等裁判所(籠倉裁判長)は両名に無期懲役。愛人Sは確定。米兵Bは上告し、1958年10月2日、最高裁判所第一小法廷(齋藤悠輔裁判長)は上告棄却決定。確定
  • 1957年12月28日 東京地方裁判所八王子支部(滝沢裁判長) 8歳少女への強姦・殺人事件で27歳の男に死刑判決。当初より殺意を否認しており、一旦控訴したが、1958年7月11日、控訴を取り下げ死刑確定

弁護側求刑

裁判員裁判で、弁護側が被告人が有罪であることを争わない事件においては、弁護側も被告人に対して適正と考える刑罰を最終弁論において述べることが増えている。

検察側の求刑と同様、何らの拘束力も持たないため、弁護側の求刑を下回る判決も違法ではなく、実際弁護側求刑を下回る判決も存在する。

弁護側求刑を下回る判決の例

  • 2012年2月10日 宇都宮地方裁判所 殺人未遂事件で懲役4年6か月(弁護側求刑懲役5年6か月。検察側求刑は懲役8年)

求刑』に 関連する人気アイテム

家族がいなくなった日 ある犯罪被害者家族の記録

5つ星のうち 4.0魂の訴えを感じる

(参考になった人 0/0 人)

強盗に大切なお父様を殺された作者が、父への愛情、自身の無力感、深い悲しみから心身を患ったこと、
支えてくれた人たちの善意、警察やマスコミのこと、犯人逮捕、裁判、犯人とその親に対する憎しみ
などについて切々と綴った漫画。刑事犯罪は直接的に関わりのない者にとっては「普通にあること」で、
そこに被害者の無念や遺族たちの悲しみ、加害者家族の思いなどがすさまじく重い形で存在することは
頭では理解していても、しょせんはどうしても「他人事」である。この作品を読んで、それよりは深く、
被害者感情の追体験をさせてもらったような気がした。

装飾感のない、ほぼ事実ありのままと思われる
素朴な描き方だからこそ、被害者側の喪失感が生々しく胸に迫ってくる。

読んでいて心が痛むのはもちろんだが、作者の丁寧な物の見方により、それ以外にも「ああそうなんだ」
と思わせるポイントがいくつか。たとえば警察。不祥事案でいつも叩かれるが、遺族にとっては温かく
親切な人たちだったという。そしてマスコミ。警察を通じて「対応する心の余裕がない」という通知を
送っておけば強引な取材訪問はなく、テレビでよく見るような「事件関係者が無神経なマスコミ連中に
もみくちゃにされて」というほどのことはないそうだ(もっともこれは、一般的な強盗殺人事件という
『ありふれた』事案だからだろうありふれたなんて言い方をするだけでとても失礼だとは思うけど)。
それから、加害者家族からの賠償金を作者は感情的に突っぱねようとするが、お姉さんはある考えから
受け取るべきだと断言する。このあたりは読めば納得、でも被害者側の赤裸々な思いは、こういうのを
読まないとなかなか想像つかないよなと思った。

そして事件そのものとはあまり関係がないのだが、殺害されたお父様は作者のお母様の再婚相手であり、
つまり「養父」だった。しかし作者もお姉様も弟さんも、真面目で優しいお父様を大好きだったという。
そのお父様が亡くなり、作者の周囲には「本当のお父さんじゃなくてよかったね」と言う人がいたとか。
作者もこのお父様こそを本当の父だと敬愛しており、その発言にはひどく気分を害している様子だが
こんなこと言うバカがいるのかと驚いた。そのひと言だけで腐った人間性がすべてが見えてしまうクズ。
「よかったね」と言ってるんだから、相手がそれで少しは慰められるだろうと思い込んでいる頭の悪さ。
血が繋がってない親子関係に貴さはないという視野の狭すぎる思い込みこういう奴が実子に対する
親の虐待事案を見聞きして「でも、血が繋がってるんだから愛情はあるに決まってる。たまに怒ったり
暴力を振るったりとか誰だってあるんだから、心を開いて理解し合おうよ、許そうよ、笑おうよ!」と
焦点の合っていない目で語り散らし、子供が死んでも「あらぁ、運が悪かったのね」と涙を流しながら
ケラケラ笑うんだろう。強盗殺人の加害者と同レベルのメンタリティだと思う。

画力に関してはずいぶん批判的なレビューが多いけど、そんなに酷くないだろ。拙いけどくっきりして
見やすい絵柄だと思う。『猫の手貸します』とかの、さんりようこ先生にちょっと似てないか(むろん、
あの人は普通にプロレベルだが)。この作者、女性の描き方はまあまあうまい、お姉さんとか美人だし。
中年男性のバランスがおかしいんだよなあヘタすぎて内容が入ってこないと言ってる人もいるけど、
うまくないから生々しい魂の訴えが伝わってくるんじゃないか。

今の日本社会は加害者ばかり甘やして、被害者をさらに追い詰めることで問題を解決したつもりになる
冷酷な権力者が牛耳っている。相手によっては「殺したい」と思うことが正義だとは断言しないけれど、
健全な社会正義を担保するためには「無難な優しさの皮をかぶった甘やかし」を排除することが必須だ。
愛するお父様を、何ひとつ同情の余地のない卑劣で愚劣なクズに殺された作者に心を寄せながら読んで
いるうちに、その考えを新たにした。

交通事故遺族の会など、文字で目にすることはあっても、 辛いんだろうなあ…くらいにしか思ってませんでした。 この本を読むと、事件現場がトラウマになったり、病気と違って突然命を絶たれることでガラッと日常が変わる、 ああしていれば、こうしていればとどう考えても関係ない自分も責めてしまうなどの事柄がリアルに感じ取ることができました。 コミックエッセイで貴重な体験ができたと思っています。

5つ星のうち 4.0泣けた

(参考になった人 1/1 人)

ご自分の辛い体験をこのようにまとめられるのはすごいです。 カウンセラーの人がこれで終わりにしましょうと言って去っていくところで、涙が出ました。 そこまでの七転八倒がやっと他人から見ても、好転に向かったのだろうなということが、客観的事実として読者にわかったエピソードだったからかもしれません。 現在はご病気とのことで、今後のご多幸を祈らずにおれません。

テミスの剣

不動産業を営み、裏では高利貸しをやっていた男とその妻が自宅兼事務所で刺殺される事件が。
警察はその借りていた顧客が怪しいという事で顧客リストをあたった。その中でアリバイがはっきりせず、その金庫に指紋が付いていた人物を重要参考人として取り調べ。

他に容疑者もいない物だから、警察はその男を犯人と決め付け、暴力と圧力で何とか自首させようとする。休憩なし、睡眠もほとんどとらせずに三日三晩と言わず取り調べ、意識がもうろうとしてきた段階で、「ねつ造」した決定的な証拠をぶつけ、しかも「ここで一旦自供して楽になれ。

裁判で否定すれば必ず助けてくれる」という甘い言葉に騙されついに自供。

そのまま裁判になり、いくら否定しても証拠と自供が揃っているので、裁判官も有罪を告げるしかない。第二審の裁判官は、その容疑者が本当はやっていないのでは?と思ったがやはり証拠は犯人と告げているので二審も有罪。最高裁は差し戻して有罪が決定。その男は絶望して留置所で自殺してしまう。

何年か後で、空き巣の殺人事件がまた発生し、どうもあの昔の事件と手口が似ていると思った当時の担当警察が、カマをかけてみると見事に大当たり。こいつがあの事件の犯人で、あの自殺した男は無罪だったのだ。

これを公にすると、警察・検察・裁判所すべてに世間の批判が集中し罰せられる人も多数と言う事で、何とかもみ消そうとするのだが、主人公の警官は自分の信頼する検事にすべて打ち明け、検事がマスコミに流すと同時に事件として取り上げ、ものすごい嵐のような粛清人事が行われる。

その後、その自白した犯人が無期懲役の刑の途中で模範囚と言う事になり早期に出所。そしてすぐに何者かに刺し殺される。当然疑われるのはこの死んだ犯人の被害者の家族なのだが、最終的には「えっ」というトリックがあり真犯人が見つかる・

冤罪をテーマにした小説では異色と思えるくらい、トリックが凝ってい一気に読ませてくれます。

著者の本の中では凡作。 本の後ろ拍子にどんでん返しの帝王と書いてあるのもいただけない。 勘でわかりました。 ただそれ以上に、あるものの見方を安っぽい正義感と切り捨てたり、連続殺人犯の戯言を評価したり幼稚な部分もありました。 ほかにも意外と世間知らずな知識を書いていたり興ざめする部分もありました。 いまどきの定年前の警察官の給料は安月給とは言えませんよ。 少しは庶民感覚を知った方がいいと思いますね。 あと最後のどんでん返しはすごく強引です。 少し最近多作過ぎて失速してきましたね。

初めて読んだ作家さんですが、久々に読ませる文章でした。 ものの数分で物語に引き込まれ、その後暫く現実に戻ってこれなくなりました笑 登場人物も魅力的で、主人公含め皆それぞれ信念のもとに行動していることがひしひしと伝わってきます。 特に主人公の渡瀬、一癖も二癖もありますが、とても人間臭い。 自分を客観的に捉えようと努めながらも、自責の念に飲み込まれそうになりながら藻掻く姿はこの上なくリアルでした。 ただ、「どんでん返し」をうたうほど驚きの結末ではなかったのでー★とさせて頂きます。

告解者

以前に起こした殺人事件をやり遂げるために模範囚を演じ、無期懲役仮釈放となった久保島と更生保護施設に勤務するさくら、それに梶刑事が中心に話は進みます。 公園で起きた殺人事件、容疑者となる久保島。 過去の久保島の犯罪について明らかになる新事実等々。 とても面白く、一気に読め終えました。 更正とは何か・・色々考えさせられる一冊でした。

求刑』の解説 by はてなキーワード

刑事裁判において,検察官裁判所に対して被告人に科すべき刑を求めること。

求刑』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.